ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 30日

暇つぶし

c0053177_09034344.jpg
7/29/2017/土

 昔、ロサンゼルス・ダウンタウンの小東京、ジャパニーズ
・ヴィレッジで水彩画を売っていた。20年程続けたと思う。
ジャパニーズ・ヴィレッジのオーナーが日系人からアメリカ
企業にかわり、私はそこで商売が出来なくなった。2009
年の事だ。今思うととても良い思い出である。

 絵を売る商売は待つ、待つ、待つ。忍耐と我慢の商売だ。
あまり退屈なので考え出したのが待つ時間に色鉛筆で絵を描
く事だ。完成させるまで時間が掛かる。描いているとき客が
来ても直ぐ手を止められる。暇つぶしに最適なのだ。色鉛筆
画を仕事として描くつもりは無い。とにかく有り余る時間を
退屈せず有意義に過ごすアイデアである。

 その結果、色鉛筆画を結構描いた。懐かしいそれらの作品
から今日の一点。売る積もりのない作品なのでカレンダーや
ら動物の写真集など題材は借り物。

 そんな訳で、私の色鉛筆画は小東京の思い出である。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]

by shinia62 | 2017-07-30 09:29 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-30 10:53
さすがプロですね。
鉛筆画も雰囲気があっていいですね・・・。
私もやってみようかな・・・。
Commented by shinia62 at 2017-07-31 06:34
水彩画をやる前は鉛筆スケッチを飽きずに練習してました。
なので色鉛筆画も嫌いではないのです。
ただ時間の掛かるのは嫌かな。
ばたばた片付けたいせっかちのシニアです。
Commented by わこ at 2017-07-31 09:14 x
昨日、色鉛筆画のグループ展に行ってみたところ、まるで写真そっくり。しかも全員がまったく同じ感じで、オリジナリティーというものが感じられませんでした。さむさんのは適当に余裕があって、いい感じですね。
Commented by shinia62 at 2017-07-31 10:44
私はどちらかと言えば色鉛筆の動きが見える絵が好きです。
水彩画も同じ、筆の動きが感じられる作品が良いですね。
これは好みの問題、どちらが良いとかの問題ではないですが。


<< 水彩画紙と格闘      モンテクリスト伯 >>