<   2010年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

誕生日が癖になった男

c0053177_1149532.jpg


 先週の土曜日がE氏の誕生会。
静かな日曜を挟み、今週の月曜はまた誕生祝いであった。
誰の誕生日か、それはあの有名な水彩画家、、、、、
私なのだ。
誕生祝いなどに縁のない人生だったのでこそばゆい。
しかも私の誕生日は一週間先なのだ。

 今からさかのぼること一週間。
N氏が「お前の誕生日はいつなんだ」
と訊くので7月だよと答えた。
「7月の何日?」
おや、こんなに詳しく訊くのはW&Nの絵の具セットでも
誕生祝いにくれるのだろうかなどと一瞬思う。
「5日だよ」
「その頃俺はサクラメントに居るな」
なんだよ、私は我にかえった。

 しかし次の言葉が嬉しかったね。
「それじゃ早めの誕生日と言うことで夕食を奢るよ
来週の月曜日はどう?」

 その日が来て、私は約束の時間にN氏の家へ。
そこで彼の車に乗り換えグレンデールのレストランへ。
高級レストランTam O’Shanterである。
この店はあの日本人観光客にも良く知られた
プライムリブ・レストランLawry’sの姉妹店。
メニューを開くと見覚えのあるアイタムが。

 Lawry’sでいつも食べていたプライムリブニューヨークカット
それをここでも注文だ。
「ロブスターを付けたら」
とN氏が言うのでメニューを見たら、
それだけでも◯◯ドルもする。
プライムリブだって◯◯ドルしているのに、、、。
貧乏人は人の懐まで心配するし、心労が絶えないッス。
「そんなに食べられないです」
とか言いながらそれも注文する。
N氏って金持ちなんだ。
グラスの赤ワインを口に含みながらそんなことを考える。

 予約が5時半で夕食としては早いのだけれど
私は午後6時には食事をするからいつもの通り。
まだ夕日は結構高い。
窓から入る柔らかい光が、
隣のまだ客が居ないテーブルを照らしている。
キラリと光るワイングラス、ふんわりと三角の山を作るナプキン、
それらが良い絵になっていてカメラを持たなかったことを悔やむ。

 プライムリブ、美味しかった。とても柔らかでジュウシー。
ロブスターはぷりぷり。ほうれん草のクリーム煮も最高。
最高の誕生祝いであったが、あと一週間歳はとりませぬ。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-30 11:50 | シニアの時間 | Comments(8)
2010年 06月 30日

作品その13

c0053177_7512416.jpg


 作品その13はタイトル「五月野」。
サンタバーバラ郊外をドライブ中に見つけた風景だ。
菜の花みたいだが菜の花ではない黄色の花の群生。
まるで夢の世界のように美しく夢中で写真を撮った。

 5月は野の花があちこちに咲き乱れ
山道のドライブが楽しい。
目的なしのドライブは、時には細い脇道に入ったりする。
そんなところで面白い発見があたりするので楽しい。

 4点出品した大型サイズの絵でこれだけが売れた。
「作品展の時期柄、春らしい題材も描いたらどうでしょう」
そんな助言に従って最後に慌てて描いた作品である。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-30 08:02 | Comments(4)
2010年 06月 29日

誕生会で縮む寿命 2

c0053177_5304248.jpg


 招待客が全員そろって大宴会の始まりである。
と思ったら今日の主役E氏がおもむろに立ち上がった。
おいおい、何をしようというのだ。演説?
私の予想は大きく外れて、
彼、招待客を一人一人回ると挨拶を初めた。
え〜っ! なぜ? 私のところへ来たらどうするの?
そんなことしなくても良いのに。

 などと焦っていると彼が背後から現れて
「0!〜+*&*&$#2+@!」
と言うので(なんと言われたか覚えてない)
今日のパーティに招いて頂いてありがとうございます。
などと挨拶する。
緊張の一瞬が終わり彼は次のゲストへ。
そこで気がついたのだが
みんな一応に「誕生日おめでとう」と挨拶する。
誕生日パーティーなのだから当然なのだけれど。
が、待てよ、私それを言ったかな。
いや、言ってない。あまりの緊張に忘れてた。

 これらが食事前の大試練。
それまではテーブルに並ぶワインの数々を
「酒はあまり飲みませんので」
と遠慮していた私だったが、
素面でこの修羅場を乗り切れそうもない。
怪訝な顔のゲスト達を尻目に
がばがば飲み始める私であった。
運転はN氏だかまうもんか。

 ステーキハウスだからあるのは各種ステーキ。
メニューが目の前にあって各々がメインコースを注文する。
私は◯◯◯ステーキを注文。(何だったか覚えてない)
隣のN氏が違ったのを頼んで半分づつ食べようと言う。
なんだ彼だって結構子供っぽいことするじゃないか、
そう思ったら気が楽になる。

 その辺りから私は雄弁になった。
主役のE氏が2度目に回ってきた時、
大手術から回復中の彼に私の肺炎経験をべらべらしゃべりだす。
私の悪いところは大人しいかお喋りで中間がない。

 何はともあれ目出たくハッピーバースデーの大合唱になる。
美味しいステーキ、甘いバースデーケーキで満足した頃
私達はテーブルを立った。

 今日でE氏は歳が一つ増えて66歳になる。
一方私は緊張感で10歳は老けてしまった気分。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-29 05:31 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 06月 28日

誕生会で縮む寿命 1

c0053177_9554152.jpg


 誕生日パーティーへ行ってきましたぜ。
場所はこれまた汚れた下町のど真ん中、
と言うかコリアタウンのど真ん中。
ハングル文字が溢れる町の一角に、あれ〜英語の看板が。
「テーラーステーキハウス」とある。
アメリカに居るみたい。

 中に入るとここだけはアメリカでアメリカ人で溢れている。
アメリカアメリカってしつこいようだけれど、
黙っていたら何処に居るのか解らなくなるロサンゼルスなのだ。
店内は重厚なダークブラウンで照明が暗いこと。
外から足を踏み入れた瞬間「目が見えないよ〜」状態。
我々の集まりはシニアが大半だから鳥目の人が多いのだ。
私を含めてです。はい。

 案内された宴会場は三階である。
古い店だからエレベーターなど無い。
シニアにとって正に地獄の階段登りゲーム。
比較的若い私はとっても元気。
しかも三階に着いたら我々のテーブルは一番奥。
周りのシニアを気遣いながらテーブルまで歩く距離の長いこと。

 客は25人ほどだと思うけれど、
テーブルの長さに圧倒される。
それから私の苦手な紹介ゲームが始まった。
ビルとかトムみたいな簡単な名前は良いけれど
エンゲルベルト・フンパーディンクなんてのになったらお手上げ。
実のところビルとトムで既にお手上げ状態。
握手するの?それともハグするの?はたまたキスするの?(笑)
私はパニック状態でありんす。

 紹介の言葉はN氏に任せた。
彼が私をゲストに紹介すると私が”Nice to meet you.”と言う。
そして今聞いた名前をすっかり忘れる。
まだ着いたばかりでこの心労だ。
最後まで生き残れるか。

 (明日に続く)

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-28 09:56 | シニアの時間 | Comments(4)
2010年 06月 27日

心の洗濯

c0053177_510261.jpg


  どんより曇った土曜日である。
午後遅く晴れてきたけれど、もう遅いって。
こんな日はダラダラと過ごすのが一番。
週末だし休養の日だもんね。
それに朝方少々労働したので疲れてしまった。

 今夜は誰かの誕生パーティーに呼ばれている。
友達の友達だから私には全くのストレンジャー。
いや、一度会っているような。
私はパーティーって苦手の方だ、
昼寝でもして夕方までにエネルギーをためておかなくちゃ。

 インターネットで遊びながら日本のフォークソングを聴いている。
私は日本でフォークが盛んだった頃に青春を過ごした。
だからその頃の音楽はとても懐かしい。
今でもフォークソングを聴くと若い頃の世界にタイムとリップしてしまう。

 てなことを水彩画教室で話したら
生徒の一人がその頃の曲を集めたCDを持ってきてくれた。
しかも6枚もである。
ありがとう。

 それを聴いていると心がほんわか柔らかくなって
どんなことでも許せるような気になる。
音楽が心に与える影響ってすごいなあ。
ゆっくり音楽を聴く習慣のない私がそう感じるのだから。

 あの頃のフォークソングを聴いていると
フォークシンガー達の落ち着いた歌声に大人の雰囲気が伝わってくる。
日本語テレビで時々見る若い歌手たちの甲高い
ほとんど耳障りな歌声とは違ったものを感じるのは
私しだけだろうか。

(今日の一言)
 アメリカではスカンクをペットとして飼う人が結構いるんだって。
でも匂いスプレーは除去しているらしい。
でないとたまらないもんね。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-27 08:11 | Comments(2)
2010年 06月 26日

ドッキング

c0053177_845965.jpg


 二台のマックを接続することにした。
そうすれば古いフォトショップで加工した画像を共有出来る。
つまり新しいソフトを買う必要がないのだ。
ただiworkと言う編集ソフトは新しいものが必要だ。
古いファイルを新しいiMacへ移動しても開けないことが解った。

 と言う訳で、接続に必要なケーブルを買いに
アップルストアーへ行った。
ところが店の前には長蛇の列が。
何か新しい製品の発売日だったらしい。
待ち列を見ると吐き気をもようす私は
くるりと向きを変えると立ち去った。
ケーブルぐらい他の電気屋さんで買えるわい。

 近くのコンピューター関連の大手電気屋さんへ行った。
必要なケーブルの名称は解るのだけれどどこにあるのか。
店員に訊いたけれど、自分は動こうとせず
「9番Aアイルにありますよ」と言う。
そこへ行っても自分が探しているケーブルとアダプターが
あるのか無いのか。
間違えて使えないものを買っても困るし。
やっぱり親切に商品を目の前に出してくれる
アップルストアが良いわいと買わずに店を出る。
一緒に探してくれても良いものを
まったく商品を売りましょうと言う熱意がない。
つきまとわれても困るけれど。

 マック接続を今すぐしなければ
地球の環境が突然変わり、
温暖化で海の表面が12フイート上がる訳ではない。
新商品ゲット待ち列が消えるまで2、3日待つか。

 技術進歩のスピードがシニアを振り回す。
振り落とされてたまるか。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



My next big project will be connecting my two computers and share files between them. I studied how to do it with mac help. After that I went to Apple store to get an adapter for this work. However, when I got there, I saw a mile long waiting line front of the store. I turned back to my car and drove off. I hate a waiting line. It had to be the day that they started selling some kind of new product at the Apple store. I can wait for a couple of days to do my project.

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-26 08:46 | シニアの時間 | Comments(4)
2010年 06月 25日

作品その12

c0053177_9265792.jpg


 作品その12はタイトル「朝日に燃える」。
ヨセミテの風景である。
この絵の元になった風景は昨年のヨセミテで撮った写真だ。
私がクラスを受け持った9月第一週に山火事があり、
その影響で空気が重く風の向きによって山が煙に霞んだりした。
それはそれで良い感じだったので写真を撮ったのだ。
でもタイトルを「山火事の煙に霞む」だとさまにならないので、
格好良く「朝日に燃える」とした訳だ。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-25 11:12 | Comments(2)
2010年 06月 24日

な、なにごとだ。べつに、、なんにも、、

c0053177_1155748.jpg


 水彩画クラスでは
黄色い花瓶に挿されたしゃくやくの花らしいのを描いた。
最近の花はやたらゴウジャスで何の花なのか見当がつかない。
今日はデモンストレーションの日である。
私がお手本を示した後、生徒たちがお手本より良い絵を仕上げる。
これもひとえに先生のおかげ(笑)。
個性ある生徒たちの味のある作品が黒板の縁に並ぶ。
どれもそれぞれ良い作品になっている。
教える私としてはとても幸せな瞬間だ。
おいしいお茶と菓子、和やかな会話。
とても雰囲気の良い大人の水彩画教室なのだ。

 これを読んでいるローカルの日本人たち、
そして日本語を読めるアメリカ人たちよ、
すぐ我々の透明水彩画クラスへ来なさいな。
後悔はさせませんぜ。(宣伝)

 てなわけで、良い気分でクラスは終わった。

 帰る途中、夕食のおかずを買いに日本食マーケットへ。
午後5時以降のマーケットでは
刺身盛り合わせが20%オフなのだ。私はこれが大好物。
日本食は本当に健康的だと信じている私だ。
その実、魚の汚染で水銀中毒になっていたりして。

 そんなことは気にせず、
冷やご飯をチーンして、熱いお茶を入れる。
刺身パックを包んでいるプラスチック・ラップを取る。
刺身一切れを熱いご飯に乗せ、
握り寿司みたいにご飯ごと持ち上げるとパクリ。
そこで熱いお茶を一杯。
いやあ、極楽ですわ。

 今日もまた充実した一日が過ぎてゆくのであった。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



We painted gorgeous soft pink flowers in a yellow water pitcher in our watercolor class. We thought they are peony flower, but we were not sure. First, I did a demonstration and then the students started painting same subject but better than the instructor. It indicates that I am a such good instructor.

In the end of the class, all the paintings down by the students displayed at the edge of the blackboard. They were all good. I could see a nice personality on each paintings. It was a moment that I feel a satisfaction.

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-24 11:56 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 06月 23日

習うより盗め

c0053177_1152423.jpg


 太極拳の合間にこん棒を使った体操をする。
それに使うこん棒を自分で作った。
ホームデポーで3フィートの丸い棒を見つけたので、
それを家で適当な長さに切った。
ちょっと太めだけれどその方が良い運動になる。
などと根拠の無い理由を振りかざし無理矢理納得。

 今日は私の2回目のクラスであった。
週に二回あるのだけれど私は火曜日だけ出席している。
時間の有る時は木曜日のクラスも出ようと思う。
家で太極拳初心者用ビデオをyuotubuで見ている。
それでもよく解らなくてクラスでは混乱気味。
でも一回目のクラスよりは少し良くなったかと思う。

 私は前から三番目くらいの列に並んで先生の真似をしている。
しかし、中間に何度かゆっくりと回転する所があり、
後ろ向きになってしまうと先生が見えないので焦る。
そんな時は後ろに並んでいる生徒を見ながら真似る。
なるべくスーズに動いている生徒を捜すのが難しい。

 習い事は教えてもらうのではなく先生の技術を盗め。
と教えられてきた私なので、
今回も技術を盗む意気込みで頑張ろうと思う。

 いくつになっても勉強です。(馬鹿の一つ覚え)
 いつになってもこればっかりである。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



We do an exercise using stick between the Tai Chi lessons. So, I made a stick by myself. I found a material at Home Depot, and I cut it a length I needed. It was a thick and heavier than Im expected. But I thought it works,

it was my second class. I was still confused by all the fancy movement of Tai-Chi.

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-23 11:06 | シニアの時間 | Comments(6)
2010年 06月 22日

これを食べたかったのよ、、

c0053177_1181173.jpg


 無性にラーメンが食べたくなった。曇り空で肌寒い天候のせいだろうか。
考えてみると長いこと食べてないなあ。
最近の外食は誰かと一緒のことが多い。
アメリカ人だと少々妥協してコーヒーショップへ行くこととなる。
ラーメン屋は一人で行くか日本人と一緒に行くかしかない。
そんな事情でご無沙汰していたのである。

 買い物のついでに、私の大好きな店「うめむら」へ昼食に行った。
入り口を入るとうまそうなラーメンスープの匂い。
わかめラーメン、餃子、うまに焼きそば、チャシューメンと好みのメニューが頭に浮かぶ。
どんなに拭いても油っぽい赤いカウンターに座る。
何を食べるか決めてきたけれど、メニューを見るとあれもこれも食べたい。
そんな気持ちをぐっと抑えて
「わかめラーメンください。チャシューのトッピングをお願いします」
と叫ぶ。

 このトッピングってのは前からあったかな。
今回初めてメニューの中に見たような気がする。
久しぶりのラーメンは豪華に行こう。

 30分後、
うまかった! 満足だ! 家へ帰って仕事だ。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



Suddenly, I was craving for a ramen. Was it because of this gloomy weather? Come to think of it, I haven't have a ramen for while. Lately, I eat out with some one most of the time. And likely to be with American friends. Therefor, I have to compromise that what kind of food we have. That why, I didn't have opportunity to have a ramen for long time.

I had a shopping to do this morning, So, I decided to eat a lunch out side. And I had no hesitation, I went to my favorite ramen place "Umemura." As soon as I stepped into the restaurant, delicious smell of ramen soup tingled my nose. They have many dishes which I love, I had hard time making up my mind. Finally, I ordered wakame-ramen with char-siu on top. It was good, I enjoyed it very much. I was content and happy. I came home and took care of my work.

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-22 12:05 | シニアの時間 | Comments(6)