ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 10日

今も聞こえるあのおふくろの声

c0053177_1212849.jpg

6/9/2016/木

 昼食の準備中であった。先日買った鮭の切り身パックを冷蔵庫か
ら取り出す。一パックに三枚入っている。全部焼いてしまう事にし
た。残りは必要に応じてチンすれば良い。同時にブロッコリーを蒸
し、みそ汁を作る。忙しい。そうこうするうち鮭が焼けた。木べら
と箸で皿へ移動。二枚目を持ち上げたら挟み方が悪かったのか鮭が
滑り落ちた。ヤバイと思ったが、あっという間にカウンターとガス
レンジの間に有る三センチ程の溝へ落ちて行った。なんでこんなと
ころに溝があるのだ。しかも何でこの狭い溝に切り身が縦に落ち込
むのだ。狭い隙間は埃まみれだろう。諦めるより仕方がないか。し
かし放っておいて虫でも湧いたら困る。隙間に入る木製の物差しを
使い粉々になった切り身を掻きだす。

 出て来た鮭は意外に綺麗だ。バラバラになってはいるが埃が付い
ている訳ではない。おお、だいじょうぶかも。ピクニック用の紙プ
レートを塵取りみたいに使い掻集めた。水洗いして皿に乗せる。全
部ではないがかなりの部分が救われた。

 子供の頃食料が充分ではなく腐りかけたものも良く食べさせられ
た。食事後に家族揃って吐きまくった事もある。なので私の身体に
は強い免疫がある。埃にまみれたとか、台所の床で掻回したとか程
度の事で病気になるような柔な身体ではない。この作業中そんな事
を考えていた。溝に落とした事さえ解らなければ普通に美味しい鮭
の切り身であった。

 食べ物を粗末にすると目が潰れるよと言っていた母の言葉を今で
も忘れないシニアである。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2016-06-10 12:15 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2016-06-11 07:27
おふくろさんよ~、おふくろさんよ~
落とした鮭は~水洗い~~~♪
どんなものでも大切に
お前は食べて無駄にせず
丈夫に育てと教えてくれた
あなたの あなたの真実
忘れはしない
Commented by shinia62 at 2016-06-11 13:24
ま〜さん、
ああ、懐かしいこの歌。田舎が恋しくなります。
Commented by karue at 2016-06-11 15:19 x
サムさん、お久です。
お元気そうですね?
すき間に入ったやき鮭と格闘してるサムさんを
思い浮かべて、笑ってしまいました。
うちも今日は焼き鮭です(^-^)v
Commented by shinia62 at 2016-06-11 23:31
karueさん、
久し振り。コメントありがとう。
生きる力に成ります。(笑)
鮭の切り身良く買います。
美味しいし、焼くのも簡単だし、
鯖のように強い臭いがないし。


<< あれから40年 #3 (運転免...      紗夢画伯の水彩画教室 >>