2006年 05月 18日

これは何の衣装?

c0053177_1485110.jpg


戦時中の日本で、
このイラストの様な服装はどんな職業でしょうか。
解りませんか。
私も解りません。

クリント・イーストウッドの最新作映画
硫黄島からの手紙で私が着た衣装です。

硫黄島については全く知らなかった私。
何処か遠くの島かと漠然と思っていました。
そこに日本人の住む村が有ると聞いて。
そんなところに日本人が住んでいるの、
などとボケかましてました。

硫黄島は東京都の一部と聞いて、
信じられない私でした。
本当なの?

無知もここまで来ると立派です。
[PR]

by shinia62 | 2006-05-18 14:16 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
Commented by genova1991 at 2006-05-18 18:05
こんにちは。
エプロンをしているのですか?
どういう職業なのでしょうね?
お蕎麦屋さん!(はずれ?)
梯(かけはし)久美子さんの著作「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したので、読んでみようかなと思っています。

それにしても、硫黄島って東京都なのですか!
全然知りませんでした。
八丈島や鳥島のようにきっと南の方の東京都なのでしょうね。
Commented by shinia62 at 2006-05-19 02:37
厚手の作業用前掛けでした。
鍛冶や、印刷業、陶芸家、水彩画家(笑)
まあ、何でも良い事ですが。

硫黄島空の手紙は栗林忠道の話しらしいですね。
謙さんが演じる役です。
私は硫黄島はフィリピン諸島の何処かと思っていました。
だから日本人の村のシーンと聞いたとき、
栗林忠道の故郷のシーンかと思ってました。(笑)


<< 風景画 1      私のパレット >>