ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 14日

A secret of writing

c0053177_9454535.jpg



 私の書いた英作文に次々と赤ペンが入る。そのN氏の手元を見な
がら何時かきっと素晴らしい英文で小説を書いてやるぞと心が燃え
た。夢だけは大きい私だが、それだけではどうにも成らない事もあ
る。

 実は、3週間程前からN氏に英作文を見て貰っている。一時にど
っさり見てもらうのは彼も大変だ。教えるのが商売ではないから、
そこまでやったら向こうは引く。それで1ページ弱の日記を書きプ
リントして食事などで会う時見てもらう。カレッジのクラスの様に
一行置きに書くので、実際は半ページの英文なのだ。だから一緒に
食事に出掛ける前などに2、3分で直してもらえる。一行置きに書
くのは赤ペンを入れるスペースの
為だ。

 アメリカ人で英語がぺらぺらでも英作文を教えられる訳ではない。
それは日本語でも同じ。一般人に英語について質問しても解らない
場合が多い。幸運にもN氏は書く事が好きで毎日日記を付けている。
日本人は日記を付ける人が多いがアメリカ人はそうではない。だか
ら日記を付けていると成れば、書く事が相当好きかそれを生業とし
ている人達だ。

 最近、英文書きが怖く無くなった。勿論間違いだらけだけれど、
それを恐れないのは進歩の証。おかしなもので物事は最初の一歩が
なかなか踏み出せない。そこを突破すれば結構楽になる。最近それ
が解って来て、書くのが億劫なときはまず一行書こうとコンピュー
ターの前に座る。それが出来たらその後は結構面白くなる。この心
理作戦は絵を描く時にも効果を発揮する。物事は最初の一歩が大変
なのである。

 ブログに書いている英文日記は、直接ブログに書き込んでいる。
推敲は殆どしていない。これをコピー&ペースとして自分で出来る
範囲の直しを入れる。その後プリントした物をN氏に見てもらう。
これが私の考案した英作文勉強法だ。

Noel was revising my paper.
One after another, he checked my grammatical errors with red pen.
While I was watching his busy hand,
I was dreaming that I would write good English someday,
and I would write novels in English.
At least, I could dream about it.

Noel has been helping my English writing for last four weeks.
He is not English teacher but he likes to write,
I believed that the enough qualification for instructor for me.

Recently, I noticed that I was not afraid to make a mistake.
Because of that, I write English more easily.
I think the hardest part of writing is the first sentence.
After that thing is much easier. I think.

This English diary is my first draft.
Then my trusted instructor Noel-san revises it for me.
[PR]

by shinia62 | 2009-12-14 10:27 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 12月 13日

Gold,,,,,,

c0053177_133118.jpg



 ドアを開けN氏がスタジオへ入って来た。椅子を勧める私を無視
する様にポケットから何かを取り出す。それはどんな素材で出来て
いるのか光沢を放す金色の小さな袋だった。彼はそれを仕事用のテ
ーブルの上へ放った。その衝撃で袋の上部を結ぶ紐が緩んで、中か
ら沢山の金貨が流れ出た。それらはテーブルの上で眩しく光る。
「ユダヤ人の祝日だからこれを上げるよ」N氏は言った。しかし、
ユダヤ人の祝日と金貨がどんな関係があるのか。どうして行きなり
私は金持ちに成るのだ。そう言えば私のもう一人の友達J氏はユダ
ヤ人で、この週末は祝日だと言っていた。


c0053177_1159751.jpg



 「あんたはユダヤ人か」私は彼に訊く。「そうではないけれど無
くなったパートナーがそうだった」。成る程。良く意味が解らない
ままテーブルの上の金貨を両手で抄う。その時だった。N氏が手を
伸ばすと私の両手の上で燦然と輝く金貨を一個つまみ上げると「ほ
ら、こうして剥がすんだよ」と私の目の前で金紙を剥がす。中から
出て来たのはチョコレートだった。なんだそうだったのか。金貨の
形のチョコレートなのか。良く見ると袋に小さなタグが付いていて、
それには金の文字でCoins of the worldと書かれていた。なんとも
人騒がせなお菓子である。

The front door opened and Noel Came in to my studio.
I offered him a chair, but he ignored it.
He pulled out something from his coat pocket instead.
It was a small bag. I couldn't figure it out that what it made of,
but a some kind of shinny material.

He threw it on the table.
When the bag hit the table, a string tied top of the bag loosened,
and a hand full of gold coin slipped out.
"This is Jewish holiday weekend, and this is for you." Noel said.
Did he give me money because of The Jewish holiday?
Why?

I scooped some of the coins with my both hands.
They were brilliantly shine in my hand.
Then, Noel's hand reached one of the coins on my hands and picked up.
"I will show you how to peel off the wrap" he said.
He took off the gold wrapping from the coin and it was a chocolate under neath.

Oh! they were chocolate.
I thought I was rich for a moment.
[PR]

by shinia62 | 2009-12-13 14:12 | シニアの時間 | Comments(2)
2009年 12月 12日

What kind of fool I am.

c0053177_12213044.jpg



 悔しいい。恨めしい。何たる不祥事。大バカな自分。取り返しの
つかない間抜け。えっと〜、これだけ? まだある。注意一秒怪我
一生。

 まあ、聞いてください。私の携帯はプリペイドなのである。毎回
100ドルで一年間1000分のカードを買う。その期限が来るの
は12月、つまり今月なのである。注意深い私は日付まで丹念に調
べその日を待っていた。別にその日でなくても良いのだけれど、こ
だわるのは私の性格かねえ。勿論カードは購入済みなのである。

 さて、その日が来て、いや、その日が過ぎて慌てて携帯をチェッ
クしたら、期限切れで全てがゼロに成っている。アアアアア、、、
大変だ期限前に更新したら前回残った時間が繰り上げに成るのに。
これだと駄目じゃないか、遅過ぎるじゃないか。時よ戻れ、、。戻
らない。

 私は電話をあまり使わないから前回分が650分程残って居たの
だ。つまりなんだ、65ドルの損失である。もっとも1年で100
0分を使い切らない私だから支障はないのだけれど、損した気持に
変わりはない。来年の12月にこの恨みを晴らしてくれようぞ。
「早く来い来い来年のお正月〜♪」

What kind of fool I am.
I have down a such stupid thing.
Let me tell you what I have down.

I have been using a prepaid cell phone.
I buy $100.00 prepaid card for one year and 1000 minutes calling time.
And expiration date is December 10 th.
I am a such careful person, I got the card long before the expiration date.
However, I decided to wait for refill until one day before the date.

The day came, and before I realized that the day had gone.
When I checked my cell phone, it was too late, the remaining minutes has disappeared.
If I refilled it before the date my remaining minutes would be added to new account.
I had 650 minutes left in old account.

Damn! Damn! Damn!
I will never forget this defeat and I will take revenge on this next year.
I can't hardly wait for that.
[PR]

by shinia62 | 2009-12-12 12:59 | シニアの時間 | Comments(8)
2009年 12月 11日

Visiting of Friend

c0053177_9333782.jpg



 閑静な住宅街の通りに車を停めた。通りの駐車サインを注意深く
確認する。不注意に停めて駐車違反チケットを切られたら悔しい。
通りのナンバーを見る。F氏の家はこの辺りに違いない。家の番号
は直ぐ見つかったが、白い小さなフエンスには家の裏庭に続くよう
な木製のドアがあるだけだ。普通の家の表玄関の様子ではない。そ
の辺りを歩いて見るけれど、入り口らしいものはそこしかなかった。

 フェンスのドアを開け中へ入る。玄関は何処かと奥へ歩き始めた
時、後ろから声がした。フェンスを入った直ぐ左に家の表玄関があ
ったのだ。沢山小さなプランターが下がっているので気が付かなか
った。声の主は勿論F氏で私達は笑いながら挨拶する。
 結構古い家らしく、居間を始めどの部屋もこじんまりとしている。
古き良きアメリカを思わせる雰囲気の室内であった。居間の一角に
は可成り大きなクリスマスツリーが飾られていた。オレンジ色のイ
ルミネーションがもみの木全体を覆い暖かい光をきらめかせている。

「なるほど、入り口はこっちでしたか」外でうろうろしていた自分
を恥じる様に私は言った。勧められてソファーに腰を下ろす。水彩
画の話題になり彼の作品を何点か見せてもらう。水彩画仲間なので
どうしても話題はその事に成る。1時間あまり会話を楽しんでから、
今回の目的である処分したい古本を見せて貰う。その中から何冊か
の興味深い写真集や小説などを一抱え頂いた。写真集には昔の懐か
しい物があり楽しめそうであった。正午少し前、彼の家を後にした。
[PR]

by shinia62 | 2009-12-11 10:12 | シニアの時間 | Comments(4)
2009年 12月 10日

Watercolor Class

c0053177_13295450.jpg



 今日はF氏宅訪問の続きを書く積もりだったのだけれど、
寒くて指が動かない。と言うのは嘘だけれど。
気分が乗らないので明日にでもと思っている。

 今日は水彩画クラスの日であった。
新しくやって来たアメリカ人生徒のお陰で
良い意味のエネルギーが教室に流れる。
絵のスタイルが今までこのクラスにはなかった大胆なのも良い。
私がこのクラスを教え始めた頃私の描き方に大いに混乱した生徒達も
もう慣れっこでばたばたしない。
これは大変良い事だ。
今までは狭い教室の中で同じスタイルの絵しか見る機会が無かったから
大きな筆で勢いよく描くスタイルに驚くのも無理はない。

 寒い日ではあったが教室内は熱気で熱かった。
ちょっと誇張し過ぎかな。
[PR]

by shinia62 | 2009-12-10 13:44 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 12月 09日

Watercolor Artist F

c0053177_114041.jpg



 クリスマスカードの季節ですね。
昨日今日とカードが届いてその事に気付いた次第。
その中の一枚は毎年頂いている水彩画家のF氏からのものだった。
中を開いたらカードの中に小さなメモが入っていて、
机の上にヒラヒラと落ちた。
読んで見ると
「随分前にお話しした処分したい書籍の事ですが、
何時頃来る事が出来ますか」とある。
何の事かと暫く考えた。

 そう言えば随分前に確かにそんな話しをした事が有る。
その時私はこちらから連絡します。
そんな返事をした。
そしてその後すっかり忘れていたのだ。

 又忘れては困るのでその場で彼に電話をした。
お互いのスケジュールを話し合った結果
明日の午後に伺う事に成る。
彼とは良く小東京や他のアートショーで会い水彩画の話しで盛り上がった。
しかし彼のお宅へ伺うのは初めてである。
最近は寒くて家での仕事に手が付かないでいる。
気分転換にちょうど良い機会である。
インターネットで住所を確認、早々とベッドに入る。
寒い日は寝るに限る。

I received two Christmas cards today. It's reminds me that Christmas is almost here. When I opened one of the cards, a small memo fell down on the desk. It was the card from my artist friend, it said "You are suppose to come over and pick up some old books I offered you some time ago, and I am still waiting. " For a moment, I didn't know what he was talking about, and then I remembered that indeed we talked about something like that.

I didn't want to forget it again, So, I called him immediately and we arranged to meet next day. I checked the location of his house and went to bed. It was a good thing to have something to start a day.
[PR]

by shinia62 | 2009-12-09 12:31 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 12月 08日

Paintbrush Talk

c0053177_10313429.jpg



 今日の作品は新作です。
10月末の取材旅行で仕入れた題材から描きました。
人物と犬、これは良い題材に成るぞと沢山写真を撮ったのだけれど、
気に入ったのはこれだけ。
題材探しって難しいですね。
プロだから良くない題材から良い作品を描けと言われそうだけれど、
人生そう甘くはありません。

この作品だって元のイメージのままだと面白くないので
私のセンスであちこち変えて描いているのだ。
結果はとっても気に入っています。
そしてモデルに成ったN氏がこの作品を直ぐ買ってくれたので。
増々気に入りました。
[PR]

by shinia62 | 2009-12-08 11:47 | Comments(4)
2009年 12月 07日

The Contact

c0053177_12464572.jpg



 以前なら同じ映画を何度も見るなんてバカバカしいと思っていた。
しかし一度目より二度目、二度目より三度目と理解が深まることだ
ろう。もっとも私の場合は物忘れが酷くなっていて、同じ映画を三
ヶ月後に見れば初めてみたいに新鮮なのかもしれない。とにかく最
近は同じ映画を何度も楽しめる便利な体質に成った。笑

 今日の朝食会で仲間のG氏がビデオを貸してくれた。前に会った
時、映画「コンタクト」の話になり、彼がビデオを持っていると言
うので、私がもう一度見たい映画だと言ったのを覚えていたのだ。
本人はすっかり忘れていたので嬉しい驚き。

 家へ帰ってから早速視た。以前に見た時もビデオだったと思うが、
その時気が付かなかった発見が有った。それは映画の後におまけ映
像が入っている事だ。普通私は映画が終わりクレジットが始まる時
点でビデオを止める。今回はじっくり見ようとテレビの前に陣取っ
て予告編から見ていた。そこに「映画の後におまけ映像が有ります」
の報告が出た。それで私は、映画の終わりのクレジットを早送りし
て、おまけ画像を楽しんだと言う訳。凄く得した気分。勿論映画も
楽しみましたよ。
[PR]

by shinia62 | 2009-12-07 12:50 | シニアの時間 | Comments(2)
2009年 12月 06日

Just Another Saturday

c0053177_8174979.jpg



 寒い!このままの天気が明日も続くと言う事なので小東京は中止だな。
私は寒いのが大嫌いなのだ。
昨日はスタジオで絵が売れたし、明日はのんびり絵でも描くか。
それに、今読んでいる小説が佳境に入って目が離せない。

 
[PR]

by shinia62 | 2009-12-06 08:32 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 12月 06日

Sizzler Again

c0053177_257670.jpg



 N氏と昼食。今日のN氏はアメリカ人の方。
場所は何処でも良いと言うので又シズラー。
本当にセンスのない私だ。
まあ、食べ放題だし、好きなものだけ食べれば良いし、
程々に美味しいし。私に異存はないのだよ。

 N氏には英作文を時々見てもらう。
彼に会うときは1ページ弱の英文を用意しておく。
沢山あっては彼が嫌になるだろうから、
お茶を飲みながらちょいちょいと直せる量。
この気遣いが大切なのだ。
親切心で教えてくれるのだから重荷にならないようにね。

 その延長戦で、来年日本旅行をするN氏に
簡単な日本語レッスンをする事に成った。
彼はスペイン語も勉強していて結構本気で習いたいらしい。
さて、その結果はどうなりますか。
[PR]

by shinia62 | 2009-12-06 03:24 | シニアの時間 | Comments(2)