2008年 06月 04日

危機一髪  

c0053177_11363354.jpg


 朝の散歩の後半だった。早朝の住宅街は人の姿も無く静かだ。
見慣れた通りの角を早足に曲った。通りを横切り2ブロックの通り
の全容が見えるところで、私は歩行を緩めた。そこには異様な光景
があった。朝の住宅街にあるまじき風景。まず5、6台のパトカー
が目に入る。次に8人程のポリスの姿。殆どがピストルを手にして
いる。私の目にもっとも異様に映ったのは、その中の3人が肩に下
げている大型の拳銃。武器に詳しくない私は説明に困るが、テロリ
ストが持っているよな機関銃? 

 その通りは私がいつも歩く道。その光景はあまりにも非現実的で
恐怖もない。こんな場合どんな行動をとるべきなのだろう。私は既
に通りに入り込んで居る。ポリスを見て慌てて向きを変え別の道へ
入るのか。いや、それだとまるで犯罪人の行動だ。あんなに物々し
く武装したポリス達が居るのに、通りを閉鎖している訳ではない。
その朝は静かでポリスカーのサイレンだって聞いていない。

 私は歩き続けた。ポリスの側を通るとき中の1人と目が合ったが
無表情で何も言わない。普通ならそんなとき挨拶ぐらいはするもの
だ。私には想像もつかない緊迫した状況だったのだろうかと今思う。
麻薬売人の手入れだろうか。ポリスが拳銃片手になんてのは驚かな
いが、あのどでかい拳銃の不気味さが頭から離れない。

 テレビも見ていないので、なんだったのか今でも解らない。

(今日の作品:スケッチブックより。「テーブルの上」)
[PR]

by shinia62 | 2008-06-04 11:42 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by かず at 2008-06-04 17:37 x
人生には色々な事が起こるもんだね、でもリスクや危険度は自分で判断しなくちゃいかんよね、流れ弾で被害者になれば・・・「市民巻き添えに」それで終わりだよ・・・警察なんて自分達の正当性を言い訳するだけさ、むなしいもんだ!
Commented by ladyinjp at 2008-06-04 18:30 x
日本も物騒ですよ。
埼玉でもピストルに絡んだ事件が発生したばかりです。
そちらの騒ぎ、結局なんだったんでしょうね。
Commented by shinia62 at 2008-06-04 21:21
かずさん
自分の身は自分で守る。ですね。のんびりやの私でも長いアメリカ生活で注意深い人に成りました。不幸なニュースを毎日聞く中生き延びています。
Commented by shinia62 at 2008-06-04 21:23
ladyinjpさん
テレビのニュースを見たいないのであれはなんだったのか全く解りません。映画の撮影だったりして。いやそれは無い。トレーラとかなかったし。笑


<< 生きてるって感じる時      お絵描きの時間 >>