<   2008年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

年配男

c0053177_2341333.jpg


 今日のオーデションはあるテレビ番組。年配の男役。そのタイト
ルが「誰それ日本へ行く」だったので、当然の事ながら日本人年配
男性役だろう。アジア系と指定が無い限り私達アジア人にチャンス
が回ってこない現実も有る。ところがスタジオへ行ったら白人年配
ばっかり。思わず自分の肌を見る。黄色だ(笑)。場所間違えた?
スタジオ確認したらやはり此処である。
 
 着いて直ぐオーデションが始まる。20人程待っていたが、凄い
スピードで進むので、直ぐ私の番。昨日メールで受け取っていたシ
ーンを演じる。台詞は一言。あと言う間に終った。オーデションの
後に後悔する事が多いと以前の日記に書いたが、今日は力を80%
出せた。もっともその実力と言うものが素人級なので大きな声で威
張れないが。

 楽しくオーデション出来た事に乾杯!

(今日の作品:7年程前に成るか。ヨセミテで絵を教える事に成っ
て、その下見の積もりで5月にヨセミテ国立公園へ行った。その時
の作品だ。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-30 23:43 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2008年 04月 29日

検索遊び

c0053177_1193142.jpg


 なんにもする事が無い時、時々遊ぶのがグーグルやヤフーで自分
の名前を検索する事。結構同姓同名が多い。私の場合野球の選手、
経済学者、アーチストも居るのでややこしい。向こうは彫刻家なの
で少々安心する。実際はもっと沢山の職業の人が居る。従って関連
ページがどさっと出て来るのでとても全部見る事は出来ない
 先日凄い暇だったので、根気よくページを捲った。同じ様な内容
が何度も出てくる。さすがに腕が疲れてもう止めようかと思った時、
イーベイに私の絵が売りに出ているのを発見。懐かしやとばかりペ
ージを開ける。結構良い値で売りに出ているので少々満足する。
 昔々、私が油絵をやり始めた頃。練習用のボードに描いたものが
沢山溜まったので整理した。要らない絵はゴミ箱へ。暫くしてスリ
フティーションプへ行ったら、捨てた絵がその店の棚に並んでいた。
近所のゴミ箱をチェックしているおばさんが居るのだけれど、此処
へ持込んだのは彼女に違いない。値段はいくらかと見たら25セン
トだった。捨てたものだけれどちょっと悔しい。

(今日の作品:またまた「5月の野の花」です。この風景はインパ
クトが強かったので、何度も描いているのです。これからも挑戦し
てみたい題材です。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-29 11:12 | シニアの時間 | Comments(6)
2008年 04月 29日

作品展

c0053177_0583895.jpg


 朝食会の後、家には帰らずそのままサンゲーブル市へ行った。そ
こでは昨日と今日の2日間サンゲーブル・アートアソシエーション
の作品展が行われている。今年最高の暑い日に成るとラジオで言っ
ていたので、短パンとシャツで出掛けた。バレー地区は華氏100
度に成るらしい。実際の気温はどれほどだったのか調べていないの
で解らない。

 作品展と並んで直ぐ前の通りでストリート・フェアーがあり盛り
上がる。メキシカンフードに韓国バーベキュ。マリアッチにロック
バンド。いろんな文化がごっちゃ混ぜ。ロサンゼルスならではのス
トリートフエアー。日本食のブースが無いので、私は近くのミツワ
マーケットで弁当を買う。どんな時でも日本食無しで居られない私。

 ギャラリーはエアコンが効いていて良い感じ。他の画家達はどん
な事をやっているのか興味津々。こうして見ると長い間の売り絵商
売ですっかり固まってしまった自分の作品。伸び伸びと自由な他の
作品は新鮮だ。新鮮な刺激で私の脳が少しでも柔らかく成っただろ
うか。少なくとも次の作品に掛けるエネルギーを頂いた。
[PR]

by shinia62 | 2008-04-29 01:08 | シニアの時間 | Comments(2)
2008年 04月 24日

怪しげな地区の新商売

c0053177_2133257.jpg


 何時もは郵便受けに入れて置くと、郵便配達のおじさんが持って
行く発送郵便物を郵便局まで持って行った。出掛ける時は何時もそ
うする。特に支払い用の小切手が入っている封筒類は、郵便受けに
置いたまま出掛けるのは不安だ。
 ロサンゼルスでは盗んだ小切手を身元を良く調べす現金化する場
所が沢山有る。銀行口座を持たない不法移民が多いロスでこの商売
は大繁盛しているのだ。現金化する代わりに法外な手数料を取ると
言う訳。私は行った事が無いので手数料が如何程のものか解らない。
しかし、人の弱みに付け込む商売だ、何となく想像がつく。銀行と
も違うこの商売。電話帳のどのカタゴリーに入るのだろうか。不法
移民が多く住む地区では「Check Cashing」の看板が街のあちこち
にある。

 郵便局でフォエバー切手を100枚買った。5月から又切手が値
上がりするそうだ。その前に買い占め。この切手は値上がりに関係
なく普通郵便切手として使えるので良い。実は買い占めたのは今回
だけではない。うふふふふ。

 昨日届いた小切手を銀行に預金。ちょっとリッチな気分。昼食は
外で食べようと思っていたのだが、行き成り気が代わり家へ帰った。
何時も同じレストランなので詰らなく成っている。新しいレストラ
ンを開拓すれば良いのだけれど、食べる事には情熱が薄くてなかな
か実行出来ない。

(今日の作品:5月は野花の季節。山道で見つけた黄色い花の絨毯
に度肝を抜かれました。その風景を描いた作品「5月の花」。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-24 21:35 | シニアの時間 | Comments(6)
2008年 04月 24日

額装

c0053177_1131374.jpg


 今週末は我がファインアート・アソシエーションの作品展である。
25年近くも無視してきたこれらのグループに興味を持ったのは、
これからは自分の為だけに絵を描く決心をしたからだ。生活が掛か
っているとどうしても売れる絵はどんなの、、などと助平心が湧い
てきて、客に媚を売る事に成る。邪心が入ると心が濁るから作品も
濁る。

 作品展は春と秋にある。私は昨年の秋からこの世界にデビューし
た。今回の出品作は3点。この展覧会の為に描いた作品ではない。
描き溜めたものから選んだ。そんな訳で今日は作品の選考会。もっ
とも私1人が選ぶのですが。床やイーゼルに候補の作品を並べる。
出品したい作品が多くて3点に絞るのが大変。出品点数が決められ
ている訳ではない。私が勝ってに3点までと決めた。搬入日まで何
日かあるのでもう1点追加するかも知れない。

 話しは変わるが、今日コマーシャル仕事の小切手が送られてきた。
震える手で封筒を開ける。手が震えるのは歳のせいで大きな期待に
震えているのではない。書かれている数字を見てわっと喜ぶ。コピ
ーを取って額に入れようかなあと思った。が、そんな事より出品作
品に額を付けるのが先か。

(今日の作品:習作「花」)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-24 01:14 | シニアの時間 | Comments(4)
2008年 04月 22日

Young at Heart

c0053177_12351527.jpg


 最後に映画館で映画を見たのは何時の事やら。調べてみたら昨年
12月18日の「Kite Runner」であった。数ヶ月前などと頭の中
で思っていたが、時の経つのは本当に早い。最近はレンタルで手軽
に映画を見る事が出来るし、DVDのコレクションも少しばかり揃
って、映画は家で見る事が多いこの頃だ。

 先日ある雑誌の映画欄で紹介されていたドキュメンタリー映画「
Young at Heart」がどうしても見たくて、久し振りに映画館へ出
掛けた。シニアのコーラスグループの記録映画だ。シニアが主人公
の映画は外れが無い。と言うのが私の考えだ。タイトルも私の心を
くすぐる。

 シニア・コーラスグループの平均年齢は80歳。60代でシニア
だと威張っている自分が恥ずかしい。その平均年齢に到達出来るか
自信が無い私である。

 それで映画はどうだったか。良かった。こんなに感動したドキュ
メンタリーを見たのは久し振りであった。最も映画を観る事事態が
久し振りなのだけれど。感動、感動また感動。涙、涙また波だ。鼻
水じょろじょろ。声を出して泣かない様堪えるのにエネルギーを使
い果たした。そして私は此の映画から沢山エネルーギを貰った。シ
ニアの人生は1分1秒たりとも無駄にしては成らない。スクリーン
に映るシニアの顔、顔、顔。彼等を見ながらそんな事を考えた。

 「歌は心だよ」と言われて、そうだそうだと相づちを打ていた私。
でもその意味を深く考えた事は無かった。今日の映画で目から鱗。
唄う事って心で演じる事なのだ。今更なにをと言われそうだが、今
気が付いた。

 カラオケ始めようかな、、、。
[PR]

by shinia62 | 2008-04-22 12:38 | シニアの時間 | Comments(4)
2008年 04月 21日

4/19/08/土 桜祭り

c0053177_23475337.jpg


 この週末は土曜日が小東京、日曜日はモントレーパークの桜祭り
見物と予定を立てていた。しかし金曜の午後遅くJ氏から土曜日に
遊びに行くと電話が入る。以前なら仕事だと断ったであろう私だが、
あっさり「良いよ」と答えていた。仕事に対して可成り緩く成って
いるこの頃だ。貴重なシニアの時間は楽しむ事が先決だ。予定の方
は、小東京は日曜日に、桜祭りは土曜の午後J氏が帰ってからにす
る。楽しい時間が増え、しかも予定がこなせる。

 J氏が我が家へ来るのは3度目だ。いや、4度目だったかな。と
にかく以前よりうんと打ち解けて会話が進む。壁に立て掛けてあっ
たブルースのキーボードを見て音楽の話しに成り、J氏の昔話が始
まった。それはとてもドラマチックな話しだった。誰でも人生にド
ラマの一つや二つはあるもんだ。家具修繕のビジネスを長い間やっ
て来たJ氏。そんな彼は10代の頃オーケストラで演奏するバイオ
リニストだった。将来を嘱望され、ジュリアード音楽院に入学を許
可されたと言う。それが何故家具修繕ビジネスなのか。その理由が
小説みたいなのだ。「事実は小説よりも奇なり」とはこう言う事か。

 J氏が帰ると直ぐモントレーパークへ出掛けた。空は暗く曇って
肌寒い。何故かこの桜祭りは空がからっと晴れる事が無い。「花曇
り」と思えば良いのか。40分後に桜祭り会場の公園へ着く。今年
出店を止めたのは私だけかと思っていたら、他にも3人の姿が無か
った。水彩画仲間のRやSさんとお喋り。食べ物ブースで昼食を買
う。何時もは仕事でしか来ない催し物なので楽しい思いも無いが、
遊びだとこんなに楽しい。それでも2時間も居ればする事も無くな
る。帰りのドライブは気持ちの良い青空の下だった。

(写真:桜の無い桜祭り。花より団子で、食べる物があれば祭りは
成り立つ。去年まで私もブースを出していた。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-21 23:51 | シニアの時間 | Comments(0)
2008年 04月 18日

日記三題

c0053177_1228725.jpg


 LAPD捜査官からメールが来た。こう書くと物々しい感じでド
ラマの主人公に成った気分だ。何の事は無い、以前日記に書いた画
廊主失踪事件の続きである。画廊で発見された作品のうち私のサイ
ンがある作品についての問い合わせ。「作品を載せたウエブページ
のアドレスを送ります。この作品があなたの物である確認と、正規
に購入した物であるかどうかを連絡ください」。ページには私の懐
かしい作品が並んでいた。サインの部分を拡大した画像もあり、確
かに私の物である。ある原画が私の注意を引く。その絵を売った記
憶はあるが、あの画廊主だった記憶が無い。とにかく売った物には
間違いなく私の被害はゼロ。それどころか彼女は良い客であった。
LAPDへ返事のメールを送った。これでこの件の私の関わりは終
ったと思う。

 昼時にオーデションである。あるセリオル・コマーシャル。スタ
ジオへコールタイムより30分早く着いたのに、「ああ、丁度良か
った。あなたと彼女とペアーで次ね」とアシスタントの女性がベン
チの端で待っているアジア系女性を指差す。そんな訳で着くなりオ
ーデションが始まった。健康的なセリアルを見つけて大喜びするシ
ニア夫婦。大袈裟に喜んでくれと言うので、彼女と2人カメラの前
で大騒ぎする。帰りの車の中でいろんなアイデアが頭の中を駆け巡
る。何故かオーデションの後であれこれやりたかった事が浮かんで
来るので困る。もっと早く浮かんでよ。でも気分は良い。

 円高の恩恵を受けて今回の年金はまたまた記録的。と言っても元
々の金額が小さいので騒ぐ程でもないのだけれど。それでも凄く得
した感じ。日本へ帰る予定も無いし、円よどんどん上がれ。もう一
度100円割ってみろ。

(今日の作品:ラグナビーチへ海沿いのハイウエイをドライブした。
その時に見た海の絵である。風邪の強い日で、白波が岩に砕ける様
を絵にしたく成った。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-18 12:33 | シニアの時間 | Comments(2)
2008年 04月 17日

朝陽の当たる家

c0053177_23501134.jpg


 モンテビデオの朝の散歩で見た街の一角。壁に踊る木の葉の影が
とても良い感じで描きたい気持が刺激されました。まず簡単なスケ
ッチをさっさっと。今回は何時もの水彩画紙コールドプレス140
lb荒目ではなくホットプレス140lbの紙を使いました。紙により
絵の具を塗った時の反応が全く違うので戸惑います。ホットプレス
は俳画の様な単純な花の絵などに使っています。その紙に敢えて挑
戦したいと思います。


c0053177_2351927.jpg


 一番明るい部分は紙の白を残すので、次に明るい部分を塗り込み
ましょう。ホットプレスの紙は乾きが早いので油断が出来ません。
でも外で素早く描くには理想的な紙でしょう。


c0053177_2352230.jpg


 このステップでは壁の部分。車などを描き込みます。最終段階で
描き込む影の他はこのステップで仕上げてしまいます。


c0053177_23524275.jpg


 この風景が描きたい理由は影の面白さでした。私は子供の頃から
一番美味い物を最後に取って置くと言う習慣が有ります。食糧難の
時代に育った後遺症でしょうか。絵を描くときにこの癖が出て、美
味しい部分を最後の楽しみに取って置くのです。
 それではその美味しい部分を一気に食べましょう。影を塗り込み
ます。これが簡単そうで難しい。影の色をパレットにどばっと作っ
て塗り込めば良いって事ではないのです。影は一色じゃないのです
から。建物の色や回りの状態に微妙に影響を受けながら影の色が決
まります。いままで静かだった画面がここでがらっと様相を変える
のがなんとも興奮します。(完成)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-17 00:27 | Comments(14)
2008年 04月 15日

ある朝。

c0053177_23342745.jpg


 定期健康診断でカイザー病院へ出掛けた。先日受けた前立腺検査
の事も詳しく話したい。コレステロールは薬でコントロールしてい
るので数値は正常。血糖、血圧全て正常。前立腺癌の検査は血液検
査で異常なし。最後に指で直接触れ異常がないかをチェックした。
その検査も異常なし。良い気分で病院を後にする。

 久し振りにアメリカンな朝食を楽しんだ。野菜オムレツに卵、ハ
ッシュブラウンにトースト。簡素な様で食べ切れない程量が有る。
少し残した。持ち帰りしようかとふと思ったけれど、その量が少な
すぎるので止めた。だったら食べてしまえばと思うけれど、その少
量を終らせられないのがアメリカの食事。腹はともかく口で嫌に成
る。日本食なら問題無く食べ尽くせた。

 その後日本食マーケットで買い物。冷蔵庫は空っぽなので買い物
リストも無い。思い付く物をどんどんカートに入れる。こんな買い
物なら楽だ。終ってキャッシャーへ行ったところでK氏に会う。こ
のマーケットにあられなどのスナック菓子を配達している。30年
近くも昔、同じ看板店で働いた仕事仲間である。何時もは午後に買
い物に来るので滅多に会う事が無い。外で少し立ち話。それからあ
られなどを何袋か頂いた。スナックは買わなかったので良いタイミ
ング。お茶菓子に暫く不自由しない。

(今日の作品:日本訪問で訪れた札幌北大植物園の風景。紅葉がそ
ろそろ始まる季節で、色付いた木の葉が心を癒します。北海道で一
番懐かしいのは美しい紅葉の季節ですね。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-15 23:41 | シニアの時間 | Comments(2)