ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 26日

キラリ

c0053177_051365.jpg


 スマイル、、、、と鏡の前で微笑んでみる。白い歯が眩しい。と
言う程ではないが以前よりぐんと白く成った私の歯。やりました。
歯のホワイトニング。決行するまで結構悩んだ。「黄色い歯は健康
な歯」と母親に言われながら育ったので、全然気にしていなかった
のになぜ。気に成り出したのはオーデションを受け始めてからだ。
「はい、カメラの前でにっこり笑って」と言われる度に歯が気にな
る。特に神経の死んでいる前歯一本が黄色い。それを見る度ホーム
レス役にはピッタリだなあと思った。自信が無くて不安げにオーデ
ションを受けるのは身体に悪い。

 歯科医のオフイスへホワイトニングについて相談に行った日、即
心を決めた。「簡単に言えばオキシフルで脱色するそんな感じです
よ」と歯科医が言う。しかしそれで歯を痛め後でぼろぼろに成るな
んてないのだろうか。私の心配性が始まる。しかし「虎穴に入らず
んば虎児を得ず」、「リスク無くして成功は無い」、残り少ない我
が人生、悩む時間など無い。

 ホアイトニングは薬品を歯に塗り紫外線(熱)を当てる。1回15
分間のそれを4回繰り返す。それだけの事。最初説明を聞いた時1
回毎に通院するのかと思っていたのだが一気に4回の照射が終わる。
準備などを入れて2時間程度。「薬品が歯のエナメル質に入り込み
脱色するので沁みる事があります」と言われたが、そんな事も無く
終った。だが、その「沁みる」は終ってからやって来た。時々ずき
ずきと鋭い痛みがあちこちに散らばる。一瞬の痛みで直ぐ無くなる
のでそれ程苦しくはない。その痛みはその後も時々やって来た。痛
み止めを貰ったが使わなかった。痛みに耐えるのはそれ程辛い事で
はない。

 準備は出来た。気に成っていた歯も美しく成った。後は演技の勉
強に精を出すだけだ。オーデションよどんどん来い。最近全然ない
けどエージェントに見捨てられたかな(笑)。

(今日の作品:北海道のブログ友「道里夢」に載った冬景色がとて
も懐かしくて描いてみた。)
[PR]

by shinia62 | 2008-09-26 01:06 | はりうっど、ハリウッド | Comments(8)
Commented by かず at 2008-09-26 09:25 x
紫立ちたる雲の合い間から、こうこうとした七色の光が差し込んで・・・これはやっぱり朝日でしょう!さしあたりタイトルは「希望」ってとこかな ? 黄色に変色した前歯でホームレス役、イメージぴったりで一瞬笑っちゃったよ 、でも主役俳優たらんとする者は歯がきれいでなくっちやぁね!
Commented by Marrrsan at 2008-09-26 10:13
白い歯の次は
黒々とした頭髪でしょうか?
白黒はっきりつけてください。
Commented by shinia62 at 2008-09-26 12:05
かずさん
そう言われてもう一度眺めて見ると確かに朝日の感じですね。しばれる空気が伝わってきます。○コマーシャルをやるにはイメージがものを言うので黄色い歯じゃ相手にされません。道理で今までのオーデション落ちてばかりだった。と歯のせいにする。
Commented by shinia62 at 2008-09-26 12:07
ま〜さん
努力の跡が見られます。座布団一枚。どう見てもお年寄りの顔で髪が真っ黒、気持悪い。
Commented by simple-p at 2008-09-27 10:13 x
こんにちは。りおんさんの家から伺いました。

この絵、素晴らしいですね。
ふるさとの冬の朝を思い出しました。

ハリウッド俳優、是非実現してください。
また伺いますね。
Commented by shinia62 at 2008-09-27 11:25
simple-pさん
初めまして。りおんさん、懐かしい名前。この絵は私の故郷北海道のの冬景色です。俳優業を目指して勉強するのがとても楽しいこの頃です。また遊びに来てくださいね。
Commented by dairinji-nekko at 2008-09-28 00:20
我が家からの風景写真が素晴らしい水彩画となって嬉しいです。
さむさんの白い歯と重ねてキシリ!
Commented by shinia62 at 2008-09-28 04:02
dairinji-nekkoさん
あまりに懐かしくて勝手に描いてしまったべさ。写真とは言え自分の経験から冷たい空気が肌に感じました。雪景色美しいけど厳しいですね。


<< カレッジライフその後      ハンティントン・ライブラリー >>