2006年 03月 25日

私のハリウッド =カラテキット2= その3

c0053177_475831.jpg


 最近の映画はスタジオ外の何処かにセットを作る事が多い。映画
「さゆり」の花街セットはヴェンチェラーの広大な牧場の一角に作
られた。しかし、「カラテキット」はバーバンク・スタジオのロッ
トを使って那覇市を再現した。一ブロック程の町並みが永久的に作
られているその一角は、時にはニューヨークのストリートに成った
りするのだ。
 私の仕事は垂れ幕などの看板を書く他に、那覇市の街に姿を変え
たロットでウインドウ、壁、テントなどに日本語を書く事。街が徐
々に出来て行くのを見ながら、毎日そのロットで仕事をする。それ
は楽しい経験だった。ハリウッドで映画の仕事に携わる。自分が今、
その映画のスタジオで実際に働いているのが信じられない。

 仕事の量が凄いので、スタジオ付きの職人に手伝ってもらう事に
成った。彼等は映画ユニオンのメンバーで待遇は最高なのだ。従っ
て私の様に一生懸命働く必要も無い。其の為か仕事の鈍い事。私は
イライラが増すばかり。大きな日本語文字の輪郭を塗り、中を彼等
に塗ってもらう。
 映画業界は組合が強く、メンバーでなければ仕事は出来ない。私
は例外なのだ。日本語を書ける職人が居ないので特別に雇われた。
VIP待遇の看板職人なのである。

 何時もの習慣でベストの仕事をしようと頑張った。しかし映画の
セットで描く看板は商売用の看板とは違うと教えられる。
 街のセットに一生懸命描き上げた看板に、水槽タンク車がやって
来て泥水を掛け始めた。「私の仕事に何をするのだ」と叫ぶ。しか
し、落ち着いて考えてみれば街の看板は新しいのも有れば剥げ掛か
った古いのも有る訳だ。それらしい街のたたずまいにする為、必要
な作業なのだと気が付く。それからはもっと気楽に文字描きをする
事にした。


c0053177_49122.jpg


 アイスクリームのワゴンや後ろに見えるテントの文字、全て私の
作品である。


c0053177_4103013.jpg


 「子守り致します」「貸間」など紙ビラも私の作品。
[PR]

by shinia62 | 2006-03-25 04:12 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2006-03-25 14:00
カラテキッド2はサムさんの作品が満載の映画だったのですね。
ところでサムさんの名前はクレジットされたのですか?
こういう仕事だとされないかな。
Commented by shinia62 at 2006-03-26 09:37
私のクレジットは無いですね。
でも私の作品が溢れた映画でした。


<< トワラムン・ミィドウ      私しのハリウッド =カラテキッ... >>