ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 12日

長閑な風景の裏には、、、

c0053177_11034276.jpg

6/11/2018/月

 急に初夏の暑さになたようだ。シニア画家は昨夜の食べ過ぎ
で今日の午後遅くに成っても胃の調子がぱっとしません。シニ
アは食べ過ぎに気を付けましょう。

 今日は午前中外出で午後は暑くてだらけてました。私の生ま
れた田舎の春はキャベツにつく青虫とモンシロ蝶のイメージで
す。

 キャベツ畑に飛び交うモンシロ蝶は長閑な田舎の風景になり
ます。などと言っているのは家庭菜園程度でキャベツを作る人
達で、本業が農家の人にはモンシロ蝶の姿に恐怖を感じるので
はないだろうか。

 キャベツに卵を産みつけその幼虫の青虫はキャベツが大好物。
容赦なくキャベツを食い荒らす。

 子供の頃の記憶ではモンシロ蝶が飛ぶキャベツ畑は長閑な風
景に思われた。しかしその裏には恐怖の現実があったのですね。

 こんな日記を書いているのは古い墨絵の中にモンシロ蝶のス
ケッチがあったのでそれを使いたいばかりに無理矢理書く事に
したブログのお題である。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]

by shinia62 | 2018-06-12 11:09 | シニアの時間 | Comments(3)
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-06-12 13:10
墨絵は筆先の微妙な動きが難しそう・・・。
形を上手く取れないと、滅茶苦茶になりそう。

モンシロチョウ、キャベツ農家にはまさに外敵でしょうね。
Commented by shinia62 at 2018-06-13 03:48
墨絵で使う筆は面白い線が出るので好きです。
人物スケッチなどに良いですね。
Commented by Marrrsan at 2018-06-13 05:31
スケッチの絵はどうみても「モンシロチョウ」ではありませんね。羽に「紋」がありません。羽の模様はアゲハチョウっぽいですね。


<< だんだん良くなる、、、、      食べ過ぎだ。 >>