ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 25日

オーデションその成り行き。

c0053177_1319628.jpg


 朝早く電話が鳴った。エージェントのリーだった。3度目の電話
なので覚えの悪い私も彼女の名前を覚えた。「やっと話す事が出来
ましたね。オーデションに今日これますか」彼女の元気な声が響く。
オーデションは昨日だと聞いていたので、自分にはチャンスが無い
ものと思っていた。12時半だと言うので「行きます」と叫ぶ。

 教えられたアドレスは大きな家だった。こんな所でオーデション? 
ノックをするとドアが開いて、赤いシャツの若い女性が出てきた。
彼女がリーであった。大きな部屋の中に三脚に乗ったカメラが一台。
誘われて中へ入ると、「此の用紙に書き込みをしてください。それ
からカメラテストをします」名前や住所、身体のサイズなどを書き
込んで渡す。カメラテストが始まる頃、アジア系らしい筋肉隆々の
若者が入ってきた。彼もオーデションに来たのだ。CMの役につい
て少し聞いていたので、身体の良い男が居るのは理解出来た。身体
に刺青が入りマッチョを気取っているが目が優しい。

 カメラの前で幾つか質問され、それに答える。カメラを操作する
のはもう一人の背の高い女性。紹介されたけれど名前を忘れた。短
い台詞を英語と日本語で言う。そして最後に吹き矢を拭く演技。う
む、何だろう此れは。一方、マッチョの彼は上半身裸でポラロイド
撮影中。何とも眩しく目眩がする。
 ビデオ録りが終って背の高い女性がリーに言った。「I like him」。
私に恋したと言う訳ではなく、「此の人は役にぴったり」そんな意
味。

「出演が決まれば撮影は10月の2日に成りますが、予定は大丈夫
ですか」とリー。そこでどう切り出すか充分練習していた日本行き
の事を告げる。「あら、それなら駄目じゃない」とリー。私も一緒
に顔を曇らす。最初からこう成るのは解っていた事。オーデション
の経験をしたかっただけ。すみません。心で詫びる。

 ところがだ、話しはそこで終らなかった。リーが「此のコマーシ
ャルは全国版で出演料も良いし、Residual(放送される度、再放送
料が出演者に払われる)なので良い収入に成りますよ」と言うのだ。
「あなたの役は台詞も有りますし凄いチャンスだと思いますが」。
それを聞いて私は思わず「日本行きの航空券を棒に振ってもやる価
値ありでしょうか」などと質問する。「勿論、それどころか日本へ
は5.6回行けますよ」。「日本行きの前に出演が確実に成るのだ
ったら、予定を変更しても良いですが」と言ってみる。出発を1週
間遅らせたら良い。日本へ出発の前に結果を知らせると言う事で、
私は帰ってきた。さてどうなる此の結末。もう仕事が手に付きませ
ん。他にも候補が居る訳で油断が出来ないぞ。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-25 13:12 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
2006年 09月 23日

CMの話し。

 家へ帰ったらエージェントからメッセージが。コマーシャルのオ
ーデション受けないかと言う内容。うれしいが、明日と言われても。
一応連絡したけれど返事が来るかどうか。やはり携帯電話が必要か
なあと真剣に考える。

 次の日、エージェントから折り返し電話が来たものの、私は小東
京で仕事だったので又留守電。こんな事で仕事取れる訳ないね。や
はり携帯電話が必要だ。此の台詞を何百回言った事か。実行が伴わ
ない私です。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-23 01:05 | はりうっど、ハリウッド | Comments(4)
2006年 09月 22日

左右混乱

 歯科医で仮歯を入れる。このままで日本行きと成る。旅行中に取
れた場合の注意を聞かされる。その可能性ありと言う意味なのか。
其れは困るぞ。出来るなら旅行中に歯の心配はしたくない。仮歯を
入れたのはK医師ではなく助手らしい女性。夕食時にその歯の調子
が悪くて心配に成る。入れたばかりで馴染んでいないせいなのか。
月曜日までこの調子なら直してもらわなくては。

「顔をもう少し右に向けてください」と歯科医に日本語で言われ、
どっちだったか一瞬混乱した。考えてみると日本語で左右を考える
事が殆ど無くなっている。その事が一番気になる車の運転時は英語
の看板ばかりだ。ミクシイで水彩画のコメントをしている時、右側
が重過ぎると言おうとして、左側と言ってしまったり。左右を混乱
する人は結構居る。私は其れが無いのが自慢だった。それなのに此
の混乱は何故。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-22 11:59 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 09月 21日

OSダウンロード、、あなたの名前は

◇マックOSをダウンロード
 昨夜からマックOSのダウンロードに挑戦している。9時半に始
めてそのまま10時にベッドへ入る。ダイアルアップで117MB
のソフトをダウンロードするのだから何時間掛かるやら。夜中、ピ
ヨンの音で目が覚めた。インターネットの接続を切られたと直ぐ気
が付く。時計を見ると12時である。3時間半で24MBがダウン
ロードされた。気が遠く成りそうな作業だ。接続が切れたら最初か
らやり直しなのか。とにかくもう一度挑戦を開始した。嬉しい事に
それまでの24MBは残っていた。引き続きダウンロードが始まる。
良く見るとダウンロードのウインドウに一時停止のボタンが有る。
此れを使えば休みながら出来そうだ。
 朝9時、此れまで何時間掛かったのか計算する気もない。10時
間程だろうか。86MBダウンロードされた。それもこれも短編映
画「無」の予告編を見る為だ。私の此の執念は何だろうか。
 昼食前にOSダウンロードを終った。私のパワーブックはOS1
0、3、9に更新された。次はクイックタイムの最新版をダウンロ
ードして更新は完了する。そちらの方は午後9時を回った頃ダウン
ロードを終えた。

◇歯医者を紹介してくれた知人の名前は。
 午後2時から歯茎の治療だった。治療後、事務所で支払いをして
いる時、事務の女性が「此の歯医者を紹介したと言う知人の名前を
教えて貰えますか。お礼がしたいので」と言う。私の様に金の掛か
る患者は大歓迎だもんね。意地悪ではないが紹介者の本名が解らな
い。インターネットで知り合ったので、最初からニックネームの付
き合いだ。本名を聞いた事が有るかも知れないが、私は名前を覚え
れない事で有名。「今度来る時までに訊いておきます」と答えて返
ってきた。感謝の気持ちが有ったら私の治療費を安くして欲しいの
だけど。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-21 05:16 | シニアの時間 | Comments(6)
2006年 09月 21日

クラス4日目のデモ作品

c0053177_9181380.jpg

ヨセミて水彩画クラスの4日目は、
アワニホテルの裏を流れる川と石橋を描いた。
私の一番好きなスポット。
静かだし、水が有る風景と言うのは心休まる。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-09-21 04:22 | Comments(2)
2006年 09月 19日

公証人、電話請求書

◇在留証明期限切れ。
 6月に作成した在留証明書が、送るとか日本へ行くとか迷ってい
るうち期限切れに成った。朝一番に小東京に有る公証人の事務所へ
出掛ける。前回の書類通りのものを、新しい日付で作るだけなので
仕事は直ぐ終る。その書類を日本国総領事館で真正証明するとある
ので、領事館へ行ったら「州のスタンプが押されているのでこちら
で証明する必要はありません。そのままで大丈夫です」と言われる。
私もそう思うが一応手引書通りに動いている。
 厚生年金の準備はこれで完璧、、、と思う。

◇電話会社の請求書
 電話会社の請求書に取っている筈の無いCaller IDのサービスが
請求されている。気難しいシニア魂を刺激され文句の電話を掛ける
事に。カスタマーサービスの番号を打つ。全く予想しなかった言葉
が受話器の中で響いた。「チンプンカンプン、テンシンメン、カン
トンメン」。文字通りチンプンカンプン。中国語だった。何故だろ
う。請求書に載っている電話番号は此れだけなのに。間違い電話? 
もう一度掛け直す。やはり中国語。アメリカが中国に占領された話
しも聞いていない。
 他に電話番号は無いかと請求書の裏を見る。びっしり詰まった小
さなプリントの中からようやく見つけた電話番号。今度は間違い無
く英語だ。コンピューターとの会話を終え、ようやく人間が出てき
た。無人島で人間に会った時の感動はこんなものだろうか。サービ
スを外してもらい一件落着。次いでに請求書に載っている電話番号
は何故中国語なのか訊く。請求書の名前がアジア系だったら自動的
に中国語のナンバーを載せるのか。電話の男はそれには答えず「英
語や日本語のナンバーもありますよ」と言う。「此処はアメリカだ
英語の電話番号にしろ」と私は受話器に怒鳴った。と言う程気難し
くないのが私の良いところ。因に日本語と英語のサービス番号を手
に入れた。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-19 11:33 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 09月 18日

短編映画予告編

 ミクシイ仲間から「此処で短編映画『MU』の予告編が見れます」
とメッセージが来た。「MU」とは私が準主役の短編映画。その後何
も言ってこないので、どうしたのだろうかと思っていた。遂に完成
したらしい。アドレスもあるのでクリックしてみる。ページが開い
てダウンロードが始まった。ところがである。何時も使っているク
イックタイムが見つかりませんとマックが。何故こんな時に問題が。
ダウンロードは出来たが再生すると画像が無く音声だけだった。私
の台詞が以外に良い感じで聞こえてきた。画像が見たい。アドレス
は此れ。http://muthefilm.com/誰か予告編を見てどんな出来か教
えて。ちなみに音声の方は良い感じである。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-18 12:34 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
2006年 09月 18日

エキストラ登録更新

 病院から真っすぐバーバンクへ。キャスティングエージェンシー
の事務所へ行く。エキストラ登録の更新をする為だ。窓口で書類を
貰い必要事項を書く。2度目なので余裕がある。何時もの事だが忙
しい場所だ。今日は中近東系の顔が多い。アジア系も何人か居た。
 手際良く事が運んで、昼前には事務所を出た。バーバンクからガ
ーデナに戻り深川で昼食。ちょうど昼時間で混んでいた。

 私の向かいのテーブルで、日本人の中年男が咳き込んでいる。本
格的な咳だ。近いので嫌な気持ち。それを見ながら思った事が。

 咳をする時軽く握った手を口の前に当てる。あれは何故だろうか。
良く見ると軽く握った手は筒の様に成り口の前に有る。あれで咳を
したらウイルスは筒を通って何倍も遠くへ飛びそうだ。ハンカチで
口を覆ってくれたら良いのだけれど。HIVウイルスをその方法で
飛ばされたら、大量虐殺兵器と成る。などと妄想していたら注文の
天丼とかけそばが運ばれてきた。おいしい。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-18 12:33 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2006年 09月 18日

採血

 日本へ行く前に健康チェック。病院へ行く。実は過去3週間程下
腹部が苦しくて気に成っていた。便秘かなあと思ったけれど。通じ
は普通にあるし。そのうち脇腹が痛く成って、盲腸かもと心配しだ
す。病気に対して思い込みの激しい私である。
 診断の後「別に悪いところも無い様ですが」とドクターは言う。
聴診器を胸に当てたくらいで癌かどうか解る筈は無いでしょうに。
と不満に成る。「一応血液検査と尿の検査をしておきましょう」。
大丈夫だと言われ精神的に楽に成る。日本行きを前に大病に成った
らどうしようかと心配していた。

 以前日記に「私の行くカイザー病院は、採血で青あざに成る事が
無い。看護婦の腕が良い」と書いた。ところがその良い評判がもろ
くも崩れた。
 今日私の採血をした看護婦はブロンドの大女。元若乃花を女にし
たよう。血管が細い私の腕を擦ったり叩いたり。それでも血管が出
ないので、右手に替える。それでも駄目で、「やっぱり左手出して」
と宣う。雲行きが怪しい。素人目にも血管らしきものは見えない辺
りに注射針をぶすり。その頃まではさすがプロ私に見えない血管も
見えているのだと感心。
 注射器に血液が上がってこない。どうしたのか。大女は注射針を
抜く事なくあちこち方向を変える。此れは痛い。拷問だ。お前はナ
チの回し者か。良く見ればドイツ女に見えるぞ。「やっぱり駄目ね」。
悪びれる事なくあっさり言う。今度は一段サイズの小さい注射針を
手の甲に突き刺した。痛い。私の叫びに快感の笑みを浮かべる大女。
細いチュウブを通って血液が上がって来た。ホッとする。拷問も此
れで終わりだ。手の甲に青い痣が残った。腕に番号の刺青を入れら
れるよりは良いけれど。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-18 12:31 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 09月 17日

学生映画出演

 電話のベルで目が覚めた。状況が掴めないまま飛び起きて受話器
を取る。若い女性の声で「さむでしょうか」。何だこんなに朝早く
と思う。「ナウ・キャスティングであなたの写真を見たのですが」。
学生フイルムへの出演話しであった。遊び程度で登録したウエブキ
ャスティングページだが結構反響がある。時計を見るとまだ夜中の
12時である。日曜の朝かと思っていたので、最初話しが噛み合な
かった。
 明日の撮影に参加してくれないかと言う。日曜日は休もうかどう
か迷っていたのだが、その話しを受けて休む事にした。撮影は日曜
の午後2時だ。場所はUSC近くのミートマーケット。

 この映画を創る女学生のRと主役の若者P。挨拶をして撮影の準
備。なんと私を入れて3人だけの撮影隊。Rが監督、カメラ、脚本、
その他全部やるらしい。私の出るシーンはほんの少しだけ。台詞無
し。しかし印象の強い大事なシーンなのである。
 店に買い物に来ていた可愛い女の子と母親を口説いて映画に使っ
てしまう要領良さ。Rのやる気がこちらに伝わって力が入る。ただ
その女の子、歯がゆい程に頼んだ事をやってくれない。母親はいつ
の間にかステージママと化しててんやわんや。どうやらそのシーン
を終えてホッとする。
 その辺りから彼女の繊細な撮影態度に感心する。最初の学生フイ
ルムの経験では、撮影は大掛かりだったが監督の優柔不断な態度で
やる気をなくした。それに比べRは頭の中にしっかりとイメージが
出来ていて妥協を許さない。3人で意見を交わしながら撮影を進め
る。とても楽しい経験と成った。2、3分程のシーンだろうか。結
局3時間掛かった。

 マーケットのコンドーム売り場。若者が沢山並んだ色とりどりの
パッケージを見ている。初めての経験にドキドキしなが迷っている
のだ。その時横から手が出て、左端に有るコーンドームの箱を掴ん
だ。ゆっくり持ち上げる箱がアップに成る。「マグナム」とコンド
ーム名が大写しに成る。そしてその下に書かれている文字は「巨大
サイズ」。この映画コメディーなのだ。
 若者の目がその手を追う。そこには小柄なアジア人シニアが。
(私は背が高過ぎて靴を脱いだりと頑張った)
 アジア人と若者の目が合う。暫く見つめ合った後、アジア人はに
たっと笑い嬉しそうに去って行く。

 カット。
[PR]

by shinia62 | 2006-09-17 12:54 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)