<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

カリビアンの海賊

c0053177_13135259.jpg
パイレーツ・オブ・カリビアンのエキストラオーデションへ行ってきました。仕事そっちのけのこの頃です。エキストラの質問要項に「頭を剃る事に同意しますか」ってのが有りました。もともと頭髪はそんなに残っていませんし、以前からスキンヘッドしてみたいと密かに思っていましたから、即イエスと書きました。どんな風に成るのか楽しみです。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-31 13:15 | シニアの時間 | Comments(4)
2005年 07月 31日

7th Heaven

c0053177_12541224.jpg
 さるさる日記のイラストをこちらに載せる事にしました。(笑) 先日のエキストラ仕事はテレビドラマでした。150人と言う大勢のエキストラにびっくり。タイトルは7th Heavenと言う事ですが、私は聞いた事有りません。テレビドラマは見ないもんですから。どの局で放映しているのか見当もつきませんわ。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-31 13:01 | シニアの時間 | Comments(0)
2005年 07月 23日

いろんな意味で熱く成る公演でした。

c0053177_1155052.jpg
 先日見た和太鼓の演奏は素晴らしかった。最後のグループの巨大太鼓のプレーヤーは、ふんどし1つで大熱演。演奏もそうですが、視覚的に興奮してしまう私。隣にジョンが居るので凄い自意識過剰に成っちゃうし。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-23 11:57 | シニアの時間 | Comments(2)
2005年 07月 20日

ポインセチア

c0053177_23261952.jpg
 昨年のクリスマスに買ったポインセチア。捨てるのは可愛そうと、玄関前に出して水をやっていた。枯れたら捨てれば良い、そんな気持ち。あれから7ヶ月経った。クリスマス時期には鮮やかな赤だった葉がいつの間にか緑に。このまま育てたら今年のクリスマスには又赤く成るのだろうか。だったら良いね。毎年同じポインセチアを飾れるもんね。(笑)
[PR]

by shinia62 | 2005-07-20 23:28 | シニアの時間 | Comments(4)
2005年 07月 19日

発見

 ヤフージャパンに自分の名前を打ち込み検索。そんな遊びをしてましたら、昔あるウエブページに投稿した、こんな文を見つけました。これは「何時」「何処で」「誰が」の様に3つの言葉を与えられ、それを使って800字以内にまとめると言うもの。内容を殆ど忘れていて、他人が書いたものの様に読みました。せっかく見つけたのでここに紹介します。
c0053177_10162421.jpg
 タイトル「B氏からの手紙」

「平日、正午に会いたいのですが」
 男は言った。何の事か解らなかった。この奇妙な男が家の前で不可思議な行動を始めたのは3日前からだ。朝、何処からともなく現われ、家の中を伺っているようだった。放っておいたら正午には姿が消えた。服装は濃紺のスーツ姿だ。カリフォルニアの気候には暑苦しい色だ。きちっと手入れされた黒い髪、黒いサングラス。映画「マン・イン・ブラック」のキャラクターの様にも見えた。

 3日目の朝、コーヒーカップを窓際のテーブルに置くと、今日も居るだろうかと外を伺う。姿が無い。ホット胸を撫で下ろし、熱いコーヒーを口に運んだ。
 次の瞬間、私はそのコーヒーを口から噴き出した。熱かったからではない、黒いサングラスの顔が、窓に張り付いていたからだ。一瞬恐怖を感じた私の顔が緩んだ。その顔に親しみが持てた。ちょっととぼけた雰囲気、タモリが窓の外に居る。そんな感じだ。そして可笑しくなった。

「何か用でしょうか」
 外へ出て男に訊く。その答えが「平日、正午に会いたい」だった。彼の言葉には逆らえない何かがあった。
「月曜日は仕事が有りますが、昼休みに会っても良いですよ」
 男は「明日の正午、近くの公園で」と言い残して消えた。

 約束通り男は待っていた。
「実は私はあの世からのメッセンジャーです。B氏からのメッセージが有ります」
 彼の口からB氏の名前が出てうろたえた。私の親友だった彼は4ヵ月前に無くなった。いつも元気な男だったので、そのショックに目の前が真っ暗になった。死因は心筋梗塞だった。
 男は封印された白い封筒を差し出した。

 その手紙を読んで私は泣いた。私とB氏の他には知る由もない内容が書かれていた。それを読み終わった時、心の底から痛みが消えるのを感じた。彼はこの世に思いを残す事無く逝ったのだと確信した。

 読み終わるのを待って男が言った。
「私はその手紙を持ち帰らなくてはなりません」
 手紙を男の手に返すと、男はふっと消えた。

 誰も信じてくれそうにない話しだが、そんな事はどうでも良い。あれから私は元気になった。彼の死で苦しみ続けた日々、それを癒す答えが全てあの手紙に書かれていた。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-19 10:19 | シニアの時間 | Comments(0)
2005年 07月 08日

良いもの見つけた。

c0053177_1223784.jpg
 遠い昔の事ですが、墨絵を描いていた事がありました。奥が深くてとても面白かったのですが、止めました。描いた後の表具の仕事が嫌だったのです。描いたまままだと薄い紙がごわごわに成りますが、それを奇麗に伸ばす作業です。その道の大家とも成れば専門の表具師が着くのでしょうが、初心者の私は全部自分でやるのです。絵を描くだけなら良いのにねえ。
 押し入れの掃除をしていたら、その頃の墨絵を見つけました。可愛い絵なのでプリントを作って売る積もり。転んでもただで起きない私です。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-08 12:25 | シニアの時間 | Comments(2)
2005年 07月 07日

寿司食いねえ

c0053177_12294419.jpg
カウンターで寿司を注文しながら食べた経験がありません。下手な事言ったらシェフに怒られそうだし、値段も分からず食べる程金持ちでもありません。現在は明朗会計なのかもしれませんが。私の情報は古いので。おそるおそる食べるのも美味しくないでしょう。
 とか言っているけど、本当は値段が高くて手が出ません。だから回転寿司とか食べ放題寿司が大好き。気難しい寿司職人の機嫌とる事ないし。それに私は、回転寿司でも特注なんてしません。カウンターで回っているのを食べて満足です。ようするに最高の物を知らなければ、それなりに幸せなのです。
 誕生日のプレゼントに、私の好きなトウダイレストランへ行ってきました。ここだと誰にも気兼ねしないで、勘定書の心配もしないで、充分楽しめます。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-07 12:30 | シニアの時間 | Comments(0)
2005年 07月 05日

ド〜ン、、

c0053177_794035.jpg
毎年の事ではありますが、私のご近所さんは狭い通りで花火やるので怖い。ネズミ花火なら許せます。でも打ち上げ花火級サイズ。しゅるしゅるド〜ン、パチパチパチと音がする度、私の頭の中で大輪の菊が咲きます。もっと広いところでやって欲しいんですが、、、。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-05 07:11 | シニアの時間 | Comments(6)
2005年 07月 01日

アプリコット

c0053177_1223615.jpg
先週末小東京へ来たK氏に、マーケットのプラスチックバッグに入ったアプリコットを沢山貰いました。自分の家の前にアプリコットの木が有り、毎年うんざりする程生るそうです。ジャムにでもすれば良いのでしょうが、K氏も私もそんな洒落た事が出来る訳も有りません。「2、3日うちに食べないと悪く成るかも知れない」と言われました。こんなに沢山有るのを2、3日で食べれるのでしょうか。なんて心配してました。
 でも不思議ですね。なんとなくつまみ食いしているうち、帰る頃には殆ど無くなっていました。もっとちょうだい。
[PR]

by shinia62 | 2005-07-01 12:13 | シニアの時間 | Comments(2)