ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 15日

3日目のデモ作品は、、、

c0053177_12322641.jpg


9月には
滝に水はないのですが、
想像で描き加えました。
ヨセミテは滝とハーフドームがシンボルです。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-15 14:34 | Comments(0)
2006年 09月 15日

ヨセミテ2日目デモ作品。

c0053177_13142156.jpg


2日目は調子が良くて、
デモ作品を2点描きました。
一カ所から360度素晴らしい風景が広がります。


c0053177_1315980.jpg


戸外で絵を描くのはヨセミテだけですが、
お陰で早描きがうまく成りました。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-15 13:03 | Comments(0)
2006年 09月 14日

ヨセミテ水彩画クラス、初日のデモ作品。

c0053177_13144090.jpg


初日のデモは滝の絵だったのですが、
自分にはつまらなく、良い作品は出来ませんでした。
時間が余ったので、同じ地点から見える興味の湧く風景を、
もう1枚デモとして描きましたら気に入りました。
それがこの作品。

タイトルは「In to the wood」
何処かで聞いた様な、、、。
まあ良いでしょう。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-14 13:21 | Comments(0)
2006年 09月 14日

私の決断

 歯医者通いが板に付いて、最近は治療中に考え事をする余裕。時
々ドリルのキュイーンと言う音で我に返る。そのうち眠ってしまう
様だと大者だ。
 治療費を聞いて腰を抜かした頃も有ったが、歯科医の仕事も大変
なんだなあと考る。生身の人間の歯を彫刻してしまうのだ。こちら
を削ってあちらを削って、金具を埋め込んだり、歯に被せ物をした
り重労働だ。それにただ力任せにやれば良い事ではない。噛み合わ
せが悪けりゃ調節する。木だとか金属だとかを相手の作業なら良い
が、何時どんな反応をするか知れない人間様だ。私には出来ない仕
事。ささっと楽しく描いて売れば良い、そんな自分の仕事がなんと
楽な事か。それを考えると、歯科医が仕事をし易い様、立派な患者
に成ろうと誓うのであった。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-14 11:55 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 09月 14日

水彩画そして勘違い。

◇ヨセミテ作品
 ヨセミテ公園水彩画クラスのデモで、描いた作品が9点。そのう
ち気に入った5点に手を加え完成した。戸外で描く水彩画に慣れた
のか、今年は気に入った作品が多い。私の作品発表を心待ちする世
界のフアンの為に、早速ブログやホームページに載せよう。5人の
フアンの方々乞うご期待。

◇早とちり
 家賃を払おうと小切手を切った。そこで思い出したのが大家から
の訃報を知らせる手紙。掲示板に張って置いたそれを、もう一度良
く読んでみる。なんと、私は勘違いしていた。亡くなったのは息子
のケンだった。最近姿を見ないなあと思っていた。彼がこの借家の
権利を持っていた。手紙にはケンの責任分はボブが引き継ぐとある。
もう一人の息子で父親の散歩を助ける孝行息子。この家族はアパー
トや貸家を沢山持っていて、父親引退後2人の息子が受け継いだ。
 ケンはこの何年か殆ど姿を見せず、年の暮れに家賃値上げのメモ
が郵便受けには入っていると言った程度の付き合い。「家の世話を
しないで家賃ばかり上げやがって」と藁人形を車庫の前の桜の木に
釘撃ちしていた私だった。それが効いたのだろうか。(嘘)

 昼時、もう一人の息子が死んだと思ったお父さんと私の家の前で
一服していた。早速息子にお悔やみを。ケンは8年程前から癌と闘
っていたと初めて知る。殆ど会話を交わさなかったので、彼のプラ
イベートな事は全く知らなかった。「大変でしたね」とお父さんに
日本語で声を掛ける。殆ど話しが出来ないのだが、私の言葉に頷い
た。亡くなったのはお父さんでないのだと知って一安心。あの、、
だからと言ってケンの死を喜んでいる訳ではありませんよ。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-14 10:05 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 09月 14日

クラス

c0053177_0484864.jpg


水彩画初日の風景。


c0053177_0495739.jpg


描いているのはこの岩山。
雪解けの頃は大きな滝が山のてっぺんから流れ落ちます。
下から見ていると何処からその水が来るのか不思議です。
写真では見えませんが、一応ちょろちょろと水が落ちているのです。
岩肌の黒ずんだところがそれです。
絵には巨大な滝を想像して頂き生徒に描かせます。
私のデモは気に入ってないので載せません。

ヨセミテへ来るまで岩山を描くのは嫌いでした。
この公園はそれが有名なので避ける訳には行きません。

2日目のクラスの絵は準備出来次第載せます。
[PR]

# by shinia62 | 2006-09-14 00:37 | シニアの時間 | Comments(0)