2008年 06月 15日

お絵描き教室

c0053177_759181.jpg


 スケッチの時にリンゴの光っている部分にマスキング液を塗って
みました。でもこれは要らなかったですね。この程度なら塗り残せ
ば良いことです。


c0053177_802824.jpg


 リンゴ、花瓶、花の基本色をさっと塗ります。こうして全体を塗
り込んで色彩のバランスをチェックします。


c0053177_812019.jpg


 次に背景、テーブルを基本色で塗り込みます。全体の色彩、コン
トラストはここで決まります。


c0053177_821196.jpg


 最後に必要な詳細を描き加え完成です。裸電球のスポットライト
を当てて描きました。暖かい光のきらめきが感じられるでしょうか。)
[PR]

by shinia62 | 2008-06-15 08:19 | Comments(10)
Commented by shinn-lily at 2008-06-15 22:47
はい、暖かい光と背景のブルーに惹かれました。
Commented by かず at 2008-06-16 09:43 x
温もりのきらめき伝わってきます。色のコントラストもとてもいいし、バックの色ずかいと大胆なタッチがとても主役を引き立てていると思います。素人が品評などすみません!これも盗みたい画法です。
Commented by くどうさとし at 2008-06-16 16:10 x
バックはどうすんのかな〜と思って見ていたら、思いがけずヴィヴィッド(ビビッド)な色合いの背景が出現したので、ちょっとびっくり。日本人なら迷わず淡い色を選択する様な場面ですが、さすがアメリカッ!というか西海岸!。ウェストコーストで制作されているサムさんならではの色合いでしょうか。
 背景がヴィヴィッドなのに、花のハイライトやリンゴが輝いて見えるのはさすがです。ボクも今度挑戦してみよう。
Commented by sawa at 2008-06-16 19:15 x
2枚目から3枚目の展開に、ドキッ!としました!こんなに鮮やかな色をバックに塗られるとは!しかもサササッ!と迷いのない筆跡っ!このバックで、お花とリンゴはどうなるの?!と思いました。・・そして4枚目。影が入ったら、こんなにも瑞々しい~!・・はあ~、ため息がでます。こんなに鮮やかな色をたくさん使っていらっしゃるのに、仕上がった絵は、こんなにもやさしくて暖か・・*リンゴの表面の影はこんなに薄いのに艶やか* 水をさしたコップの眩しさ* 魔法ですね・・・すごいです・・☆
Commented by shinia62 at 2008-06-16 21:35
shinn-lilyさん
私はマリーンブルーが大好きです。これ無くして絵は描けません(笑)。
Commented by shinia62 at 2008-06-16 21:40
かずさん
花瓶に使われている瓶のキラキラ感に惹かれて描いた作品です。透明なガラスの感じは面白いですね。
Commented by shinia62 at 2008-06-16 21:44
くどうさとしさん
色の派手さは南カリフォルニアの気候のせいでしょう。画家が使う色彩は住む環境で出来上がると思います。初めてここへ来た時は自然の色の派手さにうんざりしたものですが、今では気になりません。
Commented by shinia62 at 2008-06-16 21:50
sawaさん
絵を描いている時一番楽しいのが決めの色を塗るとき。この作品の場合まさに2枚目と3枚目の間。この瞬間で作品の全容が見え、失敗か成功かが決まります。全ては頭の中で出来上がっているのですが、それを画面に移したとき凄い誤算があったりするものなのです。
Commented by sawa at 2008-06-16 21:56 x
その楽しさが、こちらに伝わってくるんですね~。う~ん。私は描いている時、ワクワクしてるかなあ~。上手に描きたいって縮こまってないかなあ・・と思いました。私なんか、単なる趣味なんだから、いっぱいワクワクしていっぱい冒険して、いっぱいチャレンジしてみればいいんですよね!
Commented by shinia62 at 2008-06-16 23:07
sawaさん
冒険は勇気が要るものです。私もただいま自分の殻を突き破ろうと挑戦しています。これが簡単そうで難しい。絵を描く事の楽しさはそんな事なのでしょう。苦しみを楽しみに変える。


<< そうなの?      さむらい >>