ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

年の暮れ

c0053177_08063778.jpg
12月30日2015年

 今年は残りあと2日。一年はあっという間に過ぎた。まあ、
そう感じる訳だ。ロサンゼルスは明日が大晦日。特に予定は
無いので大晦日と正月は一人のんびり過ごす積りだ。N氏は
大晦日から新年5日までアリゾナの姉の家へ行く。近くの知
人と一緒に食事という手もあるけれど、全く気を使う必要の
無い一人と言うのも魅力あり。ワインと寿司の食事を楽しみ
ながら日本語テレビで紅白歌合戦を見るのも良いだろう。も
っともテレビの前に座って見ることは無い。テレビを点けた
まま他のことをする。気になる歌手が出るときだけテレビの
前に座る。その気になる歌手もどんどん見なくなった。時代
を感じるとともに自分の歳を感じる。

 夕食はN氏とデュパーズへ行った。今年の暮れから行きだし
た店だけれど続けさまに6回は行っている。3週間程で新しい
客から常連になった。

られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-31 12:35 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 12月 31日

斉藤おさむ略歴

おさむの略歴は「お知らせ!」の下から始まります。お見逃し無く。

ヨセミテ水彩画教室 2016 
9月5日−9月10日 
教室時間:午前10時より午後2時まで。
各教室1日10ドル(ヨセミテ公園への寄付になります)。
画材は各自持参かアートセンターで購入してください。
インストラクター:斉藤おさむ


ガーデナ水彩画教室
随時生徒募集
場所: Ken Nakaoka Community Center 2階 F室 
水曜日 2 pm ~ 5pm / instructor: Osamu Saito
1670 W. 162nd St. Gardena, CA. 90247. 教室見学大歓迎。

私の作品が掲載されたグラフィック社の水彩画画集です。

c0053177_8445691.jpg
       斎藤 おさむ 略歴

1959年:北海道蘭越中学校卒業後、小樽へ出る。書店で働く傍
      らデッサン教室へ通う。
1959年:↓↓
1972年:看板職人として働く。
1972年:休職、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコをスケッチ
      旅行、一年後帰国。
1973年:↓↓
1975年:看板店再就職、通信教育により挿絵、水彩画を学ぶ。
      同年9月、再渡米。看板店で働く傍らワークショップ
      や個人レッスンで絵画を勉強。
1984年:サイン・デザイン・ビジネス始める。同時にサンゲー
      ブル市水彩画会、ビバリーヒルス水彩画会メンバーと
      なる。
1985年:コロンビア映画「カラテキッドー2」(日本語タイト
      ル、ベストキット2)制作に参加。美術部門のアーテ
      ィストとして日本語看板制作で活躍。
1986年:其れまで描いていた墨絵、油、アクリル画を透明水彩
      一本にしぼる。
1987年:サイン・デザインビジネスを辞め、フルタイムの水彩
      画家として出発。水彩画制作、展示販売に専念する。
1990年:ロサンゼルス郡立美術館に於いてグループ展開催。そ
      の後、同館のレンタル&セールスギャラリーメンバー
      として5年間活動。  
1991年:サンタモニカ、ロサンゼルスでグループ展開催。
1996年:ビバリーヒルス・アートリーグ作品展特賞。
1996年:ホームページ、ギャラリーを開始。
1997年:当地の雑誌「Lighthouse」で紹介される。
1999年:UTBテレビ「素敵な仲間」に出演。絵画制作の他に ニ
      ュースレター「絵筆のひとり言」毎月発行。地元紙に
      も投稿する。
2001年:グラフィック社画集「水彩画コレクション」弟1巻、
      弟2巻、弟3巻へ、水彩画作品掲載される。雑誌KOI
      USAに画家の紹介と作品が掲載される。
2003年:US Town Journalに記事と作品掲載される。
2004年:ヨセミテ国立公園水彩画クラスの講師として迎えられ
      る。現在も続行中。
2008年:ガーデナ水彩画教室で教え始める。
2010年:4月、日本で初の作品展開催。(3人展)
2012年:10月、日本で2回目作品展(2人展) 
2013年:10月、日本で第3回作品展(2人展)
2014年:10月、日本で第4回作品展(2人展)
2015年:10月 群馬県高崎市に於いて 第5回(2人展)

斉藤おさむはハリウッド俳優組合のメンバーでもあり映画やコマ
ーシャルで活躍中。

[PR]

by shinia62 | 2015-12-31 00:00 | 斉藤おさむ略歴 | Comments(0)
2015年 12月 30日

怪しい日本人

c0053177_11151814.jpg

12/29/2015

 最近の散歩はこんな出で立ちで出掛ける。少々怪しくて
ストリート・ギャングに目を付けられそう。でも頭をカバー
するフードは暖かで、それだけで体全体が守られている
感じ。フード付きの衣類を着るのは初めての経験。此れ
は明るいグレーだから良いけれど黒だったりするとアクシ
ョン映画の悪役の衣装みたいでも有る。なので少し悪役
っぽい雰囲気で写真を撮ってみた。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

width="88">

[PR]

by shinia62 | 2015-12-30 11:38 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 12月 28日

寒い日曜日の過ごし方

c0053177_11591480.jpg

12/27/2015/日

 J氏と朝食だった。と言うこの書き出しの日記を何度
書いたろうか。シニアの生活は変化に乏しい。それは良
いのだが、今朝は死ぬ程寒かった。厚着の上に厚着して
丸々肥って小東京へ行った。我が家のガスヒーターが壊
れているのを知ってか知らずか、意地の悪い最近の気温。
そのせいなのか昨夜突然喉がいがらっぽくなり今朝から
咳が続いている。それほど酷くないし風邪でもなさそう
なので普通に生活している。しかし家の中が寒いのは変
わらない。朝の厚着のまま一日過ごした。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-28 12:01 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 12月 27日

クリスマスの後はぐうたらに過ごす

c0053177_944722.jpg

12/26/2015/土

 N氏に頂いた蘭の花ノ写真を撮った。そのうち水彩画
にする準備である。白い花は優雅で美しい。簡素な故に
雰囲気を捉まえるのが難しい花である。難しいから挑戦
が楽しい水彩画。

 最近寒い日が続いている。特に今朝は寒かった。クリ
スマスプレゼントに貰ったフーディ(パーカ?)を早速
着てまだ暗い外に出た。寒い中の散歩もフーディのお陰
で楽しいものと成った。

 午後新作を一枚描いた。その後は細々した用事で一日
が終わる。今日は土曜日だのんびり過ごしたい。夜はS
AG賞にノミネートされている映画作品を見る。来年の
一月まで映画三昧の日々に成りそうだ。

A friend of mine gave me a pot of a beautiful white orchid.
I took some photos.
I am planing to paint watercolor of this subject later.
Even though, it has simple color and simple shape,
it has en elegant appearance.
I like to challenge to capture the feeling of it.

We are having cold weather last 2,3 days.
I got a sweat shirt with hood.
it's from my friend as a Christmas gift.
I wore that when I took a walk this morning.
It was great. It gave me a such comfort in the cold air.

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-27 09:47 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 12月 26日

クリスマス

c0053177_15282228.jpg

12/24/2015/金

 クリスマスである。我ら4人N氏の家に集まりシャン
ペンで乾杯、前菜を楽しんだ。その後デュパーズ・レス
トランへ移動。クリスマスは閉店の店が多い。なのでデ
ュパースの前に長い列が。何時もなら長い待ち時間は嫌
なので他の店に移る。でも今日はアルコールで気持ちが
穏やかになっていて、待つわ、何時までも待つわ〜♪な
気分。辛抱強く待った。その甲斐あってその後の食事は
とても楽しい一時と成った。何時もと違うクリスマスは
大成功。良い気分で店を出た。専属のカメラマンM氏の
記念撮影も忙しく夜は更ける。今年も残すところ一週間
足らず。来年の話をしても鬼は笑わない。何の事だって?
良いじゃないの知らなくたって。知らぬが仏って事もあ
るし。最後に小さな事は忘れてメリークリスマス!そし
ておやすみなさい。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-26 15:30 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 12月 26日

クリスマスの朝。

c0053177_335824.jpg

12/25/2015/金

 クリスマスの朝である。寒い。窓の外はホワイトクリ
スマス。なら良いけれど。外の風景は何時もと同じ南カ
リフォルニア。朝帰りで午後にはまた出掛ける。夕食は
N氏の家で。こじんまりした4人での夕食。ファーマー
ズ・マーケットにあるデュパーズ・レストランへ行く。
暮れから急に行き出したレストランだ。夕食会はアメリ
カ人2人、日本人2人の組み合わせ。アメリカ人2人の
内一人が私なので、はっきり言えば日本人3人とアメリ
カ人一人と言った方が解り易いかも。細かい事は良いと
してそろそろ出掛ける用意をしなくては成らない。続き
は明日にでも書くつもり。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





 それでは行って参る。
[PR]

by shinia62 | 2015-12-26 03:20 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 12月 25日

イヴ

c0053177_249290.jpg

12/24/2015

 クリスマスイヴですね。たいした予定も無いけれど知
人の家で食事でもと思っております。その前に軽い買い
物をしよかと。

 昨日は今年最後の水彩画教室だった。生徒達はクリス
マスだと言うので浮き足立っており教室どころではない。
なので生徒は2人だけ。なんて事だ。それまで出席率の
良い教室に鼻が高かったのに。此所に来て鼻は丸潰れ。
何はともあれ今年も無事教室のお役目を果たした。正確
に言うと自習教室が一日残っているのだけれど、昨日の
状態から考えるに誰も来ない気配。まあ、正月も近い事
だし今年は水彩画教室もう良いか。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-25 03:00 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 12月 24日

クリスマスは直ぐそこ

c0053177_12275931.jpg

12/23/2015/水

 朝の散歩で見た小さなクリスマス・デコレーション。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-24 12:30 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 12月 23日

小雨の中に彷徨う思い

c0053177_11194818.jpg

12/22/2015/火

 日照時間が一番短い12月21日が過ぎた。今日から
日が長くなる。昼間人間としては嬉しいこの瞬間。今朝
はN氏と朝食だった。前回その高価さに腰を抜かしたシ
ニアだが、凝りもせずハイエンド(高価な)な店が並ぶ
ラーチモント通りに行った。その訳は、今日はN氏の奢
りなのだ。それにこの通りは彼の家から歩ける距離。昨
夜はずっと雨だった。朝に成っても時々小雨がぱらつく
曇り空。それでも気温は比較的暖かで、4人は外のテー
ブルに着く。いや、2人と2匹は外のテーブルに着いた。
彼の犬の散歩途中であった。コーヒーとドーナツ一個の
コンチネンタル朝食。通りを行き交う人々を見ながらマ
ッタリトした時が過ぎる。とっても裕福な気分。

 家へ帰ると洗濯物が待っていた。今日は白物の洗濯日。
ランドリールームが空いているのを確かめると、いざ出
陣。その後家の中は洗濯物で大賑わい。

 SAGより葉書が来た。今年もSAG賞の季節だ。こ
れから一ヶ月足らずの間に候補の映画をどんどん観る。
時間があるか心配だ。今年はどんな作品が有るのか全く
知らないシニアである。投票日まで真面目に映画鑑賞し
たい。毎年忘れる事無く投票している私は偉い。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-23 11:29 | シニアの時間 | Comments(2)