カテゴリ:はりうっど、ハリウッド( 177 )


2013年 12月 13日

オーデションと、、、

c0053177_1294855.jpg


 オーデションへ行った。場所は良く知るサンタモニカのスタジオだ。小さな待ち合い室は沢山の人達で溢れている。時間が掛かりそうだ。こんなに沢山オーデションに来ているのだからチャンスは無いわと一瞬思う。しかし、チャンスは何時来るか解らない。ベストを尽くしていれば何時か仕事が取れる。経験から勝ち取った売れないタレントの哲学である。オーデションは簡単に終わった。さあ、次のオーデションの準備だ。と書くといかにも勉強しているようだが、タレント業は行き当たりばったり。棚ぼた的チャンスを期待するシニアである。

 オーデションの時間と歯科医の予約時間が余りにも接近していた。間に合いそうも無いので歯科医の方をキャンセルした。今回の場合本当に必要なのは歯科医の予約だと思う。だけど前回のオーデションを断っているので連続断ったらエージェンシーに顔が立たない。そんな思いも有って歯科医をキャンセルした。「その日のキャンセルはキャンセル料を取るのですが、予約時間の変更をこちらからお願いした事もあるので、今回は請求しません」と受付の女性は言った。とにかくこれで一件落着。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-12-13 12:11 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2013年 07月 04日

衣装合わせでございました。

c0053177_13264299.jpg


 水彩画教室の日である。月初の教室はデモをする事になっている。朝から題材探しに忙しい。そんな時に限って他の用事が入ったりする。出掛けようと外へ出たらポケットの中で携帯が鳴った。「さむ、今日午後3時衣装合わせに来てください」だと。昨日のオーデション、仕事が取れると思わなかったけれど取れたらしい。しかし、ちょっと待て午後は教室がある。もう少し早く知らせてもらえたらスケジュールを替える事も出来たけれど、この時間では生徒達がもう皆待ってるよ。なので教室の後で行っても良いかと訊いて見た。「それじゃ係の人と話し折り返し電話します」と言う。とにかく慌てて教室へ。月初日は授業料の支払いなどがあるので忙しいのだ。教室に着き授業料を集めている最中に携帯が鳴った。エージェントかだ。教室が終わったら真っすぐ衣装部へ来てくれと言う。場所はワーナー・ブラザーズ・スタジオである。

 教室を見に来た女性が2人居た。一人は先日ニジヤマーケットの掲示板に貼らせてもらったチラシを見て来たのだと言う。宣伝はこまめにやっておくものだと確信。もう一人はこのコミュニティーセンターのチラシで水彩画教室を知った人だ。2人とも生徒になると良いなあ。

 時間ぴったりに教室を出た。一旦家に寄りメールで送られた詳細をプリントアウト、それを持ってスタジオへ。丁度ラッシュアワーの時だったのでもう大変。気持ちは焦れど車は進まず。衣装係から電話で何処に居るのと催促されるし。老人にはちょっと緊張度が高すぎる。それでも無事目的地に着いた。映画スタジオは巨大なのが多いので場所探しに苦労する。それでも中へ入ったら、以前に何度か来ている事もあって、見慣れた場所があったり、少しほっとする。衣装は3着程来たり脱いだり、写真を撮ったり。無事終わった。なんと忙しい日であったろうか。夕食は私の好きなラーメン屋で済ませた。私のシーンの撮影は金曜日の予定。上手く行きますように。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-07-04 14:05 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2013年 07月 03日

お呼びですか、、、

c0053177_8555331.jpg


 緊急のオーデションが入った。午後に電話が来て直ぐ来てくれと言う。無茶な事言うな、なんてことは言わず良いですよと返事する。心優しいハムアクター(大根役者)である。シャワーを浴びる時間も無く髭だけ剃った。外は結構な暑さ。なので衣装は甚平を着た。オーデションの場所はロサンゼルス・ダウンタウンである。かなり前に一度行った事の有るロサンゼルス・センタースタジオ。大きなスタジオでオーデションの部屋を探すのが大変。あちこち探してようやくたどり着いた。なのに誰も居ない。暫く待っていたらキャスティングの彼女が二匹の小さな犬を連れてやって来た。犬の散歩に出ていたらしい。

 オーデションは簡単で指示された通りの演技を何通りかカメラの前で演じる。私の場合、大恥をかかなければオーデションは成功と言う事になる。メジャーな映画のちょい役だ。台詞は一言だけってのが私向き。このような楽なオーデションばかり来たら良いのにと思う。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-07-03 11:53 | はりうっど、ハリウッド | Comments(4)
2013年 06月 17日

ケーブルテレビ、コメディーセントラルのビデオ。

c0053177_14284116.jpg


ケーブルテレビ、コメディーセントラルのビデオです。私が出演しているのですが解るかな。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-06-17 14:31 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
2013年 06月 08日

久し振り二題

c0053177_929461.jpg


 久し振りその1、日本から帰ったばかりの日本人N氏よりSkypeが入った。最近はSkypeするのはアメリカ人N氏くらいなのでちょっと嬉しい。始めた頃はコンタクトリストを増やして喜んでいたけれど今でそのうち殆どやらなくなった。日本人N氏は日本に6ヶ月アメリカに6ヶ月の優雅な生活を楽しんでいる。出来るなら私も真似してみたい生活だ。日米で作品展がどんどん出来たら凄いだろうなと思う。国際的に活躍するシニア画家なんてね。久し振りだったので一時間以上お喋りしてしまった。なので楽しみにしていたドラマ「相棒」が見れなかった。でもね心配は要らない。こちらの日本語テレビは放映するネタが少ないので同じドラマを三回は再放送する。相棒も今夜再放送される。ところで一時間余りのSkypeでどんな話しをしていたか。思い出せない。まあ、そんな感じのおしゃべりだった訳である。そんな時間も時には必要。おしゃべりの後は心も軽く良く眠れると言うもの。

 とここまでは夕べの話し。そして今日6月7日、久し振りその2、オーデションの話しが来た。1ヶ月振りか。最初に思ったのは「嫌だなあ」だった。嫌ならやらなければ良いと思うでしょう。そうじゃないのである。シニアの生活には適量のストレスも必要なのだ。嫌な事も無く平和な暮らしがしてみたい、なんて言う人も居るけれど、そんな生活をしたら一気に惚けてしまう。だから本人は嫌でも脳に刺激は必要なのである。

 オーデションには何行か台詞も有った。記憶力が低下しているシニアは台詞を覚えるのが一苦労。これが無かったらオーデションも楽勝なのに。それでもなんとか覚えてスタジオへ行った。もっとも台詞をなんとか覚えた程度じゃ役立たずなんだけどこれが限界。それでオーデションはなんとか終えた。しかしである、終わって帰る車の中で楽しむあの開放感。最高だ。これが有るから嫌いなオーデションも頑張れる。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-06-08 12:12 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2013年 03月 10日

驚きの知らせ

c0053177_6365010.jpg


 朝一番にメールチェック。今朝も習慣的にメールをクリック。その時SkypeIMが入った。誰だろうか。日本に居るMさんだった。この時間だと日本は夜中。チャットをタイプしながらメールもチェック。其の中にTさんからのメールが。彼は先日コマーシャルで一緒に仕事をした。「CM流れてますね。サムさん風格がありましたよ」。もうオンエアされていたのか。知らなかった、テレビはあまり見ないから当然だけれど。メールにコマーシャルのリンクが貼ってあったので早速飛んだ。おおすごいぞ、70年の生涯で初めての経験ナショナルTVコマーシャル出演。凄く嬉しい。長年の夢が現実に成った。それでは次の夢は何にしよう。大作映画で主役をやる、そしてアカデミー賞候補に。夢は大きい方が良いと言うけれど、これほど現実離すると夢と言うより単なる冗談だ。其の通り冗談だけど。夢だけは大きい、いや、大きすぎるシニアである。このコマーシャル何時までネットで見れるか知らなけれど、見たい人この指止まれ。何のコマーシャルか、それは秘密。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-03-10 07:00 | はりうっど、ハリウッド | Comments(12)
2013年 03月 04日

残差計算

c0053177_11102076.jpg


 2月14日の日記にコマーシャル出演の小切手が送られて来たことを書いた。一週間前に撮影したばかりのコマーシャルの支払いがもう届くなんて早いと驚いた。それほど仕事を取っていないので確かなことは言えないけれど、普通なら3週間から1ヶ月後くらいだと聞く。

 ハリウッド仕事の支払明細書をバインダーノートに保存している。ハリウッドの先輩R氏のアドヴァイスだ。2月の明細書はまだ整理されていなかったので掲示板に貼付けたままのそれを外した。実は明細書をじっくり眺めたことがない。なので細かな内容を知っておくべきだと思い虫眼鏡まで持ち出して隅から隅まで読んでみた。そしたら新しい発見がありましたね。一番凄い発見は、この小切手は今回のコマーシャルの支払いではなく2012年の1月に撮影したマクドナルド・インダストリアルの追加支払いだったのだ。ハリウッド業界用語でResidual(印税みたいなもの)と呼ばれている。1年後に結構な金額の小切手が再び届くなんて嬉し過ぎ。と言うことはこれからも追加支払いの可能性があるのだろうか。だって、あのコマーシャルは2014年まで使われるらしい。ハリウッド、なんと素晴らしい所だろう。売れない私にまでこんなチャンスがあるなんて。

 頭の中が「捕らぬたぬきの皮算用」で忙しいシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-03-04 11:49 | はりうっど、ハリウッド | Comments(6)
2013年 02月 09日

山谷ブルース

c0053177_1293391.jpg


 今日の仕事は辛かった〜〜♪ 後は焼酎をあおるだけ〜〜♪ この歌を知っている貴方はシニアかそれとも、ちょっとシニアチックの人達だろう。フォークシンガー岡林信康の歌「山谷ブルース」である。この歌は、、、、おっと、そんなことを書くのではなかった。つまりですね。今日の仕事は辛かったってことである。気持は若くても肉体は正直だ。そんなことを教えられた日であった。

 其の仕事は床にあぐらをかいて睨み合ったり見つめ合ったり、、、、つまりそのなんだ。以前の日記にも書いたが、私はあぐらをかけない。歳を取って出来なくなったのではなく若い時も出来なかった。身体が固いせいか。はたまた別の理由か。子供の頃床に座るのは正座であった。疲れて横座りすれば叱られた。小さな村の山奥の家だったが躾は厳しかった。のかな? とにかくあぐらをかけない。それを2時間近く休みなくやらされた。その間ずっと「この仕事はお年寄りには酷だな」と思い続けていた。最後の作業に入ったとき監督が「サムもう少し後ろへ下がってくれない」と軽く言った。しかし私は座布団三枚で尻を持ち上げ騙しあぐらで頑張っていた。腰を浮かし座布団を後ろへ引こうとしたら身体に力が入らない。見事にひっくり返った。慌てて両手で身体を持ち上げようとしたが、両手の筋肉に力が入らない。あぐらがかけないのに無理に座ってたから体全体の筋肉に力が入っていたらしい。わたしゃ芋虫状態でゴロゴロと床を這う。そこへ監督が来て「最後の作業はみんな立ってやろう」と言った。監督、貴方はシニア思いの良い人です。それから作業員全員に抱えられ起き上がる。ああ、恥ずかしい。仕事が終わったとき両足の付根の筋肉が痛くて蟹股で現場を引き上げた。着替えの時も足を持ち上げる事が出来なくて一人で大騒ぎ。明日朝起きることが出来るかな。

 以前ある仕事で、あぐらはかけませんときっぱり宣言、私だけが長老と言うことで立ったまま働かせて頂いたことがあった。なのに何故今回は命をかけあぐらに挑戦したか。それも2時間休みなく。勿論それには深い訳があるのだよ。其のことについてはまた日を改めて書きたい。

 今日は疲れているのだけれど、疲れハイと言うか気持ちが高揚していて何時もより日記が書けますね。疲れ◯◯って言葉もあるし、疲れると変にハイになるもんですな。ハイ。

 年寄りでも疲れ◯◯あるだろうかなどと夢想するシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-02-09 13:21 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2013年 02月 01日

夕食

c0053177_1591033.jpg


 昨日のコールバック・オーデションは突然来た。普通なら前日に知らせが来る。だから一次審査で落ちたのだと理解していた。其の連絡が来たのはオーデションの2時間前だ。ただのオーデションなら其れは無理ですと断るところだ。しかしコールバックだと断る訳にはいかない。と言うより断りたくない。とにかく大急ぎで水彩画教室から家に飛んで帰ると着替えを済ませサンタモニカの会場へ向かった。私のコールタイムは7時30分だった。どうやら間に合った。が時間が過ぎても自分の名が呼ばれない。腹わ減るし待たされるしだんだん機嫌が悪くなる。しかし隣に座っていた女性がもっと長く待っていることを知って気を取り直す。

 ようやく部屋へ呼ばれた。ドアを入るとまずタコスを渡され「これを一口食べて其れからカメラに向かって、、、」と説明される。オーデションで何かを食べる動作をリクエストされることはあったが本当に食べるのは初めてだ。空腹だし演技抜きでも美味しく食べれそうだ。。小さなタコスだけれどこれで餓死を免れる。欲を言えば飲み物が欲しいなあ。調子に乗るな! オーデションは直ぐ終わった。残りのタコスを食べながら会場を出た。今度はステーキを食べるオーデションが無いだろうか。

 限りなく調子に乗るシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-02-01 15:35 | はりうっど、ハリウッド | Comments(0)
2012年 10月 24日

小東京に恐竜が、、、

c0053177_11425234.jpg


 午後の3時頃だったと思います。何時もの様に私は小東京の片隅でサングラスを売っていました。最近は日本人観光客に見放され、小東京ならぬアジアンタウンになってしまった小東京。商売は閑古鳥が鳴くしまつ。良い加減やる気を無くしてました。そんな時です耳慣れないうなり声と共に恐竜が現れたのは。私は完全に凍り付きました。でも良く見るとこの恐竜愛嬌があって人懐っこそう。それで私のサングラスをお一つ如何と恐竜の顔の前に差し出したのです。でも気に入らないらしく首を振る。別のサングラスを2、3個見せているうち、恐竜が本当に怒り出した。サングラスが並んだテーブルを鼻先でひっくり返すと私に迫って来る。だめだ、やられる。

 なんてシーンを小東京で撮影した。ケーブルテレビ、コメディーセントラルのコメディー番組だそうな。この忙しいのに何をやっているんだなどと思うのだけれど、昨日夜電話が来て仕事が入ったのだ。日本旅行で出費があるし、仕事が有るのは嬉しい。なので引き受けた。思うんですが、我ながらやる気満々と言うか。現場には同じエージェントに所属する俳優も居て楽しい撮影だった。良い息抜きになった午後であった。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-10-24 13:57 | はりうっど、ハリウッド | Comments(6)