ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

ミルク

c0053177_8374582.jpg


 雨の晴れ間を見て買い物に行った。
散歩を兼ねて近くのマーケットまで歩く。
歩き易いようにとバックパックを担いで行った。
何時もの買い物はラルフスと決めている。
緊急の場合近くのドラッグストアかマーケット。

 このマーケットはメキシコ系でメキシカンフードが沢山ある。
緊急で必要なのはスキムミルク。
ビタミンDが必要だけれど
普通のミルクはコレステロールが心配だ。
その結果このミルクに成った。
これでもミルクを飲んでいる気分には成れる。

 話しはあらぬ方向へ、
昔々、メキシコ旅行へ行った時の事だった。
2週間の予定でメキシコ市の安ホテルに滞在した。
一泊がアメリカンドルで1ドルだった。
貧乏旅行者には強い見方のホテルだった。

 旅行に出る前、メキシコ通の先輩が
「メキシコでは生水、ミルクは飲むな」と忠告してくれた。
水の代わりに瓶入りの飲み物を飲むのだそうだ。
その忠告をちゃんと守った筈なのに、
後半1週間はもの凄い下痢に襲われた。

 それでも若かったのですなあ。
尻を押さえながらあちこち観光していたのだ。
有る日、街を歩いていたら行きなり催してきた。
こればかりは待った無しなのでトイレを素早く見つけるか
ズボンの中に漏らすしかない。

 辺りを見回すとバーかクラブの様な場所が有る。
幸運にも昼間から営業している様だった。
余計な事を考えている暇はない、ドアを蹴って猛然と駆け込む。
何人か居た客が一斉にこちらを振り向く。
スペイン語で「ああ、漏れそう」はどう言うのか。
そんなの解る筈が無い。英語か日本語だ。
「便所,トイレ、レストルーム、はばかり、下痢、ウン●」
単語を叫ぶ。
そして奇跡が起きた。
そこの従業員かオーナーかこの際どうでも良い。
私の切れ切れの言葉を理解してくれたのだ。
親切にトイレを使わせてくれた。
私の安堵のため息がトイレのドアから
メキシコ中に響き渡った一瞬である。

 あの時私の意思があんなにスムーズに通じたのは
神様の思し召しかしらと後で考えた。
それとも私の様な下痢の観光客が店に飛び込むケースが
他にも沢山あるのだろうか。
思えばその店は観光客が多そうな美術館の直ぐ側であった。
実は私もそこへ行く途中だったのだ。

 マーケットのミルク売り場の前で
ふと昔へタイムトリップした次第。

↓日記読んだらブログ人気ランキングボタンをポチット押してね。その気に成って書きまくります。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-28 08:40 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 02月 27日

沈没船

c0053177_11153144.jpg


 一日の始まりは快調。
朝はお決まりの散歩に出る。
車の修理工場の前を通る時、
フエンスの中の番犬二頭をからかったり。
気分爽快で帰って来る。

 その後、日本語テレビでニュースを見ながら
私の考案した日本式オートミールを鮭のふりかけとオリーブで頂く。
時には醤油を少々入れたりするのだ。
それは味の為と言うより香り付け。
醤油の香りは日本食の香り、それだけであさ〜の気分が溢れる。

 それから熱いお茶を飲みながら30分の音読が始まる。
今読んでいる小説は一週間前より読み出した。
リーダースダイジェストを3冊読んだ後手を付けたのだが、
その電話帳のように厚いペーパーバックに少々恐れをなして、
最初の2,3日はどうしようか迷いながら読んでいた。
なにしろ1250ページもある小説なのだ。
それに内容が私の興味あるものではない。

 それなら何故読んでいるかと思うでしょうが、
貰った本なのでくれた人への義理で読んでいる。
と言うのは少々違うが、
私の読書は読みたいものを読むと言うより有るものを読む。
元々ぼけ防止、英語の練習などの目的で始めた読書だ。
何でも読む事に意味が有る。と思っている。

 今読んでいる小説はあのベストセラー「将軍」を書いた作家
ジェームス・クラベルの作品である。タイトルは「Whirlwind」。
辞典で調べたら「つむじかぜ」だって。
これを読み切るまで何ヶ月掛かるか楽しみだ。

 30分の音読の後、本職である絵を描いた。
昨日描き始めた作品だ。結構良い感じで仕上がった。

 そして最後はニュースレターを書く。
この辺りから疲れが出たか仕事のスピードが落ちる。
なにしろ書く事が全部決まっていない。
半分ちょっと書いて次に書く事が無くなった。
試行錯誤しているうち、ちょっと息抜きとインターネットを始めた。
これが行けなかった。
他人のブログなどを読んでいるうち仕事気分が全く無くなった。
私の船はここへ来て沈没である。
今日は日記を書いてもう寝よう。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-27 13:41 | シニアの時間 | Comments(0)
2010年 02月 26日

尺、cm、インチ

c0053177_1215831.jpg


 朝から追加のマットを3枚切った。
日本へ送る作品用だ。
売り安いと言う理由で小サイズを中心に描いたのだが、
出来上がって見ると大きなサイズが断然見栄えが良い。
売る事より良い作品を見せたい気持が強く成って
大きなサイズを増やす事にした。

 前回マットを切った時cmの面倒臭さに泣かされた。
散々苦労して切った後で、将来の為にとcm物差しを買った。
初めから買えば良いものを馬鹿な私である。
くねくね曲がる巻き尺で必死に作業をしたのだ。

 私の人生で使う物差しの単位が3度も変わった。
子供の頃は尺だったものが学校へ行くように成るとcmに成った。
尺とcmは何年も兼用された。
そのうちcmが生活に沁み込んで何の苦もなく使うように成った。
と思ったら今度はインチだ。
今ではインチに慣れてcmの細さに気が狂いそう。
インチの大雑把に成れてしまったようだ。

 今回は立派なcm物差しを使ったので楽に切れた。
アメリカは随分前インチからcmに移行する事を試みた。
しかし、国民は頭が悪いのかやる気が無いのか大失敗。
このままインチが永遠に続くのであろう。
慣れてしまったので今更変わらなくても良いけどね。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-26 12:19 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 02月 25日

映画鑑賞

c0053177_450029.jpg


 指輪物語3部作全編をDVDで見た。
本編は勿論見応が有るのだがスペシャルフィーチャーのDVDが面白い。
映画製作
の過程が詳しく見れるので本編の理解にとても役に立つ。
それにしても凄い映画製作規模に驚く。
2年間で1部から3部まで一気に撮影するのも凄い。
普通なら1部の評判が良かったら2部を作ろと言いたいところだ。

 全部見るのに5日掛かった。1日1本のペースだ。
私が一番好きなのは最後の章。エンデングが良い。
夕陽の中に船が去って行くあれだ。

 最近は夕方4時頃からDVDで映画を見る癖がついた。
コレクションの数はまだ少ないが結構楽しめる。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-25 12:14 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 02月 24日

巨大過ぎ

c0053177_10212155.jpg


 写真一枚で容量が1.5MBだって。ダウンロードするのが怖い。
最近のデジカメはその性能が凄くて高画質の写真が撮れるだろう。
しかし、ダイアルアップで頑張っている私に巨大な画像を送るのは止めて、
と悲鳴を上げている。

 私は写真のプロではないから高画質とか気にしない。
勿論作品画像を撮るときはセットアップを少々高目にセットする。
取材のときの写真は質より数なので680ピクセルで画質はノーマル。
普段は高画質1025ピクセルにセットしてある。
作品写真もこれで取る。

 巨大な写真を開くのに15分も掛かったりする。
しかもモニターの画面から溢れているのでいっぺんに見れない。
右に寄せたり左に寄せたり。
上に上げたり下へ下げたり。
記憶ゲームをやっている感じ。
だって画像を移動している間に最初に見た部分を忘れてしまいそうだもの。
仕様がないのでフォトショップで小型に作り替え全体を見る。
そこで写真の実態が解明されたりする。

 写真がゆっくり開き始めると艶かしいピンクの肌が画面に広がった。
おお、ヌード写真。ダウンロード修了が待ちどうしい。
修了するや否や写真をフォトショップで小型にする。
わあ、、、無修正完全ヌード写真だ。
豚が餌を食べているクローズアップ。
てなことになるわけ。

 もっとも写真の容量の多さに文句言っていないで
インターネット接続のアップグレードを考えろと言われそうだけれど。
良いんだもん。ダイアルアップが廃止されるまで頑張るもん。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-24 11:04 | シニアの時間 | Comments(6)
2010年 02月 23日

緊張のレセプション

c0053177_922669.jpg


 案内カードを頂いたのでトーレンスのギャラリーへ水彩画個展を見に行った。
ギャラリーと言ってもフルートの販売修理を手がける店の一角。
商売は店舗の奥半分を使い、フロントがギャラリーと成っている。
フルート修理屋さんには大き過ぎるスペースを上手く利用したギャラリーだ。
広さも1人で展示会をやるにはちょうど良い。
何時もなら誰も居ない静かなギャラリーでゆっくり観賞したい私だが、
今回はレセプションの有る日曜日にした。
飲み物とスナックで昼食を浮かす魂胆である。(嘘)

 店内に入って一瞬緊張。
レセプションって雰囲気ではない。
大きなテーブルにスナックや飲み物が並び、回りにかしこまって座るアジア人の顔顔。
アーティストは中国系か韓国系らしいから当然ではあるけれど。
でもこの固い雰囲気の中テーブルに近付くのが怖い。
皆の視線が一気に私の指先に集まり何を取るのか見ている気がする。
シュリンプを取ったら怒られるかしら。
他人の晩餐に飛び込んだ気分。
お願いだから皆さん立ち上がって絵を見るとか会話を楽しむとかして欲しい。
小心者の私はシュリンプを横目で見ながらクッキーを2個程皿に乗せた。
それで作品の方はどうだったか、緊張のあまり覚えていない。(嘘)

 作品に対する私の感想は、案内のカードに載っていた作品が一番良かった。
それでも原画はプリントされたイメージよりくすんでいて少々がっかり。
印刷技術が良過ぎるのも困ったものだ。
内容は墨絵あり写実あり抽象画ありでいろいろ挑戦している。
基本的には水彩や墨でライスペーパーに描くスタイルらしい。
私も何時かここで個展でもやろうかな。
そんな思いを胸に直ぐ向かいに有るニジヤへ買い物に行った。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-23 09:29 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 02月 22日

ななんと、、

c0053177_801117.jpg


 小東京の通りに新しいパーキングメーターが付いた。
今朝、朝食会の後ヘクターに言われ初めて気が付いた。
今までのメーターとは違う不思議な形をしている。
市の良い財源だから気を使っているんだね。

「今度のメーターは小銭でもクレジットカードでも良いんだよ」
日本人街に住んでいるので町長と私達があだ名を付けたヘクターが言う。
「クレジットカード?」勿論冗談でしょう。私は笑った。

 ところが冗談ではなかった。クレジットカードも使えるパーキングメーターなのだ。
近くで確認するとちゃんとカードを差し込む空間もある。
その横にマスターカードとビザカードのマークも付いている。
このてのギャジェットは日本が進んでいるのでとっくに有るのかも知れないが、
私しゃ初めてだ。通りの駐車もクレジットカードの時代か。
恐れ入りました。

 その内ホームレスがクレジットカードを受け付ける日が来るかも。
「旦那、コーヒ飲みたいんだけど小銭恵んでよ」とホームレス。
「小銭ないよ」と私。
「じゃあクレジットカードでも良いよ。
 えっと,マスターカードかビザカード受け付けます」
「・・・」
なんてね。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。



c0053177_10114985.jpg
これがその新しいパーキングメーターである。
[PR]

by shinia62 | 2010-02-22 10:16 | シニアの時間 | Comments(12)
2010年 02月 21日

歓喜の叫び!

c0053177_0443345.jpg


 やった! 24位だぞ! 今までの最高ランクだ! 440人中24位だもん。
皆様の協力のお陰で遂に達成したこの快挙。ありがとうございます。
何の事かと言いますと勿論人気ブログランキング「北アメリカ」でございます。

 こんな遊びにこれだけ熱く成るのは初めてかも。
だってこの24位には特別な意味が有るんだもん。
それはブログランキングに記載されるブログタイトルの紹介文が20文字限定なのに、
25位から上に成るとそれプラス40文字増えるのだ。
つまりトータル60文字の紹介文が書ける。

 因に私のブログ紹介文は今まで20文字限定で
「危ないシニアのロサンゼルス1人暮らし。」
だったのが一気にこのように成ったのだ。
「危ないシニアのロサンゼルス1人暮らし。 水彩画家、そして
ハリウッドTV、映画エキストラ俳優でもあるシニアの華麗なる日々。」
日記読んでみようと言う気にならないだろうか。
私が成っても仕様がないけれど。私なら成る。

 理由が何であれ、これで書く意欲がもりもり湧くのだから安いもの。
どんな種類のパフォーマンスでも観客と一体に成る事で盛り上がる。
そう考えると、ブログは本人の頑張りプラス読者の参加が作る物なんだと感じた次第。
これからも読者の皆様の人気ブログボタンのクリックやコメントに
支えられ立派なブロガーに成ろうと心を新たにするシニアであった。

 何だこの日記は、選挙演説か?
まあ、それ程嬉しいと言う事なのでお許しを。

↓まあ,そう言う事なので下のボタンをクリック、私を男にしてください。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-21 04:12 | シニアの時間 | Comments(8)
2010年 02月 20日

最後の日

c0053177_12254272.jpg


(前日より続く)

 別れの朝2人は冷めた紅茶飲み干し,,♪

 今日はパームスプリングスの最後の日。
とは言っても朝食を食べたら直ぐロスへ帰る。
従ってここでする事は朝食だけ。
帰ってから仕事も少ししたいしね。

 N氏が朝食を奢ってくれると言うので喜んでごちそうに成った。
パームスプリングスの端に有る「ジョー」と言う店。
朝食ブリトーなるものを頂いた。
昨日もここで昼食を食べた。
それは昼食ブリートだった。
夜は行かなかったけれど夕食ブリトーもあるに違いない。

 満腹状態で帰途に着く。
こんなに食べたら昼食は要らない。
正午を少し過ぎて我が家へ到着。
パームスプリングスも良いけれどやっぱり我が家が一番。
仕事の前にまず昼寝、すかっと爽やか良い気分。
午後は作品制作に精を出した。

 正味2日弱の短い週末旅行だったけれど、
結構エネルギーを貰えた。
新鮮な気持で仕事に打ち込めた。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


The morning of our separation.
We swallowed the already cooled black tea...

It was the last day of my Palm Springs weekend.
It wasn't even a day,
because I left there as soon as I finished the breakfast.
I had some work to do when I got LA.
[PR]

by shinia62 | 2010-02-20 12:36 | シニアの時間 | Comments(2)
2010年 02月 19日

パームスプリングスの週末 2

c0053177_12301279.jpg


(昨日から続く)

 2日目のパームスプリングスである。
朝食はパンケーキとサラダ。
昨日N氏が「朝食は家で作ろう」と言った時
軽い気持で「パンケーキが食べたいな」と言ったら、
言い出しっぺの自分が作る事に成った。
不運にもキッチンを探したらパンケーキミックスが出て来て
言い訳も出来なく成った。
最後にそれを作ったのは随分昔だ。
本当に出来るのか。

 パンケーキは思ったより上手く出来た。
朝食を済ませアートショーを見に行く。
私もその昔このショーにブースを出した事が何度か有る。
しかしモーテルの宿泊代や高い場所代で儲けは少ない。
何時の間にか足が遠のいた。

 以前に比べブースが多く賑やかだった。
しかしながら、水彩画家の姿が無い。
パームスプリングスの住人は水彩画が嫌いなのだろうか。
ブースを出しても売れなければ画家達は戻って来ない。
そう考えると水彩画家の姿がないのは売れないからだろう。
この地の気候風土を考えると、
しっとりした水彩画より
色鮮やかな油絵が好まれるのかも知れない。
昔の水彩画仲間は何処で何をしているのだろうか。
 アートショーの後はN氏の買い物に付き合う。

(続く)

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


The second day of Palm Springs, we went to an arts and crafts show.
I used do this show my self for long time ago.
I didn't do good this one, so I stopped it.
[PR]

by shinia62 | 2010-02-19 12:38 | シニアの時間 | Comments(2)