<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

賞の正体は

c0053177_8454418.jpg


 昨日の続きである。SBWS作品展レセプションには午後1時丁度に会場へ着いた。時間に煩いシニアである。途中で買ったクッキーを持って会場へ入る。早くも結構な賑わい。知っている人が居るかと思い気や、見知らぬ顔ばかり。それでも知った顔を2人見つけた。絵を描く人は本当に多いのだね。絵だけで食べて行けないのが当たり前である。絵描きの一番の収入は絵を教える事か。認めたくはないけれど其の通り。

 会場内のカウンターにクッキーやケーキ、そして果物と食べ物が一杯。こんなに有るならクッキーなんて買って来るんじゃなかった。などと貧乏シニアは思うのであった。それはともあれ、作品展にレセプションなのだから作品を楽しまなくては。ゆっくり会場を回る。日本人の名前も有るけれど知らない人ばかり。自分の作品の前に来て、おお、結構インパクトが有るじゃないかと自己満足。賞取りましたなんてメールが来るから喜んだのにHonorable Mentionだって。日本語では佳作って事でしょう。審査員が1人なので新参者にチャンスは薄そうである。私としては賞も欲しいけれど、作品が売れるほうがもっと嬉しい。一応プロの画家なので。絵を売ってなんぼの人生なのだよ。作品展は二ヶ月続くのでお金持ちが現れて私の作品二点ともお買い上げって事にならないだろうか。そんな事に成ったら知人全員招待して寿司屋で乾杯しよう。もっとも知人は2人だけしか居ませんがなにか。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-30 09:24 | シニアの時間 | Comments(6)
2014年 06月 29日

SBWS

c0053177_12292392.jpg


今日はSBWS作品展オプニングレセプションであった。私はこれが初参加である。会場は広くて明るく良い感じ。この作品展は8月まで丸二ヶ月続く。賞を取るのも良いけれど、絵が売れたらもっと良い。売れるといいなあ。レセプションの様子は明日詳しく書こう。今夜は忙しいシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-29 12:31 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 06月 28日

公証人と交渉

c0053177_11444759.jpg


 日本より「年金受給者現況届け」のはがきが届いた。これが届くと自分の誕生日が近い。この葉書が私の誕生祝いみたいなものである。と言う事は在留証明を用意しなくては成らない。今朝一番にネットで見つけた近くの公証人オフイスへ出掛けた。それはUPSのオフイスである。そこで公証人のサービスもしているのだ。少なくともホームページにはそう書かれてあった。

 UPSのオフイスには女性が一人だけで、それほど忙しくなさそうだ。ウインドウに公証人サービスの看板が出ている。ところがその女性「ここで公証人のサービスはやってません。隣のヘアーサロンへ行ってください」と言う。ヘアーサロンと公証人どんな繋がりが有るのか。とにかく教えられたヘアーサロンへ行った。

 確かに公証人の仕事場が奥の方に有るようだ。しかし、外出していると言う事なので、名刺を貰って帰って来た。来る前に電話で連絡すれば良い。公証人の仕事は個人で何処でも出来る。私が毎年頼んでいる日本人はオフイスも無く客と外で会い仕事をする。

 実は古い携帯を無くした時、それまで頼んでいた日本人女性の電話番号を無くした。なので公証人探しを始めたのだ。其の気になれば近くに居るものだ。公証人の目処も付いたので一安心。家で絵を描いた。そんな時突然電話が鳴る。出てみると電話番号を無くして連絡出来なかった日本人女性であった。完璧なタイミング。それなら今年も彼女に頼もうと決めた。新しい公証人の情報は将来の為にファイルに入れた。物事が順調に進んでいるシニアの暮らしである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-28 11:50 | シニアの時間 | Comments(4)
2014年 06月 27日

隣のマック

c0053177_124373.jpg


 私の家から徒歩2分のところにマクドナルドがやって来た。以前、日系人経営のナーサリーが有ったところだ。工事が始まってから店の完成状況をチェックしていた私だ。マックには殆ど行った事がないが、こんな近くに出来るなら興味が湧く。コーヒーや軽いスナックなどを食べに行っても良い。この辺りはアパートや住宅が多い地区なので近くにレストランらしいものは無い。なのでファーストフード店でもマクドナルド級のものが出来るのは興奮ものなのだ。

 先日の火曜日、朝の散歩の途中で店の前を通ったらゴールデンアーチに灯りが点いていた。知らないうちに開店していたのだ。ウインドウに付けられた開店お知らせの垂れ幕が誇らしい。きっと先週末に開店したのだろう。何時もは暗いその辺りに明かりがキラキラしているのを見るのは嬉しいものだ。少し待って営業が安定サービスがスムーズに出来るようになった頃偵察に行こう。

 開店したばかりの店は従業員が慣れてなくてサービスが遅かったり、間違いが多かったりする。思い出すが、昔、知人と開店したばかりの中華レストランへ行った。従業員は全く慣れていなくておろおろしているし、注文した料理がいつまでも出て来ないしで参った事が有った。あの経験から開店したばかりの店には行かない事にした。勿論、大きな高級レストランでそのような事は無いだろうが私が行くクラスのレストランは要注意。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-27 12:40 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 06月 26日

突然の知らせ

c0053177_11321756.jpg


 何時もの様に朝一番にeメールをチェックした。メールボックスに2通だけ。一通はジャンク、もう一通はSBWSからだ。月曜に届けた作品が気に入らなかったのだろうか。開けたら「おめでとうございます。貴方の作品が入賞しました」と書かれている。入賞って何の賞だろうか、その事は書いていない。残念賞ならおめでとうなどとは言わないだろうし。まあ、良い知らせと言う事でにやにやしてみる。と言う事は、昨日の日記に書いたようにレセプションにかりんとうを持って行かなくては成らないのだろうか。アメリカ人が見たら犬の◯◯コを持って来たと思われ賞剥奪の恐れは無いだろうか。シニアの暮らしは心配事が絶えない。

 残り少ない人生を悩み事で無駄にしてはいられない。なので気晴らしに映画でも観に行こうと決める。実はちょっと気になる作品が有る。今ミュージカルでもヒットしている「Jersey Boys」である。若い頃日本でも大ヒットしたフォーシーズンズの物語だ。監督がクリント・イーストウッドなのも面白い。知っている曲が殆どで、リズムに合わせ身体が動く。知らなかった事実それは、フォーシーズンズのメンバーには結構悪ガキが居た事である。まあそれは別にして、自分としては楽しめた映画であった。

 終わったのが昼時だったので稲葉で昼食。そこへ行くまでの車中でフォーシーズンズのシェーリーをずっと口ずさんでいたシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-26 12:22 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 06月 25日

ハイソとローソ

c0053177_9223878.jpg


 年一回のSBWS作品展の搬入日が昨日だった。随分前にメンバーに成ったのだが、私のスケージュールが会わなくて1度も出品した事がないし、作品展を見に行った事も無い。メンバーに成った意味が解らないシニアの行動である。なので今年が初参加。とは言え審査が有るので入選しなくては展示されない。昨日が搬入日そして今日は落選した作品の搬出日。今のところ連絡が無いので入選したのだろうか。

 昨日は一番乗りで作品を届けた。と思ったのだが、早くも沢山の作品が集まっていた。午前9時からの受付だと案内に有ったので、私は9時ぴったりに会場に着いたのにだ。それは良いのだが、会場に集まった作品の大きい事。私は早くもサイズで完敗している。コンペティションに大きなサイズで競うのは日本だけの事かと思っていたのだが、ここでもやはり同じ事に成っているらしい。しかし、シニアは小さな絵を描くのが楽しいので、楽しくない大型サイズを描く気はない。こんな事を強気で言えるのは、絵で食べて行く時代は過去のもの、絵は楽しみでしかないシニアだから言えるのだ。

 今回の事で気が付いたのだが、私が毎年参加するSGFAAグループは家庭的で、夫婦で切り盛りするレストランみたいな親近感を感じる。一方こちらはきらきらとハイソなオーラーを発散させている。私は田舎者なので少々ビビる。レセプションの日はタキシード着用なんてことはないよね。それに「レセプションの時にお菓子でも持って来てね」と言われたのだけれど、老舗の高級菓子って意味なのだろうか。かりんとうでは駄目ですか? などと大袈裟に反応してしまったシニアである。

 日記を書き終え調べたら、かりんとう老舗なんてのが有るんですね。かりんとうは日本の高級菓子?

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-25 09:23 | シニアの時間 | Comments(6)
2014年 06月 24日

DSL、SBWS、FGFAA、SAG, AFTARA

c0053177_128598.jpg


 DSLインターネットに接続出来なくなった。なのでテクニカルサポートに電話をした。 モデムを調べてもらった結果ご臨終ですと言われる。以前にも問題が有ったしそろそろ取り替えの時期らしい。インターネットが無ければ生活が成り立たないので、即、近くのAT&Tの店まで行った。予想外の出費だが人生は箱詰めのチョコレートのようなもの、何が当たるか分からない。どこかで聞いたような言葉だが、まあ、良いでしょう。出されたモデムは以前のと比べ小さくてやけに軽い。こんなので大丈夫かとふと思う。

 帰ると直ぐに接続に取りかかる。昼食も忘れそれに没頭。なかなか繋がらない。結局ヘルプラインの世話に成る。其の為に有るヘルプラインだ、使ってあげなければ其の部署の人が首になるかも知れないのでシニアの親切心である。何時も他人を心配するシニアである。なんとか接続作業が終わる。インターネットが戻って水を得た魚のように元気になったシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-24 12:09 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 06月 23日

デザート騒動

c0053177_9212633.jpg


 カリフォルニアバーガーを一気に食べ終えた。ノームスのハンバーガーは相変わらず美味い。大満足だ。腹一杯である。そんな時N氏が言った。「デザートを一つだけ注文して2人で食べようか」。本当はデザートをスキップしたい気分だったが、その場の雰囲気を壊す勇気も無く「それは良いね」と軽く同意する。安全なところで以前にも何度か注文したアイスクリームサンデーに決める。

 私は通路側に座っていたのでウエイターを呼び注文した。其のサンデーの名前は「スーパースクーパースクーナーアイスクリームサンデー(Super Scooper Schooner Ice Cream Sundae)と恐ろしく長い。なので私は名前ではなくメニューの写真を指さし「これにします」とウエーターに告げた。このサンデーは大きなグラスに入っていて2人で食べても充分な量なのだ。

 やがて出て来たサンデーに2人は愕然。大きな皿に盛られた巨大なサンデーだった。畳みたいなブラウニーの上に4スクープのアイスクリーム、さらにホイップクリームのトッピング。実はメニューの写真を指さした時、直ぐ隣にこのサンデーの写真も有ったのでちょっと心配していたのだ。心配が的中した。ウエーターは「直ぐ取り替えてきます」となかなか率直。こちらが恐縮してしまう。その時N氏が「良いよ、良いよ、取り替えなくても」と言い一件落着。しかし、アイスクリームをお持ち帰りする訳にも行かないし。

 それではアイスクリームだけでも食べようって事になった。美味しい。アイスクリームで冷たくなった口内にブッラウニーが心地良い。気が付いたらブラウニーを半分残しただけでサンデーを平らげていた。デザートは別腹とは良く言ったものだ。

 体重が何ポンドか増えた気がする夕食だった。

 因に私達が食べたデザートは「巨大ホットファッジブラウニーアラモード(Gigantic Hot Fudge Brownie a la Mode)」だった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-23 09:22 | シニアの時間 | Comments(4)
2014年 06月 22日

外泊の日

c0053177_15135472.jpg


泊まりだというので張り切って出かけたら、コレステロールの薬持ってくるの忘れた。まあ、良いでしょう。一晩薬を忘れて死んだ話も聞かないし。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-22 15:15 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 06月 21日

今日も一日ご苦労さん

c0053177_13264482.jpg


 ユーチューブで日本のテレビドラマ「フジコ・ヘミングの軌跡」を発見。以前こちらの日本語テレビで見た事が有るのだが、もう一度見る事にした。ドラマを見た後の感想は、彼女の凄い才能に驚く以上に波瀾万丈の人生が凄い。一人の人間に次から次と不幸が起きるのはどうゆう事なのかと思う。才能を与えられた人間は同時に苦悩も与えられるってことなのか。と言う事は苦悩無しで淡々と行きているシニアは才能無しか。それとも苦悩が伴う程に凄い才能が無いと言う事だろうか。其の思いに苦悩するシニアであった。と言う事は才能有り。

 昨日新しい大家に家賃の小切手を渡した。家に来た次いでにと慌てて小切手を切ったのだが、落ち着いて調べたら口座に充分な金が入って居なかった。なので大慌てで今朝銀行へ走った。新しい大家に替わったばかりで家賃小切手が不渡りでは心証を悪くする。最初の印象が大事なのだ。昨日はとても良い雰囲気だったのだから、このような事で汚点を残しては行けない。

 小さな水彩画を描いた。描きながら先がよく見えなくなった。これは失敗だなとも思ったのだが、何時もの通りに淡々と仕事を進める。出来上がりは悪くなかった。物事を途中で諦めるなと言う教訓であった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-21 13:26 | シニアの時間 | Comments(2)