ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 24日

怪しげな地区の新商売

c0053177_2133257.jpg


 何時もは郵便受けに入れて置くと、郵便配達のおじさんが持って
行く発送郵便物を郵便局まで持って行った。出掛ける時は何時もそ
うする。特に支払い用の小切手が入っている封筒類は、郵便受けに
置いたまま出掛けるのは不安だ。
 ロサンゼルスでは盗んだ小切手を身元を良く調べす現金化する場
所が沢山有る。銀行口座を持たない不法移民が多いロスでこの商売
は大繁盛しているのだ。現金化する代わりに法外な手数料を取ると
言う訳。私は行った事が無いので手数料が如何程のものか解らない。
しかし、人の弱みに付け込む商売だ、何となく想像がつく。銀行と
も違うこの商売。電話帳のどのカタゴリーに入るのだろうか。不法
移民が多く住む地区では「Check Cashing」の看板が街のあちこち
にある。

 郵便局でフォエバー切手を100枚買った。5月から又切手が値
上がりするそうだ。その前に買い占め。この切手は値上がりに関係
なく普通郵便切手として使えるので良い。実は買い占めたのは今回
だけではない。うふふふふ。

 昨日届いた小切手を銀行に預金。ちょっとリッチな気分。昼食は
外で食べようと思っていたのだが、行き成り気が代わり家へ帰った。
何時も同じレストランなので詰らなく成っている。新しいレストラ
ンを開拓すれば良いのだけれど、食べる事には情熱が薄くてなかな
か実行出来ない。

(今日の作品:5月は野花の季節。山道で見つけた黄色い花の絨毯
に度肝を抜かれました。その風景を描いた作品「5月の花」。)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-24 21:35 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Marrrsan at 2008-04-24 22:37
あれれれれ。また郵便料金があがるのですか。
郵便局も値上げしても特別な切手を新たに印刷しなくていいので
気軽に上げるようになった感じですね。
買占めで防衛するしかない。と言っても限界もありますが。
Commented by shinia62 at 2008-04-25 00:35
ま〜さん
ぼくは切手を沢山使うのでフォエバー切手があるのは助かります。これが発行されたときから、ことあるごとに多めに買い置きしているのです。
Commented by かず at 2008-04-25 09:41 x
この黄のジュウタンは菜の花なのか?ガキの頃過ごした懐かしき、のどかな田舎の風景を想いだすよ!ああ・・あの頃は良かったなぁ無欲で無心で、怖いのは親父と先生だけでさぁ・・・今じゃーこんなに世間の垢に汚れてしまったよ。さむさん、食には貪欲であってほしいね生きる源だからさぁ・・・・
Commented by shinia62 at 2008-04-25 11:36
かずさん
近くで見ると菜の花とも違う様な。広大な地区がこの黄色で覆われている様は凄い迫力です。■粗食で育ったので私は食べ物の味が解らない様です。食事は殆ど自分で作るので、薄味の食事が多いのです。
Commented by lanova at 2008-04-26 01:36
ちょっとご無沙汰でした。そうそう!先日、このさびディビジョンでも郵便受けに入れておいた送信用の郵便を盗むやつがいてそれをたまたまその家の人が見てて、追いかけたんです。で車のナンバーを通報してよくじつに捕まったんですが、余罪がいろいろあったみたい。郵便局まで遠い遠いところに住む私にとってはこの集配システムは捨てがたいんですけどねえ。
Commented by shinia62 at 2008-04-26 02:23
lanovaさん
私は自分が家に居るときだけ送信郵便は郵便受けを使っています。普通のメールは良いとして、金額の大きい請求書支払いの郵便だと気を使います。現場を捉えて犯人逮捕はお手柄ですね。最近は年金などは直接銀行に振り込む人が良いですが、昔は年金小切手を狙う泥棒も多かった。政府からの郵便は茶封筒で直ぐ解っちゃう。


<< 作品展      額装 >>