ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

植物園

c0053177_12302378.jpg
干上がる事も有る池。


c0053177_12311084.jpg
クジャクの親子


平日だと言うのに植物園の駐車場は一杯だった。
空きを探しながら入り口からどんどん遠ざかる。
植物園に沿って長く延びる駐車場が終っている辺りで、
駐車スペースでもないところに車が停まっていた。
そこに停めなければ帰るしかない。
せっかく来たのだからとその後ろに停めた。
それを見て他の車がぼくの後ろに着いた。
皆で停まれば怖くない、ちょっと安心して入り口へ向かう。

カウンター内に2人の女性が居た。
「シニア1枚」
 とぼくは叫ぶ。
「あんた本当にシニア?」
肥った方が笑いながら言う。
IDを見せろとも言わないので、
若く見えますねとのお世辞なのだと理解する。

シニアの特権を利用する際は、
禿げ頭と白髪が増え始めた頭を前面に出す。
しかし今日は陽射しの強い中を歩き回るので、
大きなつばの深めの帽子をかぶっている。
それでシニアらしさがアピール出来なかったらしい。
「そうだよ」
 笑いながら答えると彼女は納得した様だった。
チケットと園内の地図をぼくに差し出し
「ゆっくり楽しんでください」
と微笑んだ。

其れを受け取って園内に入ろうと歩き出したが、
訊きたかった事があるのを思い出した。
「駐車場が満杯で空きを探すのが大変だったけど、
今日は何か特別な行事でもあるんですか?」
「大きな集会が行われているんですよ」
とさっきの女性が答える。

園内には小学生の団体の他、殆ど人が居なくて静かだった。
集会出席者だけで駐車場が占領されているのだろう。

暫く来ない間に新しい散歩道やガーデンが出来ていた。
ぼくが気に入っている池も水が有って
何時もの植物園らしく成っている。
前回来たのはブルースと一緒だった気がする。
その時は池の水が干上がって不思議な光景だった。
作業員に訊くと、その池は自然の水で潤っていて、
雨の少ない年は干上がるのだと言う。
そんな状態の池を見たのはその時1度きりだった。

ベンチでゆっくり寛ぐなんて出来ないぼくは、
午後の2時間余りを歩き回った。
良い水彩画に成りそうな写真も撮れた。
フリーウエイが混まないうちにと、
4時少し前にはそこを出た。

家に着いたらさすがに疲れ、何もせずぼんやり過ごす。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-31 12:28 | シニアの時間 | Comments(0)
2007年 05月 31日

c0053177_2753.jpg
ヨセミテ
国立公園


アルカディア市のArboretum(植物園)へ行く前に腹ごしらえ。
東京ガーデンで昼食をとる。
オーナーが替わったと聞く日本食レストランだ。
腎臓障害で人工透析をしていると
以前のオーナー本人から聞いていたので、
オーナー交代の噂を聞いた時、亡くなったのだろうかと想像した。
3軒の店を持っているのだが全部を手放したと言うのだ。
流行っている店だったからそんな想像もしたく成る。

前回と同じメニューナンバー34を注文した。
此処のメニューはいろんな組み合わせで凄い数が有るのだ。
34は味噌汁、漬け物、天婦羅、チキン照り焼き、鮭の切り身
そして茶碗1杯の御飯(これは食べ放題)。
それらがテーブル狭しと並ぶ。
こんなに有ったら御飯のお代わりなど必要ない。

アメリカへ来た当初、一緒に頑張ったオーナーも死んだか。
ちょっと感傷的な思いにとらわれながら頂いた。
店内を見渡すとぼくの書いた看板もあちこちに残っている。
それを見ていたら懐かしい思い出が蘇って来た。

テーブルにチップを置き勘定書を持ってキャッシャーへ行く。
そこで計算機をいじっている痩せ形の男が顔を上げる。
その顔を見てぼくは愕然とした。
以前より痩せてはいるが、死んだ筈のオーナーだった。

「あの、、東京ロビーのオーナーが替わったと聞いたのですが」
ぼくはしどろもどろに言った。
「ああ、あれはハシエンダハイツ支店だけですよ」
オーナーS氏はニコニコと答える。

そうなのか、噂は内容を変え広がった。
支店一つを手放した事実が、総てを手放したことに成り、
そしてぼくがオーナーを殺してしまった。
自分の事を棚に上げ「噂とは恐ろしい」とうそぶく自分であった。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-31 02:05 | シニアの時間 | Comments(0)
2007年 05月 29日

DVD

c0053177_0382271.jpg


アマゾンに注文していたDVDが届いた。
届く予定は6月4日〜6日の間と成っていたので
郵便受けにパッケージを見つけて驚いた。
25ドル以上買うと送料が無料に成る特典を利用しているが、
これだと時間が掛かるのを覚悟しなければならない。
でも急いで欲しいのなら、直接店へ行けば良い。

新しいDVDは「硫黄島からの手紙」と「City of Angeles」。
硫黄島、、は何度も見たい映画ではないのだけれど、
シニアで物忘れが進んでいる身としては、
1年後に内容をすっかり忘れ、
新しい作品として楽しめるかと買った(笑)。

City、、はぼくの好きなファンタジー、
そして好きな俳優が出ている。

午後、ポップコーンと飲み物を用意して、
テレビの前に陣取った。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-29 00:37 | シニアの時間 | Comments(2)
2007年 05月 28日

メモリアルデーは

c0053177_0311432.jpg


今日はメモリアルデーの祝日。
午前中カードを作ったり絵を描いたりの仕事。
午後は読書で過ごした。

本は毎日1時間半程読むことにしている。
大きな声で読むので、長い時間だと声がかれたりする。
しかし今読んでいる小説「Bloodstream」が佳境に入り
止められなく成った。
今日は祝日だし仕事はいいやと読書に専念。
4時間ほどで一気に読み終えた。
それでも声がかれる事無く読破する。
喉が鍛えられた様だ。

この小説は医学用語が多くて参った。
其れも可成り専門的な用語。
どんな作者が書いているのかとバックカーバーを見たら
インターンの経験が有る医者の卵だった。
見た事も無い単語が出る度音読が止まるのでイライラ。
その量があまりに多いのでそのうち「ララ、、」と誤摩化したり。
内容にさほど影響が無ければ其れで良し。
それでも後半はストーリーに完全に引き込まれた。
小説家の想像力には感心する。

寄生虫が少年の鼻から出てくる、
なんてシーンが有り、
寄生虫が珍しくなかった子供の頃を思い出した。
鼻から出てはこなかったが、
別の穴から出た経験が有る(笑)。
人糞を肥やしに使ったのが原因だとか。

寄生虫をParasiteと英語で読むと
怖さが倍に感じるのはぼくだけだろうか。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-28 00:28 | シニアの時間 | Comments(2)
2007年 05月 26日

小東京で

c0053177_2113314.jpg


ぼくの商売には殆ど関係ないとは言え、
この週末はメモリアルデーの三連休。
そのせいか人出が多い小東京であった。
朝の曇り空も午後には晴れて長閑な土曜日。
小さな原画が売れまずまずの日に成りそう。

午後遅く家族らしい5人グループがブースに足を止めた。
お父さんらしい年配の男と会話が始まる。
人を外見で判断する単純人間のぼくは、
質素な衣類に身を包むその男を絵を買う客ではないと決めつける。
(笑)
「この絵はいくら?」
と展示された一番値の張る作品を指差す男。
「○○○ドルです」
と答えながら「えっ、そんなにするの?」
なんて反応を予想する。
何時もの事でそれに慣れてしまった。
しかし男は驚く様子も無く「○○○ドルか」と呟くと
ぼくの方へ振り向いて「これ頂きます」
と軽く言う。

ここで大喜びしては負けだ(笑)。
ぼくは表情も変えず、
この程度の絵は毎日何枚も売れていますと演技する。
クレジットカードを受け取って清算が済むと、
暫くお喋り。
「これ白樺ですよね」
ブースに有る北海道の風景画を見て息子が言う。
彼等はロシアからの移民だそうで、白樺は懐かしいのだそうだ。

絵を抱えて去る家族の後ろ姿を見ながら
万歳と心の中で叫ぶ。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-26 02:20 | シニアの時間 | Comments(2)
2007年 05月 25日

ポップコーン

c0053177_1240577.jpg


台所のキャビネットの奥に、ポップコーン用のコーンを見つけた。
ジャムの空き瓶にびっしり詰まっている。
今はメキシコに住んでいるポールに,
ポップコーン・マシーンをプレゼントされ、
飽きる程作っていた時期が有った。
しかし、その後何年も作った事がない。

ポップコーンは結構好きなのだ。
何年も瓶に詰められたコーンが
ちゃんと弾けてくれるのか心配だが、
作ってみる事にする。

マシーンは熱鍋の上にオレンジ色の透明ボールが伏せられた感じ。
油を入れコーンを入れスイッチを入れると、
金属の細いバーが回って
コーンを平均的に加熱する仕組み。

熱が行き渡ると騒々しい音と共にポップコーンが弾ける。
愛猫タマが居た頃、その音に興奮して、
回りを走り回っていた。
出来上がると全体を逆さまにし鍋を外し
オレンジのボールから直接食べる。

古くて心配だったコーンは
以前と変わらない騒々しい音と共に元気に弾けた。
借りて来たDVDを視ながら頂く。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-25 12:38 | シニアの時間 | Comments(0)
2007年 05月 23日

ドライブ

c0053177_1193971.jpg


午前6時、さあ、ジュリアン目指して出発だ。
久し振りの長距離ドライブ。
ジュリアンが目的と言うより、そこまでのドライブを楽しむ。
昼食におにぎりを用意した。
朝作るのは面倒なので昨夜のうちに作った。
朝お茶を作りサーモに入れる。
絵の題材も探したいのでカメラは欠かせない。

薄曇りの空を見ながらサンディエゴ・フリーウエイに乗った。
朝のフリーウエイはロサンゼルスへ向かう方向が混む。
その混雑を横目にぼくの車はすいすいと進む。
カープールレーン(2人以上乗った車が走れる)も殆ど空っぽ。
「違反者は最低341ドルの罰金」と看板が出ている。
しかし、この半端な金額にどんな意味が有るのか。

サンディエゴの手前オーシャンサイドから
ハイウエイ78番に乗り換える。
町の中を看板の指示通り右や左に曲がりながら、
やがて78番は二車線の山道に成る。
緑が多くて気持ちの良いドライブ。

Inaja Memorial campgroundの看板を見つけ、その道に入る。
何時もの行き当たりばったりのドライブ。これが楽しい。
一台だけ停まっていた車がぼくと入れ替えに出て行き
貸し切り状態に成る。
短いトレイルを歩き回った。自然は良い。
初めての場所なのに懐かしい感じがする。

ジュリアンには過去3度来ている。
何時も人で溢れていた。
メインストリートが何ブロックか続く、
それだけの小さな町だが、観光地と成っている。
昔金鉱で栄えた町だとか。

平日だからか、シーズンオフと言う事なのか、
街は閑散としていて、通り過ぎてしまった。
気が付いてUターンする。
こんなに静かなのは初めてだ。

この街の売り物はアップルパイ。
ぼくは弁当が有るので食事をする積もりは無いが、
せっかく来たのでパイを食べる事にする。
この街では歴史有るらしいレストランへ入る。
どの店にも一応にアップルパイの看板が出ている。
パイにアイスクリームを乗せて頂く。
上品な甘みで久し振りのアップルパイを楽しんだ。
5、6年振りだろうか。
ブルースが元気な頃は付き合いで良く食べた。

5分も有れば端から端まで歩けるメイン通り。
正午前には街を出る。
帰りは今まで走った事の無いハイウエイを走る積もり。

街を出て直ぐにWilliam Heise Parkの看板が目に入る。
Wildnessの文字に惹かれ、78ハイウエイから横道に入った。
入り口のレンジャーブースは閉まっている。
備え付けの封筒に入園料の3ドルを入れてポストに投函する。
このシステムを経験するのは二度目。

広大な自然公園だ。車でどんどん中へ入る。
ぼくの好きなネイチャートレイルが有る。
早速挑戦。

途中で分かれ道が有って、
一方が「砂漠景観トレイル」と成っている。
砂漠が見えると言う事は山の頂上に登る道だろう。
目の前の高い山を見上げる。
時間も早いので挑戦する事にした。

結構きつかった。 
鼓動が後頭部でどくっどくっと響く。息が苦しい。
生きも絶え絶えに頂上へたどり着く。
それなのにそこで観た風景はどうでも良い様な物だった。
良い運動に成ったから良しとする。

初めて走るハイウエイ79は失敗だった。
殆どが砂漠の風景で行けども行けども何も無し。
フリーウエイ15番に乗りハイウエイ74に出た。
ところがこの道は方向指示の看板が付いてなくて迷いに迷った。
ようやくそのハイウエイに入りホッとする。
曲がりくねった道は素晴らしい景観で、
それまでの不満が吹き飛んだ。
その道はやがてサンディエゴ・フリーウエイに着く。

午後7時過ぎ家に着く。
久し振りの長距離ドライブは大成功であった。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-23 11:07 | シニアの時間 | Comments(0)
2007年 05月 22日

読書

c0053177_12242386.jpg


文庫本を貸してくれた小東京の彼女に、
先週末読み終った其れを返した。
「凄く面白い小説だった。ありがとう」
と礼を言ったら、
次の日同じ作家の別の小説を貸してくれた。
タイトルは「聖域」。
今日其れを読み終えた。
結構引き込まれて楽しんだが、
前回の「神鳥」がぼくとしては好みだ。
ファンタシー・ホーラーと言った感じで楽しめた。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-22 12:23 | シニアの時間 | Comments(0)
2007年 05月 20日

ラーメンとチャーハン

c0053177_7525997.jpg


カウンターに座ると、備え付けのメニューを開く。
無償に食べたいものが有ってこの店に来た。
メニューの中に其れが有るのか確認する。
「ラーメンと半チャーハン・コンビネーション」
と書かれている。
水を持って来たウエイトレスにその品目を指し
「これ」
と短く言った。

小東京の仕事の後、夕食をそこで食べる事にした。
何度も来ているラーメン屋「公楽」。
食事時は忙しい店だが、珍しく客が少ない。

カウンターの中で3人の男が働いている。
日本人が一人で他の2人はメキシカン。
スペイン語が飛び交う。
がっちりと大柄で肥ったメキシカンが
中国人もびっくりなフライパン裁きでチャーハンを作っている。
最近の日本食レストランでは見慣れた光景だ。
ぼくのお気に入り店の殆どで
メキシカンが日本食に腕を振るっている。

先に出て来たチャーハンを頂く。美味しい。
其れを食べ終える頃タイミング良くラーメンが出て来た。
時々来ている店だし味も気に入っている店だが、
今夜は特に美味しく感じる。
ラーメンもチャーハンも何時もと違う。
身体の調子なのか気のせいなのか。

1951年、看板店の見習い職人として田舎から出て来た。
住み込みで、他の地方出身の見習い3人と共に、
二段ベッドが部屋の両側に作られた住み込み部屋で暮らした。

その時の最大の楽しみが銭湯へ行くことだった。
銭湯が楽しみなのではなく、
その帰りに寄るラーメン屋が目的なのだ。
そこで何時も注文するのが
ラーメンとチャーハンなのだった。
時にはビールが付いたりした。
あの頃は食べる事だけが娯楽だった。

ぼくにとってこのメニューには特別な思いが有る。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-20 07:51 | シニアの時間 | Comments(2)
2007年 05月 18日

砂丘公園

c0053177_12543251.jpg


最近は絵描きと読書で家に居る事が多い。
そんな日が続くと気が滅入る。
それで気晴らしに外出する事にした。

今読んでいる小説の後半は砂漠のシーンが続く。
其れで思い出したのがSanddune Park(砂丘公園)。
何かの雑誌でこの公園の紹介を読んだ事が有り、
面白そうなので何時か行ってみようと思っていた。
マンハッタン・ビーチだし家から近い。
でも思っただけで行った事はなかった。

地図で見るとマンハッタン・ビーチだけれど、
ビーチに有る訳ではなく少し内陸に入った所だ。

車で15分程で着いた。
思ったより小さな場所だった。
砂で出来たスキーのスロープの様な場所で、
其れが自然の物なのか人口なのか良く解らない。
しかし、あれを人口で作るのも大変だろう。
勾配は可成り急で45度以上は有りそう。

ぼくのスキー経験から言えばこの勾配は結構きつい。
60度の勾配を上から見ると殆ど垂直に落ちる様に見える。

この砂丘公園は見るのではなく登るのが目的。
結構沢山人が居た。
若い人から中年まで、ぼくの年齢はあまり居ない。
グループで来ているデブ集団が居た。
「運動で体重を減らそう」そんな集まりなのか。

せっかく来たので砂丘登りに挑戦する。
登っている人を見ると殆どが素足だ。
スニーカーのままで登れば砂まみれ、その後が大変だ。
ぼくも靴を脱いで靴下を取り砂の中に入る。
足の裏にひんやりと砂の感触が気持ち良い。

3分の一程登った所で一息つく。
砂に足を取られ結構つらい。
それに傾斜がきついので後ろを振り返るのがちょっと怖い。
バランスを失って転がったら下まで止まりそうも無い。
そんな恐怖が湧く。
周りを見ても転ぶ人は居ないので、
実際どうなるのか確認は出来ないが。

休み休み登り、頂上へ着いた。
登っているときは足が疲れた感じに成るが、
登り切ってみると不思議と足が軽くて疲れは無い。
毎朝のパワー・ウオークで足が鍛えられたに違いない。
シニアはぼくだけだし誇らしい気分になる。

若い人達は何度も登っている。
一度登ると最初の緊張感は無くなる。
調子に乗って2度目に挑戦。
登るのは息切れがするけれど、下りの気持ち良さが堪らない。
そんなところはスキーみたいだ。
ぼくの子供の頃はリフトなど無い山で滑っていたので、
登りは大変だった。

肥った男達はTシャツが汗でびっしょりだったが、
ぼくは2回登っても汗もかかない。
「まだまだ若い者には負けんわい」
と胸を張る。
などと思うところがシニアの証し?

又遊びにこようっと。
[PR]

by shinia62 | 2007-05-18 12:52 | シニアの時間 | Comments(6)