ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 16日

シズラー

c0053177_954722.jpg


 N氏が遊びに来た。それではと昼はシズラーへ行く。彼が来るの
は1ヶ月に1度程度。だから、その度にシズラーへ行っても丁度良
い間隔である。自分1人なら日本食に決まっているので、時々この
様な変化が有るのは良いものだ。
 家では薄口の料理を作るから、アメリカの食事を外で食べると、
味が濃いと言うだけで何でも美味しく感じる。

 N氏も私もシニア・サラダバーを注文する。バッフェースタイル
だ。2人とも沢山食べる事は無いけれど、好きな物だけ食べられる
のがバッフェーの良いところ。最後はいつもソフトクリームをカッ
プで頂く。其の為のコーンが有るのだけれど小さい。何度もお替わ
りするのは面倒だ。と言うよりアイスクリームだけ沢山食べたい。

 この店は日系人の多いガーデナに有る。しかし客層は黒人が多い。
その他に日系人やメキシコ系の顔がちらほら見える。豪華な食事で
はないが、味は悪くないし私のお気に入りである。それでも1人で
来る事は無いだろう。

 N氏は落ち着きなくせかせか食べるので、こちらまで忙しい気分。
もう少しゆっくり会話を楽しみながら食べようよ。ブルースと食事
をしていた頃は、彼の遅さにイライラした私だが、立場が逆転だ。
特に食事を30回噛むと決めてから、スピードが遅く成っている私
だ。実際に30回噛んでいるわけではないけれど、以前の様に丸呑
み状態は無くなった。

 満足した2人はシズラーを後にする。家では午前中の続きが残っ
ているし(意味不明)。

(今日の作品:スケッチブックより、鯉のスタディー。私が鯉を描
き始めた頃、良く公園などの池にスケッチに行った。その頃のスケ
ッチブックを最近見つけたので載せてみた。)
[PR]

by shinia62 | 2008-05-16 09:07 | シニアの時間 | Comments(8)
Commented by Asahina at 2008-05-16 16:20 x
SAM-San,LAでの日本食は高いでしょうね!
人口比日本一の鮨屋の街小樽も、不味い鮨屋はつぶれ、高い鮨屋は遠ざけられる様になりました。あまりにも寿司=小樽が定着して、観光客相手に値を上げる。そんな小樽の街でもナントかお手伝いしてきましたが…。お互い歳ですが、小樽一美味くて安い回転寿司「魚一心」にでもSAMさんを案内出来たらなーと思います。
過去、3度の市長選に出馬を持ちかけられ、今の小樽ではでなくて良かったと思っています。「逢いたくて、小樽」で良いのかもしれません。
Commented by lanova at 2008-05-17 00:10
シズラーのサラダ・バーにシニア専用のメニューがあるんですか?それは知らなかったなあ。私もあのサラダ・バーが好きで、よく行きました。でも、ここにはないんですよ。もっともバフェはいろんなタイプがあるから、結構楽しめますが…最近のチャイニーズバフェには、必ずといっていいほど寿司コーナーがありますね。
Commented by shinia62 at 2008-05-17 01:28
Asahinaさん
小樽の観光客相手の寿司屋の評判はロスまで届いております。インターネットの力ですね。私は小樽では寿司屋を避けていました。私の秘密の場所は三角市場の飯屋さん。おばさんが1人でやっている客10人程度の場所です。そして私の目的は「ほっけ定食」「ニシン定食」です。ほっけ定食はロスの店で最近見つけましたが、ニシン定食はやはり三角市場です(笑)
Commented by shinia62 at 2008-05-17 01:38
lanovaさん
サラダバーはみんな同じカウンターから食べるので、シニアーメニューは食事の内容ではなく値段が安いってことでしょう。普通の値段はいくらなのか気にしていませんでしたので次の時に調べ報告致します。シズラーはMSにはないのですか。それは残念。■寿司は誰でもやっているこの頃ですね。それだけうまみのあう商売なのでしょう。それにしても中華のバフェは平均に安いですよね。あの値段を維持するため古くて安い油を使っているのではと疑ってしまう私です(笑)
Commented by Asahina at 2008-05-17 14:13 x
三角市場なんて懐かしいですね!私は学生時代は富岡町に住んでいたので、船見坂を下って「三角市場」の中を通って小樽駅から北大に通いました。子供の頃は安くて美味い栄養源でしたが、小樽でも「ほっけ定食」は¥1500でしょうね。小樽に行くたびに水産物屋から脂の乗った「ほっけ」を宅配便で家に送ります。そうですね、「にしん定食」は小樽でもたまにしか見かけませんね。昔のような良い鰊はもっと北方へ移動したのでしょう。 三角市場も私の学生の頃よりずっと立派になって、母が存命中は、いつも三角市場でみやげを調達してくれました。
SAM-Sanも健康に気をつけて!
Commented by shinia62 at 2008-05-17 22:06
Asahinaさん
三角市場のニシン定食は2年前ですが900円だった様な。ほっけも同じ値段でした。1500円だと可成り高いですね。田舎では(ニセコの方面ですが)行商人のおばさんが三角市場へ仕入れに行っていた時代もありましてね。小樽へ行ったら必ず生きます。むかしの雰囲気が残っていて懐かしいのです。
Commented by かず at 2008-05-19 09:25 x
外食となるとどうしても濃い口の料理ですよね、健康のために薄味にしなさいとドクターからよく言われるんだけど・・・なかなか実行できないですね。この鯉もシンプルですごくいいですね、赤が際立って画の格調が高くなっている感じです。ところで、色づけしてない薄く見える鯉の鉛筆描きはアクセントなんですか?
Commented by shinia62 at 2008-05-19 11:30
かずさん
このスケッチは鯉を勉強する為に描いたスケッチで、空いている部分にどんどん描きました。後で気に入った鯉のスケッチに色付けしたのです。鉛筆だけの鯉に特別な意味はありません。


<< 暑い土曜日は、、、      メディケアー >>