2016年 01月 25日

良い絵を描こうと思うなら、、、、、

c0053177_7161298.jpg

1/24/2016/日

 小東京で朝食だった。お相手は言わずと知れたJ氏。
全く変わりのないシニアの生活である。この辺りで凄い
ことが起こらないと読者が居なくなりそうだ。和洋折衷
の朝食を楽しんだ後、大国であった頃のアメリカを懐か
しく語り合った。長い歴史を見ると大国は何時か消える
もの。次に大国になるのは何処だろう。なんて事を話し
た。もっとも私たちの時代にそれほどの変化は無いだろ
う。J氏も私も立派過ぎるくらいの老人。なので心配は
若者に譲る。

 朝食の後真っすぐ帰宅。今日も水彩画を一枚描いた。
小さな作品だ。何時も思う事だが題材に光の面白さが無
ければ良い作品にならない。それなりに仕上がったが光
りの甘さが気に掛かる。良い作品は題材選びの時に決
まる。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2016-01-25 11:36 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2016-01-25 13:36
文章の下から3行目から2行目にかけての「ひらりの甘さが」とはどんな意味なのでしょうか?「ひらり」というNHKの朝ドラがありましたけど、、、、、。
Commented by shinia62 at 2016-01-25 13:42
ま〜さん、日本語教師の目は厳しいですな。光の間違いでした。解っているのに意地が悪い。直しておきました、先生。
Commented by Marrrsan at 2016-01-25 14:27
他人の間違いはすぐ気付き、自分の間違いは知らんぷり。イヤミな男です。、、、そう言えばイヤミとあだ名されてた時がありました。イヤミな奴と言う意味ではありませんけど。
Commented by shinia62 at 2016-01-25 22:15
ま〜さん、確かに自分の間違いより他人の間違いに気が付き易いですよね。なので自分の書いた物の推敲は他人にしてもらうのが良いですね。そんな人が側に居たらの話ですが。


<< 今日の話は、、、      えっ、、、もう土曜日 >>