ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 16日

真昼の決闘

c0053177_12361570.jpg


 小東京にはホームレスが何時も2、3人徘徊している。それでも
危険なのが居ないので良いのだが。しかし、時々危ない奴も入り込
む。数ブロック先にホームレスの溜まり場があるのでそう成るのだ。
小東京自衛のセキュリティーガードや、ボランティアの男達で小東
京はホームレスやら他の犯罪から守られている訳だ。

 先週土曜日、ちょっと危険なホームレスが小東京へ迷い込んだ。
私が絵を売る日本村でメンテナンスその他の雑用をしているメキシ
カンの男が、最近はホームレス追い出し係も兼ねているらしいく、
危険男と睨み合いに成った。黒人のホームレスは汚い言葉をまき散
らし抵抗する。状況が悪く成れば肉体的な暴力に発展しそうな勢い。
メキシカンは小柄な男だ。6フィートはありそうな黒人に肉体的に
適いそうも無い。
 その時近くの店のオーナーが、メキシカン男の後ろに立った。精
神的な援護であろう。そして、1人2人とその数が増える。みんな
アジア人の若者。ホームレスは悪態をつきながらもその場から少し
ずつ後ずさり、自転車を押して出て行った。

 その場面は映画の1シーンの様で感激。マカロニウエスタン、小
さなメキシコの村。村を震撼させる悪党が村人を苦しめる。それに
見かねた村の若者が死を覚悟で1人悪党に立ち向かう。それまでた
だ恐れるだけだった村人は、その勇気に力づけられ、1人2人と若
者の後に従うのであった。The End.
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-16 05:19 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 07月 15日

ありんこ

c0053177_11474391.jpg


 最近夜中に目を覚ますと口の中が乾いていたりするので、ペット
ボトルの水を枕元に置いている。朝、それをリビングルームへ持っ
て来て飲もうとしたら、中に黒い物が沢山浮いていた。一瞬どきり
とする。脇見しながら飲んでたら気が付かずにその黒い点々も胃の
中に。なんだろうかと眼鏡を掛け中を確かめる。蟻だ。
 2、3日前から蟻の姿を家の中に見る。長い間蟻の悩みは無かっ
たので、この家には美味い物が無いので見切りを付けたのだろうと
思っていた。最近の蟻は、水はペットボトルのが美味いと気が付い
た? お金で買った水だ、捨てては勿体ない。ストレーナーで蟻だ
け除く。それでお茶を入れたら、気のせいか何時もより香ばしい香
りが。

(イラストは日記の内容に全く関係ありません。)
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-15 11:50 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 07月 14日

暑い日

 暑い日が続いている。ロサンゼルスは夏ですね。涼しい朝のうち
にと買い物に出た。帰りは生鮮食品達の為エアコンを点ける。私は
それ程暑くはないのだけれど、生物は贅沢な生活に慣れているから。

 年金の事で日本との連絡が頻繁に成るのを予想して、国際電話サ
ービスを買った。でも、あまり使ってないので姉に電話してみた。
驚く程若い声が返って来る。久し振りに話すせいか、丁重な話し方
に成っている自分に苦笑。たいした話題も無く直ぐ切った。
 2人の姉はどちらも1人暮らし。旦那の残した金で遊ぶのに忙し
く、殆ど家に居ない。「何時もなら何処かへ出掛けているのよ、タ
イミングが良かったね」などと宣う。羨ましい老後生活。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-14 11:44 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 07月 13日

マック様よろしく

c0053177_18051.jpg


 記憶が枯れる前に書き留めておこうと、初渡米の経験を書き始め
た。その当時は日記を付けていたのだが、無くしてしまい、記憶だ
けで書いている。インターネットの力も大いに活用。どうにかそれ
らしい物が書けそうだ。困るのは、調べものをするうち横道にそれ
ちゃうこと。書き物の事を忘れてしまう。

 用事で表に出たついでに、暫くご無沙汰していた稲葉で昼食。此
処の天丼と蕎麦のコンビネーションが私の大好物。それしか食べな
い。今日も大満足で帰ってきた。

 電子辞書の広告を見ていて大発見。単語を音声で聞ける機能の事
だ。実は、マックには英文を音声で読んでくれる機能がついている。
今まで必要がなかったので忘れていた。音読の時、どうしても発音
の解らない単語が出て来たら、その機能を使えば良い。長い分の場
合、それをタイプしなくては成らないので面倒ではある。でもイン
ターネット内の英文なら、コピペでワードプロセッサーに移し読ん
でもらう事も出来る。
 早速長文で実験してみた。生身の人間の様には行かないが、かな
り自然な英語で読んでくれる。女性の声だ。これは私の音読上達に
最高のツールと成るだろう。ネイティブな音読が出来るのも時間の
問題か。

 調子に乗って贅沢は言いたくないのだが、今読んでいる小説をマ
ックの前で開いたら読んでくれる。そこまでやってくれたら嬉しい
のだが。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-13 01:09 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 07月 11日

よわむし海賊

c0053177_12244833.jpg


 暑い中、ディスニー・スタジオへ行った。映画「Pirate of
Caribbean」のオーデションである。

 初めて行く場所なので、早めに家を出て場所を確かめる。その後
マクドナルドで早目の昼食。私のオーデションは12時15分。
ゲートで駐車場やオーデションの場所を訊いてスタジオ内へ入る。
少々迷ったけれど、問題無くオーデション会場へ着く。20人程の
男達がテーブルに座って書類に何かを書き込んだりしていた。
 受付のテーブルへ行く。バウチャーを貰いポラロイド写真を撮る。
それが終ると、6、7人のグループに別れオーデション会場へ。
「メモアー・オブ・ゲイシャに出てましたよね」日本人の男が話し
掛けて来た。彼は私の名前を知っていた。何処で会ったか覚えが無
いのだけど、少々話す。「今度オーデション情報など有ったら知ら
せますよ」Rと名乗る彼に名刺を貰う。情報を貰える知り合いは沢
山居た方が良い。名刺にはSAGのメンバーとある。その3文字に
尊敬。

 部屋へ入ると先ほど撮ったポラロイド写真を掛の人に渡す。それ
から上半身裸に成って箱の中にどっさり入っている海賊の刀を1本
取った。7人全員が一列横隊に並ぶ。カメラマンが移動しながら一
人一人に質問する。内容はカメラマンがキャプテンで部下に質問す
る形。それに演技をしながら答える。殆どの男達は普通にやってい
た。ところが、私の隣に並んでいたR氏にカメラが来た時、「ワオ
ー」とか叫んでもの凄い演技。私は一瞬飛び上がる。成る程、こう
して強い印象を残す事が選ばれる秘訣なのだろう。最後に全員が群
衆と成って椅子を敵に見立てて襲う演技。R氏や他の俳優は凄い迫
力で、私は完全に浮いている。こりゃ駄目だ。初めての演技が入る
オーデションだ、今回は勉強と言う事にしよう。嬉しいのは、この
オーデションちゃんと給料が出るのである。

 4時間程待てば結果が解るそうだが、私はさっさと帰ってきた。
どうしても私の勇姿が必要ならば電話が来るでしょう。(笑)
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-11 12:26 | シニアの時間 | Comments(6)
2006年 07月 10日

突然の休日

 土曜日に小東京へ行った時、通りに仮の駐車禁止看板が付いてい
た。1街と2街両方だ。日曜日だけと成っているので、その日は問
題無く駐車出来た。しかし、日曜日が駐車禁止なら仕事にならない。
荷物の積み降ろしが出来ないからだ。
 そんな訳で今日は仕事無し。朝はだらだらとベッドに居た。散歩
も止め。車から荷物を降ろし、雑用を片付けた。

 午後DVDで映画を見ようとブロックバスターへ出掛けた。パイ
レート・オブ・カリビアンを見たいと思ったのだ。店内の棚を探し
たが、見つからない。興味の無い時には嫌な程目に付いたのに。無
いと解るとなおさら見たく成る。背の高い黒人の店員にそのDVD
について訊く。コンピューターで調べて「アクションの棚にある筈
ですが」との答え。そこはもう探していた。それでも店員の後につ
いて行った。やはり無かった。

 このブロックバスターで気が付いた事がある。陳列棚のDVDは
アルファベット順に並べられている筈なのに、結構いい加減なのだ。
これがどうして此処になんて物が有ったりする。探す映画が見つか
らないと、些細な事に苛立ったりする。
 結局手ぶらで帰った。

 午後遅くジョンから電話が来た。昨日、小東京の駐車禁止の事で
電話をしたので、そのお返し電話。ジョンも小東京の朝食会を欠席
したとの事。彼は我々が集まるミツルカフェーの直ぐ前に何時も駐
車している。

 仕事を突然休むと、何をしようかと迷っているうち一日が終わっ
てしまう。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-10 12:31 | シニアの時間 | Comments(0)