ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 05日

いつの間にか10月だ。

c0053177_0485561.jpg


 カレッジの慣れない宿題に振り回されているうち10月に成って
いた。日記書く気分になれない。毎回同じ事を言っているが時の過
ぎるのは早い。ラジオのニュースはクリスマス商戦始まるなどと言
っているし。ちょっと待ってよお。

 サンゲーブル市まで出掛けた。絵画展の作品搬入日が今日なのだ。
いつもなら向こうで食事をしたり楽しむのだが、最近良く行ってい
るし特別やる事も無くなって、搬入が終ったら直ぐ返ってきた。

 家へ帰ったらロングビーチのM氏より電話メッセージが入ってい
た。何かと思えば食事を一緒にしようという事らしい。エルカミノ
カレッジでやっている日系人画家の個展を見てその後食事。そのよ
うな計画であった。彼の知人も来ると言う。日本人ばかり3人集ま
るなんて珍しい。
 個展の方は凄い収穫であった。日系人画家の展覧会と言えば何故
か戦時中の収容所関連が多く敬遠してしまう。しかし今日のはその
内容に圧倒された。水彩画、油絵、イラストといろんな事をやって
いる。特に水彩画が素晴らしかった。ばっちり刺激を受けて会場を
後にした。

 食事は中華に決まる。何人かで食べるのに適している。いろんな
料理が食べられるし。ブルースが亡くなってから中華は初めてだ。
5年振り。1人で中華料理レストランへ行っても楽しくない。久し
振りにどさっと食べて、お決まりの持ち帰り。明日の食事は残飯整
理。M氏の知人マイクは日本人なのに完全な英語フルネーム。若い
頃にアメリカ人の養子に成ったのだろうか。

 腹を抱えて家へ着いたら、大変だ! オーデションが2本も入って
いる。
[PR]

by shinia62 | 2008-10-05 00:50 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by marrrsan at 2008-10-05 09:25
カリフォルニアの日本人画家というとやはり収容所関連の絵ですか。
それが受けると言うこともあるのではないですか?
私はそれ関係の作品では日系2世のRoger Shimomura の作品をNOでみましたが、彼の作品はPop Art の影響を受けていてまた収容所体験も子供だったためにそれほど辛いイメージを受けていなかったとかで一見明るい感じの作品でした。私は好きな作品でしたね。
Commented by shinia62 at 2008-10-05 12:29
ま〜さん
日系アーティストの名前はRobert Tamura。彼の作品は収容所に関係ありません。作品だけ見ていると日系とは解らない普通のアメリカ人画家の作品です。水彩画が最高でした。特に静物、人物が良い感じでした。良い作品を見ると刺激され絵が描きたく成ります。
Commented by lanova at 2008-10-05 13:18
ここのところ忙しくも充実した日々を送ってらっしゃいますね!実は私も先だってオンライン・インタビューをというのを受けまして、新しい仕事をゲットいたしました。世の中便利になったものです。ああ、ありがたや、ありがたや…
Commented by shinia62 at 2008-10-05 13:39
lanovaさん
インターネットは本当に便利です。世界中どこでも距離がありません。インターネットで仕事を得る凄いです。私も頑張って俳優になり、インタービューを受ける日が来るよう頑張ります。(笑)


<< 作品展      切腹だあ! >>