ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 10日

ガスの話

c0053177_11592597.jpg

11/9/2015/月

 時差ぼけが少し遅れてやって来た。最初の朝は元気だ
ったので時差ぼけなんてなんて事は無いと息巻いていた。
だけど次第に朝が起きられなくなった。今朝は8時まで
ベッドの中に居た。以前は無理に元の時間帯に戻ろうと
無理をしたが、それはもうしない。自然に体内時計がロ
サンゼルスタイムに馴染むまで待つ。昨年の時差ぼけが
とても辛かった記憶が有るのは、無理してロサンゼルス
タイムに合わせようと頑張った結果だったと思う。

 家の管理人に電話した。ガスヒーターの部品を取り替
えてもらう為である。昨年の冬にガス会社から来た検査
員に言われていた部分をそのままにしていたのだ。電話
するのが面倒くさくて昨年ヒーター無しで過ごしたシニ
アであった。無くても氷点に成る事も無いロサンゼルス
の事だからどうって事は無いのだ。今年も要らない気が
するけれど一応言われた事は直しておく事にした。この
家は凄く古いし壁に組込まれたガスヒーターも相当の歳
と見受ける。なので使うのが怖い気がする。家事になっ
たらどうしようって訳だ。だからと言って新しいヒータ
ーに取り替える事に成ったら又面倒。人間嫌いなシニア
は知らない工事人がどやどや家に入って来るのは落ち着
かない。

 管理人に電話をしたら英語があまり話せない人だった。
すっかり忘れていたがこの家の管理者関係はメキシコ人
ばかりなのだ。新しいオーナーは白人系で英語を話す。
スペイン語も堪能で彼の下で働く人達は全員メキシコ系。
それなりに英語を話す作業員も居るけれど、電話に出た
男は駄目だった。私の言う事が良く通じないし、彼の言
う事が良く解らない。それでもなんとか用件を告げた。
と思う。午後になってメンテナンスの男が現れた。我々
の会話は通じていた。ガスヒーターは無事修理を終えた。
次はガス会社に電話、最終チェックをする。その結果が
まだ危ないと言うなら、これから先はヒーター無しで過
ごす。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-11-10 12:02 | シニアの時間 | Comments(0)


<< N氏のこと      職人時代 23 >>