<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

楽器その2

c0053177_8442689.jpg


 私が小学校へ通っていた頃ハーモニカが子供達の間で流行っていた。私も憧れたものだ。子供の頃に欲しかったものは他にも沢山有った。スキー、自転車、カメラ、携帯ラジオなど。しかし家は貧しかったし、自分で買うにも小遣いなんてものは無かった。小遣いらしいものは年に一度正月に貰うお年玉ぐらいなのだ。その頃の我家で贅沢品が買える余裕は無く、私が欲しかったものは贅沢品なのだった。今考えると交通機関の無かった田舎の山の中に住んでいたのだから、自転車やスキーは必需品で有ったと思うのだが、そんな時代だったのだ。そんな私だったが何故かハーモニカを持っていた。小学校高学年の頃だ。小遣いを貯めて買ったのか、既に働き始めていた上の兄達の一人が買ってくれたものか全く記憶に無い。とにかくそれが音楽好きだった私の最初の楽器だった。口の付根がひりひり痛み出す程毎日吹いていた。お陰で結構吹けるようになり、学校の器楽合奏でハーモニカを吹かせてもらったりした。学校時代の楽器の思い出はそれだけだった。

前回より続く

 次に手にした楽器はウクレレ。ハーモニカ時代から10年以上経っていた。私が18か19歳の頃だ。看板職人であった私は小樽の看板店で働いていた。仕事仲間に音楽好きが一人いた。ギターと歌が上手い男だった。その彼が手軽に出来る楽器だと仕事仲間にウクレレを勧めた。3、4人がその勧めに乗って弾き始めた。それからは昼休みになるとウクレレの合奏が続いた。ウクレレにはいろんなサイズが有る。一番小型のソプラノウクレレからギターではないかと思うような大型のものもある。それにのめり込んでいた頃は何種類かのウクレレを持っていた事もある。ウクレレは親しみ易い楽器だ。ギタを持つと上手く弾く事を期待されるが、ウクレレは下手でも許される。上手さではなく親しみ易さで人の心に溶け込む楽器なのだ。もっともこれは私の勝手な感想である。そう言えばあの頃日本ではハワイアン音楽が流行っていた。あの頃活躍した歌手達は今何処に。そして次に私が手にした楽器は、、、、、、、、。

続く

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-30 09:05 | シニアの時間 | Comments(0)
2012年 11月 29日

楽器その1

c0053177_1439111.jpg


 私が小学校へ通っていた頃ハーモニカが子供達の間で流行ってい
た。私も憧れたものだ。子供の頃に欲しかったものは他にも沢山有
った。スキー、自転車、カメラ、携帯ラジオなど。しかし家は貧し
かったし、自分で買うにも小遣いなんてものは無かった。小遣いら
しいものは年に一度正月に貰うお年玉ぐらいなのだ。その頃の我家
で贅沢品が買える余裕は無く、私が欲しかったものは贅沢品なのだ
った。今考えると交通機関の無かった田舎の山の中に住んでいたの
だから、自転車やスキーは必需品で有ったと思うのだが、そんな時
代だったのだ。そんな私だったが何故かハーモニカを持っていた。
小学校高学年の頃だ。小遣いを貯めて買ったのか、既に働き始めて
いた上の兄達の一人が買ってくれたものか全く記憶に無い。とにか
くそれが音楽好きだった私の最初の楽器だった。口の付根がひりひ
り痛み出す程毎日吹いていた。お陰で結構吹けるようになり、学校
の器楽合奏でハーモニカを吹かせてもらったりした。学校時代の楽
器の思い出はそれだけだった。

続く


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-29 15:16 | シニアの時間 | Comments(2)
2012年 11月 28日

工事中

c0053177_1216877.jpg


 門が閉まってても脇から入れるもん。とほくそ笑んでいた自転車道の入り口。今朝も脇をすり抜けまんまと入り込んだ。中には誰もいないので貸し切りみたいで良い気分。ところがだ、返りの道で見たものは、工事の人が僅かに開いたその空間を塞いでいた。なんでやねん。自転車道を作ったのなら門を開けたらどうだ。道路を作って誰も通させぬでは意味が無い。でも何時になったら門が開くのか。もしかして自転車歩行者有料道路。もしそうなら意地になってもその道は使わない。まったく市は何をやっているんだか。税金使って作ったものを市民に使わせないとは。私はあまり税金払ってないから大きな事は言えないか。

 久し振りに押し入れからウクレレを出した。ケースが埃で真っ白だ。何で今更と思うでしょうね。じつはまたウクレレを始めようかと思うのだ。ウクレレは私が2番目に始めた楽器である。因に一番目はハーモニカ。18歳頃だったろうか。そして今の街に引っ越してから隣町ガーデナのウクレレクラブに通っていた事が有る。10年以上前になるかな。でも1年も続かないで止めちゃった。最近そのクラブに行ってみたら無くなっていた。

 実はシニアセンターデビューしようと近くの場所を探していた。良さそうなのをトーレンスに見つけた。偶然にもそこにはウクレレクラブもある。もしかするとガーデナのウクレレクラブがそこへ移ったのか。土曜日の午前中なので私には便利だ。そんな訳でウクレレを引っ張り出した。今回はウクレレよりシニア仲間を作るのが目的なのである。何故今シニア仲間なのか。シニアは突然おかしな事を考える。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-28 12:44 | シニアの時間 | Comments(4)
2012年 11月 27日

暇?

c0053177_1241688.jpg


 夕食の用意をしていたら電話が鳴る。今頃誰だろう。受話器を取るとR氏だった。電話の内容は「ヤァヤァヤァ、、、暇だ」である。彼からは良く電話が来るが何時も「暇だ」が電話の内容。「オーデションがやけに少なくて参るよ」とこぼす。彼は最近グーグルのコマーシャルを取って稼いでいるのに、忙しい人は忙しい人なりに悩んでいる。一時は年に18本ものコマーシャルを取って恐ろしく稼いでいた。だから年に何本のコマーシヤルは暇だとなるらしい。私は何時も暇なのでそれが普通。暇だと悩む事も無い。貧乏暇無しと言うけれどあれは嘘だ。貧乏人は暇である。

 そう言えば日本へ行く一日前に小東京で撮影したコメディーセントラル、テレビ「Tosh.O」の出演料が送られて来た。R氏のように何万ドルとかの小切手ではなく何百ドル程。それでも嬉しい売れない俳優。何万ドルも1ドルから。希望を持って進もうぜ。かなり小さな抵抗では有りますが、俳優で売れなくても絵が有るも〜ん。

 因に今夜の食事は熱いご飯に納豆、味海苔、冷や奴、みそ汁。貧乏人の夕食だ。いや、日本人の食事だ。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-27 13:02 | シニアの時間 | Comments(2)
2012年 11月 26日

クリスマスの気配が、、、、

c0053177_854069.jpg


 今朝も街は濃い霧の中。その中を小東京へ向け車を走らせた。ジョンとの朝食である。小東京が近くなった頃行きなり霧が晴れた。なんだ、霧の中を走るのが結構楽しかったのに。そんな思いが天に届いたかフリーウエイを降りたら突然また濃い霧が。ありがとう神様。小東京へ入ると霧の中で黒い影の様に佇むジョンの姿が。映画の一場面のように私の視界に飛び込んだ。なんちゃって。

 何時もの様に、何時もと同じメニューを頼だのに、何時もと違ったものが出て来た。ちょっと、これ注文と違うんですけど。ハムが付いてない。ハムの無い朝食なんてクリープの無いコーヒーみたい。なんてのは古過ぎて何の事だか解らない? ウエートレスにその事を言うと、カウンターに戻った彼女とシェフが喧嘩を始めた。とは言え客も従業員も同じ顔ぶれで仲間みたい。口論も一種のゲーム感覚だ。そんなに待つ事なく私のハムがやって来た。会いたかったよハム。

 ジョンは80何歳かになる母親の面倒を見ているので、9時になると帰ってしまう。一時間だとたいしたお喋りも出来ない。物足りない気持ちで外へ出る。日本村を歩いていたら、おお、ニジヤマーケットの前広場に立派なクリスマスツリーが。そうか、もうそんな事になっていたか。感謝祭の次はクリスマスだもんね。そして私はまた鮨折かって日本酒かってDVDの映画を観ながら酔っぱらう。一人が好きと言っても少々淋しいかも。

c0053177_9133289.jpg


↑小東京のクリスマスツリー

 今日安曇野を描いてみた。凄い、これだ。これこそ私がイメージしていた安曇野だ。第一作目からこの出来なら二作目がどんな作品になるのか怖い。いや、楽しみ。

(今日の作品「ベッドルーム」作品展出品作品です。)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-26 09:17 | シニアの時間 | Comments(0)
2012年 11月 25日

静かな土曜日

c0053177_14313953.jpg


 感謝祭の週末で土曜日なので少し寝坊。7時半に起きた。散歩に出る頃は日が昇り暖かい戸外である。暖か過ぎて日陰を探しながら歩く。何時もは日が昇る前に家を出るから寒い。

 遅く起きたので朝食をしないうち昼が近くなっていた。変な時間に食べると昼食が食べれなくなるのでお茶を飲みながらスナックなどを摘み昼まで保たせた。お陰さまで一食節約出来ました。

 祝日の連休だから仕事は控えめにした。インターネットで映画を見た。バットマン、恨みや本舗など。全くの偶然でユーチューブに何年か前のNHKの特別ドラマ「ハルとナツ」が有るのを見つけた。こちらでも日本語テレビで放映されビデオに撮ったのだけれど、何時間分かのビデオを紛失してしまった。そのままでも一応話しの筋は解るので良いかってなもんだ。でも全部完全に見れるなら嬉しい。ブックマークした。最近は食事中インターネットで日本のテレビ番組を見るのが習慣になっている。古い番組が多いが、興味の有りそうなのを探すのが大変だ。しばらくは「ハルとナツ」で楽しめそうなので助かる。

c0053177_14551970.jpg


 朝の散歩で歩く川沿いの道だが、今年の始めから工事をして奇麗になった。道の中央に自転車道として線が引かれている。それじゃあ自転車しか通れないかと思うけどそんな事も無いだろう。以前から自転車が多い道ではない。それに自転車道の作りにして置きながら道の両端は門が閉まっていて入れない。全くおかしな事だ。私は門の隙間から入って公園までその道を歩いている。誰もいなくて貸し切り状態の道は気持ちが良い。

 日本で撮った写真から絵を描いている。今のところ3点仕上げた。小さなものは3点いっぺんに描き始めたりしている。しばらくは日本を題材にした作品が続く。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-25 15:06 | シニアの時間 | Comments(0)
2012年 11月 24日

出品作品3

c0053177_1221665.jpg


 濃霧が街を包む朝だった。
こんな日の散歩は命がけ。
通りを横断中に車に跳ねられ予知能力が着く。
なんてことになったら大変だ。
いや、大変でもないかな。その力を利用して金儲けが出来るかも。
しかしそうなる事を約束された訳ではなく、
それより跳ねられ死亡の確率が200倍以上ある。
てな訳で散歩は大きな通りを横断する事の無い安全コースにした。
つまらない道ではあるけれど、
どうせ霧が深くて周りが見えないのだからたいした違いはない。

 このコースで通るある家の庭には可愛い子犬が
(いや、小さいけれど結構な歳かも)居る。
それらは双子のように瓜二つ。
最初の出会いできゃんきゃんと煩く吠えていたけれど、
何度も会ううち慣れて来た。
2匹とも凄く可愛いいもんでつい遊びたくなっちゃう。
どちらも真っ白で長い毛がもじゃもじゃ、目が何処に有るのか解らない程。
実は真っ白と言うのは元の毛の話しで、
長い間洗ってもらえないのか凄く汚れているのだ。
下半身茶色、上半身まだら。

 以前から気が付いていたのだけれど、
メキシカンは犬を番犬として飼うのか餌を与えるだけで
洗ったりとかのケアーはあまりしないようだ。
この街は私を含めローインカム(貧乏人)世帯が住むところだ。
だから犬を買うのに金は掛けない。
餌だけ与えたら良しとする。
のだと思う。

 子供の頃の私の家でも犬が居た。
ペットではなく番犬である。
家の外に鎖でつながれっぱなしだった。
犬を洗うなんて考えは無かった。
そんな文化でした。
この日本語大丈夫かな。
だから気が荒くなる。
番犬はそうでなくちゃって訳だ。

 人間にも与えられた運命が有るように
犬だって好きなところで飼われる訳ではない。
あの2匹の犬が金持ちに飼われていたら、
いまごろ純白の毛をふさふささせて裏庭を走り回っていたのだろうなあ。
気の毒だと思うがそれは貴方達の運命だ。
私だって金持ちの家に産まれていたら
今頃は黒い頭髪をふさふささせて
裏庭を駆け回っていたであろう。
な、何の事だ、今日の日記は。

書く事が無いのでした。
もう、寝るっす。

(作品その3はこれ。おなじみヨセミテ風景だ。)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-24 12:44 | シニアの時間 | Comments(2)
2012年 11月 23日

感謝祭

c0053177_12155263.jpg


 感謝祭なので祝日。
公園ではピックニックが盛んである。
私が朝の散歩で行く公園でも早朝から場所確保に忙しい。
日本の花見場所確保に似てグループの場所取り係が頑張っている。
今年も場所取り合戦が盛んなのであろう。
そんな事を考え散歩に出た。

 ところが公園には誰もいない。
場所とり係はどうしたのだ。
今年は突然に誰も彼もがピックニック無しか。
それはおかしい。
今年から公園でのピクニックが禁止されたのだろうか。
理由は知らぬが突然ピックニックが無くなった公園で
太極拳をやるシニアであった。
それにしてもおかしい。
帰ってから間違いなく祝日か調べた。
間違いない。と思う。

 一人暮らしの感謝祭は鮨折と日本酒で乾杯する。
祝日の内容は関係ない。
とにかく鮨折と日本酒だ。
クリスマスも新年もそうなる。
それを買うためわざわざトーレンスの日本食マーケットへ行った。
此所ではパーティー用の鮨折を作っている。
若くて元気な頃は3人前注文して腹一杯食べた。
今は少し押さえて2人前。
一人の祝日も楽しい。
そうそう、デザートはフレンチペースとリー。

 日本旅行の写真からスライドショーを作っている。
今日は三作目を作った。
少しずつ腕が上がって、今回のはフェードオフとか字幕を入れて
なかなか良い感じに仕上がった。
1分60秒程度の長さで作っている。
あまり長くて飽きられても困る。

 あと一作で日本旅行の全てがスライドになる。
最後のが一番長くなりそうだ。
簡単にスライドショーを作れるようになったのにもう終わりとは残念。
自分の水彩画作品スライドショーも作ってみようか。
ビデオ作りより簡単なので、
水彩画の描き方スライドなんてのはどうだろうか。
いろいろアイデアが湧く。

(今日の日本作品展出品作品は「お隣さん」文字通り隣の家を描いた。)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-23 12:43 | シニアの時間 | Comments(2)
2012年 11月 22日

普通の生活に戻ったぜ

c0053177_1245185.jpg


 何時もの時間に目が覚めた。
ばんざ〜い!
身体が元に戻った。
時差ぼけよ、さようなら。
今朝の散歩は中距離コースを取った。
太極拳を入れ総合時間1時間10分。
普通の調子ってこんなに気持ちが良いんだと再確認。

 午前中の予定があったけれど
くだらない雑用で忙しくしていたらもう時間がない。
シャワーを浴びて昼食して水彩画教室に行かなくちゃ。

 教室に着いたらSさんがもう来ていた。
何時も私が一番乗りなのだけれど
時々Sさんにその席を明け渡す。
誰もいなくて電気付けたりブラインドを開けたりしているより
うんと気持ちが良い。

 感謝祭が近いので生徒の出席数が少ない。
家族持ちの生徒が多いので仕方ないか。
日本旅行の思い出話をしながら水彩画教室が進む。
教室内は少し寒々としている。
このセンターの従業員はメタボ系で暑さに弱い人が多い。
だから彼等に合わせた温度設定になっているらしい。
お陰で標準体型の私達には寒さが身にしみる。
文句を言っても皆これで良いと言っているのだから良いのだと言われる。
その皆とはメタボ系従業員の事。
おいおい、センター利用の我々は何なんだ。
従業員第一のサービスとはけしからん。
と言いたいけれど税金から給料貰う従業員は良いサービスなんて考えてない。
自分達が快適ならそれで良い。
アメリカ、変わったねえ。
前からそうだった?

 冬時間に変わり同時に日が短くなっている。
だから4時過ぎに外は暗くなる。
寒々と暗さで気持ちが落ち込みそうだ。
来週は元気の出る企画を考えたい。
何をしようかな。
これからは教室運営のシナリオを事前に作っておこうと思う。

 今日より日本の作品展に出品した作品を紹介して行こう。
今年は20点出品した。
最初の作品は「ヨセミテの小さな教会」
この題材は大好きで
今まで何度描いたか思い出せない。
描く度に表現を変えている。
読者の意見を待ってます。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-22 13:15 | シニアの時間 | Comments(2)
2012年 11月 21日

秘密の答えは

c0053177_9535547.jpg


 マニュアルを読むのは面倒だ。だから最初から実践でやってみる。どうしても駄目な場合はしょうがないマニュアルでも読むかって事になる。最初からそうしていればかなりの時間が無駄にならなかった筈。でも何時だって同じ事をする。昔培った身体で覚えろの職人根性がそうさせるのだろうか。しかし其の根性はコンピューター相手に通じない。

 と、長いイントロで始まる今日の日記。先日の日記にスライドショー制作の苦労を書いた。それに対する激励のコメントも有り諦めずじっくり方法を調べる事にした。と言っても私が困っているのは撮った写真をどのようにiMovieに取り込むか、この一点だけ。方法はiMovieに取り込めるファイルを作れば良いのだろうと何となく解る。だがファイルをどう作るのか解らない。iMovieのヘルプを読んでもその事は書いていない。あちこち探しまわって「質問コーナー、iMovieコミュニティー」を見つけた。そのページに質問を書き込み誰かがそれに応答する仕組みだ。私の質問はHow can I import a slides show into an imovie?それでボタンをクリックした。次のページではそれに似た質問と回答が幾つか載っている。最初のを読んで目から鱗。クイックタイムでスライドショーを録画してそれをiMovieにインポートすると有る。その方法の詳しいステップが書かれていた。

 勿論直ぐやってみましたよ。ビンゴー!!! スライドショーをiMovieに入れる事が出来た。後は編集するのみ。スライドショーをデジカメ動画で撮って、、、、はしなくても良くなった。なんだ簡単じゃないか。(笑)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-21 10:25 | シニアの時間 | Comments(4)