<   2014年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

雨とニュースレター

c0053177_1241551.jpg


昨夜は大雨だった。
夜中に目覚めると雨の音が心地良い。
雨の夜は良く眠れるので好きだ。
朝には雨は止んでいた。
なので散歩は何時も通り出掛けた。
雲の切れ目から青空が見えていた。

朝からニュースレターを書いた。
今月は描く事が結構有って楽だ。
半分以上は書き上げた。
楽しみは明日にも少し残したい。
なので残りは明日書こう。

水彩画の次の作品を準備した。
一気に描けない事も無かったが、
マスキング液を使うことにしたので、
時間延長。
こちらも明日仕上げよう。

何でも明日に回しちゃ良くないな。
と思いながら明日に回すシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-28 12:04 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 02月 27日

サンゲーブル市

c0053177_12421155.jpg


サンゲーブル市の作品展が終わった。
画廊へ作品を引き上げに行った。
今回は3点出品した。
画廊へ着いたら絵画教室の最中だった。

サンゲーブル市は中国人が多く住んでいる。
生徒は全員中国人であった。
中に日本語の話せる台湾人のお父さんが居て
少し話をする。

私は昔この街に14年住んでいた。
なので懐かしい場所だ。
その頃はアメリカらしい街だった。
けれど中国人がどんどん移り住んで
行く度に中国人街化が進んでいる。
久し振りのなので私の知る日本食レストランへ行ったら
中華食堂になっていた。

それならと、もう一軒の日本食堂へ。
しかし、ここも中華食堂になってました。
それに昔から有ったアメリカン・コーヒーショップ
グディーズが中国系の小売店に変わってた。
懐かしい思い出が無くなって寂しいサンゲーブル市である。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-27 12:43 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 02月 26日

懐かしい題材を、、、、

c0053177_10284859.jpg


随分昔の事だが墨絵を習った事が有る。
どれほど昔かと言えば、25、6年前かな。
ロサンゼルスでだ。
日本人は日本を離れると
何故か突然日本文化にのめり込む。

私の場合そのような理由ではなかった。
墨絵の哲学が水彩画に使えると思ったからだ。
私が勉強したのは半年程。
しかし、期待以上に得るものが多かった。
今でも考えが鈍った時、墨絵の動きを思い出す。

墨絵で良く描いた鯉の絵を思い出した。
懐かしくて暫く振りに描きたくなった。
墨絵ではなく水彩でだ。

あの頃は良く公園や日本庭園の池を回って
鯉のスケッチをした。
当時撮った写真も沢山有る。
それらを引っ張り出し気に入ったのを3枚並べた。

小さなサイズの紙を3枚用意した。
それらをパネルに張る。
そして3枚同時に描き始めた。
小さなものは良く複数枚同時に描く。
絵の具の乾き待ちもなくどんどん描き進める。

午後遅く全部完成。
凄いスピードだ。
水彩画はスピードが大事。
と言っても私の場合って事だけれど。
とにかくやったって感じで充実感に酔う。

絵を描くって楽しいですね。
今日も良い気分で一日が終わったシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-26 10:29 | Comments(2)
2014年 02月 25日

生徒作品

c0053177_12535310.jpg


生徒が元気になるようにと、
生徒作品を載せるブログを作ってある。
結構大変なので止めようかなと思った事もあるが。
教室でそれを言ったら、
楽しみにしている生徒も居るようなので、
止めるのを止めた。

カメラマンの腕が良いのか、
カメラの性能が良いのか、
掲載された作品が
原画より良く見えると好評である。

水彩画を描くのは楽しいけれど
それだけだと物足りない。
良い作品が出来れば見て欲しい。
と思うのが普通かと。
どんな習い事も
その目的が有るのと無いでは力の入り具合が違う。

そんな訳で生徒作品掲載ブログは続けるつもり。
興味が有りましたらご覧ください。
ここ→生徒作品ブログ

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-25 12:58 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 02月 24日

嬉しいメール

c0053177_1314647.jpg


2月に入ってから
水彩画教室の問い合わせメールがどんどん来る。
何故だろうなんて悩む事は無い。
答えは2月の初めに宣伝をしたからだ。
でもこれ程反響が有るとは思っていなかった。
なので嬉しいと同時に慌てている。

それが無くても今年に入って新しい生徒が増えている。
宣伝してみようと思ったのはほんの気まぐれ。
いや、ちょうど良い機会があったから。

急遽、内容説明のメール原稿を作り送っている。
3月は教室見学をしたい人達も何人か居る。
昨年の暮れは静かで淋しい教室だったので、
今年は忙しくて目が回る、なんて経験をしてみたい。

現在の教室は以前よりうんと広いので
生徒20人でも大丈夫かと思う。
なんて事を言ったら、
今居る生徒に騒がしくて絵が描けないと叱られるかな。
絵を描く事、教える事に情熱を注ぎ込むシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-24 13:03 | Comments(2)
2014年 02月 24日

夕食とお持ち帰り、、、

c0053177_548277.jpg


N氏とのし寿司で夕食。
普通サイズのビールを注文。
N氏は運転なので私が殆ど一人で飲んだ。
なので良い気持ち。
アルコールが入るとお喋りになるシニアであった。

生チラシを注文した。
この店は量が多い。
以前は食べ切っていたけれど
今日は残してしまった。
歳と共に食が細くなっているのか。

N氏はチキン照り焼きと天ぷらのコンビネーション。
彼も食べ切れなくてお持ち帰りにした。
食べ物が無駄にならない良いシステムである。
日本ででそれをしようと思ったら断わられた。
それらは捨てられてしまうのだろう。
勿体無い。どうしてだ。

N氏の家へ帰ってからお茶とケーキで締めた。
外食の度、食べ過ぎた気がするシニアである。

(今日の画像は「ネット仲間展」の課題を描いてみた。)

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-24 05:49 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 02月 23日

水彩画の極意

c0053177_6355492.jpg

新作5枚仕上がった。
私の生涯のテーマである光と影の表現。
少しずつだがその世界に入りつつある。
私は不器用なので時間が掛かる。
何事も時間が掛かる。
ここまで来るのに70年掛かった。
そんな私の座右の銘は
「大器晩成」


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-23 06:37 | シニアの時間 | Comments(4)
2014年 02月 22日

USA

c0053177_13142575.jpg


先日のサンフランシスコ訪問は35年振りだった。
何時でも行けそうで
全く行ってなかったサンフランシスコ。
それほど好きな町でもないけれど、
ただ私の人生にとっては思い出ある街なのだ。

初渡米でアメリカに上陸した港がサンフランシスコだった。
いや、正確にはハワイだったので、
アメリカ本土最初の上陸地が
サンフランシスコだったと良い変えよう。

1972年4月のある日、午前8時
私達の船クリーブランド号は
サンフランシスコ湾に着いた。
噂通りそこは濃い霧に包まれていた。
雲の真ん中へ迷い込んだようで何も見えない。

突然霧の中からオレンジ色の球体が見えた。
鮮やかなオレンジ色の球体に
76と白い数字が書かれている。
それが何なのかずっと後になって分かった。
ユニオン・オイルの看板だった。
そのオレンジ色の看板が
霧の中に見える唯一の物体だった。
c0053177_13382655.jpg

なのでサンフランシスコの第一印象はと訊かれたら
ユニオン・オイル看板の鮮やかなオレンジが
とても美しかったって事になる。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-22 13:15 | シニアの時間 | Comments(0)
2014年 02月 21日

ウクレレと水彩画

c0053177_1235393.jpg

ウクレレの日であったがさぼった。
水彩画の調子が最高で途中で止められなくなったからだ。
ウクレレは何時でも行けるけれど、
これほど調子よく絵を描ける時はそう無い。
どちらを選ぶかとなれば
当然、本職の水彩画を選ぶ。

昨年の日本訪問時に長野県松本市で描いたスケッチを
水彩画作品に仕上げている。
ちょうど紅葉の頃で、寺の境内の紅葉が奇麗だった。
調子が最高で小気味よく色彩や筆が決まる。
これからどんどん描けそうで嬉しい。
明日も一日描きまくるぞ。

さぼったウクレレは
テレビを見ながらかき鳴らした。
これで少し罪悪感が薄まった。

それにしても今夜は家の中が暖かい。
外へ出ていないので分からないが
暑い一日であったらしい。
そんな日は家の外側が暖められ
午後から家の中が暑くなる。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-21 12:35 | シニアの時間 | Comments(2)
2014年 02月 20日

水彩画とは、、、

c0053177_1215463.jpg

 水彩画教室は生徒が沢山で賑やかだ。
日本語と英語が飛び交っている。
なんと国際的な教室だろうか。
なんてことは誰も思っていないか。

今年から来始めた生徒達も頑張っている。
先生は生徒の名前を覚えるのに頑張っている。
自慢じゃないけど名前覚えないのが得意なシニアだ。

話しは過去に戻る。
中学3年の時の担任は美術の先生だった。
彼自身油絵をやっていた。
そのO先生は興奮すると口角泡を飛ばして喋った。
ある美術の時間、
生徒達が机を挟んで向かい合いお互いの顔を描いた。

私の向かい側は女性とのHさんだった。
さあ、どう描こうか。
長いストレートの髪が肩まで垂れるその娘を観察した。

教室が終わる前になんとか作品が出来上がった。
生徒一人一人を見回っていた先生が
私の横に来ると足を止め叫んだ。
「そうそう、これが水彩画だよ。このように描かなくちゃ」
皆の目が一斉にこちらを見ているようで顔をあげられなかった。
先生の口角から飛んだ飛沫が私の坊主頭に降り注いだ。

あの時のO先生の言葉に元気付けられ
画家に成ったシニアである。
なので私の教室では、口角泡を飛ばして生徒を褒めている。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-02-20 12:40 | Comments(2)