ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 25日

プレミアショー

c0053177_6343233.jpg


 USCのキャンパスを彷徨った。此処へは何度も来ているけれど、
学生映画のオーデションが行われる、通りの側の建物しか知らない。
今夜は学生映画プレミアショーにやって来た。一人で来るのは心細
い。しかしこんな事に興味を示す知人も居ない。ブルースがいたら
大喜びで付いて来るのになんて思ったりする。私は5年前の未練を
まだ引きずっている。

 プレミアショーが行われるのはキャンパス内のノリス劇場。それ
がこのキャンパス内のどの辺にあるのやら見当もつかない。インタ
ーネットで見つけた略図を頭に入れたけれど、全く役に立ってない。
いろんな型の建物がジャングルみたいにそそり立ち方向感覚を失う。
そう成る事を見越して1時間も早く大学に付いた。のんびり歩き回
っているうち時間が迫る。本気に成って探さなくては遅れてしまう。
近くの学生に訊いたら、彼等も説明に苦慮している。結局そこへ着
くまで3回も道を訊いた。大きい事は良い事だ、ってのは必ずしも
当ってない。

 今夜作品を発表する学生の一人ケビンが劇場の前に居た。家族と
一緒だ。私は挨拶をしてからその辺を歩き回る。飲み物やスナック
が用意されていたがそんな気分でもない。

 時間が来て劇場内に入る。結構広い。必要な機能だけを備えたシ
ンプルな内装だ。前方右角に司会者が居て挨拶を始めたが、マイク
も無く全身耳にして聞く。今夜紹介される作品はショートフイルム。
5分から精々10分程度の作品が9本。ケビンが監督した作品Infa
myは5本目だ。主演はサム(笑)。自分の姿をスクリーンで見るの
は結構辛い。演技に自信があれば、どうだ凄いだろうと胸を晴れる
のかもしれない。しかし自分の未熟な姿を見ているとやる気がめら
めらと体内に燃え出す。あとはそのやる気をどう維持するかだ(笑)。

 私の1番好きな作品は6番目に上映されたIllegal Alien vs Sexul
Predator。ストーリーはアメリカ最後の市民権を2人の男が争う
と言うもの。一人はメキシカン不法移民、そしてそれに対抗するゲ
イのおねえ。もうこれだけで可笑しさがこみ上げてくる。出演する
3人の俳優もそれぞれ個性があってインパクトがある。全体のコミ
カルなリズムが最高。場内は爆笑の渦。最後におねえとメキシカン
がアニメみたいに空中に飛び上がってぶつかり合うと、画面が真っ
白に成って映画は終る。傑作!!!。私の脳味噌では何を言いたい
のか解らぬものも2作品程有った。刺激を一杯貰った夜に成った。

 行こうか行くまいか散々迷ったプレミアショーだが、気分爽快に
家路に着く。
[PR]

by shinia62 | 2008-03-25 06:39 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-03-25 11:23
このフライヤーはぜひフレームに入れて保存して置いてください。さむさんが名実ともに命俳優になたっときには、これこそプレミアムがつきますよ!
Commented by shinia62 at 2008-03-25 11:34
lanovaさん
フライヤーはお土産に何枚か貰ってきました。ラストサムライのエキストラから始めたそれらのコレクションが結構溜まっております。有名に成ったら売り出しましょう(笑)。その前に演技の勉強が必要です。


<< 猫を描こう      南米への旅。(完結) >>