ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:斉藤おさむ略歴( 1 )


2015年 12月 31日

斉藤おさむ略歴

おさむの略歴は「お知らせ!」の下から始まります。お見逃し無く。

ヨセミテ水彩画教室 2016 
9月5日−9月10日 
教室時間:午前10時より午後2時まで。
各教室1日10ドル(ヨセミテ公園への寄付になります)。
画材は各自持参かアートセンターで購入してください。
インストラクター:斉藤おさむ


ガーデナ水彩画教室
随時生徒募集
場所: Ken Nakaoka Community Center 2階 F室 
水曜日 2 pm ~ 5pm / instructor: Osamu Saito
1670 W. 162nd St. Gardena, CA. 90247. 教室見学大歓迎。

私の作品が掲載されたグラフィック社の水彩画画集です。

c0053177_8445691.jpg
       斎藤 おさむ 略歴

1959年:北海道蘭越中学校卒業後、小樽へ出る。書店で働く傍
      らデッサン教室へ通う。
1959年:↓↓
1972年:看板職人として働く。
1972年:休職、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコをスケッチ
      旅行、一年後帰国。
1973年:↓↓
1975年:看板店再就職、通信教育により挿絵、水彩画を学ぶ。
      同年9月、再渡米。看板店で働く傍らワークショップ
      や個人レッスンで絵画を勉強。
1984年:サイン・デザイン・ビジネス始める。同時にサンゲー
      ブル市水彩画会、ビバリーヒルス水彩画会メンバーと
      なる。
1985年:コロンビア映画「カラテキッドー2」(日本語タイト
      ル、ベストキット2)制作に参加。美術部門のアーテ
      ィストとして日本語看板制作で活躍。
1986年:其れまで描いていた墨絵、油、アクリル画を透明水彩
      一本にしぼる。
1987年:サイン・デザインビジネスを辞め、フルタイムの水彩
      画家として出発。水彩画制作、展示販売に専念する。
1990年:ロサンゼルス郡立美術館に於いてグループ展開催。そ
      の後、同館のレンタル&セールスギャラリーメンバー
      として5年間活動。  
1991年:サンタモニカ、ロサンゼルスでグループ展開催。
1996年:ビバリーヒルス・アートリーグ作品展特賞。
1996年:ホームページ、ギャラリーを開始。
1997年:当地の雑誌「Lighthouse」で紹介される。
1999年:UTBテレビ「素敵な仲間」に出演。絵画制作の他に ニ
      ュースレター「絵筆のひとり言」毎月発行。地元紙に
      も投稿する。
2001年:グラフィック社画集「水彩画コレクション」弟1巻、
      弟2巻、弟3巻へ、水彩画作品掲載される。雑誌KOI
      USAに画家の紹介と作品が掲載される。
2003年:US Town Journalに記事と作品掲載される。
2004年:ヨセミテ国立公園水彩画クラスの講師として迎えられ
      る。現在も続行中。
2008年:ガーデナ水彩画教室で教え始める。
2010年:4月、日本で初の作品展開催。(3人展)
2012年:10月、日本で2回目作品展(2人展) 
2013年:10月、日本で第3回作品展(2人展)
2014年:10月、日本で第4回作品展(2人展)
2015年:10月 群馬県高崎市に於いて 第5回(2人展)

斉藤おさむはハリウッド俳優組合のメンバーでもあり映画やコマ
ーシャルで活躍中。

[PR]

by shinia62 | 2015-12-31 00:00 | 斉藤おさむ略歴 | Comments(0)