<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 31日

日本国総領事館

c0053177_1157458.jpg


ロサンゼルスの日本国総領事館に電話をした。
30年余りのアメリカ暮らしで初めてだ。

女性が電話に出たので用件を伝える。
「少々お持ちください。係の者と変わります」
 別の女性の声が直ぐ電話に出た。
なんだか元気の無い眠そうな声だった。

一方こちらは初めての電話で自意識過剰。
電話の前に発声練習までした。
なんとなく背筋を延ばして同じ用件を繰り返す。
それなのに彼女のぼさっとした喋りが私の調子を狂わす。

「今係の物が居ないので、、、金曜日に電話してくれませんか」
せっかく気を入れて電話したのだけれど、
そう言われては返す言葉も無い。
どうしようもない物足りなさを感じながら電話を切った。

金曜日ね。
忘れてはならないとカレンダーに書き込む。

割れていて見る事が出来なかったDVDを返しに行った。
事情を説明する。
「この映画はDVDこれしか無いんですがどうしますか。
他の映画と交換しても良いですよ」

昨日店内を見たとき、
本当に見たい映画が無くてこれを借りたので、
他に見たい映画が見つかりそうも無い。
それでDVD料金を返金してもらった。

DVDが汚れていてモザイクに成ったり
止まってしまったりは時々あるが、
割れたDVDを借りたのは初めての事だ。

もう少し気を付けて手入れをしたら良いのにねえ。
従業員の教育がなってないぞ。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-31 11:25 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 05月 30日

メモリアルディーは映画をどうぞ。

c0053177_23242526.jpg


メモリアルデーの祭日である。
お墓参りに行く日である。(笑)
ブルースの墓に行こうかと考えた。
だが、みんなが同じ日に行けば墓は混む訳で、
混雑が嫌いな私は遠慮する事にした。
日を外して静かな墓参りをしようと思う。

ビデオ屋さんでレンタル映画を2本借りた。
大ヒットしたディズニー映画「ナルニア」それと「ハイスト」。
ナルニアは大いに楽しんだ。
私はファンタシー映画が好きなのだ。
CGの素晴らしさを楽しむだけでも観る価値有り。

夕食後に観ようと思ったハイスト。
タイトルを聞いた事もなかった。
ジーン・ハックマンが出演していて、
カバーデザインを見た限りではらはらドキドキの
アクション物のようであった。
それなら私も楽しめる。

見る前に必ずDVDをチェックする。
手垢が付いていたりすると、
画面がモザイクに成ったり止まったりする。

汚れは無いかと光を当てて見たら、
なんとDVDが中心から半分割れている。
そう言えば、
店員がケースのロックを取る時、なかなか取れずに苦労していた。
ようやく取れてふたを開け中のDVDデスクをちらっと見る。
私もそばに居て見たのだが、
デザインが描かれた側のデスクを見ただけでは、
異常は見えなかった。
楽しみにしていたのに残念。
明日取り替えてもらうとするか。

でも棚にハイストは1個しか無かったなあ。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-30 12:30 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 05月 30日

初代マックと厚生年金の話し。

c0053177_10465246.jpg


気が付けば10年前のこの月、
初めてコンピューターを買った。
パワーマック7500/100。
その年の最新モデルだった。
マニュアルと電話によるマックヘルプラインを使って独学した。
最初の一週間は眠れぬ夜を過ごした。

出来ないと簡単に諦める訳に行かないのだ。
最高のモニター、最高のプリンター、最高のスキャナーを揃えて、
全財産8000ドルをつぎ込んだのだから。
10年前はそれらの機器は今の何倍も高価だった。
あの時の自分の頑張りに拍手を送りたい。

そのマックは今でも活躍している。
そろそろ新しいデスクトップが欲しいなとも思うが、
問題無く動いている初代マックを替える理由も無い。
元気なうちはこれからも付き合って行こう。

小東京で会った日本人女性と話しているうち、
話題が日本の厚生年金の事に成った。
そしたら彼女、
「ロサンゼルスで年金の手続きが出来ると新聞で見たけど」
 と言う。
それが本当なら助かる。
日本国領事館に電話して詳しい事を調べてみるか。
私は最初から日本へ意識が行っていて、
地元の日本人コミュニティーを忘れていた。
ロサンゼルスで日本の選挙に参加出来る昨今、
厚生年金の手続きが出来ても驚く事ではあるまい。

今日の午後、
こちらに住む2人の日本人男性と同じ事を話したら、
「こちらでは出来ませんよ」
 と言われた。

この様な情報は自分で確かめるのが一番のようだ。
噂に振り回されるのは時間の無駄。
来週やる事が出来て良い事だ。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-30 10:47 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 05月 30日

小さな恋人

c0053177_4584012.jpg


(画像は羅府新報より拝借。)

5/30/2006

トシコ・ムトーの「小さな恋人」。
女性自身に連載され大ヒットしたこの漫画。
独特の描き方がチャーミングな漫画だった。
ピーク時には25誌に連載していたとか。

その彼女が漫画を完全に止めてアメリカへ。
1968年の事だそうな。
私なら成功を投げ打ってアメリカへ来るなんて出来ない。
お金持ちに成ってアメリカへ遊びに来る。

ロサンゼルスに住み、
デズニースタジオを始めいろんな仕事を経験する。
漫画はその後40年間描いていないと言う。

小東京で日本語新聞「羅府新報」を読んでいたら
そんな内容の彼女の記事が載っていた。

そのトシコ・ムトーが40年振りに漫画を描き始めた。
勿論「小さな恋人」。
羅府新報に連載される。
この漫画を良く知るおじさんには、
懐かしく嬉しいニュースである。
暫くとってなかった羅府新報、
又読み初めても良いかなと思ったりする。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-30 05:01 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 05月 26日

ダヴィンチ・コード

c0053177_11523646.jpg


昨日から今日の午前中に掛け、
いつになく真面目に絵を描いた。
こう描くと何時もは真面目に描いてない様に思われそうだが、
たしかに最近絵に力が入っていない(笑)。

真面目に描いた褒美に、
午後は映画鑑賞に出掛けた。
話題の映画「ダヴィンチ・コード」
予想した通りあまり良く理解出来なかった。
この手の映画は
ある程度の知識が無いと理解しにくい。
前半途中で眠気が差した。

普通の日の昼間なので観客は少なかった。
それにしてもポップコーンやコーラーを
どっさり箱に入れて運んでいる人の多い事。
食べたり飲んだりしないと映画も観られないアメリカ人。
人口の70%が肥満も無理は無い。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-26 11:53 | シニアの時間 | Comments(4)
2006年 05月 24日

刺身盛り合わせ。

c0053177_12371747.jpg


突然刺身が食べたく成った。それとみそ汁。
暫くご無沙汰している。
仕事を中断、近くの日本食マーケットへ。
早い時間だったので、刺身の盛り合わせが選り取り見取り。
レストランで普通に食べてチップを置けば、
このくらいの出費に成る。
そんな考えから、一番豪華なのを買う。
味噌は作るのが楽な味付き味噌。

昼食は家でテレビを見ながら食べる。
番組は私の好きなアイラブ・ルーシ。
同じ話しを何度も見ているけれど、
その度に飽きもせず笑っている。

絵を描きながら読書。
最近はこんなパターンで時間が過ぎる。
絵の具が乾く時間をいかに有効的に使うか。
読書は其の為のアイデアだ。

夕食は残りの刺身で済ます。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-24 12:23 | シニアの時間 | Comments(2)
2006年 05月 22日

ブレークファスト・クラブ

c0053177_8403691.jpg


昨日は小東京で仕事だった。
天気が良くて気持ちの良い一日を過ごす。
日曜日も頑張るぞと力が入る。
しかし、朝起きたら雨の予報。
外はどんより曇っている。

本格的な雨に成る事は無いだろうが、
心配しながら仕事をするのも嫌だ。
そこまでする程良い商売が出来る訳ではないし。
仕事は止めた。

それでも小東京へ行く。
我らシニアのブレークファスト・クラブに顔を出したい。
先週末は行けなかったので2週間振りだ。

フリーウエイに乗ると、
小雨がフロントウインドウに小さな水滴を作る。
この際だから雨がどっと降ってくれれば、
私の決定が正しかった証明に成る。

小東京のミツルカフェーへ着く。
開店前だ。
早くから着ているジョンと外でお喋り。
開店5分前に成ったら他のメンバーも現れる事だろう。

しかし開店しても他に誰も居ない。
とにかくテーブルに着く。
2人だけなので小さなテーブルだ。
朝食を注文して直ぐにヘクターがやって来た。
今日の朝食会はジョージ抜きだ。

お喋りしながらふと思う。
何時も集まる4人を主人公に小説が書けそうだと。
勿論私にその能力が有ったらの話しだが。
各々の人生がそれだけで面白い。
真実を書くだけで、
興味深いキャラクターが出来上がるだろう。
2時間程でお喋り会は終った。
昼前に家へ帰り、車の荷物を降ろす。

テレビのチャンネルを意味も無くカチカチやっていたら、
映画ベーシック・インステンクトが始まるところだった。
良いタイミング、この映画はまだ見ていない。
評判になった作品だ、楽しめるに違いない。

映画が終って気が付いたら、
今日の日はもう暮れようとしていた。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-22 08:41 | シニアの時間 | Comments(0)
2006年 05月 20日

こんな金曜日

c0053177_4395332.jpg


何処へも出ずに家で仕事。
小東京へ持って行く作品3点に額縁を付ける。
仕事の合間に読書。
大声で朗読するので結構疲れる。
午後、荷物を車に積んで明日の準備は終る。

小東京の弁当はおにぎりから混ぜ御飯に変えた。
いろんな野菜を入れて醤油で味付け。
これならおかずも要らなくて便利。
先週末にこれを作ったところ大好評だった。
と言っても自分の事ですが。
それで気を良くし今週も同じ弁当に。
後はお茶だけの質素な昼食。

午後3時頃に仕事が終る。
朝が早いので、2時過ぎには疲れるのだ。
その後夕食まで古い映画を見たりした。
今日はブルースのコレクションから「オズの魔法使い」を見る。
ブルースはこの映画が大好きで台詞を暗記していた。
ドライブの時、車の中でそのシーンを演じたりした。

映画を見ながらそんな事を思い出した。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-20 22:09 | シニアの時間 | Comments(4)
2006年 05月 19日

風景画 1

c0053177_624679.jpg


c0053177_605412.jpg


↑上の写真から以前描いた風景画です。
今回は同じ風景を違った雰囲気で描きます。


c0053177_671697.jpg


↑まずサムネイル・スケッチを描きます。
水彩画の場合コントラストの失敗はやり直しが効かないので、
何処を暗くするとか何処に光を当てるとかをよく考える事です。


c0053177_8104177.jpg


↑基本的なアイデアがまとまったところで、
水彩画紙にスケッチしましょう。
軽くガイドラインを引く程度。描き過ぎて紙の表面を汚さない事。
この画像では殆どスケッチが見えませんが、
それで良いのです。(笑)  


c0053177_8181766.jpg


↑明るい色から塗り始めます。
濁った色にならない様気を付けましょう。
1度に3色以上の色は混ぜない事。
偶然な滲みや隣の色とのミックスも水彩画の面白さ。
この辺りまではのんびりですが、
次のステップからが大事です。



c0053177_8243167.jpg


↑中間色と強い色で全体をまとめて行きます。
スケッチの線は気にしないこと。
サムネイル・スケッチの効力はここから出てきます。
この段階で全体の雰囲気が出来上がるのです。


c0053177_8334342.jpg


↑画面中心の大きな木や、その他の木々を書き込みます。


c0053177_8362414.jpg


↑中心の木の左側に光を当てる。
細い筆で水を塗りテッシュで色を拭き取ります。
これで出来上がり。


c0053177_8503682.jpg


↑木々のクローズアップ。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-19 06:21 | 水彩画のこと | Comments(6)
2006年 05月 18日

これは何の衣装?

c0053177_1485110.jpg


戦時中の日本で、
このイラストの様な服装はどんな職業でしょうか。
解りませんか。
私も解りません。

クリント・イーストウッドの最新作映画
硫黄島からの手紙で私が着た衣装です。

硫黄島については全く知らなかった私。
何処か遠くの島かと漠然と思っていました。
そこに日本人の住む村が有ると聞いて。
そんなところに日本人が住んでいるの、
などとボケかましてました。

硫黄島は東京都の一部と聞いて、
信じられない私でした。
本当なの?

無知もここまで来ると立派です。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-18 14:16 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)