<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

クリスマス・ソングを聴きながら

c0053177_353353.jpg


ぼくはすっかりクリスマスムード。
感謝祭の後、
ぼくの好きなソフト・ロックのラジオステーションが、
クリスマスソング専門ステーションと銘打って、
クリスマスソング三昧。
何時も聴いているラジオ・トークショーはお休み。
イラク戦争がどうの、北朝鮮がどうのなどと言う話題は、
ホリデーシーズンに聴きたくない。
そんな心境に成っている。

クリスマスソングを聴きながら、
水彩画に付けるマットを沢山切った。
それが終ると小さなサイズの水彩画を描く。

11月が今日で終わり、そして今年も後一ヶ月で終わる。
月並みですが「時の過ぎるのは早いですね」
と言わせてもらう。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-30 03:50 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 11月 28日

歯科医、古本

暫くお休みだった歯科医通いが始まった。
二本目の虫歯にクラウンを被せる。
虫歯が神経に触れていない事を確かめるため、
何ヶ月か様子をみていた。
その間痛む事も無く神経は大丈夫と結論が出たのだ。
神経治療がなければかなりの出費を防げるので大歓迎。

クラウンを補強する台の取り付けと歯形を取った。
最終的な歯が出来るまで仮の被せ物を付ける。
その作業も結構時間が掛かった。
何度も何度も調整して合わせて行く。
「はい、終りました」の声にホッとする。
腕時計を見たら12時少し前。
予約が10時だったので1時間45分も掛かった。
最終的なクラウンを被せるのは30分程だそうで、
これで歯の治療のメジャーな部分は終ったも同然。

オフイスで「今日の支払いは○○万円」
と言われても、最近は金銭感覚が麻痺していて、
以前の様に腰を抜かす事も無くなった。
慣れとは恐ろしい。
いや、諦めとは恐ろしいってことか。

小東京に有る古本屋「正直屋」へ行く。
ある作家の本を探す為。
見つからない。
せっかく来たのだからと、
三島由紀夫の「仮面の告白」を買う。
タイトルは知っていても読んだ事が無い。
ばくは高尚な文学にアレルギーが有り
肌が痒く成る体質なのだ。

キャッシャーでぼくが探している作家の本について訊いたら
「ほらそこに1冊」
と私の後ろの棚を指差した。
訊いてみるもんだ。
しかもそれは文庫ではなく、普通のサイズ。
これで古本屋探索の目的が果たせた。
新品と殆ど値段の変わらないブックオフとは違い。
古本のプライドを誇示する値段が嬉しい。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-28 12:23 | シニアの時間 | Comments(4)
2006年 11月 27日

雨で一日がスタート

朝散歩に出たら霧雨の様な細かな雨が。
この程度なら大丈夫。
何時もより早足で歩き始める。
雨はだんだん大粒に成って、
歩道がどんどん濡れて行く。
ぼくは意地になって散歩を続ける。
雨如きに負けてなるものか。

だんだんスピードが上がって駆け足状態。
ズボンの両膝が冷たい。
帰ったら直ぐ着替えれば良いさ。
そう覚悟を決める。
早足は止める。
雨と汗でぐちゃぐちゃ。
健康の為の散歩が、
ストレスの多い散歩になった。

インターネットで注文した画材が届いた。
沢山注文したので送料が無料に成った。
クーポンなども注意深く溜めていたら使えるのだけど、
期限が短く整理が面倒くさい。
そんな事で時間を使うくらいなら絵を描きたい。
などと言いながら、無駄に時間を過ごしてたりする。
絵の具や紙が沢山有ると気持ちが裕福に成るんだよね。
今年の暮は新作を沢山描くぞ。

ある本を探しにブックオフへ。
探していた作家の物は文庫が一冊。
何とも寂しい。
彼は直木賞などをとってはいるけれど、
日本では翻訳家として知られているらしい。
作家としては人気が無いのかもしれない。
私もエッセー集を読んだ程度。
日本語書籍の読む物が無くなったので、
エッセー集など沢山欲しかった。
全くの期待外れ。
古本の文庫が9ドルなのも高過ぎないかい。
インターネットで買っても良いけれど、
その場合日本から送られてくるのだろうか。
早速調べてみよう。

ブックオフは日本食マーケットの何軒か隣。
次いでにそこで買い物。
魚や野菜、豆乳などを買う。
夕飯用に刺身も買った。
最近はこればっかりでそのうち飽きちゃうかも。
でも寒い夕方は、熱いみそ汁と刺身の食事は何よりのごちそう。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-27 10:25 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 11月 26日

仕事を終えて

心配が嘘の様に良い天気になった。
午前中ジョンやヘクターと世間話し。
他人との会話が少ないぼくの癒しの時間。

この日はなんとカードばかりが良く売れた。
こんな事は初めて。
クリスマスカードに使うのだろうか。
実はそんな事を予想して、
雪景色などクリスマスカードらしい作品を集め、
新しいカードを沢山作った。
それらが全部売れたのだから作戦が当たったらしい。

店仕舞いをして車に荷物を積む。
忘れ物が無いか見回して、やれやれと車に乗った。
クラッシク音楽ステーションでも聴くかと。
カーラジオのボタンを押す。
車の中に美しいクリスマス・ソングが流れた。
違ったボタンを押したらしい。

クリスマスとはあまり縁の無い生活だが、
クリスマス音楽は大好き。
子供の頃からそうだった。
心が癒されると言うか、とても幸せな気持ちになれる。
ラジオはそのままにした。

家には食事の用意もないので、
うめむらの甘煮焼きそばで夕食。
何時になく混んでいたのに、注文は驚く程早く出てきた。
この早さなら6時半の日本語テレビに間に合うぞ。
そんなことで嬉しく成る。

クリスマス・ソングとうまに煮焼きそば、そして日本語テレビ。
心があったかな夜であった。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-26 08:38 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 11月 25日

小東京で

c0053177_2173368.jpg


週末は徐々に天気が悪く成り、月曜には雨。
そんな天気予報だ。
最近は雨が降りそうな暗い日は無理しない。
でもこの週末はちょっと事情が違う。
先週末のジャパン・エクスポの流れで、
小東京へやってくる客が居る。
もっと作品を見たいと言う客を 、
小東京へどうぞと誘ったのだ。
それに、デポジットを頂いていて、
今日全額払う約束の客も居る。

一日中曇り空だったが、
遅くまで小東京で頑張った。
ホリデーシーズンの買い物客が足を止めるかも知れない。
この期間に小売店は一年の収入の4分の一を売り上げるそうだ。
ぼくの商売はその恩恵をあまり受けない。
理由は客に訊いて欲しい。
どんな時に良く売れるのか見当もつかない商売だ。
ただただ頑張るのみ。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-25 02:15 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 11月 24日

c0053177_1050749.jpg


朝の散歩の途中、突然濃い霧が辺りを包んだ。
霧に包まれ音まで消えたみたいに静かに成った。
広い世界に自分だけが取り残された、
そんな感じだ。
全てがミルク色の向こうに霞み、
私の回りだけに微かな色彩がある。
そんな中をとことこ歩くのが気持ち良い。
どこまでも真っすぐ歩いたら突然視界が開け、
そこには夢の様な花園があるのだ。
などと得意の妄想が始まる。

濃い霧は、黙々と降る雪に似ている。
自分の回りだけが現実で向こうは夢の世界。
雪が音を吸い込んで、恐ろしい程の静寂に耳鳴りがする。
風も無く黙々と降る雪はやさしい。
夢見心地で最後の角を曲がると、
霧の中にポッと赤い信号の灯りが見えた。

ぼくは一気に現実にもどる。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-24 10:49 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 11月 23日

感謝祭とワイン

c0053177_1114439.jpg


感謝祭だ。
ぼくは何に感謝するのか。
何に感謝するにせよ、その心は大切だ。
幸せは感謝の心から生まれる。

刺身、ワイン、デザートの甘い物などどさっと買った。
好きな物を何時でも食べれる事に感謝。

ワインを買ったラルフスで多いに焦った。
私の好きなワインのボトルを2本。
買い物はそれしかなかった。
他は日本食マーケットで買う事にしている。

二品目なのでエキスプレス・ラインに並ぶ。
ホリデーのせいだろう何時もより忙しい店内だ。
ぼくの番が来たとき、
キャッシャーの男が早口で何か言った。
意味が解らないのに「ノー」と答える。
解らない時の答えはノーが安全(笑)。
「$○○に成ります」
と男が言う。ぼくは一瞬耳を疑う。
棚の値札はその半額程だった。
勘違いかな、渋々金を出す。
そうしながら、やっぱりおかしいと思った。

「棚に付いている値札は$○○だと思ったけど、、」
「あれはメンバーカードを使った場合の値段です」
「ええ、そうなの、ぼくカード持ってますが」
慌ててキーチェンに付いているカードを渡す。
「先ほど訊いたら無いと言うから、、、」
あの時の質問はそれだったのかと納得。
結構な金額なので見逃す訳には行かない。
「Sorry」を連発してやり直してもらった。
何時もは必ず見せるメンバーカード、
ワインはセールではないと勝手に決めていた。

手間を掛けといてこんな事言いたくないけれど、
カードを使って普通の値段になった。
そんな気がする。
トレイダー・ジョーで普通に買うのと同じ値段だもの。
そこへ行かなかったのは、
今日は混んでいるだろうと避けたのだ。

とにかく感謝祭の準備が出来て感謝です。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-23 11:13 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 11月 22日

クリスマス飾り

早くも個人の家でクリスマス飾りが。
朝の散歩道でみた。
屋根の上に大きな飾りが。
透明の巨大風船の中で人形たちが回っている。
外にはサンタクロースが居るので、
巨大風船はサンタクロースの袋の設定らしい。
夜には照明も入るのだろう。
これからは散歩の度に新しい飾りが増えて行くのだろうな。
感謝祭もまだなのに、気が早い。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-22 22:56 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 11月 21日

苦あれば楽あり

c0053177_12532089.jpg


絵が売れた後はインベントリーの入れ替えに忙しい。
原画なら売る程描いてあるので慌てないが(笑)、
プリントは売れた分だけ用意する。
パネルに張る仕事がどさっとあるのだ。
絵も描きたいし、出来れば今日中に終らせようと、
朝から凄いがんばり。
殆ど終らせた。
つまり全部終らなかった。
水曜日のサウナは諦めて仕事するしかない。

仕事を終えてふと外を見ると、もう真っ暗。
日が短く成ったなあ。
そしてがっくり疲れた。

ラップトップの前に座りインターネット。
身体を休ませ頭の運動。
Eメールをチェックしていたら、
エキスポで私の作品を見た客からメールが来ていた。
そこで見たある作品を買いたいと言う。
絵の内容の説明がいまいち解らないので困った。
私の絵にはタイトルが無い。
メールには値段の事も書いてあった。
それに依るとあの日の展示の一番値の張る絵じゃないの。
本当なら嬉しい。
早速その絵のイメージを送って確認しよう。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-21 12:52 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 11月 20日

エキスポ会場で 3

c0053177_9305139.jpg
終了に近い時間で、
客はあまり居ない。


エキスポに無くてはならないもの。
それは食べ物ブース。
今年はトウダイ・レストラン(寿司)、
うどんと稲荷寿司の店、
酒饅頭の店
焼きそばとたい焼きの店、
そして何故かハワイアンBBQ。

初日から大人気の店は、
たい焼きと焼きゾバの店。
どちらに人気が集まっているのか知らないけれど、
長い待ち列が会場を横断している。
そして他の店は暇、、、、。
少しばかり並んでいる客も、
本当はたい焼きが食べたいのだけど、
待つのが嫌で此処へ来ました風。
ハワイアンBBQはそんな客も来ない完全敗北の様子。
全く商売の成功不成功は何が原因なのか解らない。
個人的にはうどん大好き人間なので、
たい焼きも焼きそばも気にならない。

ぼくはおにぎりを持ってきた。
大好きな梅干し入り。
日本食マーケットのおにぎりを真似て、
海苔は大きさに切って別にしてある。
食べる時おにぎりに巻くと、
ぱりぱりの歯触りが何とも言えない。
磯の香りがぱっと口の中に広がる。
梅の酸味が口内に適当な湿り気を呼び出し、
やがて其れらは一体となり、
おいしい、、、。
これこそ至福の瞬間。
これに青ネギのみそ汁があれば、ぼくは昇天するだろう。
それはちょっと困るので、熱いお茶にした。
半分昇天。
[PR]

by shinia62 | 2006-11-20 09:26 | シニアの時間 | Comments(0)