ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

Projection Room

c0053177_10345246.jpg


 先日視た映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で思い出したのだけれど、私もあの中に出て来るような映写室によく遊びに行たものだ。二十年程前の事だから映写技術はかなり進歩していた頃だけれど、この映画館は違った。古い映画専門なのだ。どのくらい古いかと言えば、無声映画を始め1930年、40年辺りの作品である。映写機にフイルムを入れるのは一仕事。もっとも私は見ているだけであったが。大きなパイプオルガンがスクリーンの後方に有り,無声映画の伴奏はこれが活躍する。

 この映画館を始めたのは二人のオルガン奏者。どちらも名前がビルである。彼らは演奏者でありパイプオルガンの製作技術者でもある。頼まれれば教会のオルガンの修理もした。私が彼らと知り合ったのは看板商売を通してだ。ウインドウに入れるショーカードやその他の看板を作った。面白い仕事では映画の合間に皆で唄う時間があるのだがその歌詞カード。これはショーカードに書いたものからスライドを作りスクリーンに投影する。これを見ながら観客がオルガンに合わせて唄うのだ。

 この映画館は今も隣町に健在である。共同経営者だった二人のビルの一方は何年か前に亡くなった。しかし、もう一人のビルは今でも元気で居るようだ。そのうち遊びに行ってみようかと思っている。

 この当時描いた歌詞カードの写真が有るはずなので、みつかったらこのブログに載せようと思う。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-31 11:58 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 05月 30日

またまた貰い物

c0053177_9332299.jpg


 何時も頂いてばかりですみません。前回は大粒の苺をどっさり頂いた。今度はアメリカン・チェリーをどっさり貰った。昨夜は知人の家に食事に呼ばれたのである。帰りに「チェリーがあるけど持って行くか」と言うので、遠慮する事を知らない私は「良いねえ」と喜ぶ。小さなタッパウエアーにチェリーを移していたら「もっと持って行きなよ俺食べきれないから」と巨大なタッパウエアーを持ち出してどどっとチェリーを入れた。彼の分だと少し残して全てがその中に。私だってそんなに食べれる訳がない。

 てな訳で今日の朝食会にそのチェリーを持って行き仲間と分けた。それでもかなり残っている。今日は昼食も夕食もチェリーである、ってな訳にも行かず、お茶のお供は暫くチェリーとなりそうだ。美味しいから良いですが。

 大きなタッパウエアーを両手で抱えて彼のところから家へ帰ったら、やばい、ショルダーバックを忘れた。この週末はメモリアル・デー。明日の月曜日も休みだ。のんびりとバックをとりに行ってこようか。その中には支払いの小切手が入った封筒が二枚あるので遅れてしまっては困る。暇だから楽しいドライブと言う事で。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-30 09:55 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 05月 29日

映画

c0053177_61544.jpg


 映画「ニュー・シネマ・パラダイス」を見た。この作品は映画愛好家の名作リストに必ず載っている名作だとか。私はへそ曲がりだから、いわゆるその道の専門家が言うこれは良いってのに直ぐ反発してしまう。そんな訳でこの映画を見た事がなかった。しかしぜひ見てくださいとばかり目の前に出されて断る理由もない。する事のない土曜日だし。時間潰しに見てみるかってなもんだ。

 映画は良かった。心が温かくなるし、泣かされるし、アルフレードを演じる俳優が良かった。他の作品でも良く見る顔だけれど名前は知らない。この作品はイタリア映画だけれどフランス映画の刑事物で彼を見た気がする。勘違いかも知れない。私は映画を楽しむがそれについての情報は気にしない。

 この作品の特に好きなところ、それは、、、、。最近の映画って思わせぶりな終わり方が多い。結末は貴方が想像してくださいみたいな。そんなのってずるいと思うのだ。ひょっとしたら製作者も良い完結のストーリがみつからなくて観客にその責任を押し付けているのかもしれない。その証拠に映画の完結シーンは何種類か作られているのが最近の映画製作らしい。しかし私としては映画を見た後悩むような作品は止めて欲しい。

 話がそれてしまったけれど、この作品の特に好きなところ、それはストーリに観客を最後の最後まで引き入れてくれる。途中で突き放したように終わったりはしない。だから見終わった後の清々しい感動。だからこそいつまでも心に残る。この映画は私の好きリストに入る事間違い無し。ヨーロッパ映画って日本人の感性に合うって言われるけれど、全くそうだと思う。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-29 06:46 | シニアの時間 | Comments(8)
2011年 05月 28日

終わった。

c0053177_9345919.jpg


 サンゲーブル市で行われていた作品展が終わった。今日は搬出日である。昼食後出掛けた。ギャラリーに着いたら半分以上の作品が既に取り外されていた。次は秋の作品展まで予定無し。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-28 09:36 | Comments(0)
2011年 05月 27日

オーデションが二つ

c0053177_12501014.jpg


 オーデションが二つあった。一つは12時でもう一つが12時半である。それって両方行くのは不可能じゃないだろうか。二つのオーデション・スタジオは8マイル程離れているし絶対無理。エージェントはとにかく映画のオーデションへ行けコマーシャルの方は時間変更してもらうからと言う。ああ、面倒くさい。映画のオーデションは結構台詞あるし、サイズ(台詞)を貰ったのが1時間半前。そんなの覚えられるか。ようやく覚えてもオーデション会場で頭の中が真っ白になりやすい自分だ。とにかくスタジオへ行って台詞言ってほっとする。オーデションが私の仕事か。

ブログランキング始めました。ポチッとお願いします。人気ブログランキングへ
[PR]

by shinia62 | 2011-05-27 13:04 | シニアの時間 | Comments(2)
2011年 05月 26日

水彩画教室あれこれ

c0053177_9541232.jpg


 水彩画クラスは盛況であった。先週まで二週連続休んでいた二人が出て来たので、出席者数は10人。生徒が多いと活気がある。今日はデモの日であったから、なおさら元気になった師匠である。

 デモの題材は野菊。花を描くと言うより背景の描き方練習である。上手い生徒が沢山居るけれど背景で苦労している生徒が多い。特に静物画には手こずっている。原因は背景の計画無しに白い紙に絵を描き込んでいる。つまり白い背景で奇麗に見えるよう描いているので、背景を塗り込むと失敗するケースが多いのだ。その辺りを説明しながらデモをした。聞いて直ぐ解るものでないが、いつかこの説明を理解する時が来る。それまでは描き込む事だ。

 生徒達の作品や教室の風景などブログに載せようと写真を撮り始めた。これらの画像はこの「ちょっとシニアチック」ではなく別のブログ「おさむの透明水彩画教室」に載せて行く。ブログは左のリンクからどうぞ。

 前の先生だったS氏が教室を訪れた。現在日本に住んでいる。久し振りである。あれから生徒の顔もかなり変わっているけれど、その当時の生徒達も頑張っている。

 こんな調子で水彩画教室報告を続けたいと思う。質問のある読者は遠慮なくどうぞ。気軽にお答えしません。うそうそ、出来るだけお答えします。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-26 09:55 | Comments(0)
2011年 05月 25日

パイ

c0053177_1201517.jpg


 Rhubarbパイを頂いた。本当は何のパイだか解らずに食べていた。知人が「◯◯◯パイが有るけど食べる」と訊くので、何のパイだか聞き取れなかったのに「うん、食べる」と返事した。パイで嫌いなのにお目にかかった事がないのでまあ大丈夫でしょう。それがRhubarbパイだと知ったのは半分食べてから。とは言え名前を聞いてもやっぱり解らない代物だ。辞書で調べたら大黄となっている。ますます解らない。とにかく初めて食べたパイだった。

 パイとは全く関係ない事だけれど、英語のRhubarbと言う単語は、ステージ劇の中で沢山の人がざわざわと騒々しいシーンを演じる時に、この単語を皆で繰り返して言うのだそうだ。日本語の場合は皆で「がやがや」と言うのだろうか。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-25 12:17 | シニアの時間 | Comments(4)
2011年 05月 24日

新しい店見つけた

c0053177_3432518.jpg


 食べ歩きが好きなN氏はいろんな店を知っている。それもロサンゼルスに古くから有る歴史あるレストランが多い。先週の日曜日はPapa Cristo’sで昼食だった。ギリシャフード・レストランだ。かしこまった店ではなくファミレスの感じか。ギリシャ食品の店と一緒になったレストランである。

 私達が店に着いたのは昼食には少々遅めの1時半を回っていたが,凄く混んでいた。入り口を入ると食料品の店がある。その左奥にレストランがあった。右側には長いカウンターとレジが有る。そのカウンター内には2、3人の従業員がお客さんの相手をしている。ふとこちら端のカウンターを見ると男の顔があった。首だけがカウンターの上に出ている。4フィート程かと思われる背の低い男だ。ぎょろっとした目と鼻の下の立派な髭。私と目が合うとその男はにこっと笑ってウインクした。小さいのに凄い存在感のある男だ。

 まずはN氏の買い物に付合う。私がギリシャフードで知っているものと言ったら、ピタ・ブレッドぐらいなものだ。そうそう、なんだか知らんけれどテレビ番組で覚えたギリシャ語(?)バクラバー。ギリシャ人がよく冠っている船員帽のような白い帽子が食料品と一緒に並んでいた。あんな帽子が欲しいなと思ったけれど、私は帽子が似合わない人なので止めた。

 食事は右側の奥にもう一つカウンターが有ってそこでする。ファースト・フード店みたいなサービスだ。注文が済むとナンバーの付いたカードが渡され、それを持ってレストランのテーブルに着く。私達はビーフ・ムサカと言うチキンパイみたいなのを注文した。サラダも付く。私はシチューなどのスープ系が好きなのでこれは当たりであった。なかなか美味しい。

 この店はとってもギリシャであった。客は殆どがギリシャ人のようである。それに店内ではライブミュージックまで有る。マンドリン演奏で気分はすっかりギリシャである。その理由はこの店から通りを挟んだ真向かいにギリシャ教会が有る事だ。日曜の午後である事から、教会帰りのギリシャ人で混んでいるようなのだ。周りの人を見ているだけでギリシャにいる気分になる、そんなところである。食事が終わってももう少し居ようなんて気になったのは私としては珍しい。

 帰りに名刺とパンフレットを持ち帰った。それによるとカウンターに飾られた首のようなギョロ目のお父さんはこの店のオーナだった。Papa Cristoその人である。後で知ったのだけれどこの店は有名なところらしい。ユーチューブでテレビ局のインタビュー・ビデオを見つけた。

 因にバクラバーはお菓子のようなものらしい。響きに何とも言えない愛嬌を感じる。



↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-24 03:48 | シニアの時間 | Comments(2)
2011年 05月 23日

新しい店開拓

c0053177_10275340.jpg


 朝からそとで食べ歩いてた。外食そろそろ止めなくちゃ。食べ過ぎじゃあ。それよりアメリカでの外食はチップが有るので凄い出費になる気がする。こんなことしてたら破産ですわ。などと直ぐ大騒ぎする私だ。今日は新しい店を開拓した。と言うか私が初めて行ったレストラン。一緒に行った知人は何度も言っている店らしい。その事を書くと長くなりそうなので、詳しくは明日書こう。今日は疲れたのでもう寝ます。おやすみなさい。
See you tomorrow.

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-23 10:36 | シニアの時間 | Comments(0)
2011年 05月 22日

c0053177_1003716.jpg


 N氏にイチゴを沢山頂いた。本当に沢山だ。痛みやすいものだからこれから毎日イチゴ攻めになりそうな気配。なんでも彼の姉が遊びに来て大量のイチゴを持って来たのだとか。姉の家でイチゴ作っているのだろうか。訊くのを忘れた。全部洗ったら大きなラーメンどんぶり二つもあった。遊びに来たJ氏にも分けたけれど、まだまだ残っている。それにしても凄く大きなイチゴだ。三つも食べたら腹一杯になりそうな大きさだ。

カリフォルニアは苺のシーズンですね。今頃郊外をドライブすると道ばたに苺販売の仮説ブースが出てたりします。そこで買うと安く買えると思うのですが、本当は小売店より高かったりして。販売ルートはどうなんているのか知らないけれど、現地で買うと高いって事良く有りますね。ワインなんかワイナリーで買うと安いと思ったら全然そうでなくて、ロサンゼルスの小売店がもっと安い。私一体この日記で何を言いたいのかね。混乱してるわ。

 ユーチューブビデオを削除するつもりで、間違って昨日の日記を消してしまった。なのでその時使った画像は今日もう一度使う事にした。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-22 10:04 | シニアの時間 | Comments(2)