ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

食欲と性欲

c0053177_1123194.jpg


 日本語テレビのバラエティー番組は食べることばっかり。
どっちの料理ショー、おにぎりあたためますか、黄金伝説
その他多数の食べ物番組。
歳のせいか夜は何もする気がしなくてそんな番組をよだれたらして見ている。
結構面白いと言うか食欲をそそられる。

 どの番組だったかタイトルを思い出せないけれど
大食いをする番組もあった。
可愛い顔をした可憐な女の子が、恐ろしい量の料理をばくばく食べる。
それらが一体あの身体のどの辺りに溜まっているのだろうか。
「いくら食べても美味しく食べられる」と言いながらにっこり。

 食欲、性欲は動物の本能。
これらを扱った番組は視聴者が多いのだろうね。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2009-07-31 11:12 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 07月 28日

悪夢が、、、

c0053177_612584.jpg


 一年振りに成るのかな定期健康診断に行った。
医師による簡単な身体検査が終わり、
採血の為に一階のラボへ行く。
その日は凄く混んでいた。
受付が終わり番号を貰う。
天井近くの壁にある電光掲示板に自分の番号が出たら
採血ルームに入る。
掲示板の番号は22である。そして私の番号は55番。
何時間も待たされるのか。

 待ち時間は予想よりちょっと短かかった。
それでも1時間半余りは待っていた。
ようやく55番が点滅して喜んで採血ルームへ入る。
しかし入り口で私の足が凍り付いた。
カウンターの中では3人が採血しているのだが
その中の一人はあの恐ろしい経験をした
アジア系おばさんだった。なんで?

 1年程前のあの事件からラボで彼女を見る事が無くなっていた。
きっと私と同じ経験をした患者が沢山いて
病院側に報告したのかもしれない。それで他所に回された?
真実はともかく居なくなってホッとしていたのだ。
なのに彼女は戻ってきた。
そして運の悪い私は彼女に当たる。

 覚悟を決めてクールを装う。
おまけにスマイルまで追加して彼女の前に座った。
しかし彼女の様子が以前と違う。
あの自信満々でごり押しの態度が無くなった。
落ち着いて静かに作業を始める。
姿が見えなかった1年間に再訓練したのだろうか。
ミニ試験管(?)4本の採血はスムーズに終った。

 私の血管が破れて血が噴き出し「やめてくれ〜!」
と叫んだ一年前の出来事が嘘のようである。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-28 06:13 | シニアの時間 | Comments(8)
2009年 07月 24日

HDTVの効果

c0053177_23312062.jpg


 デジタル放送が始まってチャンネル数がどっと増えた。数多くの
チャンネルで最近見つけたCreate チャンネルが良い。ガーデニン
グ、料理、パッチワークなどの工芸教室が目白押し。もっとも私が
嬉しいのはそのチャンネルの「水彩画の描き方」「油絵の描き方」
などの番組だ。水彩より油絵の番組に良い画家がいて楽しみにして
いる。手際良く仕上がる作品を見て油絵をやってみようかなどと思
ったりする。現実にそんな事はないだろうけれど、見ているだけで
わくわくする。

 私のクラスの生徒によると、深夜にもそんな番組が有るそうだ。
私は早寝早起きの人なのでプライムタイムの番組しか見られない。
それでも週三回の絵の描き方教室を楽しんでいる。水彩画が沢山あ
ると良いのだけれど、今見ている水彩画の講師は私の好きなスタイ
ルではないのが少々残念。今のところ油絵が週二回、水彩画が週一
回。油絵でも絵の基本に変わりは無く勉強になる。講師が変わる事
もあるらしいから、その辺りも楽しみだ。いろんな人の作品を見る
のは刺激になるしね。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2009-07-24 23:58 | シニアの時間 | Comments(4)
2009年 07月 24日

でも、、

c0053177_320156.jpg


Original Watercolor
Title: Cleaning Man
Image size: 15”x 22" With mat : 20”x 28”
Price: $580.00+Shipping Fee.

 水彩画クラスはデモの日であった。
時間があると題材をじっくり準備するのだが
朝から慌ただしく過ごしていて題材を決めるのがやっと。
先日植物園で撮った写真を使う事にしてクラスへ行った。

 夏のバケーションシーズンのせいなのか
出席者が少ない日であった。
生徒は6人。
イーゼルをセット筆を揃え水を用意してデモが始まる。
紫の「リリー・オブ・ザ・ナイル」と言う花と
岩のコンビネーション。
30分程度の時間でまとめるには題材が複雑、
ポイントだけを描いてみせる事にした。

 いつもは好きな時に描き好きな時に止めといった
のんびりムードで描いている。
だから短い時間に作品をまとめるのは自分にも良い訓練になる。
デモを終えて頂いたお茶の美味しい事。
外は暑いけれど室内はエアコンで寒い程だから
熱いお茶はホッとする。

 来週はクラスがないのでのんびりだ。
大作に取り掛かるか。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-24 03:22 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 07月 22日

筆記体

c0053177_881886.jpg


Original Watercolor
Title: Cherry Blossoms
Image size: 15”x 22" With mat : 20”x 28”
Price: $680.00+Shipping Fee.

 先日J氏が遊びに来た時だった。
私のタイプされた英作文を見せながら話しているうち
話題が手書きの英語の事になった。
気が付くと私は何時の頃からか筆記体を書く事が無くなっている。
手書きの英語は読みやすい事もあってプリント書きだ。
慣れるとそれで結構早く書ける。

 ところがJ氏が言うには
正式な手書きの文書は筆記体で書かなければ成らないとか。
昔は私も英語の手書きは筆記体と思っていた次期もある。
もっともその時期は英文など殆ど書いていなかったけれど。

 それならばこれから筆記体で書こうではないか。
一時英語のカリグラフィーを勉強した事のある自分だ。
書き始めたらすぐ慣れるだろう。
ところが、始めてみると結構書き方を忘れている。
全ては頭に入っていると自信が有ったのだけれど
その自信は一気に崩れた。

 悔しいけれどインターネットで筆記体の書き方を調べた。
殆どのアルファベットは記憶道りだったけれど、
大文字のGだけは見本を見た後もどうしてこうなるのと
悩んでしまった。
もっとも実際に書いてみると成る程と気が付くのだが。

 次の週末J氏が来た。
私はあれから筆記体を毎日書いている。
英作文の練習の一つとして
小説を手書きでノートに移す訓練をしていたのだが、
それをプリント書きから筆記体に変えた。
そのノートをJ氏に見せたら
「う〜んこれは、、、」と否定的な雰囲気。
本人は自信満々だったので多いに不満で顔が曇る。
「どこかおかしい?」

「上手過ぎるよ」
「・・・・???」


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2009-07-22 08:11 | シニアの時間 | Comments(6)
2009年 07月 21日

やった、、、!!!

c0053177_22443789.jpg


Original Watercolor
Title: Chapel
Image size: 11"x 15" With mat : 16"x 20"
Price: $500.00+Shipping Fee.

 二週間振りの小東京で奇跡が起こった。
先週末は小東京の商売を休んだし、
その前の連続三週末は絵が売れなくて場所代ばかりが加算でいた。
それでも元気でやって来る楽観的な私だった。
そんな健気な私を神が見捨てる訳はない。

 この日は気合いを入れてデモをやった。
日曜日の午前中は人通りが殆ど無い。
噂では、人々は教会へ行くのだとか。
仏教徒もお寺参りをするのだろうか。
訪れる人もないブースでとにかく絵を描く。

 そして午後に成ったら客がぼちぼち足を止め出した。
小さなオリジナルが売れたりして元気になる。
結局オリジナルは3点売れた。
しかも中の一点は大きなサイズで、
伝票を切るてが震える。

 こんな日があるから
売れない日が続いてもこの商売は辞められない。
よっしゃ、どんどん作品を描きまくるか。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2009-07-21 22:49 | Comments(4)
2009年 07月 19日

青空の下で

c0053177_625635.jpg


 朝起きたら訳の解らない不安な気持ちに駆られる。
この気持はなんだろう?
一日中これじゃあやり切れない。
家で不安がっているよりさんさんと輝く太陽の下で汗を流そう。
どこへ行こうか。
以前から考えていた水彩画題材の取材をしよう。

 行き先はサウスベイ・ボタニカルガーデン。
家に割と近いし便利だ。
開園時間を調べたら朝9時からやっている。
時計を見ると9時少し前。
着ている物を取り替えもせず、財布と小銭をポケットに押し込む。
入れたばかりのお茶を放ったままで外へ出た。
車の中で顎に触ったら、髭を剃るのを忘れていた。
良いのだこれで、自然の中を歩くのだから自然に行こう。
これだけで気持がぐんと軽くなる。
デジカメのセッテングを写真枚数本位に設定して
バンバン撮りまくってやるぞ。

 「シニア一枚」そう言って入場切符を買う。
歳を取るだけでちょっとVIP気分に成れるのが嬉しい。
こればかりはスキルも何も要らない。
単に歳を取れば良い。

 ガーデンは入り口付近がいつも忙しい。
その辺りが遊ぶ場所があり、
花々も一番豪華な場所なのだから当然なのだ。
そこでバンバン撮影して、それから奥へ移動。
だんだん人影が少なくなって、直ぐに私だけになる。
時々作業員を見掛けるだけで静かだ。
以前はあまり見なかったカラスが多い。
カーア、カーアと煩い事。静に歩き回りたいのに。まったくう。

 何の花なのか甘い香りが漂う。
池の回りを歩くと岩の上で日向ぼっこの亀達が
一斉にドボン、ドボンと池に飛び込む。
殆どは20センチ程だが、中には結構大きいのも居る。
池の反対側へ回ると、岸辺の木陰で鴨達が寛いでいる。
茶色の雌ばかりで絵に成りそうもない。
濁った池の水だから白いアヒルにして欲しい。
それならコントラストがきりっと出て感動するのに。

 ガーデンの一番奥を歩き回り、それから入り口付近に戻る。
小学生らしい一段が何組か先生らしい大人を囲んでいる。
子供の恐るべきエネルギーに付き合う先生も大変だ。
適度な雲を散りばめた南カリフォルニアの空、
素晴らしい外出日和であった。
帰り道で頂いた昼食は、いくら御飯とラーメンセット。
美味い!! 

 今朝の不安な気持は吹っ飛んで欠片もない。
あれは何だったのか。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-19 06:04 | シニアの時間 | Comments(2)
2009年 07月 17日

おやつ

c0053177_841686.jpg


暑い日が続いているので
涼しい北海道の白樺風景をどうぞ。

アメリカへ来た頃、
食事の後に出る甘いものがどうも苦手だった。
それが今では慣れてしまって、
無いと物足りないと思ってしまう。
慣れって恐ろしい。

同じ甘いものでも果物なら身体に良いかと
ぶどう、サクランボ、イチゴなどを
食事の後とかお茶の時間に食べたりしている。
そう言えばお茶を飲む時何かを食べる習慣と言うのも
以前はなかったような。

田舎ではお茶に漬け物なんて大人達が多かった。
甘いものが周りにない環境だったからね。
私もお茶と漬け物大丈夫だけれど、
どちらかと言われたらクッキーやケーキが良い。

どうでも良い様な事書いているけれど、
最近スナックについ
てまじめに考えている私なのだ。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-17 09:03 | シニアの時間 | Comments(4)
2009年 07月 14日

突然に

c0053177_919180.jpg


Original Watercolor
Title:Apples and Bananas
Image size: 11”x 15" With mat : 16”x 20”
Price: $500.00+Shipping Fee.

ロサンゼルスは突然暑くなった。
外よりは格段涼しい家の中だけれどぐったりしている。
こんな日は食欲もないから夕食は冷たいざる蕎麦にしよう。
いつもやっている柔軟体操は休みにしよっと。
などと、さぼる為の理由はすぐ見つかる。
それでもこまごまと用事を済ませているのだよ。

車をオイルチエンジのためガレージへ持って行く。
最近あまり運転しないからオイルチエンジの頻度が減っている。
そんな訳でいつも世話になる日本人メカニックともご無沙汰だ。
暫く振りに有ったら、
「最近血圧が高くて薬を飲んでるよ」と言う。
いくつくらいか解らないけれど、
私より少し若い程度かな。
私も負けずに
「コレステロールが高くて薬飲んでます」と
病気自慢に花が咲く。
シニアともなれば身体の故障が始まる。
車の様に簡単に部品を替える訳にも行かないし、
薬を飲む事になるのだね。

オイルチエンジが終った車で銀行へ直行。
車の保健、家賃、クレジットカードの支払いが集団でやって来た。
金を入れなくては支払いの小切手も切れない。
5時の閉行時間ギリギリ間に合った。

こうして今日も無事終わる。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-14 09:42 | シニアの時間 | Comments(0)
2009年 07月 13日

R氏

c0053177_22585540.jpg


Original Watercolor
Title:Azalea
Image size: 11”x 15" With mat : 16”x 20”
Price: $500.00+Shipping Fee.

 若い黒人ダンサーが狭いステージで踊っている。その異常に柔ら
かい身体がまるで骨間接のない生き物の様にくねくねと動く。床に
へばりつく様にうごめく細い身体から視線が話せない。やがて音楽
は軽快なテンポに変わる。特にフアンではない私の耳にもそれがマ
イケル・ジャクソンの曲だと解った。曲に合わせて立ち上がったそ
のダンサーの衣装があのマイケル・ジャクソンそのままだった。ム
ーンウオークを始めマイケルより上手いのではないかと思えるダン
スが続く。

 R氏が取るシアタークラスの学期末演技発表会での事である。あ
る長編の詩をステージショーとしてこのクラスのインストラクター
が書いたものだ。30分歩程の演技がリズムカルに続く。このカレ
ッジのある場所柄、クラスの生徒は全員黒人その中でただ1人の日
本人でしかもシニアのR氏が頑張っている。私より10歳若いとは
言え彼のエネルギーは凄い。最初から終わり迄息も付かせぬリズム
リズム。一瞬の油断も許さぬタイミングが勝負の舞台だ。なにしろ
生まれつき身体に組み込まれたような黒人のリズムと共演だ。ヒッ
プホップの若者に混じって着物姿の日本人のおじさんがコミカルに
動く。R氏は凄い。さすがコマーシャルを何十本も取っている売れ
っ子だ。

 R氏は私をそのクラスに入れようと勧誘に力を入れている。しか
し彼の凄い演技を見せられたら尻込みするぞ。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-13 23:08 | シニアの時間 | Comments(2)