ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 19日

c0053177_4231794.jpg


それは午後9時に始まる。
場所はユニバーサル・スタジオ。
この名前を聞くと、直ぐアミューズメントパークを思い出すが、
今夜行くのは其れとは関係ないスタジオ内の映画館だ。
迷子に成っても困るので早めに家を出た。

結局良く解らなくて、
何度も行っているユニバーサル・シティーの駐車場ゲートで訊く。
「大通りに出て右へ曲がるとスタジオの入り口が有ります」
と言われる。
訊く前にその辺をドライブしていたので、
入り口は直ぐ解った。
指示された駐車場へ車を停める。
他に車は数台しかなく、寒々としている。
一体どれ程の人達が集まるのだろうか。
ゲートでパスを貰い暗いスタジオ内に入る。
ぼくが行くのはシアター2。
他に人の姿が見えない建物の間を歩く。
広大な夜のスタジオは不気味だ。

角を曲がると向こうに人だかりが見える。
あれがそのシアターらしい。
シアター2の看板を確かめ、
恐る恐る人だかりの端に身を置く。
なにしろ初めての経験だ、どうすれば良いのか見当もつかない。
「Hey, You are great」
見知らぬ若い男が握手を求める。
其れが切っ掛けの様にいろんな人が握手を求める。
そのうち見覚えの有る顔も現れて、
気が付いたら皆の中で談笑していた。
そうか、スクリーニングはこんな感じで始まるのか。
なかなか良いもんだ。

監督のポールを見つけ挨拶。
アート担当のJCと再会。
懐かしい顔、顔、顔。
先ほどまでの不安は虹の彼方へ消えて行くのであった。

映画館内部は結構なサイズ。
そして殆ど席が埋まっている。
インデペンデント映画だし、
関係者だけが細々と映画を観賞する、
そんなシーンを想像していたので、
これは嬉しい驚きである。

大きな画面に映る自分のアップを初めて観た。
しかも、結構耐えている(笑)。
映画の冒頭からぼくのナレーションが入るのだが、
それは他人の声の様だった。
率直、自分のナレーションにしては良過ぎる。
一瞬ぼくの台詞が下手なので吹き返されたのかと思った。
しかし、そうではないのだ。
プロの音響係、カメラマンのなせる技なのだろう。
そして自分の演技がそれなりに観れるのは監督のお陰。

スクリーニングの後、近くのレストランでパーティーが有る。
ぼくはもう夜も遅いし、などと思い家へ帰った。
が、今後悔している。
馬鹿だね。そう言うパーティーで大者プロヂューサーに見いだされ
大スターに成るのに。
いいや、其れはないと自問自答。

最後に、これは大きい声では言えないけれど、
この短編映画「無」の○○○貰った。
[PR]

by shinia62 | 2007-02-19 04:21 | はりうっど、ハリウッド | Comments(6)
Commented by lanova at 2007-02-21 07:38
Wow!さむさんの銀幕本格デビューですね!おめでとうございます。着々とパット森田の後進として着実にステップアップしてるんですね。一般公開はいつごろでしょうか?LAにいる間に見れるといいな。本当におめでとうございます!
Commented by shinia62 at 2007-02-21 09:21
lanovaさん
インデペンデントのしかも短編が一般公開されるには、映画祭での上映とか限られた機会しかない様です。映画祭で賞でもとれたら良いですね。ぼくとしては初めての演技の経験が出来たので、凄い収穫と成りました。
Commented by Marrrsan at 2007-02-21 09:41
おめでとうございます!
いよいよエキストラでなく、俳優としてのデビューですね。
今年のオスカーには間に合わないですが、上手くすると来年の
オスカーに!
サムさんが遠い存在になる?
Commented by shinia62 at 2007-02-21 10:36
ま〜あさん
現実はそう甘くないでしょうが、とにかく楽しい経験でした。パーティーに出なかったのが悔やまれます。これからは積極的にコネクションを増やさなくては。その気に成ってる〜。
Commented by nekko at 2007-02-21 13:23 x
Mu、ムムム(^^)/デビユーおめでとうございます!
身体を張ったキャンバス?に、これから素敵な絵が描かれてゆきますね、、、楽しみにしていま〜す。
〜粉雪舞い散る北の国から〜
Commented by shinia62 at 2007-02-21 14:34
nekko さん
粉雪舞い散る小樽の駅に〜♪ あ〜1人残して来たけれど〜〜♪ って古過ぎ?雪景色って良いですね。水彩画には最高の題材なのですがぼくは寒いのが嫌い。暖かくて粉雪舞い散るのが良い。無い物ねだりか。


<< 幸せは歩いてこない、だから歩い...      ミーはよう、、、 >>