ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 11日

貴方が噛んだ小指が痛い、、、♪ (日記内容に関係無し)

c0053177_10195732.jpg


 最近オーデションが時々あります。暫く静かだったので本職の絵
に力が入っているこの頃。オーデションが来ると煩わしく感じます。
この態度は行けません。そうと解ってはいても「仕事の邪魔するな」
なんて気分に成るので困ります。まだまだ人間が出来ておりません
ね。因に今日のオーデションは店の日本人オーナーの役でございま
した。エージェントからのメールには「衣装は着物」になっていま
す。何を売る店なのか解りませんがなんで着物なのと疑問に感じま
す。でもアメリカ人が着物と言ったからって慌てることはございま
せん。慌てても着物など持っていないのだから無駄な抵抗でござい
ます。それに彼らの着物の知識は結構いい加減なので、私など甚平
を何時も着ていくのです。前合わせが着物みたいなら良いじゃない
かってことですね。それで何となく済んじゃいます。浴衣を着た日
本人も居ました。
 因にオーデションはこんな感じ。ある店の中、若い男が「これは
何?」とカウンターに乗っている袋を指差す。すると日本人の店主
がもみ手で出て来て「ライスフラワー(米粉)でございます」と言
う。ただそれだけ。どうして着物なのかさっぱり解りません。別に
どうでも良いんですけれどね。

 ♥読者からの質問コーナーです。

 >さむさんは沢山作品描かれているので、紙も沢山必要になると
思いますが、どちらで購入されているんですか?シートで買われる
んですか?それともロールですか? 

 私はデモ用の水彩画紙はブロックのものを買います。シートより
結果的に高めに成りますが、いろんな状況の元で描く場合は便利で
す。家で使う水彩画紙はシートで買っています。サイズ22”x30”
のもので、これをパックで買います。一パック5枚のものと10枚
のものがあり、私は10枚入りを二パック一度に買います。

 購入はネットショップです。ASW Art Supply Wearhouse
から絵の具、紙を買っています。まとめて買うのでお得かと。急い
でいるときはローカルの店で買うこともあります。場所はトーレン
スのWalser’s。小物を買う場合が殆どですが。

 以上でございます。お役に立てたでしょうか。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-11 10:21 | シニアの時間 | Comments(2)
2011年 03月 10日

真面目にお答えいたします

c0053177_1242742.jpg


 読者の方から「水彩画紙は何を使っているのですか」と質問があ
った。私が絵を始めた頃に使い始めたのがArches(日本ではアルシ
ェと呼ぶらしい)と言う紙。フランス製だと聞く。が、確かではな
い。今でもこの紙を主に使っている。他の紙を時々試すが、やはり
アルシェが一番好きである。

 アルシェ、厚みは140ポンド(日本式では何グラムに成るのか
知りません)。コールドプレス、粗目が私の好きな紙である。その
他はストラスモアなどもクラスの生徒が使っているので私も時々使
う程度。紙は自分の絵のスタイルにあったものを選ぶのが一番だ。

 と言う訳で、今日の日記はこれでおしまい。私もめっきり歳を取
り、クラスのある日はとても疲れてしまうのでございます。おっと、
そんな弱音を吐いていられませんね。生徒の中には84歳で元気は
つらつな人だっているのです。もしかすると100歳越している人
も居るやも知れません。年齢調査した訳ではございませんし。私だ
って元気なら100歳でも150歳でも生きとうござりまする。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-10 12:43 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 03月 09日

読書の秋、音読の春。なので音読しております。

c0053177_9302696.jpg


 今まで読んでいた「ラガナー家の日本日記」を読み終えた。今日
から石川好の「ストロベリー・ロード」を読み始める。随分昔に買
った文庫本で、上下二冊ある。内容は殆ど忘れているので再度楽し
めることだろう。彼は私の初渡米より7年前にこのカリフォルニア
に来て居る。小東京のことやその頃のレストランなど懐かしい名前
が出てくるから、自分のことの様に身近に感じる内容だ。その始ま
りに、彼が港まで迎えに来てくれた長兄や回りの人達が話す日英混
じりの不思議な言葉に驚く下りがある。例えば「ミーはよ〜、さっ
きからハングリーでまいちょるのよ」みたいな言葉である。このこ
とを真面目に論じれば長い話に成りそうなので止めておく。軽い人
間の私に合わせて軽いお話を一つ。

 この不思議英語(日本語?)で思い出したのが、日本でよく見て
いた映画「森繁久彌の社長シリーズ」だ。此れに出てくる二世役の
フランキー堺が話す言葉だ。ミ〜は、、、ユ〜は、、で始まる会話。
アメリカのことなど知らない頃の私はそんなものかと思っていた。
ところがこっちへ来てみると、誰もそんな話かたはしていない。少
しは居たのかもしれないけれど、私の記憶にはないのだね。確かに
カタカナ言葉がいかにも英語に近いと言うか独特の雰囲気はあった
けれど。現在のロサンゼルスでそんな話し方をする日系人(日本人
移民)が居るとは思われない。思うにミ〜、ユ〜は60年代の日系
言葉だったのでしょうね。貧しい日本人が農業移民で来た頃の言葉。
だから私が来た時には消えつつあったのかも。私の勝手な意見であ
りますが。

 と言う訳で、このように始まる「ストロベリー・ロード」。大宅
賞受賞作である。「ユ〜もよ、リードしてみろよ。ベリー面白いぞ
〜。ミ〜はよ〜スリータイムもリードしたぞ。キャリフォーニの話
しだしインタレストだぞ」

 ああ疲れた。最後の三行書くのにベリー時間かかとです。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-09 09:31 | シニアの時間 | Comments(12)
2011年 03月 08日

看板職人時代 13

c0053177_11305631.jpg


 1972年4月、渡米までの一週間を私は実家で過ごすことにし
ました。仕事や回りのごたごたから解放され身体が軽く成った気分
でございました。これからのアメリカ旅行のこと以外、私の頭の中
には何もありません。すっきりと良い気分なのでございます。北海
道から一歩も出たことのなかった私ですから、故郷の蘭越駅を出発
するその瞬間からアメリカ旅行が始まるようなものです。その前に
故郷の空気を充分に堪能しよう。そんな気持ちで近くの山道を歩き
回りました。それに飽きるとギターを弾いてみたりもしました。出
発までの一週間が恐ろしく長く感じた私でございます。それだけ心
が高ぶっていたのでございましょう。

 田舎の駅に私を見送る人はいませんでした。私の旅行について知
っているのは両親だけなのです。両親に見送られるのはきまりが悪
いですし、そっと出発するつもりなのです。全くの偶然ですが、隣
のボックスに高校生くらいの少年が乗っていまして、家族らしい見
送りの人達が彼の席の窓際に集まっておりました。母親らしい中年
の女性が「向こうへ着いたら直ぐ連絡しなさいよ。ロサンゼルスで
はおばさんの言うことを良く聞いて、勉強も頑張りなさいよ」など
と少年に叫んでおりました。こんな小さな駅の同じ列車にアメリカ
へ行く人間が一緒に乗り込むなんて不思議な偶然です。そんな情景
をぼんやり見ているうち汽車はゆっくり動き出しました。見慣れた
田舎の駅が柔らかな春の日差しの中で、見知らぬ街の様に輝いて見
えたのでございます。

看板職人時代14に続く

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-08 11:32 | 過去日記(◯◯◯◯年 ) | Comments(8)
2011年 03月 07日

身体に良い事何かやってますか、、、、、、

c0053177_108741.jpg


 今日の日曜日は先週と良く似た一日だった。まず小東京の朝食会
に顔を出し、それから知人のN氏と昼食。シニアの生活はあまり代
わり映えがしない。それでも昼食の内容が何時もと違った。最近開
店したばかりのベジタリアン・レストラン。その店はN氏の家から
目と鼻の先の場所にある。彼もまだ行ったことが無いと言うので試
してみることにした。

 一見ファーストフード店の様な小さなレストランだった。外に展
示してあるメニューはアルバムみたいに成っている。各ページに有
る大きな写真の料理がうまそう。ベジタリアン・レストランだから
肉は無いのだろう。でも料理名はソイ・チキン、ソイ・バーガー、
ソイ・ステーキなどと肉有りみたいな名前である。

 前菜に春巻きとやらを注文した。出て来たそれは米粉なのだろう
か真っ白で透き通った皮に包まれた春巻姿の一品。中は新鮮な野菜。
揚物ではなくサラダ感覚でソースをつけながら食べる。此れがなか
なか行ける。本物の春巻きより軽いし食べやすい。

 私は少々重い朝食を食べたので、軽くハーブ・スープを注文した。
N氏はシュリンプ・焼きソバ。シュリンプはシュリンプでもソイ・
シュリンプつまり大豆で作られたシュリンプ。他のステーキやバー
ガーも大豆で出来ているらしい。シュリンプを食べてみたらかまぼ
この様だった。実際にはどうなのか知らないが、とても健康的な食
事をしている気にはなる。ベジタリアンとかオーガニックフードと
かは、それを食べることで身体に良い事をしたと思う、それが結果
として身体に良い効果と成るのだろう。信じる者は救われる。(最
近此ればっかり言ってます)二人ともこのレストランは気に入った。
また来たい場所である。他のメニューを全部試してみたい。

 私のスープは味はともかく結構スパイシーだった。明日の朝お尻
が焼けません様に。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-07 10:09 | シニアの時間 | Comments(8)
2011年 03月 06日

看板職人時代 12

c0053177_9364128.jpg


 海外旅行は初めてのことですから経験の無い手続きが大変でした。
回りに詳しい人がいる訳でもありません。とにかく一人で勉強する
しかありません。パスポート申請、ビザの獲得、種痘証明書(イエ
ローカード)など、その一つ一つをクリアーするのが大事なのでし
た。

 私の旅行はむさぼり読んだ旅行記そのままに、リュック(バックパ
ック)一つで無銭旅行なのでした。当時エコノミー航空運賃と客船
の船底部屋が同じ料金でした。将来は何処へ行くにも飛行機の時代
が来るのでしょう。それなら今のうちに船旅の経験も良いのでわ。
そう思った私は客船の船底部屋を選びました。面白い経験をするこ
とも旅の良いところでしょう。アメリカで親切な人に会ったら上げ
る土産も用意しました。ミニチュアの団扇や扇子などです。こんな
ことも旅行記からの知恵でございました。

13へ続く

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-03-06 09:40 | 過去日記(◯◯◯◯年 ) | Comments(6)