<   2015年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 30日

Somewhere Street

c0053177_11444451.jpg

6/29/15/月

 NHKワールドの最近私がはまっている番組は「Some
where Street」。外国のいろんな街をビデオを撮りながら
徒歩で歩く番組。街行く人に話しかけたり、店や工場の中
に入り込んだり、なかなか面白い。自分が街を歩き回って
いる気分に成る。ナレーションや人々との会話は全部英語。
ビデオを撮りながら歩く人の姿は見えない。何となくナレ
ーションをしている人がビデオも撮っているのかと思って
いた。しかし時々話しかけられた人達が片言の日本語を話
したりするので、ビデオクルーは日本人のようである。

 ユーチューブでこの番組を探したら、有った。しかもタ
イトルが「世界ふれあい街歩き」と言う日本語だった。も
っともNHKワールドの番組は日本語番組に英語吹き返し
たものが殆どだ。なので日本語タイトルを今日初めて知っ
た。これからは時間を合わせテレビで見なくてもユーチュ
ーブで簡単に見れそうだ。

 偶然にも大発見してしまったシニアである。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-30 11:47 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 06月 29日

ハンバーガー

c0053177_82527.jpg

6/28/15/日

 肉は大好きって訳ではない。なのでステーキが食べたい
と思う事はあまりない。時々そんな気がしたらレストラン
ではなく自分で料理する。と言っても殆どする事はない。
先ず肉は奮発して良いものを買う。それをフライパンでミ
デアムレアに焼くだけ。味付けは塩胡椒。それに野菜を添
えたら高級レストランの料理みたいに美味しい。もっとも
高級レストランの経験は少ないのだが。栄養のバランスを
考慮して時には肉を食べよう程度の時はハンバーガー。も
っと絞ってノームスのカリフォルニアバーガー。

 久し振りにN氏と夕食を一緒にした。この3週間彼は親
戚サービスに忙しかったので夕食に出る事がなかった。何
処へ行こうかと言う話に成った時、私は迷わずノームスで
の食事を提案した。私の身体が肉を必要としている気がし
た。

 ノームスは相変わらずシニアの客で混んでいた。だがそ
れほど待つ事なくテーブルに着く。ウエーターが飲み物の
注文をとる。N氏はアイスティー、私は水。以前は回りに
合わせてアイスティーを注文していた。しかし全然好きな
飲み物ではない。たまにセブンアップを飲むことがあるが
これも砂糖水を飲んでいるようで気に入らない。いろいろ
考えたあげく行き着いたのがこれ、身体に優しく財布にも
優しい水。

 毎度しつこく書いているが、ノームスのカリフォルニア
・バーガーは美味しかった。付け合わせはオニオンリング
を選んだ。油ぎとぎと感が漂うが暫く振りのことだから許
す。N氏はシンプルなサンドイッチ。只今ダイエット中だ
とか。留守をする犬の為にベーコンのお持ち帰りをするの
が微笑ましい。

 隣のテーブルに父親と息子とおぼしい2人組。私達が食
事を終えた頃、父親らしい方の男が「おまえはアジア人か
」と訊く。そうだと答えると「中国人?」と言うので、日
本人だと答えたら行きなり女性サッカー・ワールドカップ
の話しを持ち出した。私は時々ニュースを見るだけ。日本
は頑張っているなあ程度の知識。しかしこの男興奮気味に
話す。N氏は既にレジに行っちゃったので、なんとかこの
男を振り切らなければ成らない。先ずパスされたボールを
左キック、そして、、、、、。なんとか切り抜けN氏を追
った。

 てな訳で、必要だった動物性タンパク質を摂取した夜だ
った。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-29 08:05 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 06月 28日

子供の使い

c0053177_021353.jpg

6/27/15/土

 散歩の途中24時間営業のドラグストアへ寄った。今朝
顔を洗った時左目が充血していた。疲れで目が赤いなんて
状態ではなく毛細血管が破れたような真っ赤な状態。以前
良くこの状態に成った。しかし、眼球の奥の血管が破れる
と言う事件に遭遇してからコレステロールを下げる薬やベ
ビーアスピリンを飲む様に成ってそれは無くなった。と思
ったのだが久々にうさぎの目シンドロームに成ったようだ。
そんな訳で目薬を買うことにした。

 目薬の棚に行ったらなんと透明のケースに入っていて鍵
が掛かっていた。高価なプリンターインクなどは良くケー
スに入って陳列してあるが目薬までとは驚く。盗む輩が居
るらしい。目薬の種類も多い。店員を呼び私の目の状態に
どの目薬が良いのか訊いた。「さあ、私にはさっぱり」た
だの店員なので無理も無い。この店には薬剤師の勤めるフ
ァーマシーも有るが24時間営業ではない。早朝だし勿論
まだ開いてない。全く目的の違う目薬を買っても困るので
ファーマーシーが開く時間にまた来る事にした。もっとも
其の頃には目は治っているかも知れない。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-28 00:49 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 06月 27日

靴と住まいの関係

c0053177_1239215.jpg

6/26/15/金

 23年間住んだこの家で今更と言う気もするが外から帰
ったら入り口で靴を脱ぐ習慣をつけようと思い立った。家
の中はカーペットなので(今はもうカーペットと呼べない
状態だが)その方が汚れないし掃除が楽だろうと言う訳だ。
日本の様に玄関と呼ばれるスペースが無い。なのでどの辺
りで靴を脱ぐのかが問題だ。ドアの外で取るのはおかしい。
隣の人に見られたら何をやっているのかと怪しまれそうだ。
部屋に一歩入ったところで靴を取る。その場合靴を置く場
所が必要。靴箱を置くのは場所を取り過ぎるので、取り敢
えず古新聞を敷きそこに靴を並べる。普段よく履くものが
二足程あれば良い。一週間前からそれを実行したのだけれ
ど、どうも身体の方がそのように動いてくれない。気が付
けば靴を履いたままクローゼットまで来てしまう。アメリ
カへ来てから40年以上の間身に付いた習慣だから簡単に
は変わらない。今のところ家の中まで靴のまま入り気が付
いて入り口に戻ると靴を脱ぐ。このような状態が続いてい
る。そのうち慣れて靴を取るのが自然に成るまでこんな動
きを続ける事に成る。アジア系の人が住む家では結構そん
な習慣があるようで、ドアの前に靴が転がっていたりする
のが微笑ましい。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-27 13:04 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 06月 26日

映画の日

c0053177_1111660.jpg


6/25/15/木

先日注文したDVDが届いた。ハリウッド映画「LAバイ
ス」と「グランドキャニオン」。何週間も前の朝食の時、
前の週観た映画の話しをJ氏とした。彼が観たのはグラン
ドキャニオン。粗筋を聞くと私好みの作品の様なので見た
く成った。一度観れば良いのでアマゾンのインスタント・
ビデオで視ようと調べたら、この作品のインスタントビデ
オはなかった。一応お気に入りビデオ・リストに入れ後で
DVDを買う事にしたが、そのうち忘れてしまった。

もう1つのDVDはハリウッド映画「LAバイス」。この
作品は全く私の好みではない。それならどうして注文した
か。私がちょい役で出ているからだ。しかも短い台詞もあ
る。なので記念に買った。まとめて買えば送料が割安に成
る。

LAバイスは自分のシーンだけ見てパス。夜グランドキャ
ニオンを観た。まあまあ楽しんだ。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-26 11:13 | シニアの時間 | Comments(6)
2015年 06月 25日

新対策

c0053177_1143295.jpg


6/24/15/水

 水彩画教室の日であった。今月最後の教室である。生徒は4
人。何故か月最後の教室は生徒が少ない。其の理由は解って
いる。今年始めまで先生が来る教室は月3回だった。そうした
のは自分の自由時間を多くする為だった。そのうち自由時間
より金が必要に成った。いろいろ出費が多く成ってきたのだ。
もっと自由な時間をなどと甘い事を言っていられなく成った。
それで月4回にした。しかし生徒は月3回の教室に慣れてし
まい4回教室を取る生徒は少ない。苦肉の策で月最後の教
室は集中したデモやスケッチなど今までより深く入り込んだ
勉強をする事にした。が、遅かったか。今のところ効果無し。
しかし、それにはめげず継続は力なりを信じ地道に頑張りた
い。人生死ぬまで勝負だ。そう言うシニアはもう死にそう。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-25 11:45 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 06月 24日

旅行の計画作りは楽しい

c0053177_12452331.jpg


6/23/15/火

日本での2人展の日取りが決まった。例年より1週間早い。一
緒に展覧会をするM氏の都合でこうなった。気の早いシニアは
ホテルの予約を始めている。航空券はまだ先なのだ。今年は
2週間の日本訪問である。スケジュールを作り始めたのだが、
2週間ってこんなに短いのかと驚く。すっかり3週間旅行に慣れ
てしまったらしい。どこか行きたいところがある訳でもないので
良いって事にしよう。展覧会では最後の週末2日か3日間を画
廊に詰めるつもり。日数が充分ではないので展覧会前半は失
礼して故郷の北海道へ挨拶回りに行く。もっとも、まだまだ先
の事なので予定は未定どうなるものか本人も解らない。取り
敢えず旅行の計画作りを楽しんでいる。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-24 12:47 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 06月 23日

ウオーキング・ツアー

c0053177_1130374.jpg


6/21/15/月

日曜日の日記に追加である。朝食は何時もの様に9時に終わ
った。その後N氏の家へ正午まで行く事になっていた。それま
で3時間近くあるのでウオーキング・ツアーをする事に。小東
京から直ぐ北にあるロサンゼルス発祥の地を観光客気分で
歩いてみた。

観光名所になっているオリベラ街を始め、今では博物館にな
っている消防署の建物などを見学。案内役の人も居ていろ
いろ説明してくれる。とても勉強に成るツアーだなと思いな
がら歩いた。オリベラ街は現在の観光名所。たった一ブロッ
クの狭い場所に屋台のような店がひしめき合っている。観光
客が多いところだ。映画やテレビドラマの撮影も時々ある。

メキシコ人が週末に食べると言うメヌード・スープを食べて
みたくてJ氏と一緒に来たのもオリベラ街の小さな食堂だっ
た。結果はそれほど好きな食べ物ではなかった。ただこの
スープは家庭の味があり場所を変えるとその味も変わると
言う程いろいろ有るらしい。なので自分の好きなメヌードを
出す店を見つける事が大事だそうだ。

その辺りをゆっくり回った事が無かったので、観光客気分で
楽しめた日曜日の朝だった。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-23 11:31 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 06月 22日

どんでん返しは嬉しいような怖いような

c0053177_1240971.jpg

6/21/15/日

 サウスベイ水彩画展覧会の事について書く。レセプションの日
早い時間に会場へ行った。しかし其の日は他に用事が有った
ので展示作品を見回って直ぐ会場を出た。賞でも取っていな
いだろうかと期待して行ったのだけれど、賞は無かった。私の
場合絵で食べているので売れてなんぼの世界。賞は取れな
くてと作品が売れて欲しい。てな訳で後日どれほど作品が売
れているのかもう一度会場へ足を運んだ。展覧会が始まって
4週間経っている。会場を見回してちょっとがっかり、いや、か
なり失望。100点余りある作品の中で2点が売れている。これ
じゃ売れる望みは薄い。この手の展覧会は売る事に力を入れ
ていないのか。趣味で描いている人ばかりなのか。理由はな
んであれ売れない展覧会は悲しい。しかしそれで諦めたら人
生進歩が無い。とにかく沢山の人に作品を見てもらう事。そう
する事で売れるチャンスも増える。展覧会は後一週間で終わ
る。その一週間で作品が売れることはないだろうなあ。諦め
の悪いシニア画家は思う。

Jとの朝食を楽しんだ後N氏を訪ねた。父の日とか息子の卒業
祝いとかで忙しい彼とは暫く会っていない。2、3時間お喋りをし
て帰宅した。帰ってから夕食は面倒なので途中ラーメン屋によ
る。こちらも久し振り。腹一杯で家に着いた。ドアを開けたら家
の中の昼間の熱気がもわっと私を襲う。慌ててあちこちの窓を
開け放す。

着替えを済ませホッとして留守電を見たらメッセージランプが
点滅している。メッセージを聞く。急いで電話が欲しいと言う内
容。電話の主は聞いたことのない名前。SBWSからなので大事
なメッセージかと直ぐ電話した。電話に出た男に私の名前を言
うと「ああ、電話待ってました。良い知らせがあるんですよ。あな
たの作品が◯◯◯賞を取りました」何の事か良く解らない。な
のでなんと言う賞なのか聴き取れなかった。この展覧会の賞
は初日に決定している。そして私の作品は佳作にも入っていな
かった。「実は、最初にこの賞に決定していた作品が失格に成
りました。それで審査員が再度全作品を審査した結果あなた
の作品が◯◯◯賞に決まりました。おめでとうございます。リ
ボンと賞金◯◯◯ドルです」と言う。ラッキーそれとも必然。棚
からぼたもち、果報は寝て待て、犬も歩けば棒に当たる、ひょ
うたんから駒、瑠璃も玻璃も照らせば光る、どうでも良いけど
嬉しい。又どんでん返しがありません様に。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-22 12:43 | Comments(4)
2015年 06月 21日

返信を期待しない手紙

c0053177_13354532.jpg


 6/20/15/土

返事を全く期待しない手紙を出した。なので仮に返事が来たら
嬉しさが倍に成るちょっと面白い手紙。其の始まりはこんな事だ。
ある事が切っ掛けで古い手紙を読み始めた。私の直ぐ上の姉か
ら来た手紙だ。以前は良く手紙を交換していたのだがある時期
から返事が来なく成った。それだけではない、電話にも出ない。
噂では元気にやっているらしいのだが。

一昨年日本へ行ったとき電話をした。やはり返事無し。一緒に
行った友人が「それならよ予告無しに直接家へ行ったら」と言う。
突然家に行ったら失礼かと遠慮していたのだが、自分の姉だし
電話に出ないのだからそうするしかない。そして彼女の家へ予
告無しで行きドアをノックしたら、ドアを開けた彼女は「あ〜ら懐
かしい、日本へ来ていたの」と歓迎ムード。何がなんだか解らな
く成る私だった。昨年日本へ行ったとき電話したらやはり電話に
出ない。さすがに面倒くさくて彼女に会うのは止めた。

しかし、今年は予期せぬことが起きた。古い手紙を読み出した
のはそれが引き金と成った。そして久し振りに手紙を書く気にな
った。こんな状況下だ返事が来るだろうかとの期待で。極ありふ
れた普通の家族だと思っていた我が家族、もしかしてかなりお
かしな家族なのではないだろうか。

そんな事を考えた暑い土曜日の夜だった。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-21 14:19 | シニアの時間 | Comments(2)