ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

有るビデオを視て感じたこと、、、、

c0053177_1325488.jpg

 感謝祭が終わり静かな日常が戻った。と書いたけれど家族の居ない
私は感謝祭当日も静かな日々なのだ。祝日に一人でも全く気にならな
い自分に感謝。それどころか一人を楽しめるシニアである。と負け惜
しみを言っていたら感謝祭の夕食に招待された。親戚一同の中に東洋
人が1人。かなり浮いた存在。それも気にならない。芸術家は(都合
の良い時に芸術家かに成る)何処か変わっているのが世間一般の考え。
だから浮いている私は芸術家しているねえって事になる。回りにどう
思われているかが気にならなくなればこちらの勝ち。その点私は紛う
事ない勝ち組。

 夜、ネットで有るビデオドキュメンタリーを視た。サンタクロース
に成る事を決心する中年男。ひょんな事から今は亡い父親がサンタク
ロースをやっていた事を知りやってみたく成る。体格、顔、長い髭と
外見的には成れそうだ。ただ40代の男の髭は真っ黒だ。美容院でそ
れを漂白する。驚く程真っ白な髭に成った男は正にサンタクロースだ
った。クリスマス時のショッピングセンターでサンタクロースをやる
男達にも髭を漂白しているのが居るのだろうなあと合点が行く。お男
はサンタクローススーツを作り、サンタクロース学校で基本を学ぶ。
あちこちの慰問やクリスマスパレードの仕事をする。他にも沢山のサ
ンタクロースが出演するがこの男が一番それらしかった。何を基準に
そう思うのか知らないが、そう思ったシニアである。何とも心温まる
ビデオであった。

 私はクリスマスには全く縁の無い子供時代を過ごしたが、クリスマ
スソングやクリスマスストーリが好きだった。いや、今でも好きだ。
こんな幸せなクリスマスを過ごしている家族が居るんだなあと思うと
嬉しくなるのだ。幸せな人たちを想像する事で幸せに成れるシニアで
ある。訳もなくクリスマスに夢を感じるシニアなのだ。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-29 13:03 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 11月 28日

c0053177_3325138.jpg


 感謝祭の祝日だ。東の空が白々明ける頃散歩に出た。祝日の朝はとても静かだ。何時もの公園に着く。散歩する人が極端に少ない。公園を占領したようで気持ちが良い。祝日にはバベキューで忙しくなる。早朝から場所取りの先人達があちこちに居る。ところがこの朝は誰も居ない。パーティーアニマルは何処に消えた。公園でのパーティーが禁止にでも成ったのか。一組も居ないのだからそうに違いない。お陰で私はゆっくりと散歩を楽しめた。

 さて私にはどんな感謝祭が待っているのか。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-28 03:41 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 11月 27日

花の水曜日

c0053177_11393014.jpg


 感謝祭の前日なので水彩画教室に来る生徒が少なかった。家庭の主婦が多いので無理も無い。静かな教室だったので、景気付けに予定に無かったデモをやった。お陰で気持ちが引き締まり、その後の教室はスムーズに進んだ。

 教室からの帰りに日本食マーケットに寄った。お目当ては20%割引の刺身だったが、今日は割引に成っていなかった。残念!。並んで居た刺身の盛り合わせは明日も棚に並ぶのだろうか。マーケットは午後7時と早く閉店するので刺身残っちゃうだろうなあ。と要らぬ心配をするシニアであった。

 サラダを作ろうとチェリートマトを買った。ところがレジで問題発生。値段が付いてないと言う。従業員が値段を調べに売り場へ行った。ところが戻って来た彼は「チェリートマトは売り物ではないようです」と言う。だったらなんで棚に並んでいるのだろうか。結局それは買わずに帰った。サラダはチェリートマト無しで作る如かない。感謝祭の前日なので忙しいマーケットだった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-27 11:40 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 11月 26日

Screening

c0053177_11571042.jpg


 ハリウッド映画「Inherent Vice」試写会へ招待された。なで招待されたのか。私がこの作品に出演しているんである。昨年の7月に撮影した作品だ。なかなか完成しないのでどうしたんだろうと心配していた。私が出ていたのでお蔵入りに成ったのかと思った。私が出ているのは何秒間かの事なので、それで映画を駄目にする事はないだろうなあ。と考えていたらいよいよ完成したらしい。IMDB映画データーベースページに予告編がありそれに映っていので、行く積もりもなかった試写会だが、行く事にした。短編映画とか学生映画などの試写会経験は有るけれど、長編映画は初めて。ちゃんと台詞も有ったりする。

 場所はグローマンズ・エジプシャン・劇場。ハリウッドでは古い劇場だ。名前は良く聞いていたけれど行くのは初めて。無料の駐車場もある。当たり前のようだけれど、ハリウッドでは駐車場が有料だったり、結構不便なのだ。長い列で待たされたが、無事車を停め劇場へ向かった。なかなか立派な外見だ。中へ入り受付に行くと無料の飲み物とポップコーンの券をくれた。どちらも特大だ。飲み物はコークだけなので、私はボトルの水を貰った。コークは飲まない。

 映画館内部は意外に小さい。古い劇場なのでこんなものかと納得。7時を少し回った頃、関係者の挨拶が有って映画が始まった。私が観たい内容の作品ではない。汚い言葉が飛び交ってストーリについって行けない。自分のシーンは有るのか。それの為だけに我慢して観ている自分。ようやく予告編で見覚えの有るシーンが出て来た。カットされてなくてホッとする。何秒かの出演シーンを観終わるとさっさと劇場を出た。ポップコーン全部食べちゃったしもうやる事無し。それに映画が終わるまで居たら帰りの駐車場の混雑に巻き込まれる。映画よりそこが気になるシニアなのだ。映画をゆっくり観るなら我が街の映画館に行く。駐車場は無料だし広い。帰りの混雑もない。なにしろショッピングセンターの一部なのだから。その点ハリウッドは不便な事ばかり。

 最近SAGから送られて来た雑誌を見たら、この作品SAG賞の作品に入っているらしい。SAGベスト端役賞なんてのが有って自分が取れないかなあ、などと何時もの妄想が始まる。と言うのは言うまでもなく悪い冗談だが、何時もこの時期に送られて来る候補作DVDにこの作品も有ると嬉しいな。自分が写っている映画は記念にとって置きたい。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-26 11:58 | シニアの時間 | Comments(4)
2014年 11月 25日

来年の作品を

c0053177_8395957.jpg


来年の秋日本で予定している展覧会の作品をもう描いている。前回苦労した小作品から手を付けた。調子が良くてどんどん描ける。今年は最終的に古い作品から何点か選ぶ事に成った。来年はそんなことがないよう新作ばかりにしたい。なので頑張っている。なんて事書いたら鬼が大笑いしているかも。

 今夜は用事が有るので日記を午後に書いている。帰るのが遅いし日記を書いている暇も為さそう。其の為の対策。ここまでして日記を書いているシニアである。今夜の事は明日の日記で読んで欲しい。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



 
[PR]

by shinia62 | 2014-11-25 08:50 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 11月 24日

異文化に翻弄されるシニア

c0053177_12424619.jpg


 N氏の知人で私も良く知るJ氏。彼の姉が無くなって昨日が葬式、今夜がレセプション(日本語でなんと呼ぶのか分からない)だ。N氏と彼の階上に住むEさんそして私が招待された。無くなった姉はJ氏より1つ歳上で100歳。凄い長生き家族だ。J氏も来年は100歳になる。

 彼の家に着くと家の中からお祈りのような歌が聞こえる。J氏はユダヤ教なので其の儀式の1つらしい。お手伝いのL氏に招かれ家へ入ると、広い部屋に椅子が車座に置かれヤマカを冠った人達が唄っている(祈っている)。J氏の姿も有る。我々3人はユダヤ教ではないので一応神妙な顔で輪の外側に椅子を置き座る。英語と訳の解らない言葉で書かれた本が皆に配られ、それを見ながら唄ったり説教みたいなものを聞かされたり。なにしろ私は日本の冠婚葬祭だって大の苦手。それなのにアメリカで、しかもユダヤ教の儀式で葬儀の経験をするとは夢にも思わなかった。でもそれほど嫌って訳でもなく興味津々。儀式の最中にワインが出て来た事も有って、結構リラクスムード。

 やがて儀式が終わりワインと軽食のパーティーが始まった。N氏の話しでは軽いものしか出ないのでその後帰ってから夕食にするってことだった。しかし、内容は摘み的なものだが其の量が半端ではない。チーズ、スライスされたランチョンミートなどある。なんとデザートまで。ワインをグラスで3杯も飲み、軽食をたらふく頂き、その後の夕食など考えられない状態。なのでそれはスキップ。今夜は皆が集まり、亡くなったJ氏の姉を忍び、涙の夜に成るのかと思ったが、思い出語りはさっさと切り上げワインと軽食を楽しむパーティーに成った。

 全く異文化の中に放り出されたようでどうしようかと心配したが、そんな心配もなく普通にパーティーであった。私の人生は60過ぎてから新しい経験をどんどんしている。大器晩成型人間と豪語するシニアの面目躍如と言うことか。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-24 12:43 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 11月 23日

アメリカ式、ユダヤ人式葬式???

c0053177_7222429.jpg

 葬式後に行われるレセプションに友達の友達として招かれ出席し
た。ユダヤ人の家なので、ユダヤ式。私はかなり場違いな場所にい
る気がした。それでも経験としては貴重なものであった。何が行わ
れているのか良く解らなかったが、一応厳粛な気分でその場にいた。
そのあとは軽いパーティーの様なものがあってそちらは十分理解し
て楽しんだ。食べることに宗教なし。いや、やはりありますね。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-23 13:29 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 11月 23日

粋な味

c0053177_3564023.jpg


 ポン酢と聞くと洒落た料亭かなんかで使われているソースみたいなものと思っていた。なので私には縁の無い白物のはずである。ところがテレビのコマーシャルで良く見るようになって興味が湧いた。レモンなどが入っているとかで醤油より健康的なものらしい。初めて使ったのはつい二年程前の事。冷や奴に使ったりしていた。ところがだんだんいろんな料理に使い始め今では醤油にグンと差をつけ台所の人気者だ。特に納豆に使うと泡立ちが良くとても美味しく感じる。私の愛用するポン酢はミツカン「味ポン」。もっともロスのマーケットではこれしか見ないような気がするが。常日頃健康な食事を心がけているシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-23 04:15 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 11月 22日

ウクレレと

c0053177_119919.jpg


 最近は野菜を多く米は(炭水化物が)少なめの食事に心がけている。将来糖尿病に成らない為のダイエット。前回の健康診断で医者が血糖が少し上がっているので気を付けましょうと言っていた。医者は大袈裟に言うのでそれほど心配はしていないが、健康的な食事にする事に異存はない。今夜はチキンカレーにキャベツサラダを付けてみた。たいした違いはないかな。まあ、少なくとも本人は良い気持ち。

 昨日はウクレレの集まりに顔を出した。何時もより人が少なくて寂しい感じ。年末に生徒の出席率が下がるのはしょうがない。皆忙しくなるものね。私は成らないけど。私のクラスもこれから生徒達が忙しくなり休む人が多くなる。感謝祭にクリスマスそして正月とホリデーシーズンに突入する。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-22 11:11 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 11月 21日

港町、別れ街〜〜〜〜♪

c0053177_850194.jpg


 今月のデモ作品に最終的な加筆をした。これでどうやら出来上がり。今回の作品には何故か時間を掛けている。日本旅行で見つけた風景。北海道は小樽市の街中を走る鉄道線路と紅葉のシーン。街の真ん中にこのような風景が有ったのが驚きで、カメラのシャッターを切った。実際に使われているのだろうか。同じ思いなのか中国人旅行者の若者が歓声を上げながら写真を撮りあっていた。

 小樽市は私の第二の故郷。中学を卒業すると直ぐ家を出てこの街へ来た。田舎出の私の目に、駅前広場の色鮮やかなネオンが眩しかった。私は15歳で社会人に成った。小さな書店の住み込み店員だった。

 凄い勢いであれから半世紀が過ぎた。私が胸をドキドキさせた駅前のネオンサインは1つ残らず消え、無機質なビルの壁だけが残った。夜に成ると真っ暗な駅前広場。第二の故郷は大きく変わった。変わらないのは私の記憶に残る眩しい大都会、小樽市の姿である。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-21 13:32 | シニアの時間 | Comments(0)