2008年 05月 21日

夕食は外で。

c0053177_221571.jpg


 暑い日でも我が家の中は快適。しかし昼間熱せられた家は午後遅
く暑く成ってくる。とは言っても華氏80度にも成らないのだけれ
ど。我が家にエアコンは無いが全く不自由はしていない。

 ハワイの客からグリーティングカードの注文が入った。その制作
で忙しい1日に成った。発送の準備も完了してホッとする。ゆうが
た外へ出て見ると涼しい風がそよいでいて短パンでは寒い程。

 暑い家の中を避け夕食は外にする。私としては珍しい事だ。少々
早めだったせいか、いつも行く深川レストランは客がいない。従業
員は奥に居るのか姿がない。「こんばんわ」大きな声で叫んでみる。

 久し振りのカツカレー。とにかく量が多い。壁に張り付いている
フラットスクリーンのテレビで日本語番組を見ながら食べていると、
ここは日本か?と一瞬錯覚する。日本では銭湯からの帰りに寄る食
堂が楽しかった。ビールを飲みながら、ラーメンだったり、八宝菜
だったり、懐かしいわあ。

 そして今日も1日が無事終わる。

(今日の作品:むかし、むかし、それ程むかしの作品。「サンフラ
ンシスコ」。休暇でサンフランシスコへ行った。1週間その周辺を
ドライブ。写真を沢山撮る。その写真から描いた。)
[PR]

by shinia62 | 2008-05-21 02:07 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by kimiko at 2008-05-21 10:05 x
この絵 大好きです。
アメリカの水彩画家って こう言う絵が多いですね。
風景の違いからくるのか・・・といつも疑問なんですが
日本の水彩画とは ちょっと違うんですね。

私は こんな絵が描きたいんですが
じゃ 描きなさい、と言われてもねぇ・・・。

湿度が低ければ 気温が少々高くても 快適だと思いません?
日本の夏は 最悪ですから。
Commented by shinia62 at 2008-05-21 10:57
kimikoさん
現在古い作品をどんどんブログに載せています。一度も陽の目を見る事の無かった作品達。今見るととても新鮮。最近の作品より好きです。水彩画の表現がアメリカ的と言うのは空気とか環境のせいでしょう。私は日本的なみずみずしい水彩に憧れますが、その様な風景はここには有りません。空気が乾いていますから。サンフランシスコはロスよりは湿り気のある街ですが。これから私の作品は過去に戻って湿り気のあるものに成るかもしれません。


<< 久し振り、、、      小東京で >>