ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 17日

考える

c0053177_1323947.jpg

12/16/2015/水

 水彩画教室の日であった。最近は教室に行くのが楽し
い。生徒達は頑張っている。生徒達の上達が見えて来る
のが嬉しい。最近は生徒の方が斬新な絵を描いておりこ
ちらが勉強しなくてはと思ったりする。シニア達の憩い
の場化している教室でもある。なので健康管理の話題で
盛り上がる事もしばしば。ホリーデーシーズンのせいか
生徒達の差し入れスイートがどっさり並ぶ。パーティー
か、はたまた教会のラメージセールかと言った状態。絵
を教え始めてから体重が増えたようで気になる。と言う
のは冗談。ほんとのところ痩せ過ぎの感がするシニアで
ある。

 最近ネット水彩画教室の問い合わせが3件入った。今
まで殆ど反応のなかったネット教室の宣伝。どうしたの
だろうか。ただ、ネット水彩画教室は個人授業に成るの
で数はこなせない。新しい生徒を増やすのは無理そうだ。
テキストを使って教えるのなら問題は無いが、絵を教え
るのに決まったテキストを使うのには無理がある。生徒
の個性を伸ばそうと思えば決まったテキストは使えない。
どうしても個人教授に成る。

 この教室を教え始めて今年で7年半に成る。来年、つ
まり2016年は8年目に成る訳だ。この教室は結構な
歴史がある。私が教え始める10年前から有った。私は
途中から参加した。最初は張り切し過ぎて生徒が混乱し
た事もあった。来年はこの教室をもっと発展させたい。
ロサンゼルスの水彩画教室と言ったら「ガーデナ水彩画
教室」と言われるようになろう。そう言えば正式に教室
の名前を考えた事が無かった。生徒にシニアが多いので
「シニア水彩画教室」にするか、女性が多いので「奥様
水彩画教室」はどうか。平日のクラスだから仕事が有る
人は来れない。なので「浪人水彩画教室」はどうだろう。
いっそうのこと「引きこもり水彩画教室」にしてはどう
か。などと考える年の暮れである。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-12-17 13:19 | 水彩画のこと | Comments(0)


<< ヒーターは何処      外食アゲン >>