ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 13日

マック様よろしく

c0053177_18051.jpg


 記憶が枯れる前に書き留めておこうと、初渡米の経験を書き始め
た。その当時は日記を付けていたのだが、無くしてしまい、記憶だ
けで書いている。インターネットの力も大いに活用。どうにかそれ
らしい物が書けそうだ。困るのは、調べものをするうち横道にそれ
ちゃうこと。書き物の事を忘れてしまう。

 用事で表に出たついでに、暫くご無沙汰していた稲葉で昼食。此
処の天丼と蕎麦のコンビネーションが私の大好物。それしか食べな
い。今日も大満足で帰ってきた。

 電子辞書の広告を見ていて大発見。単語を音声で聞ける機能の事
だ。実は、マックには英文を音声で読んでくれる機能がついている。
今まで必要がなかったので忘れていた。音読の時、どうしても発音
の解らない単語が出て来たら、その機能を使えば良い。長い分の場
合、それをタイプしなくては成らないので面倒ではある。でもイン
ターネット内の英文なら、コピペでワードプロセッサーに移し読ん
でもらう事も出来る。
 早速長文で実験してみた。生身の人間の様には行かないが、かな
り自然な英語で読んでくれる。女性の声だ。これは私の音読上達に
最高のツールと成るだろう。ネイティブな音読が出来るのも時間の
問題か。

 調子に乗って贅沢は言いたくないのだが、今読んでいる小説をマ
ックの前で開いたら読んでくれる。そこまでやってくれたら嬉しい
のだが。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-13 01:09 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 07月 11日

よわむし海賊

c0053177_12244833.jpg


 暑い中、ディスニー・スタジオへ行った。映画「Pirate of
Caribbean」のオーデションである。

 初めて行く場所なので、早めに家を出て場所を確かめる。その後
マクドナルドで早目の昼食。私のオーデションは12時15分。
ゲートで駐車場やオーデションの場所を訊いてスタジオ内へ入る。
少々迷ったけれど、問題無くオーデション会場へ着く。20人程の
男達がテーブルに座って書類に何かを書き込んだりしていた。
 受付のテーブルへ行く。バウチャーを貰いポラロイド写真を撮る。
それが終ると、6、7人のグループに別れオーデション会場へ。
「メモアー・オブ・ゲイシャに出てましたよね」日本人の男が話し
掛けて来た。彼は私の名前を知っていた。何処で会ったか覚えが無
いのだけど、少々話す。「今度オーデション情報など有ったら知ら
せますよ」Rと名乗る彼に名刺を貰う。情報を貰える知り合いは沢
山居た方が良い。名刺にはSAGのメンバーとある。その3文字に
尊敬。

 部屋へ入ると先ほど撮ったポラロイド写真を掛の人に渡す。それ
から上半身裸に成って箱の中にどっさり入っている海賊の刀を1本
取った。7人全員が一列横隊に並ぶ。カメラマンが移動しながら一
人一人に質問する。内容はカメラマンがキャプテンで部下に質問す
る形。それに演技をしながら答える。殆どの男達は普通にやってい
た。ところが、私の隣に並んでいたR氏にカメラが来た時、「ワオ
ー」とか叫んでもの凄い演技。私は一瞬飛び上がる。成る程、こう
して強い印象を残す事が選ばれる秘訣なのだろう。最後に全員が群
衆と成って椅子を敵に見立てて襲う演技。R氏や他の俳優は凄い迫
力で、私は完全に浮いている。こりゃ駄目だ。初めての演技が入る
オーデションだ、今回は勉強と言う事にしよう。嬉しいのは、この
オーデションちゃんと給料が出るのである。

 4時間程待てば結果が解るそうだが、私はさっさと帰ってきた。
どうしても私の勇姿が必要ならば電話が来るでしょう。(笑)
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-11 12:26 | シニアの時間 | Comments(6)
2006年 07月 10日

突然の休日

 土曜日に小東京へ行った時、通りに仮の駐車禁止看板が付いてい
た。1街と2街両方だ。日曜日だけと成っているので、その日は問
題無く駐車出来た。しかし、日曜日が駐車禁止なら仕事にならない。
荷物の積み降ろしが出来ないからだ。
 そんな訳で今日は仕事無し。朝はだらだらとベッドに居た。散歩
も止め。車から荷物を降ろし、雑用を片付けた。

 午後DVDで映画を見ようとブロックバスターへ出掛けた。パイ
レート・オブ・カリビアンを見たいと思ったのだ。店内の棚を探し
たが、見つからない。興味の無い時には嫌な程目に付いたのに。無
いと解るとなおさら見たく成る。背の高い黒人の店員にそのDVD
について訊く。コンピューターで調べて「アクションの棚にある筈
ですが」との答え。そこはもう探していた。それでも店員の後につ
いて行った。やはり無かった。

 このブロックバスターで気が付いた事がある。陳列棚のDVDは
アルファベット順に並べられている筈なのに、結構いい加減なのだ。
これがどうして此処になんて物が有ったりする。探す映画が見つか
らないと、些細な事に苛立ったりする。
 結局手ぶらで帰った。

 午後遅くジョンから電話が来た。昨日、小東京の駐車禁止の事で
電話をしたので、そのお返し電話。ジョンも小東京の朝食会を欠席
したとの事。彼は我々が集まるミツルカフェーの直ぐ前に何時も駐
車している。

 仕事を突然休むと、何をしようかと迷っているうち一日が終わっ
てしまう。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-10 12:31 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 07月 08日

面白きかな人生。

c0053177_1405645.jpg


 日本では七夕らしい。朝の日本語テレビのニュースで視た。しか
し、私の田舎北海道は8月が七夕。実感がわかない。日本に住んで
いないので、実感が無いのも当然か。

 やったあ、ハード・カバー420ページの小説を読破した。パト
リシア・コーンウエル「Isle of Dogs」。初めてのミステリー物。
私はミステリーは読まない人だが、ただ同然の買い物だったので、
内容は無視して読んだ。私の読書は多目的だから、内容が退屈でも
問題はない。この小説がつまらなかったという訳ではない。夢中に
成る程ではないが、結構楽しく読んだ。次は同じ作者の「The Last
Precinct」を読む。

 夜、何処かのエージェントから電話が来た。名前を言ったらしい
のだけど、早口で聞き取れなかった。最近同じ様な間違い電話が多
いので、最初からそうだろうと決めつけていた。なので電話の内容
を理解するのに時間が掛かった。「Pirate of Caribbean 3のオー
ディションがありますが、時間ありますか。来週の月曜日です」と
電話の向こうで男が言った。昨年の今頃にもエキストラのオーディ
ションを受けた。その時「この映画の撮影は2年は続きますので気
長に待ちましょう」と言われたのを思い出した。その時1週間の仕
事を貰ったのに水彩画教室と同じ日で出来なかった。それで私のチ
ャンスはもう無いものと思っていたのだが。昨年のファイルから私
に再びオーデションのチャンスが来たのだろう。

 しかしながら今回のオーデションは少々勝手が違う。エキストラ
ではあるが俳優が必要と言う事だ。カメラの前に立った事の無い人
は事前に連絡くださいとの事だ。それでは私の場合はどうだろうか。
カメラの前に立った事がある、演技をした事がある、上手い下手を
問わなければ立派に該当するではないか。只のエキストラではない
ので、オーディションに受かる事は難しいだろう。それでも良い。
面白い経験が出来る。それが大事なのだ。大失敗したら日記におも
しろおかしく書ける訳だし。あ〜興奮するわ、、、。七夕様のご利
益かなあ。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-08 14:02 | シニアの時間 | Comments(4)
2006年 07月 08日

映画鑑賞

c0053177_2212779.jpg


 映画「Mrs. Henderson Presents」をDVDで視た。どの様な
内容なのか全く知らなかったのだが、ジュディー・デンチが出てい
る映画は外れが無い。それに、、、ボブ・ホスキンズの完全ヌード
が見られるとの噂も無視出来ない。(笑)
 内容は大金持ちの未亡人が、小さな劇場を買い取り、ミュージカ
ル公演を始める話し。ほのぼのとしたラストシーンも良い感じで、
ジュディー・デンチは期待通りであった。

 ウエブ仲間のま〜さんの初渡米の日記を読んで、私の古い写真を
引っ張り出してみた。初渡米の時カメラは持っていなかったので、
旅で知り合った人に撮って貰った物だけ。其の10枚足らずの写真
だけでも沢山の思い出が蘇る。忘れないうち、その記憶を書き留め
る積もりだ。9ヶ月の長期だったので、旅というより北米生活体験
の様なのだ。カナダやメキシコへも行った。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-08 02:24 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 07月 06日

63キャンドル

c0053177_12313469.jpg


イラストはま〜さんとの合作。


 久し振りにニジヤ・マーケットへ買い物に行った。生鮮食料の生
きが良いので、刺身は何時もここで買う。デザートにと甘いものも
少々。今夜は刺身の夕食で、自分の誕生日を祝う。

 午後遅く電話が鳴った。「パームスプリングスで会った事の有る
男です。誕生日おめでとう」電話の声が言った。昼寝から覚めたば
かりで頭がぼっとしていた。何の事か良く解らない。私の誕生日を
知っているのは、E氏しかいない。それならどうして自分の名前を
言わないのだ。訳の解らないまま話しを合わせた。不思議な電話だ
けど、自分の誕生日を覚えていてくれる人は歓迎である。(笑)

 メキシコのポールからEメールが来た。「誕生日おめでとう」と
書かれている。インターネットを始めたのだろうか。それとも誰か
に頼んでメールして貰った。とにかく嬉しいメッセージ。早速長々
と返事を書いた。自分の家でインターネットが出来たら、連絡を密
に出来るのに。電話を引くとか言っていたのはどうなったのだろう
か。

 昨夜の花火は凄かった。通りで仕掛け花火を上げるので、凄い音
が家を揺するし、家の真上に大輪の菊が咲くし、怯えた猫の様に家
の中を歩き回る私であった。音が怖い訳ではない。火事になったら
どうするんだ。今夜はあの恐怖が嘘の様に静まり返っている。

 ポスト独立記念日おめでとう。
[PR]

# by shinia62 | 2006-07-06 12:33 | シニアの時間 | Comments(6)