2016年 07月 24日

歳のせいでしょう

c0053177_2994.jpg

7/22/2016/木

 22日の続きである。朝出来るだけ早く来てくれないかとN氏に
言われ急いで彼の家へ駆けつける。家へ着くとウオーカーを使いの
ろのろ歩く老人が出て来た。良く見るとN氏である。アリゾナにい
る間歩き回り過ぎて足が痛いのだと言う。外面を良くして無理する
性格だから若者に遅れまいと歩き回ったのだろう。朝起きたら余り
の身体の痛さにパニックになったようだ。私が来たら病院のERま
で連れて行ってもらう計画だったらしいが、少しずつ動き回ってい
るうち調子が良くなったとか。そうなのだ、お年寄りの身体は朝起
きたばかりの頃が一番固い。しかし動いているうち何時もの調子に
戻る。今回はそれプラスアリゾナで酷使した足が痛くなったのだろ
う。年寄りは無理しちゃあかんでよ。同時に痛いからと何にもしな
いのはもっと悪い。殆どの痛みは動く事で治るものですよと言い聞
かせる。昼頃にはウオーカーを止め杖だけで動けるようになった。
「これからはいいふりこいで無理すんなや(北海道弁)」

 時には医者のように賢明になるシニアである。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2016-07-24 02:41 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2016-07-24 03:05
「夏のせいかしら」(夏木マリ)と言う歌がありました。その答えが「歳のせいでしょう」?
時には医者のように?いや「時には娼婦のように」(黒沢年男)どうしてこんなに古い歌ばかり思い出すのか?もう先が長くないのかも、私。
Commented by shinia62 at 2016-07-24 03:56
ま〜さん、
ご心配なく。それは「歳のせいでしょう。」
Commented by Marrrsan at 2016-07-24 07:31
Say (せい)Yes!
Commented by shinia62 at 2016-07-25 02:22
ま〜さん、
 。。。


<< ウイルパワー      暑い週末 >>