<   2010年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

十五夜お月さん雲の影、、そんでうさぎが、、、

c0053177_5223396.jpg


 病院へ薬を取りに行った帰り、近くの公園へぶらっと寄り道。
以前は散歩の途中で良く此所まで歩いた。
最近は1時間以上の散歩はしない。
近場で30分程度歩いている。
太極拳を始めて運動量が増えたので、
まあ、そのくらいが適当かと思うのだ。

 この公園には大きな池が有ることを以前に書いた。
池の中に小さな島が有る。
橋を渡って島に行けるようになっているのだが、
一般人は入れない。
以前からそうなのか、何かの都合でそうなったのか。
その辺の事情は定かではない。
橋の向こう端には鉄網の頑丈な柵がついている。

 島には水鳥が沢山遊んでいる。
そして、なぜか、沢山のウサギが走り回っているのだ。
それがとても可愛い。
柵が有るのでウサギ達は島から出ることはないから
公園内でウサギが見られるのはこの島だけだ。
と思っていたのだが。

 池を回って橋まで来た時である。
メキシカンのおじさんが橋の上で釣り糸をたれていた。
その後ろに一匹のウサギが後ろ足で立ち上がっている。
餌をねだったいるように見える。
行ったん通り過ぎた私だが、
その可愛いウサギをもう一度見ようと後戻り。
c0053177_5243580.jpg

 そんな時おじさんは釣り場所を変えるらしく
こちらへ向かって歩いてくる。
ウサギもその後をついてくるので
「このウサギは貴方のペットですか」
と訊いたら、本人は全くウサギに気が付いていなかったらしく、
「違うよ」
と苦笑いした。

 どんな方法で島から出たのか解らないが、可愛い。
橋の欄干に腰を下ろし写真撮影。
人慣れしていて怖がる様子もない。
それならとビデオも撮らせて頂いた。

 次いでだからと鉄柵まで行って
中のウサギ達も撮影。
いろんな色いろんな種類が走り回っている。
一応野うさぎみたいなもんだと思うけれど
どれも毛並みは奇麗。
そのままペットとして家へ持ち帰りたいほど。
もともとペットを此所に捨てそれが増えたとも考えられる。

 気まぐれに寄った公園で癒しの一時を頂いた。
人懐っこいリスも馴れ馴れしく寄ってくるし。
歳を取ると公園でリスや鳩に餌をやるのが
楽しみの一つになったりする老人がいるので、
動物達も老人イコール餌と認識しているのかも知れない。

 動物達に餌老人と間違われるシニアである。

 秋深し暇なシニアは動物とたわむる。(字余りand盗作)

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-31 05:26 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 10月 30日

長い長い日記だった

c0053177_952115.jpg


 長い長い日記を書いたのだけれど、
何かミスしたらしく全部消えちゃった。
とても面白い日記だったので残念。
Macの前でしばし呆然。
もう何をする気力もない。
今日はもう寝る。
明日もう一度挑戦したいと思う。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-30 09:57 | シニアの時間 | Comments(4)
2010年 10月 29日

ビデオ用のBGMはこれだ

c0053177_935083.jpg


A civil servant で音響エンジニア、
そしてシンガーソングライターでもある甥にビデオのBGMをお願いした。
オリジナル水彩画のデモビデオにはオリジナルBGMってことだ。
彼は歌が専門だけれど無理を言ってインストルメンタルの曲をお願いした。
そしたら次の日曲が送られてきた。早い!

 最近の作曲はコンピューターで出来ちゃうらしい。
事実、私のMacにも「ガレージバンド」と言う作曲ソフトが入っている。
ちょっと開けてみたら複雑怪奇な感じだった。
それなりの曲を作ろうと思えば機材も欲しくなるだろうし、
私には無理な感じ。
それでもお遊び程度のことなら今ある楽器を使って
「さくら、さくら」でも作れるかもしれない。

 30年触っていないけれど
押し入れにはギター3台、キーボード、ウクレレなど有るのだね。
随分昔、カセットテープとレコーダー二台を使って
曲を作ったことが有った。
フォークのつもりで作ったその曲はハワイアンも少々入ったまったりとした曲であった
あれに比べればガレージバンドソフトなら少しは良いものが出来そうだ。
c0053177_958244.jpg

 問題は30年のブランクでギターの音が出るだろうか。
でもやってみたい気もするな。
作曲ソフトを勉強してみようかな。

 懲りずに悩むシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-29 10:04 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 10月 28日

あれれ、、、、なんで

c0053177_11114050.jpg


 結構涼しい日だと思っていた。
しかし水彩画クラスから帰ってきたら家の中がむっとする。
私の家は昼間外が暑いと午後家に熱がこもって暑くなる。
つまりそんな状態だった。
外は良い天気であったけれどそんなに暑く感じなかった私である。 
クラスで頑張って帰ってきたら家の中が暑くて、どっと疲れた。
なので日記は此れだけ。
早く寝よっと。
c0053177_11542174.jpg


 ああ、その前に、、、、
貴方にはそんな積もりがないのに無神経な言葉を吐いて
それが人を傷つけたのではないかと後悔したことはないだろうか。
私は絵描きとして長い間社会から閉ざされたように暮らしてきたせいか、
成長していない部分が有り時々それをやっちゃうのだ。
そしてまたやっちゃったような気がする。

 今日もまた人生に悩むシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-28 11:58 | シニアの時間 | Comments(4)
2010年 10月 27日

一回転しました。何がでしょう。

c0053177_927173.jpg


 今日の水彩画が画像ファイルの最後になる。
明日からはファイルのトップから画像をブログに載せる。
ブログ画像ファイルにはただいま130点の水彩画画像が入っている。
少しずつ新しい作品を入れたり、古い作品を削除したり、
その数字はいつも変わるのだけれど、
100点以上を維持するつもりなので、
3ヶ月半に一度の頻度で同じ作品がブログに載ることになる。

 最近は絵をどんどん描いている。
将来は同じ作品を見る頻度は4ヶ月になり5ヶ月になり、
半年に一度になるかもしれない。
作品販売の機会が極端に減ったので溜まる一方だ。
ブログに載せる作品が多いのは嬉しいけれど、
絵が売れないのは嬉しくない。
ところで次の絵画展示販売はいつになるだろうか。
来年の3月頃かな。

 てな訳で、最近は水彩画クラスの存在にとても感謝している。
軽い気持ちで引き受けたのだけれど、
今では私の唯一の収入源になっている。

 私の人生は面白い。
決して金持ちになることはないけれど、生活に瀕することもない。
時々思うのだけれど、私の背後に守護神が付いているのかも。
そして瀕することなくしかし奢ることのない生活のバランスを取ってくれているのかも。
もしそうなら、時にはバランスを崩して金持ちになるってのはどうかな。
ごめんなさい、、、今のは冗談です神様。
c0053177_10214898.jpg

 日記に書くこともないので、文字通り徒然なるままに書いたら
こんな日記になった。
そうそう、此れからは水彩画新作がどんどんブログに登場するよ。
乞うご期待!!!! 

 単調な生活に話題探しに苦しむシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-27 10:24 | シニアの時間 | Comments(4)
2010年 10月 26日

なんで、なんで、なんで〜、怪しいぞ。

c0053177_9144173.jpg


 常備薬となっているコレステロールの薬は
カイザー病院のネットで追加注文する。
インターネットって本当に便利だね。
ところがだ、今朝注文しようとしたら「薬のナンバーが違います」
とメッセージが出て先へ進めない。
このようなトラブルは初めてだ。
薬瓶のナンバーと照合しても間違ってなんかいないのに。
「注文時に問題が有る場合はこちらへ電話をどうぞ」
とあるので、ネット注文はやめて電話に切り替えた。
 
 注文が無事終わると最後に
「薬は発送しますかそれとも取りにきますか?」
と訊かれた。
私はいつも取りに行く、病院は遠くないし。
でもせっかく電話で人間と話すチャンスに恵まれたのだからと
いろいろ質問をしたくなった。
「発送してもらうのと取りに行くのとでは何か違いは有りますか」
と訊いたら意外な答えが返ってきた。
c0053177_1133250.jpg


「取りに来た場合は薬代◯◯ドル、発送の場合は◯◯ドル」
何故か発送の方がずっと安い。
普通なら配達料とかかかって高くなりそうだ。
「なんでそうなるの」
私は質問を続ける。
「発送特別サービスなので」
とよく解らない答えが返ってくる。

 大きな病院は常に利益を考えている。
単純に考えたら取りに来てもらえば手間がかからない
従って薬代は安くなっても良さそうだけれど、
なんで発送してもらう方が安いのかな。
電話先でしばし考えた後私は言った
「取りに行きます」。

 薬の値段にどれほどの違いがあったかと言うと。
取りに行くと15ドルで、送ってもらうと10ドルなのだ。
30%プラスの値引きじゃないか。
なんでこうなるのか注文した後でじっくり考えた。
そしてひねり出した私の答えはこうである。

 送ってもらう場合、支払いはクレジットカードになる。
従って注文と同時に支払いをする訳だ。
一方、本人が取りに行く場合はカウンターで薬と引き換えに支払いをする。
薬嫌いな私の場合ドクターが処方した薬を買わない事が良く有る。
多少の事でもどんどん薬を処方するドクターへの反抗とでも言うか。
実際それらの薬が必要でなかった事も多々有ったし。

 最近は処方箋もコンピューター化されて
ドクターから直接薬局へ注文が回ってくる。
患者はそこで薬を受け取り金を払うのだ。

 そこでだが、仮にネットで買った薬を発送してもらったとしよう。
支払いはクレジットカードで注文時に払う。
そしてその情報は向こうのコンピューターに残るから、
次の薬が処方されたらクレジットカードで自動的に支払われるだろう。
そうなればドクターが処方した薬はどんどん買わされる。

 私は薬の事でドクターと良く喧嘩する。
あまりにも軽率に処方箋を書く気がするからだ。
しかしドクターと喧嘩するのは良くないので
いつからか、はいはいと処方だけはしてもらい取りに行かない方法にした。
でもクレジットカードでどんどん支払わされたら
それも出来なくなる。

 きっと私のような気難しい患者が結構多くて、
薬を取りにこないケースが多数有るのかも知れない。
それならクレジットカードで支払う発送注文の方が
値引きしても採算が取れる良い商売になるってこともある。
てな事をうだうだ考えて一日が終わる。

 物事を素直に受け取れない気難しいシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-26 11:38 | シニアの時間 | Comments(0)
2010年 10月 25日

夢と感動の物語でした、、、、っけ

c0053177_7323999.jpg


 小東京の朝食会からとんぼ返り、
トーレンスの映画館へ馳せ参じた。
映画を観るのは明日の予定だったけれど、
食事の後で時計を見たら、今から急げば間に合いそうな気配。
駄目だったら予定道り明日にすれば良い。

 観たいかった映画は、私の大好きな題材がテーマの
クリント・イーストウッド監督「Hereafter」。
死後の世界がどうのこうのってな話。
マット・ディモン主演。
それはどうでも良いのだけれど、
答えの無い死後の世界にはとても興味惹かれる私だ。

 10時5分に始まる初回上映。
これは超お得料金で6ドルなのだ。
最近見つけたこの秘密。
今では映画は初回を見るべきがモットーで、
それをミスしたら次の日にまわす。
普通料金で12ドル、シニア割引でも11ドル。
そんな中で6ドルは感動もの。

 10時5分ぴったりに窓口へ到着した。
荒い息をはきながら「ヒアアフター、プリーズ、シニア1枚」。
館内に入るやトイレに駆け込む。
それほど催している訳ではないけれど、
途中で行きたくなったら困るので無理矢理縛りだす。
シニアともなればとても気になる小便模様。

 予告編が始まった頃、
隣に中年のカップルがやってきた。
座るや否や持参した巨大な紙袋からがさごそがさごそ
何やら取り出している。
次から次と出るわでるわ。魔法の打ち出の小槌か。
他人事ながら気になるよ。
以前ブログに書いた映画館での食べ物の事を思い出し暗闇で苦笑い。
取り出した後もぱりぱり、ぽりぽり、ぐびぐび、けほけほ、
つるつる(?)べたべた、さくさく、こりこり、ぺろぺろ、がり
がり、ちゅーちゅー、
うるさい!!!!と心で叫ぶ。
これ以上雑音をたてたらヒアアフターに送り込んでやるぞ。
それだけではない、その女性ったらどうでも良いようなシーンで
へらへら笑ったりため息付いたり叫び声あげたり、
他の観客は静かなのに。

 映画の感想はどうかって? そんなの覚えていない。
隣の女性についてなら10ページは下らない感想書けるけれど。

c0053177_7391867.jpg

 死後の世界なんてテーマーは
前にも書いたように答えは無い訳で、
予想した通りと言うか。少々期待を裏切られたと言うか。
結果的にはこんなものだろうなと変に納得して映画館を出た。

 何事にも動じず、何となく納得してしまうシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-25 07:52 | シニアの時間 | Comments(6)
2010年 10月 24日

チョッキン、チョッキン、チョッキンな

c0053177_8455786.jpg


  一ヶ月半ぶりで散髪をした。床屋へ行く訳ではない、自分でやる。
もう30年ほど床屋へは行っていない。その理由はチップのことが納
得いかないから。アメリカのチップ制度は安い給料で働く従業員へ
の心付け。だから店のオーナーにはあげなくてもよろしい。なぜなら
オーナーは散髪料でもうけているのだから。少なくとも私はそう解釈
している。しかし最近は、いやかなり前から、何でもかんでもチップ
と言うのがまかり通っている。小売店の店員までカウンターにチップ
ボックスを置いているほどだ。しかしシニアは頑固なのだね。理由
がはっきりしないチップを気前良い人ぶってあげる気はないのだ。
だからオーナーが一人でやっている散髪屋でもチップをやらなけれ
ばならない雰囲気が嫌い。そんな事をうだうだ心配するならいっそ
う自分でやっちゃおうってのが私が床屋へ行かない理由。もっとも
らしい理由を並べたけれど、ようするに質素な暮らしのシニアなの
である。
c0053177_852863.jpg


 頭髪が残りわずかなので、自分での散髪はたいしたことではない。
電気バリカンでブ〜ンブ〜ンと刈り上げる。新しいバリカンには毛の
長さを調節出来るアダプターが各種有るので刈りすぎる心配も耳を
刈っちゃう心配も無い。私が自慢したいのは、最近散髪の腕を上げ、
な、なんと後ろの生え際を自分でそる技を身につけた。大きな鏡二
枚を使すいすいと剃る。このテクニックは最近身につけたばかりで
今日で二回目。いざやり始めたら前回のやり方を忘れていて、あれ、
どうして真後ろを剃ったんだっけとしばし考えるはめに。でも無事思
い出して一丁上がり。最高の仕上りであった。 チップちょうだいな。

  残りの頭髪の白髪化が進み短く刈って前から見るとスキンヘッド
の様相。何故か後ろはまだ黒くて変な感じ。それに髭も黒い。早く
全部が白くなって、前も後ろもスキンヘッドになりたいと思うこの頃
だ。スキンヘッドってセクシーだと思うのだけれど如何かな。

 いつまでも色気を失わないシニアである。ウフフフ。

↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-24 08:56 | シニアの時間 | Comments(12)
2010年 10月 23日

新作が泉のように溢れています

c0053177_8203753.jpg


  描きためた新作がどっさり溜まった。なので、今日は完成作品の
撮影会であった。撮影された画像はMacに取り込まれ、やがて私
のブログを飾る。今までは古い作品なども載せてお茶を濁してい
たが、これからは新作でどんどん勝負だ。グアハハハハ。

 まず作品にサインを入れる。これが結構な仕事。何しろ私は絵よ
りサインの素晴らしさで作品が売れる画家なのだ。だから絵を他
人に描かせてもサインは自分できっちり描く。もちろんこれは物の
例えで、どこかの有名画家のように誰かに描かせるなんて事はい
たしません。貴方の事ではないですよ。そんな絵描きが居たらの
話でござんす。

 作品の撮影は表玄関のポーチで行われる。自然光で描いた作品
は自然光で撮影しなくてはその良さが失われる。本当はどうなの
か知らない。ちょっと言ってみたかった。作品は床に平に置き上か
ら覗き込むように撮る。小さなサイズは何枚かまとめて撮る事もあ
る。Macに取り込んだ後、フォトショップで多少の編集をするので、
写真画像は普通に仕上がってくれれば良い。写りが良くて本物よ
りよく見えても困る。

 こうして最新の作品をどっさりMacに入れた時、何とも言えない満
足感が身体を包む。この瞬間の為に私は生きているのだね。

 なんちゃって奇麗事を並べようと苦労するシニアである。

↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-23 08:52 | シニアの時間 | Comments(0)
2010年 10月 22日

J氏へのメール

c0053177_11272149.jpg


 私としてはそれなりに長い英文メールを書いた。
昨年の春(一昨年の春だったかな)カレッジの英作文コースを取ったので
英文はお手の物、すらすら書けちゃうのだ。
それほど英語が上達するなんて
かなりレベル高い英作文クラスと思うでしょう。
ところがねESLの英作文中級なの。
ESLは英語を第二言語とする外国人を対象とした英語クラス。
つまりだね、すらすらと簡単な英文を書いていると言う事。
過去完了とか未来なんとか仮定どうのなんてな文型は使わない。
ひたすら現在形しか書けない。
過去の事は良いじゃない。水に流そうよ。
ケセラセラなるようになる、先の事など解らない、、♪
ってな訳で現在形しか書かないのである。
そのうちESL英作文の上級を取って過去と未来を書けるようにしたいと思う。

 その程度で英語のブログを書いている恐れを知らないシニアである。

↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-22 11:50 | シニアの時間 | Comments(2)