<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

電気屋さん

c0053177_831218.jpg


 先日、切れた電球を取り替えたときバチッと火花が散って危険を感じた。ショートしているようだ。直しておかなくては火事になったら大変だ。そう思いながら今日まで放っておいた。それでも時々頭の隅にそのことが浮かんで落ち着かない。

 バスルームの引き出しを掻き回していたら、真新しいシャワーヘッドが出て来た。随分前に誰かに貰った物だ。私のシャワーヘッドがあまりに古く錆びているので見かねたのかも知れない。良い機会だと早速新しいヘッドに取り替えた。それが引き金になって、気になっていた照明の修理もやることになった。我が家は凄く古いので照明に接続されている電線がぼろぼろに成っている。部分的に剥き出しで、これが先日ショートした原因だ。

 傘を外し古いソケットを取り外す。錆なのかぼろぼろと床に何かが落ちる。傘を台所で洗う。電線は無理をすると切れそうなので細心の注意で掃除する。最終的に絶縁テープで剥き出しに成っている電線を保護、この為に買って置いた新しいソケットに取り替える。居間の照明が終わると次はベッドルーム。こちらは思ったより大丈夫で傘を掃除、電球を追加しただけで終わった。

 もう一つ気になる電気関係の修理は、コンピュータールームの壁のスイッチ。オンにする度に火花が散っていたのだが、遂に機能しなく成った。あれから部屋の明かりは電気スタンドだけになっている。こちらは壁の中の修理なので外にある電源を切る必要がある。家の裏にある電源版を見たのだけれど、どれがどの部屋か良く解らなかった。家全体の電源を切ってしまえば良いのかも知れない。しかしそれだと大事に成るようで気が進まない。こちらは大家に確かめてからやることにしよう。

 たいした事ではないだろうが、沢山仕事をしたようで良い気分。このような雑用は気晴らしになかなか良い。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-31 08:32 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 12月 30日

ブログ通信簿

c0053177_917683.jpg


 何時も遊びに行くブログでこんなのを見つけた。ブログ通信簿。自分のブログアドレスを書き込みクリックするとブログの成績(?)が出る。ネットにはいろんな遊びがある。そして結構良い加減。「何時も話題にしている育児の知識や経験を生かして、画家を目指しましょう」ってなんだよ。それでも好奇心が湧くネット遊び。貴方もやってみませんか。

 さっそく「ブログ通信簿」探しを始めた貴方Shame on you!!!(笑)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-30 09:17 | シニアの時間 | Comments(6)
2011年 12月 29日

白象の贈り物

c0053177_12195058.jpg


 ホワイトエレフォント・ギフトって言葉を初めて聞いた。家にある使わなく成った物や要らない物奇麗に包んで送る,そんなギフト交換だ。言葉の由来をインターネットで調べたら、いろんな説がある。長く成るので此所には書かない。会場ではゲストが持って来たギフトを部屋の片隅に置く。籠に入った番号が書かれた紙片をゲスト全員が一枚ずつ取る。ホストが読み上げる番号順にゲストがギフトの中から好きな物を取る。それをみんなの前で開き中に入っているギフトを皆に見せる。次のゲストがギフトを取る番になる。その人は置かれてあるギフトから好きな物を選ぶことが出来るが、最初の人のギフトが自分の欲しい物であればその人からギフトを盗むことが出来る。その場合最初の人はまた新しいギフトを選ぶことになる。この「盗む」は同じギフトに対して3回まで許される。それ以上は出来ない。従って皆が欲しがりそうなギフトが最終的に誰に行くのかと言うスリルがある。こうしてギフト交換が進む。笑い声が溢れなかなか楽しいギフト交換だった。

 それでは私が貰ったギフトは何だったか。それは秘密。

 パーティーが終わって、さあ、後片付けだと周りを見たらすっかり片付いていた。このパーティーの主催者は凄い働き者達である。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-29 12:21 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 12月 28日

ハヌカ、ユダヤ人の祝日

c0053177_12122077.jpg

  N氏はユダヤ人ではない。しかし友人が沢山いるので時々彼の家を
基金集めの食事会に使わせている。クリスマスの週末、つまりクリス
マスの日、ハヌカ・ディナー・パーティーと銘打って食事会が開かれ
た。ハヌカは(ユダヤ暦の第9月)25日から8日間行われる。今年
は12月20日から28日までだそうだ。神殿の清めの儀式に用いる
メノーラーを灯すための一日分の聖油が八日間燃え続けたという奇跡
にちなみ、ハヌカーの間は油を使った料理が必ず作られる。また、イ
スラエルではハヌカーがオリーブ収穫の後に来るので、絞り立てのオ
リーブ油が豊富に手に入るという事実もこれと関係している。

 私と日本人N氏はアメリカ人N氏の招待でこの食事会に招かれた。
初めてのハヌカ祝日経験だ。もっともこの食事会は若い人達が中心で、
伝統的な行事に100%従ったものではなく現代的に緩く行われてい
るのだとか。この日も早くからN氏の家へ行き手伝いをすることにな
っていたが、向こうからやって来たユダヤ人の係の人がてきぱきと仕
事をするので私達の出番は無かった。車からの荷物運びを手伝った後
は邪魔に成らぬよう部屋の隅で見守るだけだった。動きの鈍いアメリ
カ人に慣れている私の目にこのグループの無駄の無い働きに感激。

 瞬く間にリビングと裏庭にテーブルが設置された。予定通り午後7
時にパーティーが始まる。裏庭にセットされた前菜を頂いた。南カリ
フォルニアとは言え日が沈むと結構冷える。寒いので暖かいアップル
サイダー(ブランディーが入っているとか)を飲み前菜を摘む。良い
雰囲気のパーティーである。私と日本人N氏の他にもう一人日本人の
ゲストが居た。U氏である。

 やがてバフェースタイルのメインコースがリビングに用意され食事
が始まった。楽しみにしていたポテトパンケーキを興味津々で頂く。
ずっと昔これを食べたことがあった。パンケーキハウスでだったと思
う。その時は予想を裏切られた感じであまり美味しいとも思わなかっ
た。しかし、私の回りには美味しいと言う人が多いので、あの時はま
ずいのにあたったのだろう。それではこの食事会のポテトパンケーキ
はどうだったか。やっぱりそれほどでもないと感じた。それはともか
くこれはユダヤ人の伝統的な食べ物でハヌカの食事には必ず付くのだ
とか。ポテトパンケーキ、なかなか美味しそうな響きだ。でも今のと
ころ少々裏切られた気分。

 食事が終わるといよいよホワイト・エレフォント・ギフト交換が始
まる。そのことについてはまた明日。


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-28 12:14 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 12月 27日

クリスマス・イブの夕食会

c0053177_12235553.jpg


 クリスマスの週末にまた家を空けた。クリスマスイブのディナーパーティー手伝いが名目。朝早くから主催者N氏の家へ。自分で食べるものなら何でも作る私だけれど、それらはとてもパーテーに出せる代物ではない。だから手伝うことはテーブルを移動したり飾り付けをしたり、荷物運びだったり肉体労働が主流(笑)。てなことを得意そうに書いているけれど、準備がそんなにある訳もなく、昼寝に力が入ったりする。本格的に忙しく成るのは午後4時頃ってことだし。

 夕食に招待されたゲストは10人だそうだ。それに合わせて皿を並べたりナイフやフォークを並べたりする。いよいよ最後の追い込みだ。食事時間ギリギリに成って予定していなかった客が現れて慌てる。食事は沢山あってもテーブルに空きが無い。突然の客には立って食べてもらおうなんて言ったり。立ち食いパーティーだと思えば良いではないかって、かなり強引。

 それでもなんとかなるもんで、11人がなんとかテーブルに着く。サラダ、ベイクト・ポテト、ローストビーフ。テーブルの中心には野菜プラッター。デザートは二種類のケーキ。何かもっと有った様な気もするけれど、覚えているのはそれだけ。最近私は食べるのが遅い。みんなが食べ終わってもまだ肉と格闘している。なのでN氏の犬が私の前で肉のお裾分けをねだっている。食べきれそうも無いので手伝ってもらった。リリー(犬の名前)ありがとう。

 手伝い組は後片付けもあるので忙しいこと。日本食堂で小遣い稼ぎのアルバイトをした昔を思い出す。それらの作業は次の日に持ち起す勢い。家へ帰れなく成って後片付けのためもう一泊することになった。そして明日(クリスマス)は基金集めハヌカ・夕食パーティーがあるのだ。そして私はまたもや準備の手伝い。どうなりますことやら。明日のブログも読んでおくれ。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-27 12:26 | シニアの時間 | Comments(8)
2011年 12月 24日

テキスト・メッセージ

c0053177_8304561.jpg


 最近携帯でテキスト・メッセージを送ることを覚えた。そんなに難しいことではないけれど、今まで興味がなかったので使う気がしなかっただけ。普通の電話だと、今電話したら忙しくて邪魔に成るかなとか考えたりする。でもテキスト・メッセージなら向こうの都合に合わせて読めば良い。

 今まで使わなかった理由の一つに文字を書く時のキーボードが凄く面倒だから。私の携帯は安物の機種なので、一つのボタンにアルファベットが3個とか4個付いている。つまり同じボタンを一回押すとA、2回押すとBと言った具合。N氏が私と同じタイプの携帯でテキストを打っているのを見て、それじゃ私もやってみようってことになったわけだ。

 書く文字数は少ない方が良いので、必要事項をストレートに書く。それに大文字小文字なんてのも面倒だ。だから全部小文字になる。もっともピリオドの後の文字は自動的に大文字になる。大文字ばかりで書いたらどうなるかと思ったけれど。大文字の書き方が解らない。マニュアルを見てもキーボードの使い方説明はない。どこかにあるのを見つけられないだけとも思うが。一応文らしいものが書けるように成ったので、これからぼちぼち勉強しよう。始めたばかりだし焦らずゆっくりと。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-24 08:31 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 12月 23日

昔は、、、、、、

c0053177_9252372.jpg


 昔は良かったと言うつもりはないけれど、やっぱりそう思ったりするわけで、これは歳を取った証拠と言われたりする。先日、小東京の朝食会の後、その辺を散策した。何時もは食事が済むとそそくさと家へ帰る。でも其の日は天気は良いし、私の心もシニア・ハイと言うかハイな気分だったわけ。誰も見ていなかったらスキップしたい気分。本当にそれをやったら膝がくがくだっただろうけれど。ゆっくり歩き回っていると結構新しいものが目に入る。そしてだね、古き良きものも目に入る。

 小東京にあるリタイアメント・ホーム「小東京タワーズ」の前を通ったら。懐かしい私の子供にあった。子供とは看板職人時代の私の作品のことである。今ではコンピューターでヴァイナル素材をカットそれを貼付けるのが看板店の仕事だが、昔は良かったね。(おっ、遂に出た)。張りつけ文字は二三年で剥げてくるけれど、腕の良い職人(私のことね)の手書きの文字は永遠に残るのだ。現にこの看板は20年程前に書いたもの。これを見たらだれだって昔は良かったねってつぶやくと言うもの。言うなれば私は最後の生きる看板職人でございます。どこかの国から勲章を授与されたとしても何の不思議もないと思うのだけれど。やっぱりかなり不思議かも。

 とまあ、この古い看板がまだ現役であることに感激してこの日記に認めてみた。私もこの看板に負けないよう長生きしたい所存にございます。むちゃくちゃな文体で、、、なにか????

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-23 09:26 | シニアの時間 | Comments(6)
2011年 12月 22日

Skypeと粗大ゴミ

c0053177_1234982.jpg


 ニューオルリンズからオレゴン、そして突然日本へ。そこで落ち着くのかと思えばまたまたニューオルリンズへ。奇数な運命をたどる芸術家ことブログ仲間で画家仲間のま〜さん。今度は何処へ動くのやら目が離せない。

 そんな彼とSkypeで話した。じゃなくて話そうとした。水彩画教室から帰ってインターネットで遊んでいたら、ま〜さんがSkypeにオンしている模様。向こうからコールが入った。しかし上手く繋がらない。画像は見えない声も聞こえない。ダイヤルアップでネットをしているのでそのせいだろうか。などと思いながら通話を切る。

 暫くしてこちらからSkypeしてみた。おお、繋がった。向こうの画像が見える。しかし殆ど動いていない。ガクガクと動くと暫くそのまま。それでも向こうの様子は解る。「こんにちは、如何ですか。映像良くないけど見えますよ」と声をかける。返事がない。聞こえてないのだろうか。こちらも向こうの声は聞こえない。仕方がないので一方的に適当なことを話してみる。やがてま〜さんが画像の中でスケッチブックをこちらに向けカメラの前へ。そのページには「聞こえますよ」とフエルトペンで書かれている。ああ聞こえるんだ。と大喜び。しかし、こちらに彼の声は聞こえない。

 私の声とま〜さんの筆記でおかしな会話が始まる。それによるとマイクを拾って来たのだけれどどうもSkypeには使えないらしい。信じられないが、ニューオルリンズでは家庭必需品が道ばたに転がっているとかで、必要なものがあれば散歩をするのだとか。先日もマイクロ・ウエーブ・オーブンを買った直ぐ後で、道ばたにオーブンが転がっていたと悔しがっていた。でも使えないマイクロフォンじゃしょうがない。一応Skypeは繋がったので良しとするか。

 私の町でも朝の散歩の際、粗大ゴミを時々見る。我が家には必要なものは揃っているので(とは言え普通の家庭と比べたら何もない)注意を払わない。落ちていて欲しいものは、新品のグレー、カシミア・タートルネック・セーターとか、新品の高級炊飯器とかだ。私の場合「新品の」と余計な注文が付くので粗大ゴミにはありえない。

 Skypeの会話は不発の感じだったので不満が残った。なので新しい番号を教えてもらい即電話した。両方の声が聞こえるのはなんと素晴らしいことだろう。これで不満が一気に解消した。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-22 12:36 | シニアの時間 | Comments(8)
2011年 12月 21日

マルカイ

c0053177_10274322.jpg


 最近ノームス・レストランが熱い、なんて私が勝手に言っている。知人N氏と良く行くラシエネガ通りのノームスは食事がとても美味しい。もっとも私の場合はその店のカリフォルニア・バーガーしか食べたことないのだけれど。これが美味しい。サイドに着くオニオンリングがまた美味しい。ノームスはファミレスのチェーン店なのだ。それなら私の町にもあるかも知れない。ネットで探したらトーレンスに二軒あった。南カリフォルニアに18店舗あるのみらしいので、その中の二店が近くにあるなんてラッキー。そんな訳で私の町のノームスに行ってみることになった。何時も一緒に行く知人も一緒だ。何時も行く店と同じ美味しい食事が出るのか調査である。知人は「クオリティーチェックが行き届いているから大丈夫でしょう」と言う。

 予め私が調べておいた店へ向け出発。ところが駐車場の入り口を見過ごしてしまった。「ぐるっと回って戻れば良い」そんな積もりで車を走らせたけれど、私達の走る通りは両方向合わせて8車線もある巨大通り。店のある場所がフリーウエイの近くであることもあり、次の通りがなかなか現れない。ようやく次の通りに入ったけれど、その辺りの通りは碁盤の目になっておらず、いくら通りを曲がっても見知らぬ道ばかり。遂に知人が言った。「ノームスはこの次にして、買い物することになっているマルカイで食べよう」。何時もより遅い時間だし腹も減っていたので私も異存無し。マルカイへとコース変更した。フードコートだとチップも要らないし安上がり。「災い転じて福となす」

 その後、知人の買い物につき合う。マルカイにはアメリカのマーケットにない商品が多いので見て歩くだけで楽しい。家庭用品などはかゆいところに手が届く作り方だ。日本人の得意技ってことかな。次いでに私も買い物をした。火曜日の午後早くなので混雑もなく買い物はスムーズに終わる。朝から忙しくしていたので、家へ帰ったら疲れてしまった。疲れたのは忙しいと言うより歳のせいだろうか。

 夜はのんびりしよう。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-21 10:29 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 12月 19日

ラーメン

c0053177_9534349.jpg


「久し振りですね」電話の向こうで聞き覚えのある声が言った。ロングビーチに住む知人M氏であった。彼と最後に会ったのは何時だったかなと思いを巡らす。「そちら方面に用事もないのでつい足が遠のいてしまって」言い訳みたいにM氏が言う。「そのうちまた食事でも一緒にしたいね」と私が言う。「うまいラーメンが食べたいな」とM氏。「だったらガーデナのウメムラだね」と私。「ああ、あそこね、ちょっと飽きて来たな。それよりパシフックスクエアに美味しいラーメン屋があるよ」。それは知らなかった。

 パシフックスクエアーは私が何時も買い物する日本食マーケットがあるところ。彼の説明でその場所が何処なのか分かった。その店舗は過去にいろんなレストランが入るけれどどれも長続きしない場所だった。だから今どんなレストランが入っているのか注意もしていなかった。そんなに美味しいのなら一度試してみたいものだ。そんな会話を交わしたのが2週間程前。遂に今日その店に行った。

 店の名前は「もったいない」。ラーメン屋には勿体ない名前だ。日曜日の昼時のせいか何人か客が待っている。待つのが嫌いな私だが、今日は味の批評家としてやって来たので仕事のつもりで待ち列に加わった。やがてカウンターに座らされ注文する。ラーメンの基本と信じる醤油ラーメンを頼んだ。ラーメンは複雑に成ればそれなりに味は良いけれど、私に言わせればこれは邪道。いろんな味で誤摩化していると思う訳だ。日本人なら誰でもラーメンやカレーは好きなものだ。勿論例外はあるだろうけれど。まだはっきり嫌いと言った人に会っていないような気がする。ただラーメンは個人の好みが異なっていて、美味いと聞いた店でも私にはそう思えないことも多い。

 ラーメンとおにぎりのコンボを頼んだ。やがて出て来たおにぎりの小さいこと。そしてこれまた小さなサラダが着く。これは日本サイズに違いない。いや、日本サイズにしても小さすぎる。例えて言うならピンポン球サイズおにぎり。しかし、おにぎりを食べに来たのではないから文句は言うまい。

 ラーメン美味しかった。麺は昔を思い出させる食感であった。この点では合格。ウメムラに比べると小振りのどんぶりで少々迫力がない。アメリカの量の多さに慣れてしまったせいなのか。M氏はこちらの方が好きだと断言した。どちらも美味しいけれど、どちらかを選ぶなら私はウメムラだ。

 M氏とのラーメン昼食が実現したらじゃんけんでどちらかに決めるか。全てが小さめなのは、食べ残したりすると「もったいない」のでその為なのか。そして名前の由来もその辺りにあるのかな。

 ラーメン批評家 サム・シューメイカー

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-12-19 09:54 | シニアの時間 | Comments(4)