ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 28日

読書の秋

c0053177_9114560.jpg


 私が今読んでいる小説は「Snow Falling on Cedars」.
読み終わったらN氏が読むので何時になくスピードをあげて読んでいる。
元々は日本人N氏がN氏に貸したのだけれど、
N氏は読んでいる本があり時間が無いそうで
それが読み終わってからになるからとその前に私が読む事に成った。
映画を見ていた事も有り原作に興味があったのだ。

 急いで読んでいると言っても、頑固に音読、録音、聞き直し、
などやりながらなので時間は掛かる。
それでも何時もより早いペース読んでいるし読書時間も多くしたから、
早くも三分の二程読み終わった。
私としては凄いスピードだと思う。

 映画の方はどんな話だったか良く覚えていない。
だからまるで別の物語を読んでいる感じだ。
私の記憶では日系人の男が殺人の罪で裁判にかけられる。
そんな話だった。
その男の奥さん役が工藤夕貴。
最後に彼が有罪に成るのか無罪なのかそれも記憶にない。
原作を読んでいると、裁判劇と言うより
戦時中の日系人の苦労話にかなりの内容を割いていて、
恋物語のような印象だった映画とは全く違った感じを受ける。
その頃の日系人が法律によってアメリカ市民に成れなかったとか、
土地を買えなかった、キャンプに入れられたなどの
アメリカでは何度も何度も耳に入ってくるストーリが
この小説にも満載。
もう良いと思いながらも読んでいる。
これをアメリカ人が読んだらどんな気がするのか。
今からN氏の意見が興味深い。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-28 09:39 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 10月 27日

水彩画教室のこと

c0053177_1137093.jpg


 最終水曜日、水彩画教室はデモの日である。
今月は月初めに課題を何点か生徒達に渡した。
デモはその中から選んで描く。
ヨセミテのストーン・ブリッジのある風景を描く事にした。

 暫く使っていなかったイーゼルを使った。
紙のサイズを今までの倍にしたので机で描いてはいられない。
それで準備に時間が掛かってしまった。

 デモの最中私の後ろで世間話に花が咲く。
それを面白がって聞いているので絵の説明があまりない。
それでも良いのだ。
我が教室の生徒達は優秀だから説明なくてもばっちり理解する。
本当に手の掛からない生徒達。
お陰で先生は楽させてもらっています。

 今まで生徒達がやっていた役目を今日から私がやる。
授業料の徴収である。
早速その為のノートを作成した。
何ども書いているが私はこう言う作業が大好きなのだ。
生徒が授業料を机に置くとノートの名前をチェックする。
絵を教えるよりこの仕事が楽しいな。
生徒がこれを読んだら次の教室で吊るし上げになるかな。

 そのような冗談を言っている場合ではない。
来週の水曜までに次の課題を考えなくては成らない。
課題選びにはうるさい私だから、これが結構大変だ。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-27 12:27 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 10月 26日

シニア日本珍道中 7

c0053177_7545620.jpg


 最後の日は高崎のブログ友ま〜さんの家を再訪。
彼のグループショーを観に行った。
彼の絵はネットで良く見ているけれど原画を見るの初めて。
昼食はその展覧会が行われているビルのカフェテリアへ。
三人揃ってカレーライスを食べる。この日は結構暑かった。
その日このビルの前で映画の撮影があるとか。
私達は昼食後上野に戻った。
ホテルは午前10時にチェックアウト荷物をロッカーに預けていたのだ。

 ロスアンゼルスに帰る私達の飛行機は夜中の12時15分発。
他に予定はないのでそのまま羽田に向かった。そこで10時間程遊ぶ(笑)。
良いレストランが沢山ある。
最後は手持ちの円を全部使うべく豪華な夕食にした。

 結構省略して書いたが、これが私達の日本旅行概要。
面白エピソードなどは思い出した時に書いてみよう。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-26 08:16 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 10月 25日

日本風味

c0053177_65604.jpg


日本旅行で撮った写真から新作を描いた。
まあまあの出来である。
11月、12月の二ヶ月間、
私の作品が日本国領事館ライブラリーに展示される事になった。
水彩画仲間の知人に紹介され作品を見せたのが一年前。
貴方の作品を展示したいとメールが直ぐ来たが、
その後は何の連絡もなかった。
日本旅行中、東横インのPCでメールをチェックしていたら、
今月末まで作品9点を用意出来るかとのメールを発見。
考える事なく出来ますと返事を送った。

 旅行から帰ってメールを読み直すと日本的な題材で9点とある。
それに当てはまる作品を部屋に並べてみたが
ちょっと足りない。
急遽、日本的題材の新作を描く事にした。
日本的も日本的、日本旅行の写真から皇居の二重橋を描いた。
これ以上日本的には成れないぞ。
自分にしては普通に仕上がった。
時間がないのでまあ良いでしょうと自分で許可を出す。

 何時もの事だけれど描き上げてから
堀に白鳥を浮かべたら良かったかな、などと思ったりする。
でもそれをやったら日本風は協調されても
観光地のお土産絵に成っちゃうかな。
もっとも過去に富士山に桜とかそれ系は良く描いていたけれど。
でも、今はもうやってませんよ。

(今日のトップ作品はネット仲間展の課題から描いたものです。)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-25 07:24 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 10月 24日

シニア日本珍道中 6

c0053177_5552412.jpg


 東京に滞在中のロスに住む日本人N氏と
一緒に食事、銭湯、カラオケと日本文化に浸った。
アメリカ人N氏は日本の銭湯が気に入った様子。
私は初めてのカラオケに挑戦した。
これらの事は一人だと経験する事もなかったと思う。
お陰で楽しい旅行になった。

 10月13日は透明水彩画会のメンバーに会うことに成っていたので、
其の日はN氏と別行動。
日本人N氏とアメリカ人N氏は靖国神社へ行った。
私は前日に皇居を見たが、靖国神社は行けなかった。
それほど行きたい場所ではなかったので良いのだが。

 前回には気が付かなかった歳を否応無しに意識させられる。
何しろ歩く事が多いので一日の終わりにがっくり疲れる。
毎日観光名所を歩き回るのは無理なので、
一日観光、次の日は休む行程にした。
宿も最後の一週間は同じ浅草の東横インに泊まった。

 N氏は孫達の土産物など買い物を沢山したので郵便局で送る事になった。
近くの郵便局で手続きをする。
送料が馬鹿に成らない。
N氏は旅行中現金をATMから引き出していたが、
銀行も郵便局も外国のカードは敬遠され
結局引き出しが出来たのはセブン・イレブンのATMだった。
セブン・イレブンばんざ〜い!!!

 中国製品が多いこの頃だが、
N氏はお土産をかう際日本製である事を確かめていた。
デパートの子供服売り場は値段が張るが、
中国製はなくN氏は満足げであった。
一方私は買い物を殆どしない。
興味がない。いや、金が無い。(笑)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-24 06:24 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 10月 23日

シニア日本珍道中 5

c0053177_3594754.jpg


 北海道への旅は9時間だったが、東京までの夜汽車は11時間だ。途中長い駅停車が2度程有りそれも時間のかかる理由だ。夜汽車は短い方が良い。尻が痛くて参った。無事上の駅に到着。

 知人のアーティストに会いに群馬県高崎市まで行った。指示された通り駅西口で待つ事ゼロ分、彼がミニバンで現れた。 彼とは1年前に一緒に展覧会をした。そのギャラリーにも顔を出す事が出来た。 彼のスタジオを見せて貰い、版画についての説明を聞く。私は面倒くさがりやなので版画はとても出来ない。いろんな手順が多過ぎ(笑)。

 郊外の彼の家の前に最近出来たと言うレストランで昼食。久し振りにイカの天婦羅を頂く。北海道では良く食べていた。レストランの場所としては不思議な住宅街の真ん中。でも大変はやっているそうだ。確かに美味しい食事だった。その後、高崎市の観光地ドライブ。彼の家の近くの川縁で写真を沢山撮る。午後の陽光がばっちり決まって画題になりそうな写真が撮れた。彼の家で昼寝、私達は午後7時半の新幹線で東京へ戻った。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

# by shinia62 | 2011-10-23 04:01 | シニアの時間 | Comments(0)