ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 16日

やった〜

c0053177_1111699.jpg

5/15/2016/日

 J氏との朝食を終え家に帰った。朝から曇り空ではっきりしない天
気。家に10時頃着く。午後一時からSBWS作品展のレセプション
があるのでリラックスし過ぎないよう心を保つ。シニアの身体は一度
リラックスしてしまうと立ち直りに時間が掛かる。レセプションでは
スナックや飲み物が沢山あるので昼食は少なめに。そんなことに気を
使う余裕も見せるシニアであった。

 十二時四十分家にを出た。会場に着いたのは一時五分過ぎだった。
なかなか良い時間配分。スナックのカウンターへ行くと「サム入賞お
めでとう」と知らない男が言う。自分の名を知るこの男は誰だろうと
思いながら、とにかくにっこり笑ってありがとうと一言、握手する。
人の名前を覚えられない私はこんな集まりが苦手。

 回りを見回しても話が出来るような知った顔はない。しょうがない
ので水を飲みクッキーばかり食べていた。甘い物食べ過ぎ。そんな時
知った顔を人混みに見つけた。水彩画をやっている韓国系の男ポール
だ。ラストネームは知らない。私としてはファーストネームを覚えて
いたのは立派である。腰が悪くて長い間立っていられないと言う彼と
暫くお喋り。ようやくパーティーに入れた気分。

 作品を見回っていたら日本語で話しかけられる。先生と言われたの
で振り返ったら女性が三人。此れ又相手が誰だか分からないまま会話。
出席者は名札を付ける決まりにして欲しい。

 三時頃、授賞式が始まった。静かにスタートしたので気が付かなか
った。慌ててサークルの後ろに着く。賞のプレゼンテーションは佳作
から最高賞の順で行われる。私は最高賞(ベスト・オブ・ショー)の
一歩手前で名前が呼ばれた。もう一つ待ってくれたら良かったのに。
(笑う)なんと私の名前を知っているこの男は誰だろうと思った男が
プレゼンターの一人であった。

 レセプションが終わりホッとして家路につく。朝から落ち着かない
日だったのでどっと疲れた。帰ったら先ず昼寝だと意気込みながら車
を走らす。

 今年最大のイベントが終わったようで寂しさも少し感じた。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2016-05-16 11:17 | シニアの時間 | Comments(8)
Commented by Marrrsan at 2016-05-16 11:48
Congrats!
♪幸せなら絵を描こう 幸せなら絵を描こう
幸せなら態度でしめそうよ ほらどんどん絵を描こう~♪
Commented by shinia62 at 2016-05-16 12:54
Thanks
幸せなので絵を描こう。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-05-16 17:09
先生でも授賞式は少しは緊張されるのですね・・・。
Commented by genova1991 at 2016-05-16 21:20
まあ!良かったですねo(^-^)o
おめでとうございます!!
良い5月になりましたね(^o^)/
Commented by shinia62 at 2016-05-16 23:36
genova1991さん、
いくつになっても賞を貰うのは良い気持ちですね。
又リボンが増えました。(笑)
Commented by shinia62 at 2016-05-16 23:37
takeshiさん、
さすがにこの歳に成ると緊張はありません。
賞を頂けるのは嬉しいですが。
Commented by わこ at 2016-05-17 11:41 x
さむさん、いつかきっと最高賞ですよ!
Commented by shinia62 at 2016-05-17 21:17
わこさん、それを目指して頑張りますか。(笑)


<< 水彩画描き手順      夕食 >>