ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

抽象画展終る。

c0053177_6132074.jpg


 抽象画作品展が終わった。サンゲーブルまで作品を引き取りに行
く。出品作品が合計28点で、その内10点が何らかの賞が頂ける
と言う。みんなが幸せに成れる作品展なのだ。

 ギャラリーに着いたら半数以上の作品が早くも取り払われていた。
早めに来て作品を楽しもうと思ったのにとんだ計算違い。他のアー
ティストは何時取りに来たのだろうか。お陰で楽しみにしていたベ
ストオブショーの作品を見損なった。知人のS子も2等賞を取った
と聞いていたけれど、その作品も見れなかった。

 私はどんな賞を取ったか。なんにも取れなかった。作品展は参加
に意義あり、賞など要らないさあ、、、でも、、、(号泣)。審査
員がたった1人なので、彼の趣味に合わなかったと慰めよう。

 サンゲーブルへ行ったら必ず寄る東京ロビーで昼食をした。鮭の
焼き魚と天婦羅である。ここの食事は美味しい。これだけでも長い
ドライブの甲斐がある。

(今日の作品:最近の作品。久し振りに抽象画を描いた。タイトル
「Sound of Valley」)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-31 06:17 | Comments(8)
2008年 08月 30日

便秘いや〜ね。

c0053177_05520.jpg


 昨日の水彩画クラスに刺激され朝から絵を描いた。このところ気
持が浮ついていて絵筆を持っていない。やはり絵を描くのって良い
なあ。気持が落ち着く。題材は以前に一度描いた事のあるヨセミテ
風景。最近取材をしていないので新しい題材が無いのだ。

 午後は健康診断。便秘気味でガスが溜まるので調べてもらう。長
い間まともなうんこが出ていない。細切れだったり下痢気味だった
り。診断の結果はもっと水を飲む、繊維質の食物を多く取る。など
など。一日コップ6杯の水を飲みなさいと言われた。意識して水を
飲む様にしているけれど、実際どれだけ飲んでいるのか解らない。
殆ど使っていない水入れを見つけた。偶然にもコップ6杯の水がき
っちり入る。毎朝これに一日分の飲み水を用意する事にしよう。

(今日の作品:看板仕事をしていたときの作品。完成図を水彩画風
に仕上げたもの)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-30 00:07 | シニアの時間 | Comments(4)
2008年 08月 28日

水彩画クラス


c0053177_11472594.jpg 


 水彩画クラスはケン中岡センターの2階。今日がこのクラスを手
伝い始めて2回目。前回より生徒が多くて賑やか。私は生徒の間を
回って質問に答える。時には必要に応じデモをやってみたり。とて
も楽しいクラスだ。全員が元気なおばさん達なので和気あいあい言
いたい事を言い合う。でも中には繊細な人も居る。生徒の性格を把
握し、各々にあった教え方をしなくてはならない。それを間違える
と中にはクラスが嫌に成る生徒も出てくる。今日はそんな事に気が
付いた。

 日本人ばかりなので気が楽。言葉が無くても理解し合える部分も
有る。同じ文化を持つ者同士ってこんなに楽なんだなあ。クラスの
最後に生徒のリクエストで花の絵のデモをやる。このクラスで教え
る訓練を積み、将来水彩画教室を始めようかなあ。などと思ったり
する。

(今日の作品:お絵描き教室の作品「コスモス」再利用)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-28 11:49 | Comments(6)
2008年 08月 26日

ハリウッドで

c0053177_11292193.jpg


 ハリウッドまで用事があって行った。通りに車を停めメーターに
2時間分のコインを入れる。ところが用事は30分も掛からなかっ
た。せっかく2時間確保した駐車料金を無駄にしたくない。丁度昼
時なのでハリウッド通りで昼を食べる。店先に焼き鳥の提灯を下げ
た、日本食もどきの食堂へ入る。寿司だとか巻物だとかメニューが
有るけれど、こんなところで日本食頼むとがっかりするので、無難
にチキン照り焼きランチ。ところがこれが可成りの外れ。チキンが
べたべたしていた。照り焼きソースも味が無い。もどきレストラン
だから期待はしていなかったけれど、それ以上のダブる期待はずれ
にがっくり。

 昼食後まだ時間が有ったのでハリウッド通りを歩いてみた。チャ
イニーズ・シアターの前までゆっくり歩く。もっとも観光客をかき
分けて歩くので早くは歩けない。ヒット映画のキャラクターが通り
のあちこちに居て観光客と記念写真を撮っていた。どれも子供騙し
程度のものだが、パイレート・オブ・カリビアンの主役のキャラク
ターはなかなかそれらしかった。

 それらを見ながらある事を思い出した。ハリウッド通りのヒット
映画のキャラクターの中には恐喝紛いの者も居て。観光客に無理に
写真を撮らせ金を取っていた。なんて事が問題になった事があった。
マスクを付けているのが多いので犯罪には理想的な条件。正規にや
るには何らかの許可が要るのだと思うが、手っ取り早くジェイソン
のマスクを付け「金を出せ」とかやっているのも居るのだろうか。

 月曜日の昼間だと言うのに人が一杯。さすが世界のハリウッド通
りだ。

 ハリウッド通りでこんな店を見つけた(トップの写真参照)。こ
れはもう限りなく怪しい店。なんだろう?
[PR]

by shinia62 | 2008-08-26 11:30 | シニアの時間 | Comments(10)
2008年 08月 24日

スイカ

c0053177_1113012.jpg


 先日頂いたスイカを真ん中からパンと切る。その中は予想を遥か
に超える美しさ。見慣れたスイカとは違う皮が薄くて真っ赤な果肉。
何と言う種類なのだろう。割と小柄な外観を見た時、田舎で作って
いたスイカを思い出し、このサイズだと未熟の出来損ないだなあな
どと考えていた。未熟なのは私の知識の方だよね。2つ切りのスイ
カを大型スプーンでがばがばっとすくい口に運ぶ。うま〜い。あま
〜い。

 好きなだけ食べて残りは冷蔵庫へ。こう言う荒々しい食べ方が美
味しくて涼しく成るのだよね。

 ある雑誌かラジオのニュースで「スイカにはヴァイアグラに似た
効果がある」と言っていた。それがほんとうなら嬉しい話しだ。こ
れから毎日おやつはスイカをモットーに頑張ろう。午後にシャワー
を浴びた時、あの辺りがざわざわしていたのは、昼に食べたスイカ
のせいかなあ。なに? スイカのせいではない、気のせいだ。
[PR]

by shinia62 | 2008-08-24 11:03 | シニアの時間 | Comments(10)
2008年 08月 22日

Call back

c0053177_11172080.jpg


 バンク・オブ・アメリカのオーデションからコールバック(二次
審査?)が来た。暫くぶりのオーデションで即コールバック、率直
に嬉しい。午後3時半のコールタイムだ。最近の私はオーデション
のエキスパート気分でのんびり。とは言えそれは回数だけの話し。
早く仕事のエキスパートになりたい。

 最初のオーデションでは和気あいあいな雰囲気で楽しかったけれ
ど、コールバックともなると張りつめた空気が流れる。みんな一応
にニコニコ話しているけれど、身体からは張りつめたオーラが発ち
こめる。などと思っていたのはどうやら自分の緊張のせいらしく、
気を緩めて隣のおばさんと会話を始めた頃から心の余裕が出て来た。
演技クラスで習った柔軟体操を始めたりする。此れをやると身体が
暖まって脳や筋肉の働きが良く成り、演技に集中出来るのだとか。

 この役は4人一組でシニアの観光客を演じる。コールバックでは
シニアのグループが3組居る。つまり12人の中から4人が選ばれ
る。内訳は男女半々。アジア系は私1人だ。こうなったらアジアを
代表して頑張ろう(バカ)。

 私達の番が来て部屋の方へ。その時点で私は自分が観光客だと自
己暗示を掛けた。浮き浮きしながら部屋へ入る。部屋の左にひな壇
が有り、そこには制作関係のお偉方が陣取っていた。数える余裕は
なかったが8人以上は居たような。

 床に青色のテープが張られ、私達4人はそこへ並ぶ。カメラを操
作する男が私達の演技に指示を出す。最初にカメラに向かって名前
を言い、予め与えられた台詞を言うのだ。この瞬間が仕事を取れる
かどうかの分かれ道になる。この何秒かの間に自分をアピールしな
ければ成らない。お偉方の脳裏に何かを焼き付ける。

 私は短い台詞におどけた感情を入れ、ボケの入った表情でカメラ
に話し掛けた。それに反応したお偉方の笑い声が聞こえる。やった。
オーデションで相手の反応を勝ち取るなんて初めての事だ。この仕
事を取れるかどうかより将来に光が見えて来た。部屋へ入るときの
演技の浮き浮きではなく、心から浮き浮きと家路に着いた。

(今日の作品:久し振りに新作です。「睡蓮」)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-22 11:20 | はりうっど、ハリウッド | Comments(4)
2008年 08月 21日

水彩画クラス

c0053177_21212260.jpg


 先日展覧会を見に行った水彩画クラスだが。そこの先生が老いた
母親の世話で日本へ帰ってしまった。帰る前に「生徒達がクラスを
続けるので、時々遊びに行って見てやってください」などと言うの
で、私も軽くそれは面白そうだと引き受けた。

 今日がクラスのある水曜日だった。遊びに行く程度だからと、わ
ざと時間に遅れてのんびり出掛けた。言われた言葉を鵜呑みにする
のが私の良いところ。

 クラスの場所を見つけるのに少々迷う。やけに立派なビルの中だ。
しかもその部屋の使用料が凄く安い。市の建物らしい。そこで初め
て知ったのだが、先生はこちらの家を引き払い日本に帰ってしまっ
たらしい。永住権が切れないよう時々アメリカに来る意外は日本永
住になる。そんな事を生徒に聞かされた。それじゃなにかい、遊び
に言って見てやってくださいってのは、私にクラスを押し付けて帰
って行ったって事。どうでも良いけどクラスはなかなか楽しかった。

 こうして外からの力で私の暮らしは徐々に変えられて行く。人生
って面白いですね。

(今日の作品:自分にとっても懐かしい初期の作品。本当に絵描き
に成るとも思わず趣味の段階でした。近くの公園で描いたものです。
無題)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-21 21:25 | シニアの時間 | Comments(2)
2008年 08月 20日

準備

c0053177_1210374.jpg


 9月からクラスが始まるWLCカレッジへ駐車場の申し込みに行
った。同時に写真入りのIDも出来た。そのカードを目の前にかざ
し、暫し眺める。次いでにクラスの場所を確認した。私のクラスは
2つだけ。火曜日は最初のクラスの15分後に次のクラスが有る。
移動をスムーズにする為の事前調査である。

 いよいよ私の学園生活が始まる。若い頃、学園生活に憧れを抱い
た時期も有る。そんな気持が薄れた今、意外な方向からこうして学
園生活が始まる。人生って面白いものである。

(今日の作品:昔々に描いた作品「黄昏」)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-20 12:18 | シニアの時間 | Comments(8)
2008年 08月 19日

二世週祭 2

c0053177_11583236.jpg


 二世週とは言え昨日は殆ど普通の日。今日はパレードがあるので
祭りらしく成る。其の為、通りは午前11時以降駐車禁止の看板が
出ている。なのに何と不注意な人が多い事か。11時過ぎても駐車
している車が3、4台。違反チケットにレッカー車の牽引料と罰金
が高いのに。気の毒に思う前に、通りへ駐車するときは看板ぐらい
読めよと言いたく成る。

 以前私も勉強した墨絵クラスの展示会が文化会館でやっている。
まだ静かな朝のうちに遊びに行った。講師のおばさんもうんと歳を
取って、時の流れを感じる(笑)。それだけ私も歳を取った訳だ。

 今日は知り合いも何人か遊びに来て楽しい一日だった。しかし午
後遅く始まったパレードの人出が少ないのに驚く。お陰で店終いが
楽だった。日系人は他のアジア人に比べ団結力が無い。「日本人街
なんてなによ、フン」ってな日本人や日系人が多い。もっとも仕事
だから来る私だが、そうでなければ「日本人街が何よ」などと言う
1人かも知れない。韓国系や中国系がどんどんコミュニティーを広
げる中、小東京が寂れていると騒ぐのが精一杯。でもさ、移民とし
てアメリカへ来たのなら、自分たちのコミュニティーがどうのと言
う前に立派なアメリカ人になれと言いたい。そう考えると団結より
アメリカに溶け込む日本人は理想の移民なのだ。立派だよ日本人。

(今日の作品:私のスケッチブックより、釣り人)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-19 12:00 | シニアの時間 | Comments(2)
2008年 08月 19日

二世週祭 1

c0053177_0132168.jpg


 私のニュースレター「絵筆のひとり言」の読者から私のブースに
差し入れがあった。可愛い年配女性が「いつも楽しく読ませて頂い
てますので」と言ながらスイカ1個をどんとテーブルに置いた。嬉
しいぞ。家でばっちり冷やして頂こう。「ありがとうございます」
私は子供の様に喜んだ。彼女には以前にも差し入れを頂いた。相変
わらず名前は知らない。

 小東京は二世週祭初日で賑わっている。出店が沢山有って楽しい。
とは言え私が遊んでいられない。自分のブースを見てなくちゃ。古
本を売っているブースがあったのでちょっと覗く。それは図書館か
ら払い下げられた古本だった。ハードカーバーの小説が1冊2ドル
なので3冊買った。図書館で書籍を借りたらただとは言うものの、
貸し出しの期限を心配しながら読むのはやっぱり落ち着かない。最
近は読書の時間が少なく成っているのでなおさらだ。

 夕食は小東京の公楽でラーメンライスを頂く。これは私が日本に
居た頃からのお好みメニュー。長い歴史がある。それにまつわる思
い出も沢山有るのだ。単なる食事ではなくて人生の一部みたいにな
っている。

(今日の作品:と呼べるかどうか。スケッチブックに描かれたこん
なのを見つけました。)
[PR]

by shinia62 | 2008-08-19 00:16 | シニアの時間 | Comments(2)