ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 17日

朝陽の当たる家

c0053177_23501134.jpg


 モンテビデオの朝の散歩で見た街の一角。壁に踊る木の葉の影が
とても良い感じで描きたい気持が刺激されました。まず簡単なスケ
ッチをさっさっと。今回は何時もの水彩画紙コールドプレス140
lb荒目ではなくホットプレス140lbの紙を使いました。紙により
絵の具を塗った時の反応が全く違うので戸惑います。ホットプレス
は俳画の様な単純な花の絵などに使っています。その紙に敢えて挑
戦したいと思います。


c0053177_2351927.jpg


 一番明るい部分は紙の白を残すので、次に明るい部分を塗り込み
ましょう。ホットプレスの紙は乾きが早いので油断が出来ません。
でも外で素早く描くには理想的な紙でしょう。


c0053177_2352230.jpg


 このステップでは壁の部分。車などを描き込みます。最終段階で
描き込む影の他はこのステップで仕上げてしまいます。


c0053177_23524275.jpg


 この風景が描きたい理由は影の面白さでした。私は子供の頃から
一番美味い物を最後に取って置くと言う習慣が有ります。食糧難の
時代に育った後遺症でしょうか。絵を描くときにこの癖が出て、美
味しい部分を最後の楽しみに取って置くのです。
 それではその美味しい部分を一気に食べましょう。影を塗り込み
ます。これが簡単そうで難しい。影の色をパレットにどばっと作っ
て塗り込めば良いって事ではないのです。影は一色じゃないのです
から。建物の色や回りの状態に微妙に影響を受けながら影の色が決
まります。いままで静かだった画面がここでがらっと様相を変える
のがなんとも興奮します。(完成)
[PR]

by shinia62 | 2008-04-17 00:27 | 水彩画のこと | Comments(14)
Commented by わこ at 2008-04-17 13:21 x
さむさん すごい参考になります。こんなの描けたらいいなぁ。ついでに絵の具は何をお使いですか? わたしにだけそっと教えてくださーい。
Commented by CLOUDE at 2008-04-17 13:39 x
今回も鮮やかです☆
3番目から仕上げへの変化が絶妙です♪
影の色には何色を使ってるのか気になります^^
Commented by sawa at 2008-04-17 16:06 x
3枚目から4枚目のマジックにクギヅケです。
急激にいろんなものが浮き上がり、そして、なんて眩しい日差し!日焼けしそうな、いいお天気だったんですね~!葉っぱのネガティブペインティングというのも、ぜひ今度ゆっくり教えていただきたいです。どうぞよろしくお願いします。ペコリ*
Commented by shinia62 at 2008-04-17 21:20
わこさん
それではわこさんだけにそっと、、、。なんちゃって別に秘密じゃありません。私はW&N(ウインザー・ニュートン)を使ってます。発色がなかなか良い。
Commented by shinia62 at 2008-04-17 21:24
CLOUDEさん
影の色はセルリアンブルーをベースにマリンブルー、イエローオーカー、クリムソンなどを使います。影の色は壁の色回りの色に影響を受けますのでその都度色彩を変えます。
Commented by shinia62 at 2008-04-17 21:28
sawaさん
最後のステップは影を付ける(木の葉も含めて)作業だけですが、それだけで一気に様相が変わります。このステップは興奮する一瞬ですね。同時にこのステップで失敗が明らかに成る一瞬でもありますが。(笑)
Commented by わこ at 2008-04-17 21:50 x
さむさん ありがとうございました。やっぱりウインザーニュートンでしたね。わたしも好きなんです。W&N。ただ、とてもさむさんのようには使いこなせないです。薄くてうまく色が出なかったり。水の量もむづかしいです。さむさんのはすごいです。
Commented by shinia62 at 2008-04-18 01:01
わこさん
こちらでは日本の絵の具よりウインザー・ニュートンが安いので、貧乏絵描きには手頃かと思われます。質の良くない絵の具は密度が荒く、結局何度も塗る事に成りますね。時間が無駄に成ります。筆の質により水の吸い込みが違うので、自分に合った筆選びも必要です。決して高い筆が良いのではなく時分に合った(絵のスタイルに合った)筆が良いのです。
Commented by かず at 2008-04-18 10:10 x
最初のスケッチ観て、一瞬ふ-んって思いましたが、こんなに素晴らしい絵に変化して行く、すごいですねぇ!コメントにも」いろいろ勉強になりました。有難う さむさん、またこういう場作ってください・
Commented by shinia62 at 2008-04-18 11:11
かずさん
スケッチを丁寧に描き過ぎると固まってしまうので、出来るだけ簡素なラフスケッチにしています。描きながら形を整え、スケッチは可成り無視します。皆さんのコメントで私も勉強させて頂き嬉しいです。
Commented by mame-neko3 at 2008-04-20 01:16
はぁ~さすがーサムさん
陰を描き込むとこんなに奥行きが・・・
それに陰の色のつけ方の絶妙なこと
で、恥ずかしい話ですが
「コールドプレス」と「ホットプレス」って
初めて聞きました (・・*)ゞ
Commented by shinia62 at 2008-04-20 06:52
mame-nekoさん
光を描くには影を描くってことですよね。其れによって光を一段と感じ奥行きが出来上がります。日本語は別の呼び方なのかもしれませんが、コールドプレス、ホットプレスがありますね。コールドプレスが一般的に多く使われている様です。ホットの方は表面がスムーズで水を良く吸い込むと言うか乾きが早いです。面白いにじみが出易いので好きです。
Commented by oburi_march at 2008-04-20 21:56
始めまして。どこからかこちらのブログに辿り着きました。・・らば・・・
すごい♪水彩画大好きなんです!鮮やかで、どこか温かくて、ほっとする雰囲気に一目惚れです。いいですね~、こんな風に描けたら。
また立ち寄らせて頂きたいです。いきなりですが、リンクさせて頂いていいですか?(^^
Commented by shinia62 at 2008-04-21 10:17
oburi_marchさん
初めましてよろしく、、、、。こちらは水彩画家のブログです。この様なステップバイスッテップの水彩画日記を時々書いています。リンクどんどんしてください。(笑)


<< 日記三題      ある朝。 >>