ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 18日

私のパレット

c0053177_0375249.jpg


何回かに分け、透明水彩画の描き方を書きます。
カタゴリー「透明水彩の世界」でご覧に慣れます。

私が使う色は以下の通り。

■Cadmium Yellow
■Yellow Ochre
■Burnt Sienna
■Cadmium Red
■Permanent Rose
■Alizarin Crimson
■Payne's Gray
■Cerulean Blue
■Ultramarine Blue
■Winsor Green

パレットは描く人の色彩の好みやスタイルで決まります。
時間を掛けて自分のパレットを作り上げましょう。

私のパレットはカリフォルニアの乾燥した空気と
日本人の目には鮮やか過ぎる自然の色から出来上がったものです。
日本のしっとりした湿気の有る風景では
パレットの色彩は変化します。
絵の色彩は住む環境で出来上がるものでしょう。

私の作品は中型以下が多いので
筆の大きさは1”が最大です。
筆は常に絵の対象より大きめのものを選びましょう。
小さい筆は描き過ぎの原因に成ります。

質問が有ればコメントへどうぞ。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2006-05-18 00:55 | Comments(2)
Commented by kimiko at 2006-05-18 15:03 x
こんにちわ、さむさん。
驚きましたねえ、始めてみた四角いパレットです。

日本の湿気の多い風景のなかでは 使う色は違いますね。
さらに 奈良は緑が暗いですねえ。
これは 松、杉、が多いせいでしょうか、 うんざりです。
Commented by shinia62 at 2006-05-19 02:30
kimikoさんは
どんなパレットを使っているのでしょうか。
こちらでは普通のパレットです。
私はこの型が大好き。
このレイアウトは洗うのが楽です。

日本の緑はこちらとは違いますね。
日本の水彩画家のパレットについての話しは
使う絵の具の色が違うので驚きます。


<< これは何の衣装?      水彩画の描き方? >>