<   2015年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

今夜はスピリチャルに

c0053177_10495946.jpg

9/29/2015/火

 先日頂いたファブリアーノ水彩画紙を使い作品を仕上
げた。二作目だ。一作目は細目の紙は初めてだったので
様子を見ながら描いた。二作目の今回は思い切り伸び伸
び描けた。発色がなかなか良い感じ。私の紙はアルシェ
だと決めてから何年にもなる。しかしこの新しい経験で
心が揺らぐシニアであった。そんな事ならこの紙だと決
めずいろいろ楽しんだら良い訳だ。心が吹っ切れた感じ。

 最近ユーチューブで「オーラの泉」を見ている。なか
なか面白い番組だ。信じるかどうかは別として娯楽とし
ては楽しい。それに人は誰でも説明できない不思議な体
験が有るのではないか。本人が気が付いてないだけかも
しれない。疑い深い私でも、不思議に思える体験がある。
江原啓之と美輪明宏のもっともらしい説明に頷ける自分
が居る。

 今夜はちょっとスピリチャルなシニアである。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-30 10:55 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 29日

座席にもの申す

c0053177_1182477.jpg

9/28/2015/月

 今日も又、新作一点ものにした。軽くさっさっと描き
上げた。なかなかの良い仕上がり。まだまだ描けそうな
ので嬉しい。日本の展覧会に出す作品を一応決めた。し
かし新作がどんどん描けるので展示したい作品が増え続
けている。又最初から作品選択をやり直しだ。

 航空券をお願いした旅行社に電話した。与えられた座
席の位置が気に入らない。シニアが2人なのでどちらも
通路側に座りたい。歳を取るとトイレが近い。考えた末、
通路側の席で前後に座る座席設定にして頂いた。これだ
と必要なとき同伴者と話しも出来る。運が良ければ空席
が回りに有ったりして一緒に座れる事になる。シニアは
いろいろ考えている。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-29 11:12 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 09月 28日

シニアの力を思い知れ

c0053177_11142851.jpg


9/27/2015/日

 小東京では日本フエアーなるものをやっていた。と言
うか準備中であった。あまり興味が無いのでJ氏と朝食
をした後、急いで帰宅。日本旅行のスケジュール変更や
ホテルのキャンセル、新たな予約などなど夕方まで頑張
った。どうやら最終スケジュールが固まったようだ。し
かし又変更になるやも知れず、まだまだ気が許せない。
スケジュール作りは本当に面倒くさい。こんな時、行き
当たりばったりの一人旅の気楽さが懐かしくなる。その
事を除けば良い日曜日であった。もっともその事を除い
たら今日一日なにも無かったに等しいけれど。自分でも
驚くこの集中力。まだまだ捨てたものではないシニアで
ある。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-28 11:17 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 27日

カウントダウンがダウンした。

c0053177_11533025.jpg


9/26/2015/ 土

日本行きの航空券を買った。カウントダウンが始まった
ぞと喜んでいた。ところが出発の日を一ヶ月切った今に
なって、同伴者のN氏から予定変更のリクエストが入っ
た。更に旅行に詳しい知人からもっと効果的な新幹線の
使い方を教わったり。私のスケジュールが根本から崩れ
てしまった。来週は予定立て直しで忙しくなりそうだ。
何しろシニアは新しい事は出来るだけしたくない。なの
で今までやてきた事をそのまま繰り返していた。少々
アプローチを変える事で効果的な汽車の旅ができるのだ。
反省。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-27 11:55 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 26日

古い記憶

c0053177_1058073.jpg


9/26/2015/金

 普通の人にとって一番古い子供の頃の記憶は何歳頃だ
ろうか。私の場合3歳頃の記憶が有る。100%確かで
はないけれど記憶の中の状況で判断した。その記憶と言
うのは私の直ぐ上の姉と弟のある出来事であった。私は
縁側に座っていた。姉は産まれたばかりの新生児を腕に
抱いて庭に立っていた。側には大きな庭石が2つ。姉は
私より4歳上。小学校に入学したばかりの頃だろう。他
にも誰か居たと思うが私の記憶には姉とその腕の中の新
生児しかない。その新生児は3歳下の私の弟だ。そのイ
メージがスチール写真みたいにはっきり残っている。

 事故についてはずっと後で解った。そしてその事は私
の記憶に全く無い。姉に抱かれていた弟が姉の手から滑
り落ちた。不幸にも庭石の上だった。新生児の柔らかい
頭蓋骨がかなりのダメージを受けたらしい。その頃の田
舎では医者へ行く事は無かった。強打でへこんだ頭に包
帯が巻かれていた。私の記憶は切れ切れだが、弟の頭に
巻かれた包帯は覚えている。その後、弟は奇跡的に回復
した。弟と私が小学校に通う様になった。岩に強打した
彼の右側頭部は平らだった。それをからかった事で事件
の事を知ったのだ。一番上の姉が説明してくれた。不幸
な出来事だったが、私の一番古い記憶でもある。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-26 11:02 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 23日

シニアは成長し続ける

c0053177_9384832.jpg

9/22/15/月

 今日もはまったりと一日が終わった。何故かしら心が
ほんわかとして夢見心地のシニアであった。これも歳の
せい?どうもそんな気がする。何時もの緊張感が無い。
こうしてシニアは惚けて行くのだろうねえ。いや、それ
は困る。ここらでびしっと決めなくちゃ。

 ひょんな事からウルグアイのムヒカ大統領演説をユー
チューブで見た。彼は世界一貧乏な大統領として有名な
のだそうだ。自分の給料の90%を貧しい人の為に寄付。
ウルグアイの平均収入で暮らしているそうだ。その彼が
演説で「貧乏人とは物を持っていない人ではない。持っ
ていても欲を出しもっと欲しがる人である」なんて事を
言っていた。ええ、、、それなら私は裕福な男である。
私がまったり一日を過ごした理由はこの言葉を聞いたか
らなのか。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-23 09:48 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 09月 22日

声が、、、、、

c0053177_11574379.jpg

9/21/2015/月

 最近声が出難い。かすれている。声の強さにはに自信が
有ったのだけれどどうしたのか。歳の性?音読のし過ぎ。
なのでこの3日程あまり力を入れないようソフトに音読し
ている。歳と共に肉体の変化があって、それが歳のせいか
病気なのか解らないので困る。最近は何でも歳の性にして
いるシニアである。

 昨夜は暑くて窓を開け放し扇風機を付けて寝た。お陰で
良く眠れた。この暑さが過ぎればどんどん寒くなる。暑さ
を楽しむのはこれが最後である。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-22 12:09 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 09月 20日

死について考える

c0053177_112464.jpg

9/19/2015/ 土

暑さが戻ってきた。家の中がモワッと暑くて身体に力が
入らない。それでも頑張って新作一点描き上げた。午後
はN氏を訪ねた。リリーの死で落ち込んでいるかも知れ
ない。会ってみたらそれほどのこともなさそうだった。

昨日はユーチューブで邦画を観た。タイトルは「象の背
中」。癌で余命半年と告げられた男の最後の時間をどう
過ごすかと言うストーリー。タイトルの「象の背中」と
ストーリーにどんな繋がりがあるのかと思った。映画の
中に「死を迎えた象は群れを離れ死に場所を探す」と言
った台詞があった。それが映画のタイトルのようだ。無
理やり付けたタイトルのようでちょっとおかしい。

最後に死ぬ主人公の生活環境が恵まれている。金持ちは
こんなに美しく死ねるのだなと羨ましいシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-20 11:03 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 19日

今日学んだ事

c0053177_11132769.jpg

9/18/15/金

 リリーが死んだ。癌だった。長い癌との戦いが終わり
安らかな眠りに着いた。最後まで驚く程元気だった。し
かし昨日容態が急変した。病院へ行く車の中で息を引き
取った。運転していた知人は言う。後部座席に横たわっ
ていたリリーが大きく息を吐くのを聞いた。それは最後
の息だった。

 リリーは知人N氏の飼い犬で黒のボーダーコリーとシ
ープドックのミックス。私とリリーの出会いは7年前に
遡る。最初は恥ずかしそうに私との距離を取っていた。
それでも何度か会ううち慣れて来た。その後は私にとて
も懐いた。彼の家へ行く度私に飛びつき甘える様になっ
た。結構大型の犬なので相手をするのが大変だった。勢
い良く遊んだ後は静かになる。それを知っているので先
ずリリーと遊びそれから知人に挨拶をする。

 ペットの死の経験は1度だけ有る。猫だった。ちょっ
と寂しい気にはなったが、それまでの大変さを考えたら
ホッとしたのも確か。私は電話でN氏の話しを聞きなが
らジンと来た。こんな事を言ったら猫に叱られそうだけ
れど、犬の死は猫のそれより悲しいかも。猫はしっかり
と一人で生きて行けます的な性格だけれど、犬はストレ
ートに信頼を飼い主にぶつける。嬉しいけれど少々重荷。
その分死を見るのが苦しい。そんな事をこの死から学ん
だシニアであった。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-19 11:15 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 09月 18日

果報は寝て待て

c0053177_11365283.jpg

9/17/15/木

 Residual小切手が届いた. この言葉業界用語なのか辞
書で調べても私が欲しい訳が載っていない。映画やテレ
ビに出演、クレジットが付くとその作品が再放映される
度出演者に支払われる小切手のことである。私はこれを
貰える出演作品は少ないので受け取る事は殆どない。そ
れでも忘れた頃に小切手が送られて来るのは嬉しい事だ。
それに今回は結構まとまった金額。私の仕事はコマーシ
ャルが多い。これにはResidualはない。

 日本行きの航空券をもうすぐ買う。今年は例年より値
下がりしていると聞く。燃料費が下がっているのだとか。
理由はともかく値下がりは大歓迎。何時もの旅行社に今
年もお世話になる。後一ヶ月と少しで日本行き。今年は
昨年より滞在期間が一週間短く2週間と成った。スケジ
ュールを作り始めたら2週間の短さに驚く。以前一人で
日本へ行っていた頃は2週間でも長過ぎると感じていた。
旅の連れが出来るともっと時間が欲しくなる。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-09-18 11:38 | シニアの時間 | Comments(2)