ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 24日

悔しい偶然

c0053177_111053.jpg


 先週行ったコマーシャルオーデションの
コールバック(第二次面接)が来た。
久し振りのコールバックだから出席したいけれど、
ヨセミテ行きと日付が重なるので断念。
一年に一度のコールバックが
一年に一度のヨセミテ水彩画教室に重なる。
これって宝くじが当たるより確率低いのじゃないか。

 何年か前に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
仕事が入った。一週間の仕事だった。
これは滅多にない大仕事だ。
しかし、その一週間は私がヨセミテへ行く一週間だった。
一年に一度のヨセミテ行きが大事な仕事に重なるのが
私の宿命らしい。その時も泣く泣く断った。

 それならヨセミテ水彩画教室を
どうしても成功させなくてはならない。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-24 11:11 | シニアの時間 | Comments(10)
2011年 08月 23日

おやまあ、、、これって◯◯それとも◯◯ その2

c0053177_11232222.jpg


 (昨日の日記から続く。)
その人物の描き方が私のスタイルに良く似ている。
それで思い出した。以前これと良く似た滝の絵を描いたことがある。
10年以上も前だ。もっと詳しく書くと1998年頃である。
こうなると興味が湧いて古い作品を確かめてみたい。

 それは直ぐ見つかった。
ブラウン系の色調である私の作品とは違いブルー系の色調ではあるが、
構図、コントラストのポイントも私の作品と酷似している。
いや、同じだ。
ますます好奇心が湧いて、その作者の個人ホームページを見せて頂いた。
そこには沢山作品が載っていた。
そして私は合計3点の模写? パクリ(笑)? 作品を見つけた。
それらには彼のサインが入っているので、
も、もしかして、◯◯??????

 私は怒ったねえ。
いえ、本当は全然怒らない。
自分の作品を気に入って真似(模写?)してくれるなんてなんだか嬉しい。
喜んでいる場合じゃない?
確かにどう見ても自分の作品と同じ物に
誰かのサインが入っているのはちょっと嫌な気持ちかも。

 痛し痒し 微妙に揺れる シニアの心 (字余り)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-23 11:50 | シニアの時間 | Comments(8)
2011年 08月 23日

映画の日

c0053177_8231889.jpg


 邦画「南極物語」を見た。
1983年制作と言うからかなり古い。
物語については良く知っていたけれど映画を見たことはなかった。
従って今回初めて見る映画である。

 物語は犬を中心に進む。
生き残ったタロとジローが兄弟であったことは知らなかった。
とても感動する映画でシニアはどっぷりと泣きモードに浸った。
この映画は当時凄いヒットだったとか。
生き残った二匹の犬達のニュースだけでも
充分な感動であったことを覚えてる。
それをさらにドラマチックなストーリに仕立てた映画なのだから
シニアが涙に咽ぶのも無理はない。

 余談だが、前回日本へ帰った時
北大の植物園でタロに会った。
そこにある小さな博物館でこちらをじっと見つめていた。
もっともそれは剥製だったけれど。
この映画を見てから会ったら感動が数倍強かったかなと思う。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-23 08:43 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 08月 22日

おやまあ、、、これって◯◯それとも◯◯

c0053177_8503920.jpg


 水彩画ホームページを検索して遊んだ。
他にやることが結構あるのにだ。
もう後が無いと思うほど緊迫した空気を感じるまで仕事に手が付かないのが
創作に生きる我々芸術家の宿命だ。
普段は単なる絵描きなのに
都合に会わせて芸術家になるのも、そう、芸術家。
あらあら話が全く進まない。
直ぐこうなるのも、、、くどい?

 話は水彩画ホームページ検索へ戻る。
ある水彩画好きな人たちが集まって作るグループのページに行き着いた。
どんな絵を描いているのかなと会員達の作品を見る。
スケッチ調の作品が多い中にちょっと面白い作風の人が居た。
彼の作品は2点載っている。
大胆でのびのびしていて私の好きなスタイルだ。
特に二枚目の作品が良かった。
滝を描いたものである。
それを暫く見つめていたら有ることに気が付いた。

 どこかで見たような作品なのだ。
滝の右側に描かれた小さな人物像を見ていて間違いないと思った。
これは、、、、、、

(明日に続く)

 ↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-22 11:47 | シニアの時間 | Comments(2)
2011年 08月 21日

Gift

c0053177_6122296.jpg


 夕方外出するのでシャワーでも浴びるかとバスルームへ入る。
ちょうどその時だった、表のドアを叩く者がいる。
誰だろう。かなり激しく叩いている。
ドアの方へ歩きながら「はい、ただいま」と叫んだ。
そうしなければドアを叩く音が止みそうにない。
そこには郵便配達人が立っていた。
大きな包みを抱えている。
日本からの小包だ。
サインをしながら誰からだろうと考える。

 それはYさんからだった。
全く予期していない嬉しいサプライズである。
配達人が行ってしまうと早速包みを開ける。
カッターナイフを使い、
中の物が傷つかないよう注意深くテープを切った。
中には梅干し、そして箱詰めのインスタントみそ汁セット。
いろんな種類が並んでいる。
ひゃー! 凄いギフト。
ありがとうYさん。ありがたく楽しませて頂きます。

 さあ、シャワーを浴びて出掛けよう。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-21 06:13 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 08月 20日

土曜日のような気がする金曜日

c0053177_1184288.jpg


 オーデションで150歳の中国人を演じた。
最近オーデションが多い。
忙しい時だと少々面倒。結構な時間を取られるしね。
本当は家でヨセミテ公園で展示する作品描いていたかった。
でもオーデションも一応仕事だからさぼるわけにはいかない。

 ハリウッドまで出て来たのだからとN氏に電話してみた。
最近暫く会っていないので挨拶でもしようかと
そんな気持ちだった。
時間があるようなので昼食を一緒にすることになった。
場所は何時もの「のし寿司」。
彼のところから近いし、
あの辺で日本食レストランはここしか知らない。

 この店はたいそう繁盛している。
昔から店の名前を良く耳にしていた。
来るようになったのは最近のことだ。
この店の面白いところは支払いは現金だけのポリシーだ。
私は何時も現金だから問題ない。
しかし支払いはクレジットカードって言うのが普通の昨今だ。
キャッシュ・オンリーは珍しい。

 メニューは何時ものチラシにした。
N氏は野菜と海老の天婦羅。
ダイエットをしている彼は外食しても軽いものしか食べない。
天婦羅も野菜だけ食べて「海老は食べても良いよ」と言う。
私のチラシは結構量が多くて何時も腹一杯になる。
今日は何故か全部食べられなかった。
N氏の残した海老天とご飯をお持ち帰りにした。
今夜の夕食はこれで決まった。
天丼を作ろう。

 午後遅く家に帰った。
最近の私はやる気満々で、軽く昼寝をした後
ヨセミテ風景を一枚描き上げた。
なんとまあ行動的なシニアであろうか。
将来は大物の画家になるのではないだろうか。
って、どれだけの将来があるんだか。
もっとも私は既に大物の絵描きだべさ。

 妄想が 若さの秘訣の シニアだよ

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-08-20 11:41 | シニアの時間 | Comments(14)