2006年 10月 24日

日本訪問記 7

c0053177_842382.jpg


 あと2日の北海道はどうしようかと考えている。昨日は札幌の街
を彷徨った。そして今日はもう一度小樽へ行く事に。観光地回りで
はなく近くの山へハイキング。小樽は坂の街。海と山が近い。ハイ
キング出来る山が沢山有る。その中から手頃な旭展望台への道を歩
く。栗のシーズンらしい。公園や山のあちこちで大きな栗の木と、
その下に散乱する開いた栗の毬を見る。残念ながら中は空。山の小
動物が食べた後なのか。それでも1個栗の実を見つけた。其れをお
守りみたいにジャケットのポケットに忍ばせる。

 メインの道から獣道の様な横道へ入る。山歩きはこれが楽しい。
頂上への近道かも知れない。深い森の中、朝の光が木々の間に踊る。
山育ちの私にはとっても懐かしい風景。
 行けども行けども頂上へ出ない。町中に有った看板には5キロと
有った。それならとっくに目的地についている筈だ。獣道からメイ
ンの道へ出る。そこに有った案内板で自分の位置を確かめた。完全
にコースを逸れていた。旭展望台を遥かに通り過ぎ山の裏側に居た。
其れまで歩き過ぎて足が痛く成っていたので、今日はのんびりと歩
くつもりが凄い距離を歩く事に成った。
 1時間の予定が3時間のハイキングと成った。それでも正午には
下界に戻り、都通の食堂で昼食をとる。観光スポットが運河の街に
移ってしまい、都通の静かな事。私が知る通りとは全く印象が違う。
 午後は私が小樽に住んでいた頃通った銭湯で一風呂浴びる。身体
が固く成っているせいか、風呂屋の小さな腰掛けに座るのが一苦労。
椅子を外してひっくり返りそうで怖い。結局腰掛けは使わず片膝つ
いて身体を洗う。「身体が固い」で思い出した事が。今回の日本訪
問で日本式のトイレが凄く辛かった。足が痛かったせいもある。あ
のポジションでバランスを取るのも難しく成った。使う事が出来な
かったと言うジョンを笑っていられない。日本の足の悪いシニアは
大丈夫なのか。
 こうして北海道最後の日は、なかなか有意義に過ごせたと思う。
[PR]

by shinia62 | 2006-10-24 08:41 | Comments(4)
Commented by Ladyinnj at 2006-10-26 08:00 x
様式のトイレになれると和式は結構きついものがあります。
日本の方は和式を選ぶという方がまだまだ多いみたいなので、私は日本に帰ったらすいっとトイレに入れてラッキーということもたまにありました。(笑)
Commented by shinia62 at 2006-10-26 13:07
ladyinnjさん
和式はもう使えません。
足が痛い。歳ですねえ。
それに日本の駅のトイレに紙が無いのを忘れてました。
Commented by genova1991 at 2006-10-27 17:58
以前小樽に行った時に見晴らしの良い所に行ったなと思ったのですが、天狗山でした。ゴールデンウィークの連休なのにまだ雪が残っていてびっくりしたのを思い出します。無事に戻れて良かったですね。山はやはり怖いですね。

>トイレ  年輩の方が沢山来る所(お寺など)は、今はもう皆洋式になりました。和式を使うのは若い人のようですよ^^
Commented by shinia62 at 2006-10-27 22:16
genovaさん
天狗山は旭展望台の隣ですね。
スキー場でも有名です。

若い時は何とも思わない和式トイレですね。
身体が固く成ると大変です。


<< 日本訪問記 8      家賃払うの忘れていた。 >>