ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 30日

弾き初め+

c0053177_9113674.jpg


 ウクレレ弾き初めの日であった。
触るのも今年初めて。
驚いたことに弦調は殆ど狂っていなかった。
なんと素晴らしいウクレレか。
今まで放って置いた私は何なんだ。
シニアは罪の意識に苛まれる。

 部屋には見慣れた顔達が集まっていた。
今年初めて会う顔顔顔。
何時もの席に付くと隣の人に挨拶。
左はアメリカ人、右は日本人。
その後黙々とウクレレを弾く。

 ウクレレは心を浮き浮きさせてくれる。
自然に足でリズムを刻む。
このクラブは明日どこかで演奏するそうで
其の曲目を練習する。
フラダンスの女性が3人
ウクレレに合わせて踊る。
踊りが付くと気分が出る。
ウクレレ弾き初めを多いに楽しんだシニアである。

 集まりが終わって携帯を見たら
テキストメッセージが入っていた。
おお、もしかして、、、、。
予想通りオーデションの知らせだった。
実は最後のオーデションが昨年の9月だった。
その後全く無いのでエージェントにメールを送った。
「昨年の9月からオーデション全く無いけど私は首か」
エージェントから直ぐ返事が来た。
「ホリデーシーズンは暇でね。これから忙しく成るからね」
其のメールが効果を発揮したみたいなオーデションだ。
昨年は結構気軽にやっていたシニアだけれど
今年は真剣そのもの。
俳優業は趣味だもんね、などと言っている余裕無し。
何でも良い仕事が欲しい。
つまり金が欲しい。
今年は赤裸々に守銭奴と化すシニアである。
出費が増えている。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-30 09:39 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 01月 29日

映画の日

c0053177_11414731.jpg


 戦争をテーマにした映画はあまり好きではない。
なので見る気がなかった作品「アメリカン・スナイパー」。
凄い観客動員数だと騒がれている。
クリント・イーストウッド監督だ。
最初は少なめの上映館でスタートした作品が
ぐんぐんのし上がり上映館が増えた。
朝食仲間のJ氏も先週観たと言う。
あちこちから良い評判を聞くと
戦争映画が嫌いな私も興味が湧く。

 行ってきました。
アメリカン・スナイパー。
観客に年配の人が意外に多かった。
戦争の思い出の有る人達なのか。
戦場の場面も有るが
人間ドラマに力を入れた作品だとかで
感動する場面も多々有る。
映画は意外な結末で終わる。

 実はこの「意外な結末」と言う宣伝文句に惹かれ
是非観たいと思ったシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-29 12:01 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 01月 28日

暮らしの工夫と住まい

 以前から気になっていた事、
それはですな。
絞り出し終えた水彩絵の具のチューブ。
普通なら捨てるだけだ。
しかし、
其の中にどれほどの絵の具が残っているか
気にならないだろうか。
チューブの絵の具を100%絞り出すのは不可能。
私なら気になる。

 水彩絵の具は少しの量で
かなりの面積を塗る事が出来る。
残り絵の具だけでもっと絵が描けるのではないか。
貧乏画家は考えた。

 なので実際に其の中を調べることにした。
スタジオのゴミ箱を漁り,
以前捨てたチューブを2つ発見。
金切りばさみを持ち出すと
チューブの解剖が始まった。
1つ目は失敗だった。
其の失敗から更に研究
2つ目の解剖は大成功。
中にはかなりの量の絵の具が残っていた。
何枚も新作が描けそうな量。

 今日は其の絵の具を使って絵を描いた。
絵の具はまだ残っている。

c0053177_11431740.jpg


水彩画医学会の進歩の為
其の様子を図解で説明したいと思う。
先ずチューブの出口に近い部分をバッサリ切る。
下の部分は横一カ所と底を細く切り落とす。
後は片側から開くと右側の四角い部分に成る。
絵の具が沢山付いている。
口の部分は切り口を開き絵の具を取り出す。
または筆を中に差し込んで絵の具を取る。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-28 12:31 | シニアの時間 | Comments(4)
2015年 01月 27日

知らぬ間に、、、

c0053177_1242875.jpg


 最近は毎日絵を描いている。
従って新作がどんどん出来上がる。
毎日描いているので調子が良い。
今日も新しいのを描き始めた。
良い色彩がどんどん出る。
この作品も傑作に成りそうだ。
そう思ってにんまりした時
有る事に気が付いた。
バーント・シエナ(茶色)が切れている。
私とした事が何たる不覚。
カラーミックスで作れるけれど
それだとリズムが崩れて時間が掛かる。
いや、リズムの崩れは作品の出来に関わる。
今から注文しても時間が掛かるから、
取り敢えず今必要な茶色は買いに行く。

 絵の制作を一旦中止。
絵の具の在庫を調べた。。
何時も在庫を余分に用意する注意深い私だが、
今回は本当にうっかりしていた。
取り敢えず在庫の少ない絵の具をネットで注文した。
茶色の絵の具は明日一番に買いに行こう。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-27 12:22 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 01月 26日

のし寿司

c0053177_12381945.jpg

 何時行っても忙しい「のし寿司」
待つのは嫌なので今回は早めに出掛けた。
それでもやっぱり待たされた。
20分待ちだった。

 レストランは大繁盛なのでかなり強気。
現金オンリーの商売だ。
日本なら別に驚く事はないかも。
しかしこちらでは珍しい。
会計士の友達は
「現金だけなんて税金誤摩化しているのでは」
などと会計士らしい目の付けどころ。
そんな事はないと思うけれど。
値段も手頃な店なので
私は気に入っている。

 この夜はビールから始まって
きゅうりサラダ、チキン照り焼き、生チラシを注文。
代り映えのないメニューだった。
N氏は生魚が嫌いなのでこう成る。
何時かカウンターで注文したいものだ。
それが出来るよう稼がなくては。

 一夜明けるとJ氏と朝食。
終末は外食が多い。
場所はご存知「みつるカフェー」
この店に来るように成って何十年に成るだろうか。
単純な行動を続けるのが好きなシニアである。
店は常連が殆どで、皆が知り合い状態だ。
朝の挨拶が飛び交っている。

 此所でのメニューも決まっていて
ウエートレスが来ると
「何時ものメニューをお願いします」
なんて事になる。
食事はともかくお喋りの為に来るような店だ。
食事より今週の話題が気になる。
J氏とは考え方が似ているので
話題は尽きない。
意見が違う事も有るが極端に少ない。
なので帰る頃には思いを吐き出してすっきりしている。
精神衛生に最高に良い朝食会である。

 話題作りも有るので
次の一週間は活動的にしようと頑張る。
なので朝食会は
精神衛生と活動的な生活を継続するエネルギーをくれる
又と無い良い機会に成っている。
さて、次の日曜日までに話題に成る事やらなくちゃ。

 あなた、話題になる事何かやってますか。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-26 12:38 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 01月 26日

ブロードウエイ・デビュー

c0053177_334583.jpg


 日本語情報誌にこんな記事が。
「渡辺謙ブロードウエイ・デビュー」。
凄いニュースだ。
過去にブロードウエイで日本人が主演を演じた事が有るか。
ないような気がする。
少なくとも私は思い出せない。

 出し物は「王様と私」。
なるほど、これは当たり役かも。
渡辺謙ならユル・ブリンナーと比べても引けを取らない。
もっとも外見の事だけれど。
王様の役は本格的に唄う場面が無いようだし。
かなり興味が湧くニュースである。

 仮に公演が大成功に成れば、
ユル・ブリンナーのように死ぬまでこの役をやり通すとか。
それが良い事か悪い事か微妙だけれど。
成功して欲しいと願うシニアである。
地方公演でロサンゼルスへ来るなら見に行っても良いかな。

 渡辺謙がブロードウエイに挑戦しているのだ。
私も今年は大きな事にチャレンジしよう。
何にチャレンジか分からないが。
シニアに元気をくれたニュースではある。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-26 03:55 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 01月 24日

絵描きシニア

c0053177_1372067.jpg


 今朝スタートした新作を夜仕上げた。
間にニュースレターを書いたり、
音読したりだからなかなかのもの。
本当に努力家のシニアだなあ。

 今日描いたのは上野公園の風景。
午後の光が良い感じ。
散歩しながら撮った写真から描いた。
描きながら日本訪問の事を思い出す。

 今年から絵を描くときは
其の過程を写真に収める事にした。
以前からそれはやっているが
それほど熱心ではなかった。
これからは全ての作品を写真に撮るつもり。
何時もカメラを側に置く事にする。

 シニアは何時も考える。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-24 13:26 | シニアの時間 | Comments(0)
2015年 01月 23日

翻訳ソフト

c0053177_1315765.jpg


 FBで世界中のアーティストと繋がった。
いろんな言語でコメントが付く。
全くわからない言葉だったら、
褒められたと思う事にする。
なので返信は英語でありがとうと書く。
時には日本語で書いたりする。
此所は外交の場所なので、
作品を批判する人はまず居ない。
いたとしてもこちらは解らない。
コテンパに批判しているのに、
ありがとうの返信をしている可能性も有る。
解らなければ腹も立たない。

 時には日本人でない人から日本語のコメントが入る。
日本語の解る外国人が増えている。
と思うなかれ。
どうも翻訳ソフトを使っているらしい。
なぜなら其の日本語かなり意味不明。
そのようなコメントは時々有って微笑ましい。
翻訳ソフトも英語をスペイン語に訳すのは良い感じだ。
同じラテン系の言語だからだろう。

 最近スペイン人のアーティストからコメントが来た。
結構長いコメントで日本語だ。
それがかなり意味不明。
翻訳ソフトの仕事だろう。
元のスペイン語をソフトで英語に翻訳した。
そちらは日本語より理解出来た。

 日本語をそれなりに訳せるソフトは無理なのかも。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-23 13:35 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 01月 22日

教室の日

c0053177_13552289.jpg


 水彩画教室の日であった。
今月最後の教室だ。
今月は生徒の出席数が多くて良い感じ。
もっとも今日はちょっと静かだった。
しかし、教室としては教え安くて理想的。

 今年に成って私は燃えている。
背中に火がついた訳ではなく気持ちの事だ。
其の理由は、私は今年年男。
いや、そんな理由ではない。
突然大きな心境の変化が有った。
遂に来たこの時が。
大器晩成型のシニアの開花の時が。
遅咲きの花の狂い先が。

 実は今まで幸せとはゆとりの有る生活と信じていた。
だから水曜日の水彩画教室も、
月三回だけとか決めていたのだけれど、
それだと時間が有り過ぎる。
其のアイデアが良いと思ったのは、
教室の無い週はスケッチ旅行をする。
なんて甘い事を考えていた。
しかし実際は実行出来ず暇なだけ。

 暇はシニアの敵である。
忙しく毎日を過ごすのがシニアの健康法だ。
長生きの秘訣だ。
暇だと精神が緩んで疲れる。
脳みそが腐り始める。
シニアの身体は使わない部分から腐り始める。
だから私は毎日◯◯◯をする。
って話しはちょっと違うか。
忙しければ脳みそがシャープに成る。
集中力もます。
良い事ばかりだ。

 なので決めた。
年男である2015年は忙しく過ごすと。
月三回のクラスを毎水曜日びっしりやる。
展覧会やアートクラブのショーに積極的に参加。
大きく前進の年にしよう。
こんなに張り切れるのは、
人生の終末が見えて来たから。
なんて話しも有るが、
決してそんな事では、、、、
ある。

 何はともあれ、こんな気持ちに成れたのは嬉しい。
今年一年が素晴らしい年に成る気がして来た。

 遅ればせながら、今年の一年の計はこれにした。
「毎日を忙しく過ごす」。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-22 14:28 | シニアの時間 | Comments(2)
2015年 01月 21日

一言で決着

c0053177_1194357.jpg


今朝早く予約していたガス会社の人が来た。
いよいよガスヒーターに火が入る。
寒い部屋で震えながら絵を描く事もない。
暖かい部屋でのんびりとテレビを見たリ出来る。
シャワーを浴びるのに寒さに耐えながら裸に成る事もない。
そう思うとても幸せな気分に成り
私はもみ手をしながらガス会社の男を家に招き入れた。

 男はガスヒーターの前に跪くと
小さなパネルを外し中を覗く。
ヒーターの有る場所が薄暗く中が良く見えない。
男は懐中電灯を取り出した。
ふむふむと頷きながらあちこち見回している。
やがて私の方に振り向くと
「ヒーターに火を入れる事は出来ません、
もう1つのパイプも取り替えないと」
「え〜っ、何言ってんですか、前に来た人はこれだけで良いって」
「いえ、このパイプも駄目です」
其の男の言葉はファイナルアンサーだった。

 長い時間を掛けて今日に至ったガスヒーター騒動は
又振り出しに逆戻り。
男はさっさと引き上げた。
今年の冬はヒーター無しで過ごすしかない。
ちょっと前の寒波をそれ無しで過ごしたのだから大丈夫。
南カリフォルニアの冬は
北海道より厳しくなりそうだ。
北海道では暑い程の部屋でビールでも飲んでいる筈だ。
一方、南カリフォルニアのシニアは
毛糸の帽子に、マフラー、手袋に防寒服
完全装備で日記を書いている。
暑い北海道の家の中が恋しい。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-21 11:35 | シニアの時間 | Comments(0)